カフェ・ド・ロペ-ソニービルの地下に、原宿を見つけた/the 243th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”243日目です。本日ソニービルの地下3階に新しくオープンした”カフェ・ド・ロペ”さんにお伺いしました。

藤原ヒロシ氏がディレクターを勤めるコンセプトストア「ザ・パーキング銀座」内にあるのですが、その名の通りもともとは地下駐車場があった場所。西銀座駐車場の地下2階から直接行けるのが面白いですね。
rope8rope3

なんでも70年代、原宿・表参道あったオープンカフェを銀座で復活させたそうで、シルバーのキラキラシールのような丸テーブルに、グリーンがいっぱいの店内。
rope2
やっぱり銀座より、原宿的雰囲気ですね。

まずは、噂のバルミューダの高級トースターで作るトースト。 種類も色々で迷いましたが、本日は”チーズカレートースト” ¥480をお願いしました。
rope4
なんとカレーは”レストランよねむら”さんのものを使用しており、福神漬けも乗った本格派! このお値段を考えると、ハイレベル。美味しいです。 食パンは”ヤマザキのロイヤルブレッド ゴールド”を使用しているそうですが、カリッと仕上がっておりました。

続いてデザートもお願いしてみました。

“フルーツサンド ドリンクセット” ¥1,480
rope6
赤坂の人気フルーツパーラー”フルフル”さんのフルーツサンド。イチゴ、パパイヤ、キウイ、バナナが入っており、でっぷり感がよいですね。 フルーツも大きめにカットされており、贅沢感もたっぷり。こちらも美味しいです!

最後は美味しい”コーヒー”で。
rope1

オープンしたばかりで、地上には看板もないので、場所がわかりにくい。銀座の中心にありながら、なかなかの穴場スポットです。色々なお店の美味しいものを集めており、なかなか魅力的。 “のりトースト”や”しらすブロッコリートースト”など気になるメニューも多数。 またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

rope9
お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


そうかわ-コスパ良好美味しい天丼、おまけのギンザマン/the 242th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”242日目です。本日はて天ぷらです。新橋と銀座の境目の高架下、大衆的な飲食店が並ぶ銀座ナイン2の地下1階にある”そうかわ”さんにお伺いしました。
so5

お客さんがいっぱいで写真はとれませんでしたが、カウンターにテーブル数卓の飾り気なく落ち着いた、昔ながらの雰囲気です。
so4
夜はふぐ料理など高級和食スタイルですが、お昼は天ぷらがリーズナブルにいたあけます。

“天丼定食” ¥1,000、”天ぷら定食” ¥1,100の2種類があるのですが、本日は”天丼定食”をお願いしました。 天ぷら鍋の前で一心不乱に天ぷらを揚げ続ける方と、大将の見事なコンビネーションで次々と配膳されていきます。10分ほどでやってきました。

so3
美味しそうです! タネはエビ2、ナス、イカ、カボチャ、レンコン、ゴボウかき揚げ。 サクッとした軽め天ぷらで、大きいカボチャ、レンコンの歯ごたえが素晴らしい。

so2
エビやイカもこの価格にしては非常に良い感じ。極少なめでかかった甘めのタレ、ご飯の炊き加減も最適でとても美味しいです!

“白菜の浅漬け”、ネギのたっぷり入った”豆腐味噌汁”も味がよく大満足です。 きっと夜も美味しいと想像されます。 周囲は”天ぷら定食”を食べている方が多く、大きいアナゴがとても美味しそうでした。 次回はこれですね。

12時過ぎにお店を出たのですが、待っている方が何名かいらっしゃいました。 お昼時は銀座ナイン2地下1階、良心的なお店ばかりで、どのお店も非常に賑わっていますね。 よいランチタイムでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

その帰りに見つけたのが、銀座8丁目のテイクアウト専門店「ギンザマン」!とても気になるので出直して購入しました。

ギンザマン(五目まん)¥490
ginza3
でっかいです!皮に「ギンザ」と印字されており、わかりやすい。

ginza4
餡は、豚肉の他、しっかりサイズのエビ、タケノコ、シイタケ、さらにはウズラタマゴが丸っと1個入っており本格的。ジュワッと滲み出るお出汁もなかなかです。皮は厚めで、もっちりとした食感。皮でけっこうお腹がふくれますね。ごちそうさまでした!

