重厚感のある黒甲フレームが入荷

黒いべっ甲フレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。こちらです。

UM6502 黒甲
um6502b
最近ますます人気の黒甲フレーム。昔ながらの重厚感のあるデザインは、クラシックなメガネが好きな若い方にもお勧めできそうです。

um6502b3
丁番は18金イエローゴールドを使用。錆びないですし、万一破損した場合も修理が可能。ほとんど見えない部分ですが高級感を出すのにも一役買っているのです。

um6502b2
一見べっ甲に見えない黒さが良いですね。その柔らかい黒さ、雰囲気は黒いプラスチックと全く異なります。美しいです。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


赤甲 + 黒甲 ぼかし鼈甲メガネ

べっ甲とチタンに綺麗なコンビネーションフレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。

VO-705 黒甲 + 赤甲 ¥420,000

鮮やかな真紅から深みのあるブラックへのぼかしが美しいべっ甲テンプルフレーム。フロントはチタンを使用しており、テンプルと調和の取れたカラーリングです。また軽さとリーズナブルな価格も魅力となっています。


こういった染め方は非常に難しく正に職人技。べっ甲職人の中でも作れる方は僅かという意匠です。

 
赤甲は最高級のべっ甲である白甲を染めたもの。他の素材では表現し得ない上質感と趣なのです。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


黒甲+赤甲 モダンべっ甲メガネが入荷

モダンなべっ甲フレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。こちらです。

TB23 UM6507 黒甲+赤甲 ¥1,080,000
um6507
黒甲と赤甲をシンプルに組み合わせた従来のべっ甲メガネのイメージを覆す鮮烈な印象。しかし和の雰囲気も漂う黒と朱の組み合わせは、何となく落ち着きもいたしますね。

um6507_4
テンプル内側には「年兼」と、べっ甲職人の屋号が刻まれています。何でもべっ甲のメガネに屋号を刻んだのは、この方が最初だとか。

um6507_3
テンプルは3層になった白甲を特殊な方法で染色するという非常に手間のかかる仕事を施しています。染めのムラが手作りの温かみ。美しいですね。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


K18WG + 黒べっ甲のラウンドメガネが入荷

本べっ甲フレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。

TB24 KU3001 K18WG + 黒甲 ¥520,000
ku3001
フロント部分に18金ホワイトゴールド、テンプルに黒いべっ甲を使用したラグジュアリーなメガネです。上品で流麗なラウンドフレームはお顔の表情を柔らかく明るく見せてくれます。

ku3001_2
ブリッジ部分にも黒甲が取り付けられており、程よい個性を演出します。ホワイトゴールドの白とべっ甲の黒が非常に鮮やかなコントラスで、綺麗なのです。

ku3001_3
智の部分は艶消しのホワイトゴールドで、変化に富んだデザインです。

今までK14WGが多かったですが、近年K18WGが人気がありますね。白く美しい輝き、アレルギーの出にくさが好まれているようです。
ku3001bs3597
左がK14WG、右がK18WG。1つずつ見ると分かり難いですが、並べてみるとかなり色調が異なるのがお分かりいただけると思います。K14WGはやや黄色味が強く肌馴染みが良いと言えます。

各種取り揃えておりますので、是非店頭にて実物の美しさ、天然べっ甲の掛け心地の柔らかさををご確認下さいませ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。