インド貴族のカレーとは “ラージ・マハール”さん/the 46th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、46日目です。

本日は1ヶ月に一度は食べたくなる”カレー”です。

銀座8丁目、中央通り沿いにある”ラージ・マハール”さんにお伺いしました。本場の宮廷インド料理が頂けるそうです。

1階に”BALLY”さんの入っている太陽ビルの4階です。

マハールランチ¥1,600をオーダーしました。

“タンドリーチキン”

スパイス入りヨーグルトとバターソースにつけ込んいるそう。

サイズが大きいのでビックリ。程よいピリ辛さ。そして、柔らかさはヨーグルト効果?

美味しいです。

“ラムカレー”

こちらも量多め。大サイコロサイズのラム肉がゴロッと入っています。

辛口と書いてありましたが、爽やかとさえ言えそうなマイルドな辛さでした。

インド貴族出身のオーナー曰く、「これくらいの辛さが”本当のインド貴族カレー”」。

なるほど。

“ナンとサフランライス”

丸々肥えたナンでした。お代わり無料です。

こちらのナンがモチモチで香ばしく、なかなか絶品です。

もちろんカレーと抜群の相性の良さ。

“オレンジゼリー”

ちょっと固めの不思議なゼリー。これも宮廷料理なのでしょうか。美味しいですけどね。

かなりの満腹感。でも胃が重たい感じにならないのが、インド(宮廷)カレー。

ごちそうさまでした。

電飾で縁取られたゴージャスな窓からキッチンがのぞけます。

作業してても写真を撮ろうとすると直立してくれる、優しい料理人さん。

タンドール(窯)で美味しく焼かれるナンも垣間見れます。

窯、インドから空輸したそうですよ。こだわりですね。

その名の通り(マハール=宮殿)、豪華なインテリアです。

広い空間で、とても落ち着けます。

“ラージ・マハール”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

“ラッシー”  +¥200

初めて飲みました。飲むヨーグルト。辛いカレーに合いますね。

閉店)シチューとカレーの専門店 銀座 古川|品位あふれる美味しい洋食/the 39th day

2017年8月追記)2015年9月にニューメルサからエグジットメルサに名称変更しましたが、7階には変わらず「銀座 古川」有り。

ランチタイムを逃してしまい早18時、しかも金曜日。普通にご飯だけ食べられそうな店は多くありません。そんな訳でこちらにお伺いいたしました。ホール担当の方は女性ばかり、今日は古川さんもいらっしゃり、ホッと一息安心できる雰囲気です。暑い日にはサービスで提供されるアイスティーも特別美味。

本日は・ヒレカツカレー ¥1,500(w/o tax)をご飯少なめでお願いしました。

そしていつも通りトスサラダを・スペシャルサラダ +¥450に変更。

このサラダは盛り盛り、スモークサーモンや生ハムも乗っておりお得感有りです。 ちょっとドレッシングかけ過ぎな気がしましたが、ボリュームに満足。

15分ほどでカレーも到着。

今まで頼んだカレーはご飯とカレーが別々だったのですが、こちらは一般的なライスカレー。 具は玉ねぎたっぷり、ルーは甘辛でとても食べやすいお味です。 薄めのヒレカツもサクサクで美味しくいただきました。

料理も美味しいですが、お店の雰囲気、スタッフの方々に癒されます。どうかいつまでもお元気で。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年11月記載

こんにちは、トリプルです。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、39日目です。本日は皆大好き、ザ・シンプル洋食です。

銀座ニューメルサの7階「銀座 古川」さんにお伺いしました。

14時頃にお伺いしたのですが、4名ほどが待っていらっしゃいました。流石、有名店です。 本j地右派メインディッシュ、セットコース(小鉢2品、デザート付+¥1,300)をオーダーしました。

・サラダ

マヨネーズがかかったシンプルサラダ。

小鉢・カニクリームコロッケ 
熱々サクサクです。何故クリームコロッケは懐かしいご馳走の味がするのでしょう。子供の時、普通のコロッケのワンランク上がクリームコロッケという認識だった記憶が。間違いの無い美味しさです。

