銀座 吉兆|満足感に浸る料亭の鰻御膳/the 307th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、307日目です。暑くなると精を付けるために食べたくなるのが鰻。本日はウナギ専門店ではなく日本料理店「銀座 吉兆」さんにお伺いしました。

「吉兆」といえば大阪発の高級料亭で、帝国ホテルにも店舗がありますが、本日は昨年銀座2丁目、中央通り沿い、カルティエが入っている大倉ハウスの4階のお店にお伺いしました。「吉兆」と聞くだけで敷居が高い感じがしますが、最上階は世界一の朝食で有名な「ビルズ銀座」で、何となく入りやすい雰囲気です。

「銀座 吉兆」さんは、もともとホテル西洋銀座内で営業されていたのですが、2013年にホテルの営業が終了、昨年この場所で復活しています。

エレベーターを降りると悠々と続く廊下があり、その奥に受付がございます。

事前に電話をしていたので、スムーズに入店できました。 個室も沢山あるようですが、テーブルが6卓ほど並ぶ大部屋で。テーブル毎に障子風パーテーションで区切られています。同部屋に他にお客様がいらっしゃらなかったこともあり、銀座の中心ですが、とても静やかで清浄な雰囲気です。

ランチはコースの他鯛茶漬けなどもありますが、お目当ては・鰻御膳 ¥6,480(サ別10%)なのです。

まずは食前酒として・梅酒

そして前菜と続きます。

・前菜 雲丹と湯葉のジュレ、パパイヤサーモン巻、卵焼き、イカ卵サンド、サツマイモ、松風、鴨ロース、ヤマモモ

目にも鮮やかな料理たちは、どれも美味。最近とんとお見かけしないヤマモモが良いですね。

ご飯は釜で炊いていただけるようで、30分ほど待ちます。

まずはご飯が到着。

続いて待ちに待った鰻が登場。

美味しそうです!

早速鰻(愛知県産)をいただきます。

美味しいです!厚みはありませんが、外はカリッと、中はしっとりとした素敵な仕上がり。

次にご飯に乗せて。

こちらも絶品。ご飯が美味しいのが最高です。お米は新潟北部の岩船産コシヒカリ、それ自体が美味しいのはもちろん炊き具合も完璧!ご飯だけでも美味しくいただけます。

・山椒、タレ、お新香も大変美味しいです。

通常鰻をいただく時、山椒(特に瓢箪型容器のもの)は香りがきつ過ぎるためほとんど使いませんが、こちらの白い山椒は慎ましい香りが素晴らしく、沢山かけてしまいました。山椒だけで食べてみましたが、それだけでも美味。

・肝吸い

肝もたっぷりと入っており、料亭ならではの上質なお出汁です。

最後に肝心の最後は手の込んだ可愛い・カプチーノゼリーまで付いてお腹も心もいっぱい。

食後は熱いお茶を飲みながら満足感に浸らせていただきました。 サービスも上品で落ち着いており、それでいて堅苦しくなく大変過ごしやすかったです。 お値段だけ見ると割高に感じますが、鰻以外も美味しく、それ以上の満足度はございました。 やっぱり良い和食店の鰻は、格別美味しいです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


CAVE五十嵐|月曜はカーヴ・デ・ヴィーニュ特別営業中/the 294th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、294日目です。本日はフレンチです。以前当ブログでもご紹介させていただいた歌舞伎座横のビストロ「カーヴ・デ・ヴィーニュ」さん

月曜日は「Cave五十嵐」として特別営業中。マノワールダスティン(本店)の五十嵐シェフが腕を奮っておられます。

ランチコースは¥6,500から、カルトでもオーダーできますが、本日は事前に・おまかせコース ¥9,000(サ別10%)を予約してお伺いしました。いただいたのは以下。

・ブーダンノワール

マノワールでの定番アミューズ。いつ食べても美味し。

・ホワイトアスパラのブランマンジェ、スープ

春です。今年初の白アスパラ。アスパラの個性的なお味がクセなく凝縮しております。美味!1本ではなく、こういう形でいただくのも乙なものです。

・海老のラビオリ

モッチモチでプッリプリな海老入りラビオリ。タケノコや車海老、パプリカを散らしたピリ辛のイタリアン風。 より自由なCave五十嵐ならではの一皿でした。

・ヤリイカのロースト

たらの芽、芽キャベツなど彩り豊かな春野菜を添えて。柔らかな食感が良いです。

・ウナギのキャラメリゼ

メインは仔羊と選べましたが、好物のコチラを選択。さらに胴か尻尾かも選べたので、脂が少なめで締まった尻尾部分をお願いしました。フレンチで蒲焼風に出てくるのも珍しいですが、肝も山椒も乗っており芳しい香り!

