北京料理 東興樓|香味野菜たっぷり、密かな名物ジャンボ餃子/the 324th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」324日目です。本日は中華料理です。銀座7丁目、外堀通り沿い、創業70年の老舗中華料理店「北京料理 東興樓」さんに夕飯をいただきにお伺いしました。

いかにも昔からの外観。店内も親しみやすい大衆的な雰囲気、赤い天板の木のテーブルやレトロな扇風機など歴史を感じさせます。各テーブルには団扇が1枚ずつ置かれていてほのぼの感有りです。

メニューが多く迷いましたが、本日は・海鮮ピリ辛炒め、焼き餃子をお願いしました。 2階に厨房があるのでしょうか、料理用エレベーターが愛想の無い声でビーッと鳴き、料理が運ばれてきます。

・海鮮ピリ辛炒め ¥900

イカ、エビ、ヤングコーン、タケノコ、ニンニク茎、ピーマン、ニンジンなど彩りも豊かで健康的な一品。 料理名通りのチョッピリッとした優しい辛さ。味付けもかなり控えめなので、醤油をかけたくなる方もいらっしゃると思いますが、そのままで美味しくいただきました。

続いて・焼き餃子 ¥840が登場。 何でこんなに時間がかかるんだろうと思っていましたが、出てきて納得。

通常の倍以上はある餃子が6ケ!ボリュームがすごいです。

中国人のフレンドリーなスタッフさんによれば、一番の人気メニューでそのまま食べても美味しいとのこと。 何も付けずにいただいてみると、肉汁がジュワッと溢れて、味もしっかり付いています。 自家製の皮も焼き目はパリパリ、その他は適度にモッチリ感がありました。美味!

最後の方は少し苦しくなりましたが、酢醤油辣油を駆使して残さず美味しくいただきました。 最近は匂いを気にしてニンニクを使わない餃子を出すお店が多いですが、コチラはひき肉、白菜、ニラ、ニンニクなど香味野菜もたっぷり使用したベーシック餃子。お口の香りは気になりますが、やっぱりニラとニンニクが入っている方が美味しく思います。ごちそうさまでした!

メニューの中に「中華風カレーライス」という非常に気になるメニューがありましたので、次の日のランチタイムに再びお伺い。一体どんなものなのでしょう。

楽しみに待っていると、5分ほどで素早く到着。

・中華風カレーライス ¥930

具は豚肉、ニンジン、玉ねぎ、ピーマン、タケノコと中華料理っぽいですが、材料よりも、具材を煮込まずに炒めるのが中華風。

ピーマンやニンジンが色鮮やかで、食感もシャキシャキポリポリで良好です。

ルーはけっこう辛め、質感は少し粉っぽい感じで給食カレーのような変に懐かしいお味でした。なかなかに特徴的で美味です。

ランチタイムだからか・卵スープ付き。

卵もたっぷり優しいお味で、こちらも美味しくいただきました。 せっかくなのでデザートもオーダー。

・白玉団子汁(冷) ¥630

ほの温かい餡子入りの白玉4個に、冷たく透明な甘いスープ。 日本的なものを想像してしまっていたので、ちょっと違いました。。。

お隣の席にいらっしゃった常連さんにお勧めメニュー(ピータン、小籠包など)も色々教えてもらったので、またお伺いしたいと思います。こういった触れあいも良いですね!ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


しのだ家|東銀座の素晴らしき台所/the 266th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”266日目です。本日は東銀座の素敵なダイニングバー”しのだ家”さんをご紹介いたします。
shino7
場所は銀座2丁目、昭和通りから1本東側の閑静な通り沿いです。

店内は木を沢山使っており温かみを感じます。すごく清潔感もあり、気持ちが良い雰囲気。カウンターの向こうのオープンキッチンでは女性店主が手際よく調理をしています。 ちなみに全席喫煙可能です。ただ、3回お伺いしていますが、何故か煙草を吸われている人を見たことがありません。

料理はどれも、どれもハズレなしです!

