鮨 杉澤|伝統と革新が香る鮨/the 368th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」368日目、本日はお鮨です。銀座6丁目泰明通り沿い、昭和イーティングビルの2階に4月1日にオープンしたお鮨店「鮨 杉澤」さんにランチ訪問いたしました。

特徴的な「鮨」の字体から出身がわかる方は銀座通or鮨通です。銀座の有名店「鮨 青木」出身の杉澤さんの独立店。優しい目鼻だちの親しみやすい杉澤大将です。

綺麗なL時型カウンター8席のみ。

新築ビルの新店ですので、非常に清々しい雰囲気。カウンターの木の香りが心地良いです。

現在ランチは¥3.000、¥5,000の2種、夜のコースもいただけるそうです。本日は・おまかせ握り ¥5,000(w/o tax)をお願いしました。まずは摘み2品からスタート。

・鳥貝ひも、タコ頭の桜煮

鳥貝はクレソンと海苔巻き、煎り酒とゴマでいただきます。タコの頭は足とは少し違い歯ごたえがあって美味しいです。

・しょうが

青木といえばこの形のガリ。歯ごたえが良くて美味しい。食べ過ぎ注意です。

・マコガレイの木の芽鮨

赤酢を使う鮨店が非常に多い中、米酢だけで品良く仕上げているのが好感触。2回目のお伺いなのですが、シャリは前回と比べやや柔らかめの仕上りでしょうか。

・中トロ

・コハダ

米酢のシャリは〆物と相性抜群。非常に美味しいです。

・カスゴ

表面を軽く炙って。キリッとしたカスゴ、最後に芝海老のおぼろの甘みが駆け抜けます。

・赤身漬け 海苔巻き

漬けは握りを海苔で巻くのですが、海苔の香りと食感が加わりいっそう美味。

・ハマグリあしの昆布締め

昆布〆したものをさらに昆布で挟んでいます。初めていただくお鮨でした。昆布の甘みと旨みが加わり大変美味しい。

・サイマキエビ

上に乗っているのは卵の黄身酢おぼろ。小さい車海老をサイマキと呼ぶのですが、甘みが弱い分をおぼろで補完。黄身酢おぼろ、ご飯にかけても絶対美味しいです。販売希望。

・タイと冬瓜のお吸い物

お吸い物もしっかり具が入っているが嬉しい。滋味です。

・アナゴ

・タコ桜煮

手間のかかる桜煮の握りは出すお店が少ないので、嬉しい。こちらは足部分です。シャキシャキした食感で美味しい。

・干瓢巻き

・タマゴ

追加・アジ

肉厚で立派なアジ、中には芽ネギ。この時期のアジは絶品!最後にふさわしい一品でした。

鮨価格高騰の中、非常に良心的なランチ価格が嬉しい。落ち着いた雰囲気の中、しっかりと仕事がなされた美味しい江戸前鮨をいただけるお店で、満足度は高い印象です。今後展開されるであろう杉澤流への変化が非常に楽しみですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

泰明通り、1階にラーメン店「麺屋 ひょっとこ」が入っているビルの2階です。


アロセリア ラ パンサ|ランチに絶品イカ墨パエリア/the 367th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」367日目、本日はスペイン料理「アロセリア ラ パンサ」にお伺いしました。代官山の人気店「アロセリア サル イ アモール」の姉妹店です。ちなみにアロセリアとはスペイン料理の中でもお米専門店。お米好きには興味深いお店です。

銀座1丁目、昭和通り沿い。トリプル銀座からはやや遠めです。。。

2017年1月にオープンしてからすぐに千円ランチを始められたのですが、メニューにあまり惹かれず。アロセリアというからには、たっぷりお米が食べたい。そんな中、最近パエリアを食べられるランチコースを開始されたようで、早速お伺いいたしました。

スペインの地図、ワインなどが飾れれた賑やかで明るい店内。

赤い花柄のテーブルクロスも可愛いです。カジュアルですが全体が落ち着いたトーンでまとめられており、上品で温か、清潔感もあり心地よい雰囲気です。

本日はお目当ての・ラ パンサ ランチコース ¥2,980をお願いいたしました。

冷製スープ・サルモレホ

ガスパチョよりも濃厚なトマトとビーツのアンダルシア地方のスープは、羊のマンチェゴチーズとイワシの塩漬けがアクセント。コクがしっかりあって非常に美味しい。期待が膨らむ1品目。

