唐井筒さん-寒い季節必食のすっぽん雑炊/the 211th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”211日目、本日は和食、”割烹 唐井筒”さんにお伺いいたしました。

場所は銀座7丁目、並木通り沿い、1階に時計店の”パネライ”さんが入っているビルの地下1階です。
karai8

PANERAIの大きい看板の下の階段を下りるとメニュー表が出ており安心いたします。これが無かったら帰っちゃうか泣いちゃう雰囲気ですね。
karai7
階段が2つあるのでお気をつけください。最初、別の階段から入ってしまい少し迷い、本当に泣きそうなりました。

karai1
店内はややカジュアルな純和食店の雰囲気。L字型のカウンターにテーブル席がいくつかございます。本日はランチ名物のコチラをお願いしました。

“カレイの揚げおろし” ¥1,150
karai3
カレイ1匹を丸っと揚げたものに、大根おろしの薄衣。 ふっくらとした身も美味しいのですが、パリパリの皮、ヒレがご馳走です。 時にはそのまま、時には優しいお味の煮汁に付けていただきます。骨も沢山あるので、食べるのに一所懸命。 ボリュームもありますので満足感もあり、美味しいです。

小鉢は”きんぴらゴボウ”と”卯の花”。 “豆腐とワカメの赤だし”と”お新香”付き。

デザートはほっとする”一口善哉”でした。
karai5
ごちそうさまでした。

もう1つ気になるメニューがありましたので後日お伺いしました。基本的にすっぽん料理店ですので、間違いないはずのコチラをお願いしました。

“すっぽん雑炊” ¥1,550
karai9
卵の絡み具合も最高で、美味しい見た目。 底が深い土鍋にたっぷりと。けっこうなボリュームです!

karai10
熱すぎますので、少しづつお茶碗によそっていただきます。 とても繊細で優しいお味。これは絶品! お肉やコラーゲンたっぷりのエンペラ(甲羅の縁部分)もところどころに入っており、ちょっとした宝探しのようで見つけると嬉しくて、贅沢感有り。 少し寒い日でしたが、どんどん体が熱くなってきて、最終的には汗がタラリ。 熱がなかなか冷めませんので、ゆっくりといただきたいお料理です。

量が多いので、途中でポン酢で少し味を変えていただきましたが、基本的にプレーンが好み。 2人で食べても丁度良い量ですね。

今日の小鉢は”キンピラれんこん”と”ツナとキュウリの和え物” もちろん”豆腐とワカメの赤だし”と”お新香”も付きます。
karai11

デザートはお馴染み”一口善哉”でした。米を沢山食べたあとに、米というのは気になりますが、美味しいものは美味しいのです。 ランチで鍋の醍醐味、雑炊だけいただけるなんて本当に素晴らしいですね。 また冬に必ずやお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“唐井筒”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


なんどき屋さん-銀座の老舗牛めし店!/the 187th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、187日目の本日は牛丼ございます。チェーン店以外で牛丼がメインのお店は銀座では珍しいのでなはいでしょうか(ほぼ新橋ですが)。銀座8丁目の“なんどき屋”さんにお伺いしました。

場所は、東京高速道路の高架下、“銀座ナイン1号館”の1階。
nan6
建物の中ではなく、新橋側の裏道沿いにございますのでお気をつけ下さい。

良い感じの居酒屋が立ち並んでいる通りです。
nan5
店内はカウンター6席のみ。女将さんがお一人で切り盛りされています。 カウンター上のテレビでは、小さめの音量でニュース番組が流れており、私の好きな懐古的な雰囲気でございます。

牛丼以外に色々な定食もありますが、本日は“肉大がけ(肉大盛り、ご飯は普通)セット” ¥750を注文いたしました。5分ほどして到着。
nan1
一目で味が良くしみ込んだとわかる小間切れの牛肉がぎっしりで、ご飯は見えません。

上には同様に良く味のしみた角切りの黒い煮豆腐が1つ。
nan2
美味しそうです!気になるお味は、甘辛くて自然なもの。優しいですね。何でも開店以来、毎日注ぎ足して使っているタレだそうですよ!具は玉ねぎの他に、細切りのコンニャクが沢山入っているのが特徴。これが食感のアクセントになっております。 ご飯の炊き具合も良く、大満足でございます。

+¥100のセット内容は、ワカメとネギの味噌汁とお新香。
nan3
どちらも塩辛くなく良い塩梅。 調理場には新鮮そうな牛肉の塊が置いてあり、その場で調理しているという安心感も良いですね。体にも、お財布に優しいお店です。

好感触でしたので3日後再訪いたしました。

本日は“豚しょうが焼き定食” ¥740をお願いしました。
nan7nan8
注文後にフライパンで炒めて5分ほどで到着。玉ねぎが入っているのが嬉しいところ。 牛丼同様、少し甘めの味付けで、後味の良い感じ。本日のお味噌汁の具はワカメと豆腐でした。ごちそうさまででした。

次回は再び牛丼をお願いする事にいたします!

平日のみの営業で、11時から通しで開けていらっしゃるのですが、夜は18:30までですので注意が必要です。ちなみに“なんどき屋”というユニークな店名の由来は、落語好きだった先代が、古典落語の「時そば」の有名な台詞「今何時でい!」から命名したそうです。当時は蕎麦も出していたのでしょうか。 また美味しい牛丼と昭和の雰囲気を味わいに、お伺いいたします。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


とんかつ不二さん-良い店、見つけた。/the 180th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、180日目でございます。本日はB級グルメの帝王、トンカツでございます。1927年 (昭和2年)創業の老舗“とんかつ不二”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、6丁目との間の通りでございます。
fuji4fuji3
交詢ビル(バーニーズさん)の斜め向かいにクリスチャンルブタン(華美な靴屋)さんがありまして、その横の路地を入った奥にございます。わかりにくく、なかなか入りづらい環境でございます。

ドアを開けるとご夫婦が感じよく迎えてくれます。店内はカウンターにテーブル席2つ。昔ながらのほっとするムードでございます。
fuji5
全席の前には、朱の縁取りの黒いお盆と割ばしがセットされており、不思議な高級感も漂います。

本日はコチラをお願いしました。

“ヒレカツ定食” ¥1,000
fuji2fuji1
丸い適度なサイズのヒレカツが3つ。色味も良い感じです。 最初は何も付けずにいただくと、塩からさが気になります。

むむ、大丈夫か?

