泥武士さん-体が喜ぶ野菜レストラン≈/the 78th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、78日目です。

本日は野菜不足を体が訴えております。そのため、野菜料理です。

化粧品のFANCLさんが1階のビル、その名も”ファンケルスクエア”の9階です。

“ヴィーガンランチ” ¥2,620をオーダーしました。

肉はもちろん、乳製品、卵不使用、植物性の食材のみ、使用です。

“有機野菜のコールスロー”

豆乳マヨネース、グリーンナッツオイルで作られているようです。

暑い季節にぴったりな心地良い酸味を感じられるお料理です。

“発芽玄米と河内晩柑の酵素ジュース”

河内晩柑は和製グレープフルーツとも呼ばれる柑橘類。

玄米の奥深い味わいと、晩柑さっぱりとした風味が不思議と良く合います。

爽快。

“酵素玄米、お味噌汁、お漬物”

有機玄米と小豆を高圧で2時間かけて炊いたという酵素玄米。

普通の玄米より栄養価が高いらしいです。やたらと、モチモチしております。

小豆が入って、少し赤飯っぽいですが、香ばしく味は別物。

熊本県産味噌使用。野菜出汁で作るお味噌汁は、とても柔らかいお味。美味しいです。

“7種類の野菜プレート”

真ん中がミネストローネ。

下から時計回りに、野菜と麩のバルサミコ酢和え、有機トマトサラダ、モロヘイヤのおひたし、

アボカドに豆乳の野菜のソース、ピーマンの炒め物、野菜のマリネ。

基本どれも薄味、そしてお上品。負担がかかりません。

美味しくて体に良い食べ物を少しづつ。どんどん体が元気になるような気がします。

“野菜と麩のバルサミコ酢和え”

お麩をお肉に見立てているようです。

鶏肉に見えない事も無いですが、味、食感などは完全に麩でございます。

“泥武士プリン” ¥650

カスタードプリンの上に、オーガニックコーヒー100%のゼリー。

ゼリーは全く甘くないので、下のプリンと混ぜて食べます。

このプリンは優秀。甘いのと苦いのの調和がとても良い。美味しいです。

デザートに卵も乳製品も食べてしまいましたが、ヴィーガンランチで体が水々しく。

ごちそうさまでした。

シックな店内。8月末に改装するそうです。

“泥武士”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

新鮮なお野菜がいっぱいです!

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。


サバティーニ・ディ・フィレンツェさん-銀座で優雅なイタリアン /the 76th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、76日目です。

本日はイタリアン、”サバティーニ・ディ・フィレンツェ”さんにお伺いしました。

伝統的なトスカーナ料理が食べられます。楽しみです!

場所は銀座5丁目、ソニービルの7階。

エレベーターを下りるとそこには、豪華絢爛なエントランスでございます。

“シェフ・バルディお薦め スペシャルコース~厳選した旬の素材で奏でる期間限定コース~” ¥7,000

をオーダーいたしました。

前菜 “イタリア パルマ産生ハムと季節の北海道夕張メロン、

アメーラトマトと水牛のモッツァレッラチーズのサラダ カプレーゼ”

メロンに高糖度のアメーラトマト。爽やかなデザートのような一品。

何と贅沢な生ハムメロン。モッツァレッラチーズの歯ごたえが、とても良く美味。

パン “フォカッチャ、チャバタ、グリッシーニ”

定番のイタリアパン3種。

パスタ “とろける無添加生ウニとシェフ特製トマトソースを絡めた
自家製手打ちパスタ トンナレッリ”
配色が美しい。

断面の四角いロングパスタ、トンナレッリは歯ごたえが堪らなく良い。

生ウニを混ぜて頂くと、トマトの中に、仄かながらも確かな味と香りを感じます。

魚料理 “新鮮なスズキを炭火焼きで

フレッシュトマト、オリーブ、松の実、ケッパー入り地中海風ソースとバジリコペースト”

夏が旬のスズキ。

最近イタリアン訪問、3連発でスズキです。

好きですけどね。

メイン “特選和牛サーロインの香味パン粉のせ焼き マスタード風味”

青森県産の和牛とのこと。

しっかりとした味付け。香りがとても良く、箸が進みます。

付け合わせも美味しいです。

ドルチェは7種類から2つをセレクト。

サービスマネージャーのトンバ氏に鮮やかな手つきでサーブして頂けます。

ドルチェ “イチゴのムース”

ドルチェ “パリブレスト”

けっこう満腹気味ですが、別腹でした。

五感(聴覚はトンバ氏の素敵なお声)で楽しめる素敵なお料理。ごちそうさまでした。

最後はコーヒーで。

銀座らしいエレガントで優雅な店内です。

7階ですので、景色もなかなか(前の区画が工事中なのが残念)。

“サバティーニ・ディ・フィレンツェ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。


9月1日までソニービルに小さな水族館。涼しくて良いです。


太常さん-八百屋?うどん屋?/the 75th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、75日目です。

本日は久しぶりのうどんです。

銀座7丁目、昭和通りの近くにある”太常”さんにお伺いしました。

八百屋さんが始めたうどん屋さんということで、外には普通に野菜や果物が打っています。

12時前にして、なかなかの繁盛振りです。

“夏野菜のだし うどん(冷や)” ¥700

大根おろし、人参、オクラ、ズッキーニ、キュウリなどが沢山入った涼しげうどん。

麺はかなり太め、そして固め。しかし、コシがある訳ではない。なかなか個性的な麺です。

香川県から取り寄せた小麦を使っているらしいです。

健康的で良い。美味しいです。

野菜天”モロヘイヤ、丸ナス(価格失念)”

