そうかわ-コスパ良好美味しい天丼、おまけのギンザマン/the 242th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”242日目です。本日はて天ぷらです。新橋と銀座の境目の高架下、大衆的な飲食店が並ぶ銀座ナイン2の地下1階にある”そうかわ”さんにお伺いしました。
so5

お客さんがいっぱいで写真はとれませんでしたが、カウンターにテーブル数卓の飾り気なく落ち着いた、昔ながらの雰囲気です。
so4
夜はふぐ料理など高級和食スタイルですが、お昼は天ぷらがリーズナブルにいたあけます。

“天丼定食” ¥1,000、”天ぷら定食” ¥1,100の2種類があるのですが、本日は”天丼定食”をお願いしました。 天ぷら鍋の前で一心不乱に天ぷらを揚げ続ける方と、大将の見事なコンビネーションで次々と配膳されていきます。10分ほどでやってきました。

so3
美味しそうです! タネはエビ2、ナス、イカ、カボチャ、レンコン、ゴボウかき揚げ。 サクッとした軽め天ぷらで、大きいカボチャ、レンコンの歯ごたえが素晴らしい。

so2
エビやイカもこの価格にしては非常に良い感じ。極少なめでかかった甘めのタレ、ご飯の炊き加減も最適でとても美味しいです!

“白菜の浅漬け”、ネギのたっぷり入った”豆腐味噌汁”も味がよく大満足です。 きっと夜も美味しいと想像されます。 周囲は”天ぷら定食”を食べている方が多く、大きいアナゴがとても美味しそうでした。 次回はこれですね。

12時過ぎにお店を出たのですが、待っている方が何名かいらっしゃいました。 お昼時は銀座ナイン2地下1階、良心的なお店ばかりで、どのお店も非常に賑わっていますね。 よいランチタイムでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

その帰りに見つけたのが、銀座8丁目のテイクアウト専門店「ギンザマン」!とても気になるので出直して購入しました。

ギンザマン(五目まん)¥490
ginza3
でっかいです!皮に「ギンザ」と印字されており、わかりやすい。

ginza4
餡は、豚肉の他、しっかりサイズのエビ、タケノコ、シイタケ、さらにはウズラタマゴが丸っと1個入っており本格的。ジュワッと滲み出るお出汁もなかなかです。皮は厚めで、もっちりとした食感。皮でけっこうお腹がふくれますね。ごちそうさまでした!

“そうかわ”さん、”ギンザマン”さんにお立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
ginza1
平日の営業時間は夕方16時半から深夜3時と規格外。夜の銀座を支えるギンザマンなのです。


福和さん-名物の角煮が美味しい/the 148th day

本日は和食です。夜は天然ふぐや鱧、松茸などが食べられ、昼はリーズナブルな定食を提供している1979年創業の老舗“福和-ふくわ”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目のコリドー街から1本東の道沿い、TAKAYA-GINZAビルの7階でございます。地下1階はビストロの“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ”さんです。
fuku8
2013年にみゆき通りから移転したそうです。

エレベータを下りると、和風な引き戸。店内はテーブル席にカウンター4席、個室もいくつかあるようです。
fuku7

本日はコチラを注文いたしました。

“はも野菜天丼” ¥1,500
fuku1
はも、さつまいも、カボチャ、人参、とうがらし、ナスなど小さい丼に溢れるほど入っております。しっかりとした衣の天丼で、つゆはやや甘めでございます。丼が大きくないので女性でも余裕を持って食べられそうです。

温泉玉子、サラダ、赤出し、お新香付きでございます。
fuku2
温玉を天丼に掛けるいただき方がお勧めだそうです。私は、天ぷらを全部食べた後、ご飯に掛けて、普通に卵ご飯でいただきました。ごちそうさまでした。

周囲を見てみると多くの方が角煮定食を注文していらっしゃいます!気になったので後日お伺いしました。

“特選定食” ¥2,100
fuku3
昔からの名物という豚角煮に、鰹土佐造り(カツオのタタキ)が付いた豪華な定食です。

“豚角煮春雨スープ仕立て”
fuku5
春雨のたっぷり入ったカツオ出汁の中に揚げた豚角煮が2つ。珍しいお料理です。トロトロの角煮は揚げてあるため、出汁につけてもジューシーさが損なわれず、さっぱりといただけます。