“トウモロコシとそら豆のフリット” ¥600
shino2

“カツオのなめろう” ¥700
shino3
荒くみじん切りにしたカツオをネギ、生姜で和えています。

“ゴボウのフリット 粒うにソース和え” ¥700
shino4
これ、美味し過ぎです。勝手にこちらのお店のスペシャリテだと思っています。

“豚バラ粗挽き肉とニラの入った餃子” ¥650
shino8
一口サイズの可愛い餃子が6個。 ニラ感は控え目で、お肉の味をしっかり感じられます。お酒が進む料理です。

“豆腐と木の子のスーラー仕立て小鍋 ネギ or パクチー” ¥700
shino9
ネギも良いですが今回はパクチーでお願いしました。 蓋を開けるとパクチーがどっさり!良い香りです。 熱々で、唐辛子の辛味とトロみのあるスープの絡みが良く効いています。最近、肌寒くなってきたので体が温まります。

“アサリとクレソンの蒸し煮” ¥750
shino5
グツグツ状態で登場。けっこうなボリュームです。 具も美味しいのですが、ワインの入ったスープがこれまた美味しすぎて全部飲んでしまいました!

料理はどれも一手間かかっており、繊細で優しい味付けが素敵。この一手間が素晴らしく、単なる家庭料理とは一線を画しています。洋風な店内ですが、日本酒、果実酒、ワインなどドリンクの品揃えも豊富。さらに遅くまで営業しており、日曜日も営業しています(不定休なので要電話確認)。加えて価格も非常に良心的ときてますから、本当素晴らしいお店です。

外の看板に「shinorinの台所」と書いてありますが、これを略して「しのだ」なのでしょうか。いつも気になっているので次回は聞いてみたいと思います。またお伺いいたします。 ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
shino6


銀座 天龍さん-名物ジャンボ餃子/the 136th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、136日目です。本日は中華です。昭和24年創業、餃子がシンボルという“銀座 天龍”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目中央通り付近、中央銀座ビルの1階でございます。
te5
立て看板には、「60年間、絶えない行列。」と書かれております。

外にメニューが出ておりますので、それで注文を決めて入ってすぐのレジで食券を購入します。初めての人は躊躇してしまいますのでお気をつけ下さい。まずは、こちら。

“炒飯” ¥990
te1
やや薄味のシンプルな炒飯です。ぱりっとしております。

“餃子” ¥1,050
te3
名物のジャンボ餃子です。普通の餃子の倍はございます。しかも8個も!

中身は豚モモ肉、白菜、長ネギと非常にシンプル。ニンニク、ニラは入っておりませんので、お口にも優しいのです。ジューシーですが、あっさりしたお味ですので、意外と食べられます。

te4
焦げ目の部分はカリカリ、それ以外は厚めの皮でもっちり。よく食べました。満腹です。ごちそうさまでした。なお餃子とライス ¥1,150のオーダーが定番のようです。

“銀座 天龍”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
te6


交通飯店さん-炒飯代表/the 124th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、124日目です。本日は中華です。炒飯がとても好きなのですが、銀座にはなかなかリーズナブルで美味しい炒飯を食べさせてくれるお店がございません。そんな中、噂を聞きつけて行って参りました。

場所は有楽町駅の目の前、東京交通会館。
ko1
昭和の雰囲気を残すレトロな建物です。

地下1階、けっこう面積のある交通会館。有楽町駅とは反対側の端にございます。
ko8
手書きのイラスト、積まれたダンボール、ビールケースがなかなか壮観です。

“炒飯” ¥730
ko3
まずは威勢のいいボリュームが素敵。具は卵、ハム、ネギのみ。シンプルで潔し。そしてお味も基本の炒飯のそれ。ご飯は適度にパラパラしており、ラードと塩、そして少量の味の素の加減もよいようです。これぞ日本の炒飯。なかなかないのです。炒飯に高級食材は求めておりません。美味しいです。

