銀座 蓮|神楽坂から移転した和食の名店、繋がり紡ぐ料理の心/the 374th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」374日目、本日は神楽坂から移転した和食店「銀座 蓮」にお伺いしました。神楽坂の名店「石かわ」「虎白」(共にミシュラン3つ星)に次ぐ石かわ系列、3店舗目が「蓮」(ミシュラン2つ星)です。

場所は銀座6丁目、コリドー街近くの雑居ビルの地下1階。外に看板は無し。

ここは大将の三科氏の最初の師匠である勝又氏のお店「梧洋」があった場所。詳細はわかりませんが、急遽引き継いだ大将の心持ちとは幾許でしょうか。以前のお店と内装はほぼ同じ、エントランスの水槽の金魚たちも元気いっぱいで一安心です。

移転にもかかわらず「蓮」という店名とインテアリアとの調和が素晴らしいのは、やはり師弟ゆえでしょうか。カウンター7席と個室2部屋、奇数席のカウンターはお一人様OKの印です。まずはこちらから。

・蒸しアワビ

まずは店名の蓮を使った一品。3時間かけて旨味を凝縮させたアワビ。シンプルに肝ソースが絶品です。下には芋茎が隠れていました。

・アユのかき揚げ

塩焼き以外の鮎も良いですね。噛んだ時のザクッという美味しい音が心地良く、苦味もしっかり。

・アマダイ、冬瓜、クチコ

昆布をベースに軽くカツオを効かせた透明感のあるお出汁、しっかり奥行きも感じられ美味! これほど軽やかで滋味な出汁は久しぶり。今日一番の料理でした。

・フッコ、イセエビ

フッコはスズキの若魚。お刺身も軽やかに仕上げてありますね。イセエビは甘みたっぷり。

・焼きハモ

目の前に置かれた火鉢で炭火焼き。焼くのが難しそうなハモですが、上手な仕上げ。薬味は珍しいカラシと玉ねぎ醤油。

・レンコン餅

先ほどの玉ねぎ醤油で食べると良い感じ。ほっこりする料理も良いですね。

・スッポン炭焼き

骨つき。鶏肉のような食感に旨味たっぷり。間違いのない美味しさです。

・ウニ、ジュンサイ、キャビア

・毛ガニ、賀茂ナス

トロト〜ロの甘〜いおナス、コクのある蟹とのバランス良好。こちらのお出汁も美味です。

そして楽しみなご飯はシンプルな白飯です。

・土鍋ご飯、ウナギ、赤出汁、お新香

粒の大きい魚沼産コシヒカリ、お一人様でも二合炊き。こちらでは基本的に白飯を出されるそうです。好物のウナギは焼いて炊かれたトロトロタイプで美味しい。

そして余裕があるようでしたらとお勧めされたのが大好物のカレーライス! もちろんご飯もカレーも大盛りで。

リンゴにバナナ、香味野菜と色んなお肉で仕上げた和食店らしい辛味の薄い、大変に柔和なカレーでした。美味し。 水気を残した炊き方も好みで、その後もご飯をモリモリ食べていたら、おともにフッコの南蛮漬け、ハモ卵を出していただき、美味しく完食です。

最後は・水ようかん、イチジク、ラム酒のジュレをいただきお腹もいっぱいです。

神楽坂から毎日自転車通勤という三科大将、大らかなお人柄、ホスピタリティ共に素晴らしく、リラックスした心持ちで料理をいただけるのが良いですね。今後銀座でどうのように発展洗練されていくのかが非常に楽しみです。

他の料理人の方々もお若いのですが、皆様120%のスマイルで大変素敵でした! 美しい人と人との繋がり。美味しい料理いただきました。合掌。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


ルークスロブスター, 銀座つぼやきいも|甘さが際立つエビとイモ /the 373th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」373日目、本日は最近銀座にオープンしたファストフード店2店をご紹介いたします。まずはニューヨーク・マンハッタン発のロブスターロール専門店「ルークスロブスター 銀座店」。

場所は銀座3丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、7月4日にオープンしました。

注文は外のテイクアウトコーナーのような窓口にて行います。雨の日は大変なので店内でもオーダーできると良いですね。

明るい店内、奥にはテーブル席3卓、壁際にも小さな丸テーブルと簡単なベンチが設置されています。

ロブスターや海にまつわる装飾で賑やかな雰囲気です。

ロブスターロールが名物のようですが、本日は・ロブスターグリルドチーズ ¥1,380 +スープセット ¥500(w/o tax)をお願いしました。

スープは2種類から・ロブスタービスクを選択。量がたっぷり、やや素材感も残して濃厚な仕上がり、ロブスターの身も少しですが、しっかり入っています。NYっぽい大味さがとても良いです。こちらにドリンクが付きます。