“そうかわ”さん、”ギンザマン”さんにお立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
ginza1
平日の営業時間は夕方16時半から深夜3時と規格外。夜の銀座を支えるギンザマンなのです。


伽藍バー-外堀通りに潜む、癒しの洞窟/the 241th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”241日目です。本日は初のバー。当店のすぐ近く、曽根ビルの地下2階にある”伽藍バー”さんにお伺いしました。ある方のご紹介でお伺いしたのですが、近くにあっても全く気づかないものですね。

店内は土壁、木の家具がいっぱいの温かい不思議な洞窟のような雰囲気。
garan5
テーブル席もたっぷりあるので、いわゆるバーという感じではないのも立ち寄りやすい理由でしょうか。 なんと今年で12年目。お祝いのお花が飾られておりました。

チャージ、ドリンク、料理だいたいどれも¥1,000程度と良心的。価格のちゃんと記載されたメニュー表もあるので、バー慣れしていない私でも安心です。バーですからお酒を飲みます。

“伽藍Barオリジナルラベル ビルゴビール ホワイト”
garan1
とりあえずのコチラ。さっぱりとして美味しいビールです。

“竹鶴12年”
garan7

“香取(千葉県香取郡)純米生酛 8割磨き”
garan10
美味しい日本酒もあるのは嬉しいですね。店主は女性なのですが、とってもナチュラルで打ち解けやすい素敵な方。私はまで見てもらっていませんが、なんと手相鑑定もしてくれるそう。噂によれば、すごく当たるみたいです。

料理も美味しい!

酒粕と味噌、ゴマをブレンドしたペーストを付けていただく生野菜。
garan8

そして銀座の高級クラブ御用達!京都の竹中罐詰 “いわしのオイルサーディン”
garan9
ヨーロッパの缶詰とは全く違う綺麗な見た目と繊細な味付け。家にストックしておきたい逸品!

鮭の頭と酒粕を使った北関東の郷土料理”しもつかれ”
garan11
これは日本酒と食べると最高!左は鮭と酒粕のみ、右は豆や野菜が入ったタイプ。美味しくて体にも良いっていいですね。

〆はカレーです!

“魔女の瞑想カレー”
garan3
お米は伽藍バーオリジナルの5分づきの酒粕入り玄米。オーガニックスパイス使用し、チキンがゴロゴロ入っております。辛さは控えめの優しいお味。店主の気持ちが伝わりますね。

これ以外にも体にも気づかった新鮮で魅力的なものが多数。飲み物の品揃えはマニアックではありませんが、一通りのものは揃っております。

ベリーダンス、落語のイベントも定期的に開催していますが、それが無い日は、生演奏をバックに、女性店主がマイクを手に取ります。先ほどまで普通にお話していたと思ったら、ドレスに着替えて登場し、急にジャジーな歌が始まったので最初は驚いたものです。

若かろうが、会社の経営者であろうが、誰とでも変わらずニュートラルに接する店主。その立ち振る舞い。時に緩く時に締める、その緩急も素敵です。 料理を美味しく食べるために、お酒を飲むのが好きなので、こういうお店は有難い。行くたびに面白いことがあるバー。またお伺いいたします(もう3回ほど行っています)。ごちそうさまでした!

“伽藍バー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
garan4 garan6


はち巻 岡田-創業100年。銀座の名店ここにあり/the 239th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”239日目です。本日は2016年で創業100年を迎えた松屋裏の老舗和食店”はち巻 岡田”さんにお伺いしました。
okada17
先日ご紹介した”野の花”さんのお隣です。

関東大震災後、壊滅した銀座の復興を支えた初代の岡田庄次氏は銀座が好きな人にとっては伝説的ヒーローなのです。なかなか機会がありませんでしたが、やっとお伺いできました。

okada16
入り口はやや奥まったところにあり、歴史を感じる暖簾の中央には里見弴氏の「舌上美」、その左右には四季の句。初代のトレードマークだったはち巻ロゴの提灯に親しみを感じましたが、それでも緊張しつつ暖簾をくぐります。