・自家製パン

嬉しいお代わり無料です。

・グリーンサラダ、モルテルエロ

空豆と焼きナスに新鮮サラダ、ウサギや豚肉をペースト状にしたモルテルエロ、さっぱりした味付けで美味です。

・ズワイガニのクレープ包み ドノスティア風

これも良い!カニの旨味は弱いものの、フワフワ食感と魚介出汁たっぷりのソースが美味しい。フワフワのパンに付けて残さずいただきました。

メインのパエリアは4種類から選択可能。本日は・イカ墨のパエリアを選択。2人前から頼めないので追加料金 +¥1,000で、2人前をいただきます。

黒々艶やかな美しい見た目で、香りも良い。お米は芯を残したアルデンテ、歯ごたえがありながらも、イカ墨でしっとり仕上げられており絶品。

具材はエビ、白身魚、パプリカなどシンプルですが、出汁がよく効いております。

基本的に後付け調味料はあまり使わないのですが、アイオリソースでいただくと卵黄の旨味とニンニクの強い香りが加わり、二度美味しい。量的にも2人前でお腹もいっぱいです。

・アロス コン レチェ

アロセリアですから最後もお米を使ったデザートです。シナモンとレモンの香りが爽やかで美味。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりとさせていただきました。

メインのパエリアが美味しいのはもちろん、前菜もレベルが高く、ランチコースは非常にコスパ良好。

サービスの方々は、説明も丁寧でフレンドリー。混み合う中でも笑顔を絶やさずサービスされているのが印象的です。 ウサギと鶏肉のパエリアもかなり気になりますので、またランチコースでお伺いたしたいと想います。ちなみに「ラ パンサ=太鼓腹」の意味。気を付けなければいけません。ごちそうさまでした!

「アロセリア ラ パンサ」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 風月堂|不易流行、滋味で枯淡な和食コース/the 366th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」366日目、本日は和食です。以前にも当ブログでご紹介させていただいた「銀座 風月堂」、1年ほど休業していたのですが、2018年5月8日に再オープン!

場所は銀座6丁目、みゆき通りと並木通りの交差点。

以前は1階でしたが、現在は2階で営業されています。

エントランスには沢山の祝い花、以前の昭和な面影は全くなく和モダンでスタイリッシュ!

和食も提供するようになり、カウンターとテーブル席のカフェスペースとカウンターのみの割烹スペースに分かれています。

こちらがカフェのカウンター。

昼間は目の前でベテランの和菓子職人の方が、喫茶用の和菓子を最終仕上げされており、出来立てをいただけます。

本日は夜の和食コースをいただきにお伺いいたしました。料理を手がけるのは2017年2月にビルの建て替えのために閉店してしまった「つばきや」のご主人です。以前のお店のお客様により連日満席が続いているのだとか。そんな訳で事前に予約してお伺いしました。

エントランスを入って左側が割烹コーナー。

8席一直線の美しいカウンター、シンプルながらも随所にモダンさを感じる店内です。 コースは¥5,000からありますが、カウンターでいただけるのは¥8,500のコースから。本日は・月 ¥8500(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・牛たたきとヤングコーン、焼き味噌

最初っから牛肉ということろに優しさを感じる。 焼き味噌は八丁味噌をベースに紫蘇、ナッツ類が入っています。酒飲みには最高のアテ。こういうクラシックな料理大好き。気分がほっこり蕩ける感じです。

お造りは三品・マグロ赤身のナメコ醤油、アオリイカとムラサキウニ、白エビ

赤身は脊椎の周りのテンパネ。滑らかで旨味たっぷり。とろろ状のナメコ醤油も良い感じ。 アオリイカとウニはこの時期の最強コンビの1つ。美味です。

・アナゴ白焼き、稚鮎南蛮漬け

以前のお店から定番のアナゴは外パリパリの流石の火入れ具合。お酒が進みまくりです。

・アスパラガスの天ぷら、サザエのチーズ焼き

天ぷらは軽やかに。湯気モクモクの激熱サザエは見た目、味共に今日一番印象的! 素朴な料理ですが、逆に新鮮。空豆と日本酒のアクセントが効いています。巨大な肝にしびれます。美味!

通常〆は素麺なのですが、追加料金で炊き込み飯に変更していただきました。

・空豆と釜揚げしらすの炊き込みご飯

香りの良い空豆、ゆかりが入っており食欲を刺激。


卵たっぷりのかきたま汁も優しいお味で最高です。ご飯が美味しく2合炊いていただいたのですが完食してしまいました。

最後は別腹・わらび餅

わらび粉100%のとろとろタイプ。上品な味わいと口当たりは格別です。そうえいば本業は和菓子屋さんでしたね。最後はお抹茶(コーヒーも選択可)をいただきゆっくりとさせていただきました。

和食価格高騰の中、リーズナブルな価格設定、内容的にもかなり満足。加えて大将はじめ皆さま感じが良い! 「つばきや」時代はご夫婦で切り盛りされていたそうですが、それに風月堂さんのスタッフが加わり、サービスも手厚くなっていると思われます。

まだオープンして3週間ほどですが、流石に料理の完成度は高く、一丸となって良い場所にしようという雰囲気が感じられるのが素晴らしいですね。内装は全く違ってしまいましたが、以前と変わらずあったかくて良いお店です。不易流行。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 風月堂」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ランチタイムにはせいろ蒸し、焼き魚定食がいただけます。こちらもお勧めです!


