神戸プレジール銀座|10食限定 神戸牛ステーキビーフシチュー/the 348th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」348日目、本日は皆大好きビーフシチューです。

作年オープンした銀座4丁目交差点の新ランドマーク「ギンザプレイス」。

最上階11階にある神戸発の神戸牛専門の鉄板焼店「神戸プレジール銀座」さんにお伺いしました。以前も鉄板焼きをいただきにお伺いしたことがあるのですが、ランチに新メニューでビーフシチューを提供されていると知り早速お伺いいたしました。

新しい施設だけあってとても綺麗で、天井も高くゆったりとした雰囲気。エントランスから華やかで銀座らしい装いです。テーブルに案内されるまで素敵なサロンで待機。

以前鉄板焼きをいただきにお伺いした時は、こちらで食後のコーヒー、デザートをいただきました。

窓からは先っぽだけですがスカイツリーが見え、高いところにいることを実感できます。夜はさぞムードのあることと想像されます。

 前回は鉄板焼きをいただいたのでカウンターでしたが、10食限定の・神戸ビーフステーキシチュー ¥3,800(w/o tax)の場合は奥にあるホールのテーブル席に案内していただきました。

1人でしたが4人掛けテーブル、静かでゆったりとした大らかな店内、流れるクラシック音楽も空間とぴったり合っており心地良い雰囲気です。

コース仕立てになっています。まずはコチラから。

・マッシュルームのスープ

マッシュルームもそうですが、ほとんどの食材が兵庫県産です。 とても香りが良く濃厚なポタージュスープでした。美味。

・産直野菜の彩サラダ

13種類のお野菜使用。12種は兵庫県産ですがフリルレタスのみ千葉県産、惜しい!

・神戸ビーフステーキシチュー、焼き野菜付

3日間じっくり煮込んだという神戸牛スネ肉のビーフシチュー。お肉自体の旨味はやや控えめなものの、ナイフはいらないぐらい柔らか。見た目よりずっとさっぱりと仕上がったコク深いデミグラスソースがとても美味しい。ステーキ仕立てで非常に贅沢感が有るビジュアルが素敵です。

パン(フォカッチャ)かライス(兵庫県産コシヒカリ コウノトリ米)の選択可能で本日は・ライスをお願いしましたが、このスタイルだとパンの方が相性が良いかもしれませんね。ちなみに嬉しいお代わり無料です。

・ピスタチオのアイス、オレンジゼリー、バニラのシフォンケーキ

デザートもちょっと豪華な3種盛り、どれも美味しいです。

最後は・コーヒー、バニラクッキーをいただきゆっくりと。

今日いただいたビーフシチューは最初は期間限定だったのですが、好評につきレギュラーメニューになったそうです。お店の雰囲気や立地、メイン以外のコース内容も考えると、大変満足感のあるランチタイムでした。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「神戸プレジール銀座」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


牛庵 & ルヴァンさん-数量限定の絶品ハンバーグ/the 233th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”233日目はハンバーグです。数量限定ですがランチに美味しいハンバーグをいただけるお店にお伺いしました。本日は2店まとめてご紹介いたします。

まずは銀座3丁目、中央通りの3本東側の通り沿いにあるビストロ”ルヴァン エ・ラ・ヴィアンド”さん。
levin8
赤い外観が可愛いお店です。

店内は広く、ビストロらしいカジュアルさと賑やかさ。
levin1

本日は迷わず限定30食“定番ハンバーグ 黒いデミグラスソース” ¥800 、”コーヒー、サラダセット”+¥200をお願いしました。

10分ほどでハンバーグが到着。
levin3
付け合わせはインゲン、人参。ふんわり仕上げられたハンバーグで、ソースも見た目のわりにはさっぱり。

フレンチベースだけにソースが魅力ですね。
levin6
野菜にもたっぷり付けて美味しくいただきました。 銀座でちゃんとしたハンバーグがこのお値段でいただけるのはお得な感じです!

せっかくなのでデザートもお願いしてみました。

“クレームキャラメル” ¥400
levin9
これがすごいボリューム。大きい塊が3〜4つ入っています。昔ながらのお味で、美味しくいただきました。

最後は美味しい”コーヒー”で。
levin7
お腹いっぱい大満足です!1階にあり、堅苦しくなく気軽に使えそうなのがよいですね。 現在お店の正面が、ホテル建設中。時間によりトラックが沢山通るのでお気をつけください。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いて雑誌などでも度々紹介される神戸牛のお店”牛庵”さん。
gyuan6
場所は銀座6丁目、昭和通りの1本西側の通りの地下1階。ドトールコーヒーを目印にどうぞ。開店直前の11時28分頃にお伺いするとすでに、階段上まで行列が!流石の人気ぶりですが、席数が60席近くと多いので、よほど並んでいない限りすぐに入店できるようです。

