最新モデル ROBERT MARC 820

ROBERT MARC-ロバートマークの最新モデルをご紹介いたします。

ROBERT MARC 820 col*231
820_231
やや大振りなサイズ。少し大きめな感じでかけていただくと非常に可愛いメガネでございます。ロバートマークらしい繊細なデザインで、上品に掛けられます。秋らしいカラー展開です。

ROBERT MARC 820 col*232
820_232

ROBERT MARC 820 col*233
820_233

ROBERT MARC 820 col*234
820_234

ROBERT MARC 820 col*244
820_244
是非店頭にてお試し下さいませ。

ROBERT MARC-ロバートマークについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。ROBERT MARCのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫300点以上と充実しております!


銀座ウエストさん-優雅で美味しい朝を/the 149th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、149日目です。本日は喫茶店です。1947年創業の老舗“銀座ウエスト-GINZA WEST”さんに(今さらながら!)おうかがいしました。銀座のお土産としてリーフパイ、シュークリームなどはあまりにも有名です。

贈答用にお菓子を購入したことはあるのですが、喫茶室は初めての利用です。

場所は銀座7丁目、外堀通り沿い、お隣は泰明画廊さんです。
wes11
鉢植えの花が感じよく並んでおり、リーフパイや生ケーキなどを販売しております。

上品な応接間のような店内は、かなり奥行きがございます。
wes1
最初は素敵なお家に招かれたように背筋がピッといたしますが、すぐに雰囲気にも慣れ、ゆったりと、ほどよい緊張感をもって寛げるようになります。

ウエストさんは実は平日は朝9時から夜11時まで営業しております。特にモーニングセットのようなものはなく通常メニューですが、軽食が充実しておりますので優雅な朝を楽しめます。まずは、こちらから。

“コーヒー” ¥864(軽食注文で +¥324)
wes2
まずはコーヒーが登場。ブルーマウンテンを主としたオリジナルブレンドで、日本人好みの優しい味わい。お代わりは無料なのですが、とても飲み口が良いコーヒーです。

“トーストハムサンド” ¥1,512
wes3
サクサクのトーストに、非常にジューシーで肉厚なロースハムが何層もサンドされております。食べ応えありますね。無添加の上質なハムを使用しているため、後味は思ったよりさっぱりです。

“フレンチトースト” ¥972
wes4
一風変わったフランスパンのフレンチトーストです。しっかりした感じかと思いきや非常にしっとり柔らか。卵液にじっくり漬け込んであるのでしょう。甘みはほとんどございませんので、自然な甘みのメープルシロップを掛けていただくと美味。見た目はかなりのボリュームですが、とても軽く仕上がっているため難なく完食です。

続いてスイーツ!

本日は17種類の中から選べました。迷いに迷ってこちらをセレクト。
wes8

“マロン” ¥453(軽食注文で +¥324)
wes5wes6
秋らしく和栗のケーキ。和栗の周りはチーズクリーム、スポンジ、表面はプラリネにひとひらの金箔が美しいです。甘さは控えめで、中身のしっかり詰まった、ざくざくしたケーキでございます。

続いてコチラ。

“シュークリーム ハーフ&ハーフ”¥410(軽食注文で +¥324)
wes7
カスタードと生クリームのハーフ&ハーフ。見事な佇まいのシュークリームでございます。生地はフワフワ、そして中身はたっぷり、一般的なものの倍は詰まっていそうな印象です。こちらも上品な甘さで、大満足な食べ応え。ウエストのシュークリーム最高。美味しいです。

老舗らしい美味しいコーヒー、そして堂々とした料理の数々、堪能いたしました。ごちそうさまでした。

“銀座ウエスト”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
wes9


MYKITA + Maison Martin Margiela ESSE 006-PS vol.413

本日はMYKITA + Maison Martin Margielaのサングラスを掛けた素敵なお客様をご紹介いたします。いつもご協力頂きまして誠にありがとうございます。それでは早速どうぞ。

Ms.S met “MYKITA + Maison Martin Margiela ESSE 006 col*E2”.
pg814
格好良いです!ヘアーカラーと調和するゴールドサングラスを、とてもスタイリッシュに掛けていただいております。線が細いのですが、マルタン・マルジェラらしいユニークさを発揮しております。

MYKITA + Maison Martin Margiela ESSENTIAL 006 col*E3
esse6_e3
お色違いのブラウン。大きく飛び出したトップバーが特徴的な大胆なサングラスです。

pg815
クールさだけでなく、可愛さもございます。夏のイメージがあるミラーレンズですが、是非暖かいお召し物ともコーディネートしていただきたい逸品でございます。本当にチャーミングです!