資生堂パーラー, キットカット ショコラトリー, ル ショコラ ドゥ アッシュ, リール銀座|銀座 初夏のパフェ事情/the 365th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」365日目、本日はパフェです。イチゴの季節も終わり、フルーツパフェが色々と登場しています。春夏パフェを提供しているお店4店(どのお店も以前当ブログ掲載)をご紹介いたします。

まずは毎月変わるパフェが楽しみな「資生堂パーラー サロン ド カフェ」、5月限定の・長崎県大瀬戸地区産 枇杷パフェ ¥2,380

樹齢50年以上の樹で育った瑞々しい琵琶が山盛り。枇杷好きにはたまらないビジュアルです。


枇杷山の背後には生クリームとライチシャーベット、下にはミルクアイスクリーム、一番下のダージリンゼリーの中には枇杷、ブルーベリー、ラズベリー。 非常に控えめで奥ゆかしい甘みを備えた美味しい枇杷に、ローズソース、ライチが華を添えますが、あくまで枇杷が主役。 今年も優しい枇杷をいただいて優しい気持ちになれました。ごちそうさまでした!

続いては松屋通り沿いの「キットカット・ショコラトリー 銀座本店」、3月〜5月は新茶の時期でもあり抹茶パフェを提供しているお店も多いのです。いただいたのは新作パフェ・サブリム抹茶パフェ ¥1,700(w/o tax)

上に刺さるのはクーベルチュール使用の高級キットカットのサブリムビター(なんと1本300円!)

上には和を感じる黒豆、フランボワーズ、生クリーム。

下には抹茶アイス、バニラアイス、チョコクランチ、カットしたサブリム抹茶、抹茶ガトーショコラの構成です。気本的に組み合わせはシンプル。濃厚なビター&抹茶のキットカットがとても美味しいです。こちらのパフェは特別なキットカットの美味しい特別感とボリューム感が良く、意外に気に入っております。ごちそうさまでした!

3店目はスターパティシエ辻口博啓氏のチョコレート店「ル ショコラ ドゥ アッシュ 銀座本店」、以前はカウンター席だけでしたが、テーブル席も新たに設置され、イートインにも力を入れているようで、パフェも新登場。

・パフェロワイヤル ¥1,500

背があまり高くないパフェはチョコソフトクリーム、ホイップクリーム、フイヤンティーヌシンプル三層構造。 ソフトクリームはスペイン産の3種類のダーククーベルチュールをミックスした濃厚で深みのある味わい。逆に下のクリームは軽く仕上げられ、フイヤンティーヌの食感も軽やかでバランス良い仕上がり。


トッピングはラム酒が効いたウィークエンドショコラと砂糖不使用のアマンドショコラで、しっとりしたチョコケーキがお気に入り。やはりチョコレートパフェはショコラティエのものが美味しいです。ごちそうさまでした!

最後の4店目は銀座で最もお気に入りのカフェ「リール銀座」の美しい新作パフェ・ソレイユ ¥2,000

名前の通りイエローが眩しい南国風。 一番上はサクサク食感のココナッツパインのパートフィロ、グルグルのモンブランはホワイトチョコベースのトロピカルクリーム、中は生クリームが入った二重構造。久々のリール銀座のパフェということもあり、ここまでだけでも、かなりの口福感!


その下はフレッシュマンゴー、パイナップルの果肉にパインシャーベット。 クリアなモヒートジュレの中にはマンゴームースとラズベリー。ラムベースのピニャコラーダソースが全体を綺麗にまとめているようです。 お酒を使っていますが、アルコール感はあまりなく、ピリッとした爽やかテイスト。後味も爽快です。あまり経験したことがないタイプの陽気なラテン系パフェ、絶品でした! 

カフェ、喫茶店、ショコラティエが多い銀座。色んなお店のパフェを食べ比べてみるのも楽しいです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

こちらは「資生堂パーラー サロン ド カフェ」のもう1つの5月限定パフェ・東をどりパフェ ¥1,980。 「東をどり」は新橋芸者の踊りと料亭の食を楽しむ初夏の風物詩。番傘を添えることで粋な芸者衆のように見立てた小粋なパフェです。今年の「東をどり」開催期間は新橋演舞場で本日5月24日(木)〜27日(日)まで。チケットにはまだ余裕があるようですので、気になる方は是非!

「東をどり」について詳しくはウェブサイトをご覧ください。