小鉢・シーフードのマリネ

タコ、海老、イカ、ホタテ、キュウリ、オリーブなどなど具沢山のマリネ。 程よい酸味で、食べやすいお味です。

メインデッシュ・海老フライとドライピラフ クリームカレー添え ¥2,600

銀座 古川さんの名物料理の1つ。オブジェのような斬新なスタイルが素敵、その独特なビジュアルから「スケキヨカレー(from 犬神家の一族)」とも呼ばれているのだとか。 海老フライは衣が薄くカラリとしており、身は瑞々しくプリプリ。ご馳走です。ドライピラフ(カレー)も、スパイシーでコクがあり美味しい。

・クリームカレー

特製チキンブイヨンをベースに32種類のスパイスが効いた欧風カレー。 運ばれて来た時は、グツグツと煮えたぎっています。具はございません。マイルドな優しいお味で、これだけでも全然食べられます。ドライピラフだけで食べるもよし、海老フライやピラフにカレーを掛けて食べるも良し。好みで色んな味が楽しめます。

ドライピラフ(カレー)に、クリームカレーを掛けるという発想に脱帽。しかし、クリームカレーを掛けるとピラフの味が少し優しくなって、不思議と美味しいんです。

デザート・アイスクリーム マンゴーソース添え

濃厚なお食事のあとの、さっぱりデザートは癒されます。

・コーヒー ¥350


洋食屋さんのコーヒーは熱すぎるくらいが丁度良い。レトロなカップ&ソーサーも良い感じです。お腹いっぱい食べ過ぎました。ごちそうさまでした!

和やかな雰囲気の店内です。

風格と趣があり、老舗というイメージがありましたが、まだ11年目(十分凄いですが)なんですね。

宝塚出身という古川百合美さんの懇切丁寧ながらもフレンドリーな接客も素敵でした。

溌剌として、美味しいお料理とともに元気づけられます。ありがとうございます。

「銀座 古川」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際はぜひ、トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。

体がよろこぶインド料理 “ナタラジ”さん/the 35th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、35日目です。

本日は、久々にカレーが食べたくなりました。よってインド料理です。

自然派インド料理のお店”ナタラジ”さんにお伺いしました。

場所は松坂屋の正面、指輪店”アイプリモ”さんが1階のビルの7階~9階です。
自然派インド料理ナタラジ
自然派インド料理って何なんでしょうか。

とりあえず、一番体にやさしそうなメニューを選択。

“シャンティ・セット”¥3,850をオーダーしました。 

マクロビオティックメニューです。マクロ~とは「穀物、海藻、野菜を

季節や体調に合わせた選び方と調理方法で、毎日の食事に取り入れること。

身体にストレスがかかる食品(肉、精製された砂糖、乳製品、食品添加物など)は食べない」そうです。

勉強になります。

“グルテンミートのソテー”

グルテンミートとは大豆から作られるノンコレステロールの植物性素材。

マクロ~はお肉を食べないので、その変わりとして食されるようです。

お肉にしては、ちょっとフニフニしてますが、とても美味しいんですよ。

“シャンティ・サラダ”

発芽豆、海藻、きのこ、沢山の野菜が入ったサラダです。

ほどよくスパイスが利いていて食欲増進。非常にヘルシーです。

“豆カレー”

その名の通り、豆がたくさん入ったカレーです。熱々ですが、全く辛くありません。

とってもアッサリとしていてカレーにあるまじき食べやすさです。

“根菜豆腐カレー”

ごぼう、レンコン、人参、カボチャなどの野菜に、シメジ、豆腐の入ったカレー。

野菜と豆腐の不思議なマッチングが素晴しいです。豆カレーよりややスパイシーですが、こちらも辛くありません。

本当に、体にやさしいカレーなんですね。

“小松菜ビーガンナン”

ビーガンとは絶対菜食主義者のこと。卵や乳製品も食べない人のこと。

よって、こちらのナンも卵、牛乳不使用です。

小松菜入りですが、ほんの、ほんのわずかに小松菜が香る程度で、全くエグさはありません。

ヘルシー!

個人的に緑は好きな色なので、カラーリングも良いですね。

“豆乳タピオカ キール”

キールとはライスプディングのこと。

タピオカとライスの異なる丸み、滑らかさ、とろみのバランスが絶妙。

甘さ控えめで、とても美味。

何だか、健康になった気がします。ごちそうさまでした!