中に入ると菊正宗の樽、店内は小綺麗な小料理屋風。
okada15
カウンターも4席あり、2階は個室になっているのでしょうか。 カウンターに座り、左上を見ると初代の白黒写真、右横には何年前からのものか大量の日枝神社の干支絵馬が柱に結ばれており、右後ろには黒電話。お世辞にも高級感があるとは言えませんが、歴史を感じる内装です。

本日はこちらの名物でもある”鮟鱇なべコース” ¥14,000(w/o tax)をお願いしました。 3月で終了かと思っていたので、思いがけず幸運でした。

日本酒は”菊正宗 樽酒” ¥950のみ。まずは燗で。
okada1
樽酒は初めて飲みましたが、美味しいお酒です。 燗にするとなおさら芳しい吉野杉の香りにより、お酒の奥行きがぐっと増すようです。 創業当時からこれ1本というのだからその心意気は素晴らしい。

刺身 “ヒラメ、タイラ貝”
okada3
一番の不安は−老舗にありがちですが−料理がイマイチだったらどうしよう!ということでしたが、お刺身で払拭されました。貝はやや薄く切られており、食感は弱いですが、瑞々しさと舌触りが美味。ヒラメもしっかり旨味が感じられてよかったですね。少しですがエンガワも付いていました。

“岡田茶わん”
okada4
上には白ネギがたっぷり、中に鶏肉が入ったお吸い物。 こちらの名物というだけあって、とても美味しく、しみじみと味わう。コクのある出汁に、ピリッと効いた塩気がたまりません。

“サワラの照り焼き、タラの芽天ぷら、からすみ”
okada6
酒飲みのための上等な肴。からすみ美味し過ぎ。

この辺りで”菊正宗 樽酒” を冷でいただきます。
okada10
香りは抑えられますが、すっきりとした辛さが前面に出ますね。 表情の変化もとても楽しいお酒です。

“粟麩田楽”
okada7
外はカリッと香ばしく、中はフワフワ。 ちょっと濃いめの味噌もよいですね。酒が進むわ。

“鮟鱇なべ”
okada8
初めて食べる鮟鱇なべ。鮟鱇色んな部位、肝や皮などがごたっと入っております。 他に具はしいたけ、春菊、ネギ、豆腐。身が白くなったら完成です。

okada9
スープは醤油ベースのしっかりとしたもの。とことん樽酒を飲ませる。 お味はもちろん美味!特に肝は絶品です!あっという間に完食してしまいましたが、次ぎは一番楽しみかもしれないコチラ。

“おじや”
okada12
シンプルに卵とネギで。幸せがつまったお味〜。

okada13
さっぱりとしたフグやスッポン雑炊もよいですが、たまには重厚感のあるのもよい。 お味はやや濃いめですが、後味はとてもすっきりでした。

水菓子 “イチゴ”
okada14

量は少なく感じましたが、気付ばお腹いっぱいに。鮟鱇なべは冬になったらまた食べたい逸品でした。感じたのは、今も昔も小料理屋だということ。 料理の細かい説明などは必要なく、上質なサービスもありませんが、とにかく旨い酒(菊正宗)が飲める。

お酒が飲めない方には、この店を100%味わえないかもしれませんね。 現在店主はお若い3代目、いつまでもそこに合って欲しいと思うお店です。 次回は一品料理目当てに、ふらっとお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

“はち巻 岡田”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。


トリプル銀座、サングラス品揃え豊富です。

トリプル銀座はメガネだけでなく、サングラスにも力を入れております。
mykita
サングラスは定番のマイキータ、ロバートマーク、アンバレンタイン他、20ブランド以上、昨年の倍の約400点の品揃えです!

robertmarc

thierry

yellows

persol
近年、紫外線カットなど機能的にも、ファッション的にもマストアイテムとなっているサングラス。トリプル銀座では、シンプルなものから個性的なものまで幅広い品揃えです。

また、サングラスの度付きも可能です。カーブが付いたレンズの度数調整も得意としておりますので、快適なサングラスがお作りできるかと思います。どうぞお気軽にご相談下さいませ。

サングラスについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。