店内は古民家風、土間で靴を脱いで上がります。後ろからどんどん人がやって来ますので、ブーツを履いていらっしゃる方は苦戦されているようでした。靴はビニール袋に入れて携帯。ランチはスニーカーなど着脱容易な安靴がベストですね。古民家ですからカウンター席はありませんので、1人だと相席率100%。

本日はお目当ての限定25食の”ハンバーグステーキ(ほほ肉100%)和風だれ” ¥990をお願いしました。

10分ほどして、ミニサラダ、ワカメ味噌汁、ご飯(お代わり無料)、和風だれが運ばれてきます。
gyuan1

サラダを食べ始めるとすぐハンバーグが運ばれてきました!
gyuan4
よくある平べったいのではなく、かなり高さのあるシャープな形状で美味しそうです!

良質なお肉を使用しているからこその形でしょうか。焼き加減は中心部に少し赤味が残るくらいと、しっかり火が通っています。
gyuan5
食感はやや固めで、「私は今、肉を食べています!」という感触。 量は120gほどだと思いますが、こちらも満足感あり!コーヒーが飲みたくなりますが、そんな余裕はなく、食べたらサッと帰る雰囲気です。

12時頃お店を出ましたが、まだ階段には行列が。限定のハンバーグは1巡目でないとあり付けないようです。ハンバーグ以外にも1,000円未満のステーキなど魅力的なメニューが色々ございました。

スタッフの方は忙しげながらも、柔らかい接客で雰囲気も良かったです。リーズナブルで優秀なハンバーグ、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
gyuan7


IDEA 銀座さん-絶品 神戸牛ステーキ/the 172th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、172日目です。本日は久しぶりのステーキでございます。美味しい神戸牛がいただけるというステーキ店“IDEA イデア銀座”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、中央通りから1本西側の通り沿い“第二新橋会館”の7階、無数の丸い窓が特徴的な建物でございます。
ide16
それほど広くなく適度に高級感のあるシンプルな店内。
ide15
個室も2つございます。気分はお肉ですので、どうしても煉瓦作りの釜に目を惹かれますね。

オーダーする前に、牛肉の塊を3つお披露目していただけました。
ide1
写真の右から短角牛サーロイン、神戸牛フィレ、神戸牛サーロインです。

迷いながらもフィレを選択。

さらにフィレが3種類。1)フィレの中でも脂身が多い頭側のサーロインに近い部分。 2)脂身が少ない尻尾側のランプに近い部位。 3)脂身と赤身が最高のバランスで入るフィレ中央の最高級部位シャトーブリアン。

別の部位を100gずつ頼むより同じ部位を200g頼んだ方が醍醐味を味わえるということで、さっぱり感が期待できる2)の赤身の多い尻尾側の“神戸牛フィレ200g”をお願いしました。

ディナーコースもございますが、本日はアラカルトでオーダーいたしました。  

“北海道産ボタン海老、無添加ウニ、ロシア産キャビア、青のりのわさび和え四層のカクテル” ¥3,200
ide5
プリプリ、ねっとり、プチプチ、甘味、辛味、塩気 etc 様々な食感、味覚が複雑に絡み合いながらも素晴らしいハーモニー。 贅沢!そして美味!

“特選黒毛和牛タンの厚切り炭火焼ステーキ50g” ¥2,500
ide6ide7
これは凄い!3cmはありそうです。 こんな厚みのあるタンは見たことも食べたこともございませんでした。 50gにしては大きいと思ったら、少し多めに切り分けていただいたそうです。ありがとうございます。外はカリッと、中はふっくらという炉釜炭焼の真骨頂。断面が美しい!この厚みながら柔らかく、歯ごたえも絶妙です。 付け合わせの百合根も良い。

“コンソメスープ” ¥1,500
ide8
これも凄い。コンソメスープの常識を覆す圧倒的な力強さと存在感。絶品!神戸牛、骨とすね肉、地鶏のダブルコンソメ仕立てで、2013年10月の開店時に作ったものをベースとした“継ぎ足しのコンソメスープ”だそうです。どんどん味が変わる牛の神が宿った秘伝のスープですね。素晴らしい。

続いてメイン。その前に炉釜を見せていただきました。
ide9
釜の中央に炭を置いて、お肉は釜の端でじっくり時間をかけて焼いていくのですね。 炭が非常に重要で、“強火の遠火”が可能な紀州の備長炭から、さらに選りすぐったものを仕様しているそうです。

“神戸牛フィレ200g” ¥18,000
ide11ide12
焼き方はお勧めのミディアムレアです。 赤いシルクのように滑らかな肉質が美しく、しっとりとした蠱惑的な舌触りでございます。 味付けは塩、胡椒のみ。そのままでも十分美味しいのですが、静岡県御殿場産のワサビを付けるとまた違った美味しさ。 素手で持てないほど熱々なお皿で提供されますので(手袋で運ばれてきます)、お肉が冷めないというのも嬉しいところです。

“コーヒー” ¥1,000
ide13
お口直しにも最適な、薄めですが酸味の強い美味しいコーヒーでした。ごちそうさまでした!