店内(7階)はインドの工芸品が、展示されており、とても綺麗です。

また、平日はランチビュッフェ¥1,100もおこなっており、かなりのお得感のようです。

お肉のカレーはございませんので、お気をつけ下さい。

“ナタラジ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非、トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
自然派インド料理ナタラジ

デリー銀座|暑い夏こそインドカレー!/the 22th day

2016年5月追記)ゴールデンウィーク中もしっかり営業されていて助かるこちらのお店。ホリデーランチにお伺いしました。本日は・ランチB ¥2,160をお願いしました。

まずはいつもの・サラダ、サモサ。続いて久々の・タンドリーチキン。
delhi1
グツグツいってますね。 レモンをギュッとしぼっていただきます。赤いソースをたっぷり付けていただくジューシーなチキン、とても美味しいです。

好きなカレーを1種類選べるのですが、どストレートな名前の・インドカレーを選択。
delhi2
お肉は鶏(ラムも選択可)で。辛さは星3つでしたが、思ったより辛い。魚介の出汁が効いているように思えましたが気のせいか?

delhi3
ライス中央付近に穴を開けて、その穴の中にカレーを入れながら食べる、所謂ドーナツ食べが好みです。 カレーが徐々にライスに浸透するため、色んな沁み具合でいただけます。 辛いだけではない、デリーさんのカレーはやっぱり美味しいです。

最後は熱いコーヒーで口の中をさっぱりと。今月のカレーはラム。次回はラムが食べたくなりましたので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年7月記載

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、22日目です。 本日は、暑い夏こそ、汗をダラダラ流しながら食べたいインドカレーです!インドカレーの名店”デリー”さんにお伺いしました。

当店の一番近くにあるセブンイレブンの正面、西銀座ビルの3階にございます。 焼き肉の”トラジ”さんなど飲食店が何件か入っています。

・ダブルコンボランチ ¥1,580をオーダーしました。 好きなカレー2つ、タンドリーチキン、サモサ、ドリンクなどが付いたお得なセットです。  
美味しいそう!

・タンドリーチキン
 
スパイシー&ジューシー。中にしっかりと旨味が封じ込められている感じ。咀嚼すると旨味が解放されて、口の中に広がります。美味しいです。それもそのはず、13種類のスパイスを使い、ヨーグルトに2日間もつけ込んでいるんです。テマヒマ掛けた料理は、それだけ美味しいんですね。

・サモサとチャパティ
 
サモサは中に具の入った揚げパイ。春巻きみたいな感じ。サクッカリッとした歯ごたえも気持ちいいです。中身は挽き肉、各種野菜など。箸休めに最適。下に惹いてあるのがチャパティ。インドの精製されていない小麦粉の円盤みたいな形のパン。インドではナンよりチャパティの方が一般的らしいです。

・デリーカレー(前)、カシミールカレー(後)
 
デリーさんのスタンダードカレー、デリーカレー。辛さも控えめ(辛いのが得意ではない私には十分辛い)なチキンカレー。食べやすいお味。チャパティに、具を包んで、カレーを付けて食べると、またこれが美味しいんです。カシミールカレーは、辛いのです。(辛くないのをオーダーしたのに、コレが来ました、運命と思い頂きました)でも美味しい。食べたくないのに、食べたくなる不思議な魅力があります。水を何杯も飲み、チャパティを1ピースおかわりしましたが、完食。 辛いんですが、後味が悪くないのも素晴しいですね。

・ミルクプリン
 
激辛な後の、至福のミルクプリンでした。 インドカレー美味しいです。ごちそうさまでした!

お盆なのに(お盆だから?)、1人のお客様は相席になる繁盛ぶり。素晴しい。席数も多く、清潔感のある店内でした。仏像が飾られていたりインド感も有りますね。
 
夏のカレーは、気分もすっきり、美味しいです。銀座で、インド・パキスタン料理がたべたくなったら是非。

“デリー”さんのウェブサイトはコチラ。 お立ちよりの際は、トリプルにも遊びに寄って下さい!