八百屋だけあり、産地直送の野菜が美味しい。

モロヘイヤ、丸ナスはかなり嬉しいです。

温かいうどんも食べるべく、また、別の日にお伺いしました。

“九条葱うどん(あつあつ)” ¥500

その名に恥じぬ九条葱のかかり方。嫌味じゃない辛みが素敵。

ダシは化学調味料を不使用。アツアツの方がダシの美味しさがわかります。

“サラダ” ¥100

やはり、野菜が美味しいのです。

野菜天 “マイタケ¥150、カボチャ¥50、ズッキーニ¥70”

そして、安い!気がする。

流石、江戸時代から続く八百屋さん。ダシに付けて食べると、美味しいですよ。

銀座で珍しい庶民的な店内。夜はお酒も飲め、金曜にはジャズナイトが開催されるとか。

お昼は基本的にセルフサービス。料金は先払いです。

“太常”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。


大きな地図で見る


スイカが美味しい季節です。


アーンドラ・ダイニングさん-本格派、南インド料理/the 74th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、74日目です。

本日は(も)カレーということで銀座1丁目にある”アーンドラ・ダイニング”さんにお伺いしました。

中央通の銀座1丁目交番の近く、”銀座プルミエビル”の2階です。

夜、お伺いしております。

“アーンドラ・ドーサ・ミールス ノンベジタリアン” ¥2,790をオーダーしました。

まず、こちら。

“ミニ・ドーサ(米粉のパンケーキ)、ワダ(ドーナツ)、ココナッツのチャトニー、サンバル”

ドーサは中にホクホクのジャガイモやタマネギが入ったマサラドーサ。

外側はパリッと、中はしっとり。中身との絶妙な相性。美味しいです。

ワダはそのままでも、サンバル(豆と野菜のスープ)に付けて食べても良い。

“カレー3種、ポリヤル(野菜のあっさり炒め煮)、サンバル、

ラッサム(タマリンドと胡椒のスープ)”と豪華なセットです。

ボリューム感!

左から”チキンカリー、シーフードカリー、羊肉カリー”

シーフードカリーは汁無し。どれも手加減無しのスパイシー感。

総じて辛めですが、辛くないものも刺激的。

お肉も柔らかいです。

ラッサムなどはタマリンドの酸味が相当効いてて脳天にビリビリきます。

人により好き嫌いは激しそうですが、美味しいです!

インドの米、バスマティライスが付くのが嬉しい。

ライスはお代り自由です。

“チャパティ(全粒粉の薄焼きパン)”

そして、このチャパティがまた美味しい。

豊潤な小麦粉の香りが感じられます。流石。

目の覚めるインド料理、ごちそうさまでした。

落ち着いた雰囲気の店内です。

キッチンが見渡せるようになっております。皆様コチラを向いてくれました。

インド料理店の方は気さく(フレンドリー)な方が多いようです。

“アーンドラ・ダイニング”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。
大きな地図で見る

“キングフィッシャー” ¥710

乾杯。


懐食 みちばさん-鉄人料理/the 73th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、73日目です。

本日は体に優しい、和食”懐食 みちば”さんにお伺いしました。

料理の鉄人でお馴染み、道場六三郎氏のお店です。

場所は銀座6丁目中央通り沿い、閉店中の松坂屋のお隣のPRADAの正面、

“かねまつビル”の8階です。

“もてなし膳” ¥6,300をオーダーしました。

先附 “瀧川豆腐 美味出し”

その場で、ところてん突きで、絞り出される涼しげなお料理。

歯ごたえも良く、お味もあっさり。

“加賀美人” ¥800

赤じそを使ったオリジナルジュース。

ポリフェノールたっぷりで美容に良い。美味しいです。

前菜 “チーズ黄金焼、魳(かます)炙り寿司、夏野菜 土佐酢ジュレ、ぶどう唐揚、小鰯山椒煮”

ぶどうの唐揚げ、西京味噌と酒粕に付けたチーズなど個性的。

その味も、やはり個性的。

御椀”牡丹鱧(はも) 冬瓜、じゅん菜、おちょぼ梅”

好物だらけの、これは美味しい。

梅が効いてます。じゅん菜、滅多に食べられないですが、プルプルで素敵。

刺身”メジマグロ、アオリイカ、鯛”

盛り付けが美しい。

新鮮です。

続きまして、竹。

焼物”鮎竹筒焼 焼茗荷、伏見唐辛子、椎茸”

やりました!鮎です。鮎の塩焼きは、やはり”たで酢”と共に供されます。

最強コンビの1つです。たで酢のささやかな辛さと風味が、良く合います。

見た目も驚きが有りますね。

煮物”冷し煮物 南京、茄子、小芋、蓮根、おくら、百合根”

今の季節にぴったり。

カツオ出汁のジュレが、風味、歯ごたえの、さり気なくも良いアクセントに。

強肴”銚子金目蒸篭むし 豆腐、黄韮、水菜”

見るからに美味しそうなコチラ。

容器が特殊なのか、いつまでも湯気が消えません。

幸せ。

食事”糠鯖(さば)茶漬”

〆の茶漬け。

贅沢な品数ですが、お腹がパンパンにならないのが素晴しいです。

水菓子”わらび餅、梅のジュレ”

デザートもあっさり。

上品なお味です。

創作と定番のバランスが、とても良い和食でした。ごちそうさまでした!

料理人さんが忙しく働いているのが見える、店内。

活気があって良いです。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにもお立ち寄り下さい。