東家|銀座に在り銀座に非ず、極上の癒し空間/the 359th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」359日目、本日は和食です。昼夜共に一組限定という和食店「東家 あずまや」さんにお伺いいたしました。ミシュランガイド2018、一つ星のお店です。

場所は銀座3丁目、松屋通り沿いの雑居ビル7階。

地下1階は名前を聞くと二度と忘れられないパスタ屋さん「スケベニンゲン」です!

お店に入ると心地よいお香の香に包まれます。BMは仄かにクラシック、松田正平さんの伸び伸びとした書、猫?面などが飾られており、凛とした中にもたおやかさを感じる心地よい店内です。

テーブルは2卓ありますが、少人数だと使用されるのは1卓のみ。銀座ということもビルの7階ということも忘れさせてくれる独特の雰囲気にまたたく間に引き込まれてしまいました。

夜のコースは¥20,000、¥25,000(サ別10%, w/o tax)の2コース、2人での予約の場合は自動的に後者となります。最初に大将の挨拶があり料理がスタート、一組だけですのでリズム良く料理は提供されます。

・イイダコの桜煮、菜の花お浸し

桜の香の本当の桜煮、頭に詰まった卵(いい=飯)、その名の通りほっくりとご飯みたいで美味しいです。

・ワラビとそら豆の白和え

築地のお豆腐屋「安達屋」のものを使った白和え。豆乳、ごまペーストで非常にコク深い仕上がり。心に染み渡る季節の滋味は和食の醍醐味。こういうシンプルで再上質な料理は時に絶品。 脱緊張、力が抜けていくのがわかります。

・ホタルイカ、ワケギ、赤カブの酢味噌和え

・アイナメ、若竹、よもぎ麩の椀

気をてらわない優しいお出汁はデトックス効果有り。

・キンメダイの炙り

・黒ムツの味噌幽庵焼き、行者ニンニク、赤カブ酢漬け、サツマイモ

キンメダイ、黒ムツどちらも旨みたっぷり。香高い行者ニンニクが良いアクセントに。美味し〜。

・十勝牛サーロイン、タラの芽、フキノトウの天ぷら

あか牛のサーロインは脂が少なくさっぱりといただけます。この時期の山菜は牛肉にも負けない力強さが最高です。

・鯛子、がんもどきの炊き合わせ

・うすい豆、小柱の炊き込み飯

グリンピースよりほくほくのうすい豆、柱と共に食感甘味良く2人で完食です。

・イチゴのあんみつ

とちおとめ系という小さいイチゴが甘くてすごく美味しい。黒蜜にはイチゴジャムが入っており、どこを食べても幸せイチゴ味。

最後は絵になる大将、自らお抹茶を点てていただけます。

茶筅の音色が心底心地よく。癒し完了です。

食後は大将ご夫婦と色々お話をさせていただき、気づけば4時間ほど経っておりました。。。 料理だけを見ると割高に思えるかもしれませんが、空間やホスピタリティ全てを含めて東家。環境で味の感覚は変わりますので、滋味深い料理をこの素晴らしい空間でいただけることを考えると大満足、銀座最高レベルのお食事系癒し空間でした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「東家」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


中村藤吉本店 銀座店|抹茶に始まり抹茶に終わる、別製まるとパフェ/the 350th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」350日目、本日はお茶カフェです。

銀座6丁目のランドマーク「ギンザシックス」4階。

京都発のお茶カフェ「中村藤吉本店」さんにお伺いいたしました。

◯十の暖簾をくぐって中へ。

中央にコの字型カウンター、その周りにテーブルが配置された明るい店内です。

サービスのお茶は日替わりのようですが、今日は・中村茶

煎茶や玉露など7種類がブレンドされた秘伝のお茶だそうです。思ったより渋くて甘味との相性は抜群。

本日は・茶蕎麦セット ¥1,500(単品¥1,000)、温冷選べましたので、冷たいお蕎麦をお願いいたしました。 15分ほどで到着。

ちりめん山椒ご飯付きが嬉しいです。 綺麗な緑色の蕎麦、抹茶が練りこんであるのでしょうが、香りは控えめ。目で香りましょう。 甘味の強い麺つゆにはネギではなく、甜茶を投入、お好みでスダチを搾っていただきます。


喉ごしの良いおそば、オーソドックスなお味ですが、ボリュームもあるのでお腹も満たされ、美味しくいただきました。

最後セットの・生茶ゼリー。

見た目も涼し気、甘さ控えめ後味さっぱり、プルップルの美味しい甘味でした。

そして別の日、周囲の方がいただいていて美味しそうだったパフェをいただきにお伺いしました。

・別製まるとパフェ ¥2,200

グリーンベースの美しいパフェ。「中」と「ト」を合わせたような一番上の文字は抹茶「鮮雲の白」、薄いグリーンは「成光の昔」の抹茶生クリーム。


その下は抹茶シフォンケーキ、手摘み抹茶アイス、渋皮栗、ラズベリー、白玉、あわぽんで一旦区切られ、さらに生茶ゼリー、小豆、ミルククリーム、一番下の濃茶「成光の昔」がパフェを下支え。 抹茶自体も美味しいですが、シフォンケーキ、アイスが上質で非常に美味!