シェフが関西出身とのことで蒸さずに焼いてあり、パリッとした仕上がりに仄かな甘みが素敵。フォンドヴォー系のソースとも良く合い、下に敷いてあるちぢみほうれん草も美味しくいただきました。大満足。

・アーモンド風味のブランマンジェ、バニラアイス

シンプルですが、デザートも流石。バニラアイスも風味が強くて美味しいです。

最後は美味しい・コーヒーと小菓子で。

ボリュームがあるので前菜2品の¥6,500コースでも満足できそう。 カルトメニューにパスタ、ラザニアなどもあるので通常のお客様も大勢いらっしゃり、ランチタイムは混み合っており賑やか。

サービスもマノアールの方が担当されており安心できますが、お店の雰囲気は本店の方が良いように感じました。せっかく美味しいコース料理なので、少し落ち着いた環境でいただきたいものです。最後は五十嵐シェフにもお見送りいただきありがとうございます。 また本店の方にお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。


鰻 ひら井、竹葉亭 本店|次の土曜は土用の丑の日/the 257th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”257日目です。7月30日の土曜日は土用の丑の日。最近話題の鰻味の鯰もいいですが、やっぱり鰻味の鰻が一番。ということで銀座の美味しい鰻店2店をご紹介いたします。

まずは銀座の隠れ家的な鰻店”割烹 鰻 ひら井”さん。場所はかなり分かり難いです。中央通り沿いのシャネル、アップルストアがある裏側の通り。老舗キャバレー”白いバラ”の正面。
hirai6
“鮨一”さんの看板が出ているところから奥に入れます。

hirai3
カウンター5席とテーブル3卓の小さいお店。鰻とトロロを絡めた「うなとろ丼」発祥のお店ということでも有名ですよ。

本日は数量限定の”うな丼” ¥2,160をお願いしました。 注文を受けてから蒸し焼きにするので、30分ほど待ちます。時間はかかりますが、こういうお店は美味しい鰻が期待できそうです。

やってきたうな丼は、見た目がもう美味しい!
hirai1
乗っているのは2切れですが、肉厚でボリュームたっぷり。火の通りと照りも素敵です。 濃厚なタレは甘いがしつこくなく、塩気を強く感じましたが、後引くお味。 脂の乗った鰻とよく調和しており、非常に美味!固めに炊かれたご飯は量が多いのですが、タレが良い具合に染み込んでおり食べ飽きませんでした。

でもちょっと多かったので、次回は少なめでお願いしてみようと思います。 お吸い物と厚めに切られたお新香も、とても良かったです!

店名の最初に「割烹」と付いているだけあり、夜は鰻以外のメニューも豊富。黒板に書かれていましたが、美味しそうでした。特に”自家製ビーフシチュー”、気になりますね。 見るからに職人風の大将は一見とっつき難いのですが、お見送りの挨拶は丁寧で気持ち良かったです。ごちそうさまでした!

続いて2店目は”竹葉亭”さん。言わずと知れた銀座の超有名鰻店ですが、晴海通り沿い三越前の銀座店ではなく、築地近くの料亭街にある本店がお勧めです。ビルの中でほっと安心する風流な一軒家。
chikuyo5
今回は夜お伺いしています。入り口が2つありコース料理のお座敷席(左)と、鰻丼だけを食べられるテーブル席(右)に分かれています。いつかは左の入り口を使ってみたいものです。店内は落ち着いており、着物姿でのサービスが本当にしっくりと来ます。鰻丼の前にまずはコチラ。

“うまき” ¥1,620
chikuyo1
芸術的に均整のとれた見た目。サイズも大きく、とろけるような甘みで、とっても美味しいです。 はじかみも付いており、メインの前にお口直し。期待が高まります!

