シャングリラシークレット 銀座店|永遠に飲み続けられる秀逸きのこの黒スープ/the 393th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」393日目、前回に引き続き本日も中華です。中華料理といっても幅が非常に広く、本日はミャンマー近くのチベット雲南省の料理です。六本木で人気のきのこ鍋のお店の「シャングリラシークリット 銀座店」にランチにお伺いしました。

場所は銀座8丁目、コリドー街沿いの「GINZA TOKIDEN」の8階。

1人でしたので奥に4席だけあるカウンター席にご案内いただきました。

基本的にコースのみの提供で¥2,800からありますが、本日はスタンダードコースの・宝茸黒湯(ほうじょうへいたん)¥4,500(w/o tax)をお願いしました。

・旬の前菜6種

ブルスケッタ、クラゲ、カボチャ、牛タンとピクルス、きのこの卵焼き、キクラゲ。半分の3種はきのこを使用、どれも美味しいです。

そして恭しく特殊な鍋が運ばれてきます。

鍋の底に火種が入っておりいつでも熱々です。きのこ鍋の前にスープを楽しみます。

・秘伝のブラックスープ

店名ともなっている「シャングリラ」、雲南省にこんな強気な名前の市が本当にあるのを初めて知りました。天然きのこ約30種を煮込んで造られるスープ、色は真黒ですが、キノコを感じる優しいお味で美味しい。 健康や美容にも良いということもあり目の前にあると永遠に飲めてしまいます。少なくなると継ぎ足してくれるので安心です。

カウンターからの眺め。

雲ひとつない晴天、目の前の線路を通る新幹線や在来線をぼんやり眺めながら飲む黒湯、はっきり申し上げて至福です!

続いてお鍋の食材・きのこ8種、彩り野菜と豆腐の盛り合わせが箱入りで到着。

きのこはタモギ茸、丹波シメジ、朱鷺色ヒラ茸、柿ノ木茸、黒アワビ茸、白舞茸、山ナメコ、ヤマブシ茸の8種、他こうや豆腐、雲南豆腐、湯葉、麺状の干し豆腐、ターツァイ、豆苗など。

鍋に入れて3分が食べごろ、3分砂時計を一緒に持ってきてくれるので安心です。

量はおおよそ2回分。

・キノコ鍋

キノコの味の違いはよくわかりませんが、食感の違いくらいはわかります。きのこは美味しい。そしてスープをたっぷり吸い込んだ豆腐が熱々で危険。スープは食材のお出汁も取り入れてだんだん濃厚に変化。

最後は・大山どり胸肉の薄切り

しゃぶしゃぶ程度の火入れで美味しくいただけますが、個人的にはちょっとしっかり目に煮たほうが好みでした。

〆は通常きのこ麺なのですが、メニュー名が美味しい・黒毛和牛の煮込みをのせた卵かけ御飯 たっぷりのトリュフかけ +¥800 に変更。目の前で断面の白い黒トリュフを削り、香りの強いトリュフオイルをかけて出来上がり。

中には卵の黄身が入っているので混ぜていただきます。はい、美味しいです。さらに黒湯をかけても大変に美味しいです。

最後はフワフワの・杏仁豆腐、中国茶

電車を眺めながらゆっくりさせていただきました。

鍋が1人用なので、1人でも利用しやすいお店です。スープが素晴らしいので、一番リーズナブルなコースでも十分楽しめるような気がいたします。ブラックスープ恐るべしでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

ちなみにキノコ鍋と言えば同じ雲南地方ですが火鍋の「御膳房 銀座店」もお勧めです。御膳房にお伺いした際の日記はこちら

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。