こんがりトーストにぎっしりのロブスターとグリエールチーズ、3つの素材の香りとビジュアルでもう美味しい。

ロブスターのプリプリ食感と甘み、グリエールチーズのコク、サクサクトーストの組み合わせで、お味は間違いなし。とろけるチーズって大人になっても幸せです。 そして通常ハサむ側のロブスターがハサまれているという現実にも感慨無量。ボリュームもかなりしっかりあり、お腹も満たされました!

お店のスタッフさんも皆様明るく溌剌としていて気持ちが良く、エビ好きにはたまらないお店ですね。人気が出るのも納得です!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ルークスロブスター」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて2018年6月1日にオープンした焼き芋店「つぼやきいも銀座」。

場所は銀座7丁目、中央通りから2本西側の通り沿いと奇遇にも「ルークス ロブスター」と同じです。

お店の中には四つのツボ。店名の通り、昔ながらのつぼ焼きスタイルです。

常滑焼きのつぼ焼き芋専用つぼだそうです。

ツボの中のいも。ツボの底には炭。熟成させることで甘みを引き出した鹿児島産の「紅はるか」を使用しています。

お行儀よく並ぶ姿が健気で可愛いです。

サイズは「まるごと」「はんぶん」「ちいさいの」の3種類から選べるのが嬉しいです。本日は食後デザートに最適な・つぼやきいも はんぶん ¥378 をお願いしました。3人が座れるベンチがあるので、そちらで出来立てをいただきました。セルフですがお水や温かいお茶、お手拭きが置いてあるのが優しいです。

焼きたてのおいも。

熱々でハフハフしながら一口食べてみてびっくり、家で食べていたら「あまーい!!」と叫ばないまでも、口に出していたかもしれません。すこぶるあまさ!

β-アミラーゼという消化酵素が、加熱されることにより糊化したデンプンに作用して麦芽糖という甘味成分を生成するベスト温度65度前後で90分加熱するそうです。ツボパワー恐るべし。 身はホクホクのトロトロ、皮もパリパリで大変美味しくいただきました。

暑いので焼き芋はちょっとという方にも安心。アイスやきいももございます。サイズは同様に3種類から選択可能です。

・アイスやきいも はんぶん ¥378

ホクホクのつぼやきいもを業務用冷蔵庫で瞬間冷凍して作るそうで、家庭では真似できなアイスやきいもです。ありそうでなかった新感覚の芋アイス。こちらも美味しいです。

個人的には甘さが際立つシンプルな「つぼやきいも」が好みでした。つぼやきいもは間違いなくスイーツです。お店の思う壺。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「つぼやきいも 銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

パッケージも可愛いので意外性のある贈答品にも最適です。


銀座 魄瑛、麺屋ひょっとこ|銀座ラーメン百花繚乱 /the 370th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」370日目、本日は皆大好きラーメンです。最近銀座にオープンしたラーメン店2店をご紹介いたします。

松屋通り沿い、1階にシュークリーム店「緑花堂」が入っている白いグルメビル「HOLON GINZA」の2階にできたラーメン店「銀座 魄瑛 はくえい」にお伺いしました。

以前のラーメン店が無くなって1年以上たってやっとオープン(現在プレオープン中)です。 券売機で購入、麺メニューは1種類のみです。昼であれば確実に・トリュフご飯もお願いするのですが、夜なので・特製つけ麺 ¥1,200のみでお願いしました。

真っ赤なカウンターが印象的な店内。

ラーメン店に有るまじきゆったりした椅子の配置で6席のみ。つけ麺は出来上がりに時間がかかるため、この席数が限界なのだそうです。

・特製つけ麺

つけ汁は鶏としじみのダブルスープ。太麺には東銀座のトリュフ専門店「ムッチーニ」の白トリュフオイルで香り付けがしてあります。

上には牛・鴨・豚と3種のチャーシュー、しじみムースとトリュフをトッピングしてゴージャス!