ご協力いただきまして誠にありがとうございます。出来上がりをお楽しみに。

お色違いもございます。

MYKITA + Maison Martin Margiela ESSENTIAL 006 col*E1
esse6_e1
カラーにより全く雰囲気は異なります。是非店頭にてお試し下さいませ。

MYKITA + Maison Martin Margiela-マイキータ + メゾン・マルタン・マルジェラについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。MYKITAのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫90点以上と充実しております。


閉店)マキシム・ド・パリ|歴史感じるフランス料理店/the 147th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、147日目です。本日はフレンチです。1983年にパリで創業、そして1966年に日本で最初の本格的なフランス料理店として誕生した“マキシム・ド・パリ-MAXiM’S DE PARiS”さんにおうかがいしました。

場所は銀座5丁目、数寄屋橋交差点ソニービルの地下3階でございます。

格調の高いエントランスです。壁面にはパリのマキシムを愛用していた著名人からのメッセージ。レオナール・フジタさん、フランソワーズ・サガンさん、マリア・カラスさんなど錚々たる顔ぶれでございます。
max13
右側にはラウンジがあり、昼はティータイムでアフタヌーンティーなどをいただいたりでき、夜はバーとして営業しています。アール・ヌーボ—様式の手すりが美しい階段を下りダイニングフロアに向かいます。

銀座らしい気品、そして歴史を感じさせるメインダイニング。数々の装飾も一見の価値有りです。特に天井、建築家の小林保治さんによる絵を焼き付けたガラス装飾は圧巻です。
max12
重厚感はありますが、広々としているため圧迫感はございません。

ランチコースは¥4,536から色々ありますが、本日は¥8,640(サ別10%)のロワイヤルをオーダーいたしました。

アミューズ “ひとくちのよろこび”
max1
カリフラワーのムースの上にコンソメのジュレ、さらにオマール海老とイクラ。見た目も美しく美味。けっこうな力を入れなければプチッとできないほどイクラの鮮度は抜群。ムースとジュレのバランスも最高です。

オードブル “若鶏のバロティーヌ 秋の装い”
max3
中には秋の味覚、栗やエシャロットが入っております。ストレートに鶏的な旨さを感じられるお料理。上品な甘みのマデイラワインのソースを付けていただくと、これまた絶品です。

スープ “田舎風 野菜のスープ”
max4
野菜とベーコンなど具沢山で、トマトベースの素朴なお味。フニフニになったバゲットが美味しいです。

魚料理 “真鯛のポワレ レモンの香りのする赤ワインソース 茄子のブレゼ”
max5
こちらもシンプルなお味でございます。茄子はニンジンの下におります。

肉は羊、鴨、牛から選べましたが、鴨をセレクト。

肉料理 “フランス産鴨胸肉のポワレ フワンボワーズソース”
max6
火の入れ加減が素晴らしく、とても奇麗な薄紅色です。ジューシーで野性を感じる濃く深い味わい。鴨ならではの歯ごたえも良いです。ソース無しでも十分美味しいのですが、甘酸っぱいフランボワーズソースを付けると少し優しくなるようです。

アヴァン・デセール “ぶどうのムース”
max8
何気なく金箔が。さっぱりとした品の良いお味のお口直し。

デザート “ポワールのロティ ローストしたナッツとキャラメルソース カシスのシャーベットと共に”
max10
洋梨のローストとシャーベットの間にはシュー生地。こんなにカシスの味がしっかりしたシャーベットは初めてでございました。濃厚。

最後は濃いデミタスコーヒーで一息。お代わり可能です。
max11

濃厚なソースを使い、“フランス料理を食べた!”というような満足感の高いコースでございました。ごちそうさまでした。

モダンなフランス料理店が増える中、伝統的なものを一貫して提供する“マキシム・ド・パリ”さんは銀座になくてはならない象徴的なお店の1つと実感しました。刻まれた歴史、店内に漂う古きフランスの香りは模倣はできません。

“マキシム・ド・パリ-MAXiM’S DE PARiS”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
max9