“鰹土佐造り”
fuku4
今から旬のカツオです。臭みもなく、食べよく仕上がっております。

こちらの定食はデザート付きです。
fuku6
皮ごと食べられる“シャインマスカット”。甘くて美味です。ごちそうさまでした。

“福和”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


茂竹|澄み渡る天丼旨し/the 51th day

2016年3月追記)今日は若々しい春をいただきたくて”野菜天丼” ¥1,500にいたしました。
mochi3
ふきのとう、たらの芽、青ネギ、ナス、椎茸、玉ねぎ、ニンジン、インゲン、ヤマイモの海苔巻きなど野菜たっぷり。 海苔で巻いたトロロは外がサクッと、中はふんわりの面白い食感。ふきのとうの心地よい苦味が沁みますね。

こちらの揚げ油は太白胡麻油100%(最近流行気味)。サクッと軽い天ぷらが揚がる理由の1つです。 なんでもエキストラバージンオイルのような製法のゴマ油で、ヘルシーで体にも良いようです。他の天丼よりさらに後味がよいような気がいたします。

体にも優しく、お財布にも優しい野菜天丼でした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2016年2月記載

100年以上続く天婦羅屋で、現在3代目。今年から初々しいお弟子さんの姿もお目見えし、近々代替わりがあるかもしれませんね。 銀座の重鎮の方々が沢山いらっしゃるお店だけに、重みもあるようですが、今後もとても楽しみです。

本日は”かき揚げ天丼” ¥2,300をお願いしました。

お弟子さんとの新体制も馴染んできたご様子です。 前菜は”魚のあら煮、イカの口”、”氷魚(あゆの稚魚)”などを出していただきました。優しい味、やっぱり美味しい。

“かき揚げ天丼”
mochi2
タネは人参、タケノコ、ナス、レンコン、ミツバ、サツマ芋、海老と貝柱など。軽く揚がっており、とても美味しい。後味の良さも、こちらの天丼の魅力ですね。

甘味は”おはぎ”でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2013年1月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、51日目です。 本日は当ブログ初の天ぷら。場所は外堀通りを挟んだ当店の真向かい! 三楽ビルの2階”茂竹-もちく”さんにお伺いしました。

mochi9
 みゆきカフェ(みゆき館)と銀座能楽堂の間のビルです。 しんみりとした良い雰囲気の木製のお品書きが出ているだけですので、お気をつけ下さい。

“盛合せ天丼”¥3,000を注文いたしました。色々付きます。

“ヒラメの煮こごり”
mochi1ヒラメとゼラチンとの異なる食感、そして口の中で溶けて広がるヒラメの旨味。 美味しいです。

“もずく酢”
mochi2
ちんまりトロロを抱えたもずく酢。 のどごし爽やか、新鮮で良い。

“赤だしと香の物”
mochi3
 寒い日に嬉しい熱々の美味しい赤出汁。 おそらく自家製のシャキシャキと歯切れの良い香の物も美味。

“盛合せ天丼”
mochi4
色とりどりで、宴のような賑やかさです!海老、メゴチ、白魚、たけのこ、なす、人参、れんこん、インゲン、ふきのとう、しいたけ、舞茸。判別できるだけでも10種類以上の競演。

1つ1つ丁寧に揚げられた素材は、とても軽く、天丼らしからぬ、清澄ささえ感じます。つゆも上品に少量しかかかっておらず、素材の味を楽しめますよ。後味のとても良い美味しい天丼でした。ごちそうさまでした!

“まんじゅう”
mochi6
びっくりするぐらい熱々でした。 天丼のあとの、甘味。嬉しくなります。

店内空間も、素敵です。 第一暖簾をくぐって、
mochi7

 第二暖簾をくぐると、
mochi8

 カウンターのみの、ほっこりとした店内。象の絵が可愛い押し入れの中には何が?
mochi5
 ご主人と女将さんも親しみやすく、田舎のように和めます。 この素敵な雰囲気は銀座でも、なかなかございません。

お立ちよりの際は是非トリプルいも遊びに寄って下さいませ。