“鰻丼(A)” ¥2,592
chikuyo3
待ちに待った鰻丼!お新香、肝吸い付き。

chikuyo2
ほどよく身の締まった柔らかさに、くせのない甘辛いタレ。美味! タレの沁みたご飯も美味しくあっという間に完食。

chikuyo4
澄んだお色とお味の肝吸いも絶品でした。駅からは少し距離がありますが、本店は銀座店ほど混雑しておらず、落ち着いた空気の中でいただけるのも良いですね。 ごちそうさまでした!

30日の土用の丑の日は銀座で鰻はいかがでしょうか。お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。
chikuyo6


大和田さん-創業120年!コリドー街の老舗鰻屋/the 162th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、162日目です。本日は鰻ございます。職場の近くにあり、ずっと気になっていた鰻店“大和田”さんにお伺いしました。明治26年創業の超老舗でございます。お店の由来については謎だそう。

場所は銀座7丁目、飲食店が立ち並ぶコリドー街の1階にございます。
owada11
スターバックスのすぐ近くでございます。

店内は小奇麗にまとまっております。カウンター、テーブル8卓、個室と席数には余裕がありそうです。
owada1

鰻重以外も色々つまんでみたかったので、本日は“鰻づくし” ¥6,400 を注文いたしました。

“鰻の南蛮漬け”
owada2
ムニュッとした歯ごたえも楽しく、スカッとした一品。鰻ざくで証明されているように鰻と酢は良く合うのですね。

“鰻の肝煮、煮こごり”
owada3
肝は苦みなく、驚くほどさっぱり。新鮮ですね。肝煮、初めて食べましたが、美味。お酒のつまみに最適なのですが、休憩中なので我慢です。

“白焼き”
owada5
山葵、柚子胡椒でいただきます。香ばしく焼き上げられております。

“鰻の天ぷら”
owada6
これも初めていただきました。山椒塩でいただきます。脂っこいかと思いきや、意外にそうでもない。身がしまっており美味。そして、良く見ると盛り付けが魚になっております!紫蘇の葉が顔で、胴体が鰻、たらの芽が尻尾。遊び心が素敵。

そしてメイン。どんな料理でも美味しい鰻ですが、やはり鰻重が一番。

“鰻重 兎”
owada7
大きさは、華 ¥1,700、兎 ¥2,400、鶴 ¥3,500、亀 ¥4,600、特上 ¥5,800と5種類あるうちの“兎”でございます。

鰻は適度にふっくらトロり。かなり甘めのタレが個性的。ご飯にも沢山かかっており濃厚でございます。個人的には甘過ぎるのは苦手なのですが、特徴があるのは良い。このサイズでもなかなか食べ応えがございますね。

“デザート”
owada9
イチゴ、ブルーベリー、キウイ、グレープフルーツなど。種類豊富で、お口直しに最適です。こちらも芸術的に配置されており、人の顔のよう。ユーモアがありますね。

鰻料理を色々楽しめて、お得なコースでございました。ちょっとお茶目な老舗鰻屋さん。ごちそうさまでした

“グリル木村家”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。
owada10


六雁-至高の出汁/the 151th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、147日目です。本日は和食です。スーパー割烹の異名をもつ“六雁-むつかり”さんにおうかがいしました。

場所は銀座5丁目並木通り沿い、銀座ポニーグループビル6階、7階です。1階はKate spade-ケイトスペードさんです。
mu20
晴美通り沿いのマツモトキヨシさんのお隣のビルでございます。

6階は完全なるオープンキッチンスタイルで料理人の方々の仕事を間近で楽しめます。7階はテーブル席のみで落ち着いてお食事がいただけるそうです。
mu4
本日は6階の木製の美しいカウンターに案内されました。

コースは¥13,500からございますが、本日は¥18,900の“極(KIWAMI)コース”をお願いいたしました。まずはこちらから(料理の名前はいただいたお品書き通りです)。

冷 “胡麻豆腐 栗銀杏の田舎煮”
mu1
甘いたれでからめてあります。胡麻豆腐ですが、胡麻が全く主張しておらず、何とも上品。美味しいです。

菜 “柿と紅玉 菊菜の白和え”
mu2
中にクルミとコンニャクなど。とびきりサクサクのリンゴ、クルミ、こんにゃくの異なる歯ごたえ、そして少しクセのある柿、春菊。様々な要素が美味しく調和しております。

一口の寿司 “本鮪赤身”
mu3
宝石のように美しい大間産の鮪に、自分で海苔を巻いていただきます。手巻き寿司のような楽しいお料理。有明産の海苔の焼き方が素晴らしい。

本当に凄いのはここからでした!

