銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。