“スープ”
ko4
醤油ベースのスープは、あっさり系。軽くネギが入っております。

“餃子” ¥430
ko7
こちらの餃子はニンニク不使用。ランチでも安心です。熱々なためすぐには食べられません。美しい焦げ目からもわかるように、上手な焼き方。皮もモチモチしております。ニンニク無しですが、食べ応えのある餃子でございます。仕事帰りのちょっと飲みにも活躍しそうなお店です。ごちそうさまでした。

丸椅子のカウンターにテーブル席少々。カウンターの席数に対して割り箸の量が多いのもポイントです。
ko5
ヤンキースのイチロー選手もたびたび訪れているということで、サイン(写真付き)も見受けられます。皆に愛される大衆的な中華料理店、よいです。

場所はコチラです。

交通会館3階の屋上庭園も密かな寛ぎスポットです。今時の新幹線は静かですね。
P1180074P1180066
お立ち寄りの際は是非トリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


黒猫夜さん-驚きのある中華料理です/the 119th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、119日目です。六本木、赤坂にもある人気中華料理店が2013年11月に銀座にもオープンいたしました。本日は、“黒猫夜-くろねこよる”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、第2新橋会館の8階です。中央通りの1本西側の道沿いでございます。
kuro1 
丸い窓が目印です。

ランチは890円で2種類、週代わりです。本日は“紅焼肉砂鍋飯(豚の角煮土鍋ご飯)”をオーダーいたしました。

“豚の角煮土鍋ご飯”
kuro3kuro4
レンコンのサラダと卵スープ付き。鍋はジュージューしており熱々で提供されます。鍋の底に、おこげができているのを、お玉でかき混ぜていただきます。

角煮は柔らかく、優しい香辛料の香りで食が進みます。ご飯はタイ米を使用いるのがよく、さっぱりと食べられます。野菜のバランスもよく美味しいです。これは他の料理も食べていたい。

ということで後日、夜お伺いしてみました。

“前菜盛り合わせ” ¥2,000
kuro10
酔っぱらい蝦、あん肝五番煮、子持ちコブ腐乳天ぷら、ナマコ酸辣、サバのチャイナスモーク、春菊と豆腐の和え物、紅芯大根の甘酢漬け、枝豆。どれも手間がかかっていそうな料理たち。これはお得な気がします。どれも個性があり好感触です。揚げたての子持ち昆布の天ぷらがプリッとして美味です。

“清炒水蓮菜-水蓮菜の塩炒め” ¥980
kuro9
初めて出会うお野菜です。ものすごいシャキシャキ感で、美味しいです。そのものの味はあまり無さそうですが、塩加減も丁度で良い味付けです。ちなみに別名は、台湾金銀蓮花(ガガブタ)というそうです。

“潮州山羊火鍋-ヤギ鍋” ¥2,100
kuro13
香辛料で上手にヤギ特有の臭いを消してあります。骨付きのヤギ肉が沢山入っております。部分によって固かったり柔らかかったりしますが、それはそれでよい。ヤギの旨味が溶けこんだスパイシーな味噌ベースのタレがまた美味しいです。

“陳村煎腸粉-陳さん村の中国クレープ餃子” ¥980
kuro14
クレープということで可愛いものを想像しておりましたが、予想外の外見に驚きです。もっさりしております。さらにこうなります。

ヘラで、こてんぱんに撹拌いたします。すでに餃子の面影は全くございません。
kuro15
もんじゃ焼きのように、小さいヘラでいただきます。皮には米粉が使われており、もちもちでございます。トマト、ネギ、ひき肉などが入っております。お酒が進んでしまう味付けで、とても美味しいのです。どの料理も香辛料の塩梅が絶妙。

“薬膳茶”
kuro12
サービスの薬膳茶がとても嬉しいです。具も食べた方が体によいとのこと。体も温まってくる気がします。

カウンターとテーブル席、個室もいくつかございます。
kuro16
驚きのあるメニューが多く、スタッフの方は知識豊富でサービスも良いです。紹興酒が豊富で、飲み比べができるのも素敵です。初めていただく食材も多く、驚きを味わえるお店です。ごちそうさまでした。

“黒猫夜-クロネコヨル”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
kuro2