椀 “幻の香茸 煮麺 蓮餅 水菜”
mu5
松茸よりずっと希少な香茸(こうたけ)。名前の通りすこぶる香りの良い茸で、乾燥させるとさらに香りが増すのですが、それを出汁に使用。この出汁が超絶的に美味!香茸(グアニル酸)、鰹(イノシン酸)、昆布(グルタミン酸)の3つの最高級の素材の旨味成分が最高度なバランスで混ぜ合わさった最強の出汁でございます。

香茸は極細ながらもコシの強い煮麺(にゅうめん)の上にも乗っております。鱧はしっかり鱧らしい旨味がありプリプリして食感も素敵です。何はともあれ出汁が美味し過ぎました!

造 “鯛 炙り帆立”
mu7
他、富山県の白エビ、ウニです。これは鯛が美味しい。総料理長の秋山氏曰く、春の桜鯛より断然美味しい秋の紅葉鯛です。切り方が抜群。脂ののったお腹の部分ですが、厚めに切られており、歯ごたえが凄いです。噛めば噛むほど上質な脂の旨味が口の中に広がります。

黒目の卵焼きかスポンジかと思われたコチラ。実は醤油です。
mu6
ゼラチンで固めてあるそうです。ちぎってお刺身に付けていただくのには驚きました。薄味で、これだけ食べても意外と美味しいのです。面白い!

焼 “鹿児島 池田湖産 天然大鰻の炭火焼”
mu9
こちらも絶品。厚みたっぷりで、ギュッと締まった豊潤な身は、もはや口の中で鰻が泳ぎだしそうなほど。これでもかというほどパリパリに焼かれた皮も美味しいです。天然の鰻は、ある程度大振りなほうが好みのようです。

鰻の上にのった透明なツブツブはシロンンキャビア。フィンガーライムとも呼ばれており、ライムのようなレモンのようなお味で、愉快な食べ物です。

蒸 “六雁スペシャリテ 蝦夷鮑酒蒸し 海老芋揚げ 肝ソース 黒無花果”
mu10
函館で獲れたという鮑も美味しいのですが、海老芋が印象に残りました。京野菜のこちらは、里芋と似た雰囲気は持ちながらも、身の詰まり方、そして食感は上等。濃厚な肝ソースでいただくと絶品です。

肉 “石垣牛のスキヤキ 焼きのこ柚子おろし 温玉”
mu11
黄色いのは温泉玉子の黄身。一体どうやって作っているのやら不思議です。もちろん美味。

〆 “いくらご飯 赤出し 香の物”
mu12
見た目も美しいいくらご飯は、なんとお代わり自由です!新鮮なイクラはやっぱり美味しい。ご飯にほんのり掛けられている、ごく薄め出汁も良い。

果 “六雁名物 かき氷”
mu16
こちらシロップ6種類。左からマンゴー、梅、ほうじ茶、練乳、抹茶、あずきでございます。全てこれでもかというほど濃密。

好きなだけ掛けていただけます。こちらもお代わり自由です!
mu15
美味しいので、山奥の氷職人のものを使用しているかと思いきや、築地の氷屋さんのもの。氷の層に合わせてカットすると、このような素敵なかき氷が出来上がります。方法は企業秘密だそうです。ここぞとばかりに2杯いただきました!

果 “求肥餅”
mu18
珍しいココナッツミルクの求肥(ぎゅうひ)。中にはドライアップル、アプリコット(杏)、くるみ。まろやかで優しいお味。最後まで素敵。

初回は料理についてのお話を詳しく伺える6階席が絶対お勧め。沢山いらっしゃる料理人さんの中で一際目立つ総料理長の秋山氏が、蝶のように舞い、蜂のように刺しているのを眺めているだけでも楽しめます。

秋山氏は、本当に楽しそうにお仕事をされる方で、こちらも嬉しくなります。また、料理が美味しいのは当たり前、楽しさや驚きを与えてくれるユニークな料理、それを彩る器の美しさ。その心意気、探究心は本当に素晴らしく、感銘を受けました。ごちそうさまでした!

“六雁”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

場所はコチラです。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ 。