最初の状態ではトリュフの香りはそれほど強く感じませんでしたが、2口目から程よく口の中で香る。ユニークな味変のしじみムースはスープとの調和が見事です。さらに麺にライムを絞ると爽やかさが感じられます。

最後はつけ汁にカツオと昆布の和風出汁スープを加えていただきます。

最後の一滴まで賞味いたしました。 味の色々な変化が楽しいつけ麺でした。上品で後味も良く大変美味しくいただけました。秋頃にはラーメンも登場予定とのことでしたので、そちらも楽しみます。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては「麺屋ひょっとこ 銀座店」、ラーメン好きの方は「あっ」と思われるはず。有楽町「交通会館」地下1階の行列ができるラーメン店「麺屋ひょっとこ」の銀座店がオープンいたしました。

場所は銀座6丁目、泰明小学校近く、ユニークなお店が並ぶ泰明通り沿い。

老舗そば店「泰明庵」のお隣です。

銀座昭和イーティングビルの1階、店内が外から見えるのですが、コンクリート打ちっ放しでスーパーモダン。

「ひょっとこ」という言葉の既成概念を打ち破ります。キッチンとの距離がもの凄く近くてライブ感が楽しいです!

まずは券売機でチケット購入、本日は・和風柚子焼豚麺 ¥930をお願いしました。

カウンターに置かれた瞬間の柚子の香りが爽やか。和風出汁と仕上げた透明感のあるスープは極あっさり、上品でクセがなく美味しいです。 中細麺はやや硬めの食感で、分厚いチャーシューも3枚乗っており食べ応えも十分!

それ自体のインパクトはないものの、フッと思い出して食べたくなる包容力と懐かしさを感じる和風なお味の味噌汁的ラーメンです。行列ができるのも納得です。 「スタイリッシュなひょっとこ」を想像するだけでも可笑しみが。店名がとても良い。

銀座6丁目のこの界隈は「はしご」「朧月」「風見」「松富」などラーメンの名店が集まり百花繚乱です!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「麺屋ひょっとこ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 奥田|日本の美味しい恵に心より乾杯!/the 369th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」369日目、本日は和食です。和食の名店「銀座 小十(ミシュラン二つ星)」のオーナー奥田氏の名前を冠した和食店「銀座 奥田(ミシュラン一つ星)」にランチ訪問いたしました。

場所は銀座5丁目、並木通り沿い、カリオカビルの地下1階です。

お店は地下1階、しっとりと静謐な雰囲気の店内、また扉を開けると一直線のカウンター席。

ランチは¥13,000、16,000の2コース、本日は・昼餐 メニュー奥田 ¥16,000(サ別12%, w/o tax)をお願いしました。サービスの方が積極的に声をかけてくれることもあり、和やかな気分でスタートです。雰囲気大事です。

・ムラサキウニ、とうもろこし

夏はウニが美味しい季節。下には焼いた赤茄子、甘みと苦みのグッドバランス。美味。

・ワタリガニ、ダツ、トマトのジュレ

トマトが爽やか。暑い時期に嬉しい冷たい前菜2品でした。

・ハモとジュンサイの煮麺

今年初めてのハモ。落ち着く出汁。滋味趣深い。

・ホシガレイ、アオリイカ、カツオのたたき、アジ棒鮨

お造り4連発。まずはこちらも今年初めてのホシガレイは幽玄な旨味、スダチと塩で甘み爆。ねっとりアオリイカは塩とクチコで。決して良い香りでもないクチコの磯香が酒飲みには良い感じ。初めていただくアジの棒鮨も美味しい。

・長野県天竜川 若鮎の炭焼き

50分かけてじりじり焼き仕上げる「銀座 奥田」初夏のスペシャリテ。15cmほどで揃えられた鮎は、骨まで美味しくいただけるベストサイズなんだとか。鮎の声が聞こえてきそうな恍惚の鮎。苦みもばっちり、頭からバリバリいただきました。 面白かったのはペアリングでエビス黒ビールが付いていること。鮎をめでたい、確かに美味しい!

・アワビの天ぷら

プリプリのアワビも夏が美味しいです。

・北海道産和牛ロース、賀茂茄子

「こぶ黒」という昆布を餌に育った牛だそうです。火入れ加減も素敵。

・琵琶湖天然ウナギ丼

天然の大ウナギならではの野趣味たっぷりの強い歯ごたえで甘みが染み出します。絶品。お味噌汁も具沢山です。

・ココナッツアイス、天使音(あまね)メロン

最後は・抹茶、和三盆の干菓子をいただいてゆっくりお話しもさせていただきました。好物連発、体が元気になる素敵な内容でした。荻野大将はまだ30歳過ぎたばかりとお若いですが、確かな料理の技術、感性、お人柄共に素晴らしいですね。今後が楽しみです。サービスも非常に手厚く丁寧ながらもフレンドリーで、納得の12%でございました。 素敵なランチタイムをありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。