主張が強いラズベリーは必要ないかなと思ったのですが、栗が入っているのは雰囲気良し。もちもちの白玉、さくさくの「あわぽん」が食感のアクセントとなり、大量に入った生茶ゼリーはかなりの満足感。抹茶で始まり抹茶で終わる、自然で滑らか素晴らしき起承転結でした。

お茶も普段あまり飲まず、お茶パフェも今まであまり馴染みがありませんでしたが、大変美味しくいただきました! また別のパフェをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


びふてき松江さん-素晴らしき世界観/the 230th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”230日目、本日は島根の美味しい和牛がいただけるというお店、”びふてき松江”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、昭和通り近くの松屋通り沿い、”銀座AZAビル”の6階です。エレベーターを降りると、レンガ様の壁面に、味のある手書きの「びふてき松江」、下には花が活けられています。
matsue1
これは、、、ホームランか空振り三振のどちらか、という趣。。。

入店すると、ハッシュドビーフ(=カウンター席)かステーキ(=テーブル席)かを尋ねられます。今日はステーキで。

ランチステーキは50g ¥3,800からありますが、本日は”ステーキランチ 80g” ¥5,000(w/o tax)をお願いしました。

まずは、和装のご主人が”お抹茶”を立ててくれます。
matsue8
素敵なおもてなし。そして美味しいお茶。

“サラダ”
matsue9
matsue10
自家製トマトドレッシングをお好きなだけ、物足りない場合はヨーグルト、オリーブオイルを追加。ドレッシングは油不使用で美味。ポリポリ太い海藻麺も素敵。 この時点で、ホームランの予感!

“コンソメスープ”
matsue12
パンが入って玉ねぎたっぷり。濃厚です。

“薬味”
matsue13
薬味も多数。お勧めは藻塩と自分でおろす山葵。そして江戸胡麻・弥勒と江戸おろし・萬歳の1対1ミックス。 びふてき専用醤油、ぽん酢も用意されます。これは期待が膨らみます!

“ビーフステーキ 80g”
matsue14
焼き方はおまかせ。思ったより大きく、イタリア産のトリュフが乗った半熟卵付き。見た目がもう美味しい!まずは何も付けずにいただきます。 一口食べて驚きました。半端ない上質さ!非常に柔らかく広がる口福感。しかもこの価格。これは凄い。

続いて塩と山葵、弥勒&満歳ミックスでいただきましたが、どちらも肉の旨みアップで美味!
matsue16
個人的にはお肉は塩山葵、付け合せは弥勒&満歳で。 ハナビラタケも新鮮で、食感が素晴らしい。贅沢にぶ厚く切られたトリュフも香りがたまりません。貴重な80g、大事に大事に完食いたしました。

デザートは”ぜんざい”
matsue19
小豆たっぷりで美味!上品な甘さで、小豆、お餅もかなり良いものを使用しているようです。

最後は美味しい”コーヒー”で。
matsue17

当初の予想に反して特大ホームラン!「美味しかったので、また明日もお伺いします。」とお伝えし、揚々と帰路に着きました。ごちそうさまでした!

そして次の日もお伺いしました!久々の連ちゃんです。お目当てはコチラ。

“シャトーブリアンを使ったハッシュドビーフ サラダ付” ¥1,500
matsue5
これまた凄い見た目、この塊。 ハッシュドなルー部分は少しで、ほぼビーフ。贅沢過ぎます。 トロトロに煮込まれており、美味!食べ応えも十分でございました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
matsue7
デザートは、昨日店主のご友人からいただいたという松江銘菓”焼きモグラ”、変わった名前だなと思って後で調べてみたら”八雲小倉”でした。。。 外はフワフワのカステラ、中は上質な小豆がぎっしり詰まった美味しい和菓子でした。

ハッシュドビーフも美味しいですが、やはりステーキの方が満足度は上ですね。 店内は昭和初期の応接間のようなテーブルセット、ワイングラスがぶら下がったカウンター、レトロなランプ、茶釜、お雛様、禅語の書、日本画。
matsue2matsue11
一見混沌としているようですが、ご主人の存在により見事に統一されています。松江ワールドへようこそ。 このオンリーワンな感性、ある意味銀座らしくて大好きです。また夜にお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。