宝石付きのレディース18金フレームが入荷

レディースのゴールドフレームをご紹介いたします。

HA0642 K14WG ¥620,000

一部つや消しのオール14金ホワイトゴールドを使用し上品に仕上げたリムレスフレーム。


レンズサイドには0.22カラットのダイヤモンドがセットされています。さり気ない装飾ですので、女性だけでなく男性にもお勧めできるゴールドフレームです。

JK0722 K18WG/PG ¥1,280,000

植物をイメージした有機的な装飾が美しいコンビネーションフレーム。花にあたる部分を18金ピンクゴールドで、葉と茎にあたる部分を18金ホワイトゴールドで優雅に表現しています。

目元を彩るダイヤモンドは合計0.61カラット。

柔和さと華やかさを両立された秀逸な作品です。是非店頭にてお試し下さいませ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。18金のメガネ、オーダーメイドについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


重厚感のある黒甲フレームが入荷

黒いべっ甲フレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。こちらです。

UM6502 黒甲
um6502b
最近ますます人気の黒甲フレーム。昔ながらの重厚感のあるデザインは、クラシックなメガネが好きな若い方にもお勧めできそうです。

um6502b3
丁番は18金イエローゴールドを使用。錆びないですし、万一破損した場合も修理が可能。ほとんど見えない部分ですが高級感を出すのにも一役買っているのです。

um6502b2
一見べっ甲に見えない黒さが良いですね。その柔らかい黒さ、雰囲気は黒いプラスチックと全く異なります。美しいです。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。


LEISURE SOCIETY ST.JEAN ローズゴールドカラーが登場

LEISURE SOCIETY-レジャー ソサエティのラグジュアリーなメガネが入荷いたしました。

LEISURE SOCIETY ST.JEAN col*K24 Gold/Seafoam
stjean_seaform
先日ご紹介させていただいたフォックスブロースタイルのST.JEANの別カラーが入荷しました。

LEISURE SOCIETY ST.JEAN col*K18 Rose Gold/Burgandy
stjean_burg1
K18ローズゴールドのゴールドプレート(金張り)は初登場。顔なじみのよく上品に仕上がっています。

stjean_burg4
stjean_burg2テンプルには星のアクセントと、上部にラグジュアリーなゴシック調のパターン。ヒンジ部分にはスマートにスプリングが内蔵されており、外側に開きます。それにより快適なフィッティングを実現しています。

stjean_burg3
七宝部分は黒っぽく見えますが、奥深い赤茶色です。非常に綺麗なメガネです。是非店頭にてお試し下さいませ。

LEISURE SOCIETY-レジャー ソサエティについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。LEISURE SOCIETYのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。


べっ甲 + K18 コンビフレームが入荷。

べっ甲と18金のコンビネーションフレームが入荷いたしましたのでご紹介いたします。

QI075TP K18PG + トロ甲 ¥655,000
qi075tp
金属部分は柔らかい18金ピンクゴールドを使用。繊細な作りで柔らかい印象。

qi075tp2
テンプル部分はベーシックなべっ甲カラー。フロントに合わせて細めに仕上げてあります。かけ心地の良さも魅力でございます。

続いてコチラ。

TB35 6X653YB K18 + 白ばら甲 ¥960,000
6x653yb
こちらは18金イエローゴールドを使用したラグジュアリーな雰囲気。スクエアの存在感のあるレンズシェイプも貫禄があり素敵です。

6x653yb2
テンプルは白甲と並ぶほど高級な白ばら甲を採用。フロントのイエローゴールドとの相性も抜群です。非常に美しいメガネです。ぜひ店頭にてお試しくださいませ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。

※仕入れ時期により価格が変動する場合があります、予めご了承くださいませ。


K18WG + べっ甲 の趣向を凝らしたメガネが入荷。

珍しいべっ甲フレームが入荷いたしましたので早速ご紹介いたします。

CH5643 K18WG + 張甲手 ¥1,060,000
ch5643s
フロントは艶有りと艶消しの18金ホワイトゴールドを組み合わせた立体感のあるナイロールデザイン。非常に端正で、高級感溢れるメガネです。

テンプルがとても特徴的です。

ch5643_2
べっ甲の中で最も高級である白甲に、色の違うべっ甲(上トロ甲)を挟んだ特別感のある意匠。染めるというのは、今までありましたが挟むというのは斬新です。

ch5643_3
とても面白い表情。奥深さの中の透明感のある柔らかみ。見ていると吸い込まれそうになるほど美しい色彩です。薄く見えるのは裏側に施されたべっ甲職人「年兼」氏の刻印。この方は本当にモダンで趣向を凝らしたべっ甲眼鏡を作ります。

もちろん1点のみの入荷。気になる方はお早めにどうぞ。

べっ甲、18金の宝飾メガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。べっ甲のメガネについて詳しくはコチラをご覧下さいませ。