と不安に思いましたが、置いてあるソースを付けて食べてみて納得。ソースを付けて食べる前提の味付けのようです。美味しいです! かなり甘めのドロリとしたソースなのですが、この塩気と合わさると抜群に丁度良い。お肉も柔らかく上質、衣サクサクの揚げ加減も丁度良く、お店の雰囲気同様ほっとするお味でございます。

理想通りに、美味しい行き過ぎないとんかつ。この妙味は素晴らしいですね。しかもこれで千円ぽっきりとは、なんとも素晴らしいコストパフォーマンスでございます!

美味しかったので、次の日にもお伺いしてしまいました。

“盛り合わせて定食 しそ巻き、チキンカツ” ¥1,200
fuji6
好きなものを2つ選べるお得な定食。選ぶものにより多少お値段が変わります。 ヒレ肉を使用したさっぱりとした巻き物で、紫蘇の青い香りが心地良いです。美味。梅肉巻き、チーズ巻きというメニューもあり、これらも美味しそうでした。

チキンカツも美味しいのですが、とんかつ店だけに豚系メニューが光りますね。メイン以外にはシャキシャキのキャベツ、お味噌汁、お新香、ご飯(少なめでお願いしております)付き。銀座の良心とも言えるお店でございます。ごちそうさまでした。

職場の近くに素敵なお店を見つけると嬉しくなりますね。またお伺いいたします。 まだまだ銀座には未知のお店が沢山ありそうです。良い街でございます。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


福和さん-名物の角煮が美味しい/the 148th day

本日は和食です。夜は天然ふぐや鱧、松茸などが食べられ、昼はリーズナブルな定食を提供している1979年創業の老舗“福和-ふくわ”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目のコリドー街から1本東の道沿い、TAKAYA-GINZAビルの7階でございます。地下1階はビストロの“サラマンジェ・ド・イザシ・ワキサカ”さんです。
fuku8
2013年にみゆき通りから移転したそうです。

エレベータを下りると、和風な引き戸。店内はテーブル席にカウンター4席、個室もいくつかあるようです。
fuku7

本日はコチラを注文いたしました。

“はも野菜天丼” ¥1,500
fuku1
はも、さつまいも、カボチャ、人参、とうがらし、ナスなど小さい丼に溢れるほど入っております。しっかりとした衣の天丼で、つゆはやや甘めでございます。丼が大きくないので女性でも余裕を持って食べられそうです。

温泉玉子、サラダ、赤出し、お新香付きでございます。
fuku2
温玉を天丼に掛けるいただき方がお勧めだそうです。私は、天ぷらを全部食べた後、ご飯に掛けて、普通に卵ご飯でいただきました。ごちそうさまでした。

周囲を見てみると多くの方が角煮定食を注文していらっしゃいます!気になったので後日お伺いしました。

“特選定食” ¥2,100
fuku3
昔からの名物という豚角煮に、鰹土佐造り(カツオのタタキ)が付いた豪華な定食です。

“豚角煮春雨スープ仕立て”
fuku5
春雨のたっぷり入ったカツオ出汁の中に揚げた豚角煮が2つ。珍しいお料理です。トロトロの角煮は揚げてあるため、出汁につけてもジューシーさが損なわれず、さっぱりといただけます。

“鰹土佐造り”
fuku4
今から旬のカツオです。臭みもなく、食べよく仕上がっております。

こちらの定食はデザート付きです。
fuku6
皮ごと食べられる“シャインマスカット”。甘くて美味です。ごちそうさまでした。

“福和”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。


三亀さん-丁寧な仕事感じる良和食/the 102th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、102日目です。本日は割烹・日本料理店“三亀-さんかめ”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、当店の1本裏側の通りです。慎ましやかな佇まいでございます。
三亀さん夜の外観

ランチは刺身、煮物、焼き物の中から選択。一品は¥1,300、二品は¥1,950、三品は¥2,600です。他おまかせ料理¥8,500がございます。せっかくなので三品注文いたしました。

刺身 “メジマグロ”
メジマグロの刺身
何かと物議を醸すメジマグロ。個人的にはさっぱりしており大人マグロより好きです。しかし切り口が美しい。そして美味しい!トロリとした舌触りが良く、深い味わいです。

焼き物 “さんま”
さんまの塩焼き
小振りのサンマでした。品の良い塩加減です。焼き具合が絶妙。

煮物 “里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮”
里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮
こちらも絶品。シコシコとした歯ごたえの湯葉が素敵です。シンプルなようでいて、ちょっと他では食べられないような幸せな深さのあるお味です。

他ひじきの煮物、豆富となめこの味噌汁、お新香付き。ご飯はお代わり自由です。
三品定食
脇役達も良い働きです。

デザート “みかん”
デザートのみかん
甘くて美味しいです。

体にも優しい、仕事の丁寧さの分かるお料理、貴重です。ちなみに渡部淳一氏の小説「失楽園」に登場することでも有名です。ごちそうさまでした。

店内はカウンターに4人がけのテーブルが4卓、奥に座敷もあるようです。
落ち着いたカウンター

“三亀”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
亀グッズ