パン、ミネラルウォーター代として ¥500、消費税、サービス料10%が追加されます。牛肉本来の美味しさ、シェフの哲学を存分に感じることができました。 これだけ肉を食べても後味がすこぶる爽快なのが良い。スープなど肉以外の料理も素晴らしいのも素敵です! 肉が好きでない人にも是非食べていただきたいステーキでございます。世界観が広がりそうですよ。

“IDEA 銀座”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
ide10


絶品! 但馬牛”神戸 ビフテキのカワムラ”さん/the 11th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目食べ歩き”銀座6丁目美食日記”、11日目です。

最近草食の私ですが、本日は”肉らしい肉”、お肉が食べたいということで、

トリプルの外堀通りを挟んで斜め前のビルの8階にある、

神戸ビーフ専門店”神戸 ビフテキのカワムラ”さんにお伺いしました。

小さなプレートがあるだけで、特に看板などは、ありませんので、お気をつけ下さい。

ちなみに、1階はイタリア高級紳士服ブランドの”Brioni-ブリオーニ”さんです。

店内は、ビルの外観からは想像できないほど高級感があり、落ち着きがあります。

各所に置かれた彫刻やプレートなども、店内の雰囲気に合っておりセンスの良さを感じます。

“但馬ビーフランチ(フィレ)”をオーダーいたしました。

こちらでは主に、神戸牛と但馬(たじま)牛を提供されているみたいです。

兵庫県内で生産された牛で、さらに多くの基準をクリアしないと、そう呼ぶことはできないんですね。

まず1品目。

“但馬ビーフの炙り”

ポン酢醤油を付けて頂きます。

びっくりほどの清涼感のある気持ちの良いお肉。付け合わせのお野菜も何気にスゴく美味しいです。

“人参のスープ”

素材本来の甘味が感じられて、クリーミーさっぱりとしたお味。

ポタージュに良くあるザラザラ感が全然ありません。むしろサラッとしているかも。

お肉の前のスープして非常に良いですね。美味。

その間に、正面の鉄板で手際良くお肉とお野菜を焼いてくれます。

ヤバい、手を伸ばしたくなるほど美味しそう。

焼いている間に、

”有機野菜のサラダ”

ドレッシングは2種類かかっており、混ぜて食べて下さいとのこと。

明らかに鮮度の良いサラダはもちろん、オイリー感がほとんど無いドレッシングも美味しいんですね。

私は、普段サラダにドレッシング付けないのですが、これはイケます。

そして、メイン。

“但馬ビーフステーキ 焼き野菜添”

焼き加減は、ミディアムレアでお願いしました。

お野菜は、タマネギ、人参、ズッキーニ、マッシュポテト、ニンニクでした。

野菜はタマネギが淡路島産、その他は産地は色々で有機野菜を使用しているそうです。

特に、お肉の脂を入れながら捏ねて固めたというマッシュポテト焼き(奥の白いの)が絶品でした。

タレは岩塩、ポン酢、味噌ダレの3種類。

お肉は最初は岩塩、次にポン酢、野菜には味噌ダレがお勧めとのこと。

野菜は、素材の味がしっかり付いているので、私の好みは、何も付けずに食べる。

それでも全然美味しいです。

カリカリのニンニクも全部食べたかったですが、仕事中のため、ほんの少しだけ。無念です。

但馬ビーフ、100gです。

美味しい!

お口の中で噛むほどに弾けるお肉の旨味。噛むのが勿体ないけど、噛まずにはいられません。

ミディアムレアで正解。とろけるほどに柔らかい食感でした。幸せ。

デザートは”柚子のシャーベット”(写真撮り忘れ)。

私は、シャーベットのシャリシャリ感が苦手で、寒気と悪寒がするのですが、

こちらのシャーベットはシャリシャリ感無し。良い感じです。

食後は熱めの美味しいコーヒーで。

NIKKO-ニッコーのボーンチャイナのクラシックなコーヒーカップも素敵でした。

美味しかったです。ごちそうさまでした!!

カウンター席の他に個室も3部屋(4部屋?)ほどあるみたいです。
銀座で、神戸牛、但馬牛のステーキ、ハンバーグが食べたくなったら、

ぜひ”神戸 ビフテキのカワムラ”さんへどうぞ。

その際はぜひ、トリプル銀座にもお立ちより下さい。目と鼻の先です。