これが噂のムルギーランチ “ナイルレストラン”さん/the 58th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、58日目です。

本日はインド料理です。

1949年創業、東銀座の顔ともいえるお店”ナイルレストラン”さんにお伺いしました。
ナイルレストラン

入店した瞬間、「ムルギーランチね?」となかば強制的に名物の”ムルギーランチ”をオーダーさせられます。

“ムルギーランチ” ¥1,500

カレーに骨付きの鶏肉、キャベツ、マッシュポテト。昼でも夜でも頼めます。

二代目ナイル氏、直々に骨を除去、切り分けてくれました。

全部混ぜて食べます。

キャベツの甘味と7時間煮込んでいるというスパイシーなカレーの調和が良い。

そこそこ辛いです。そして、ボリュームあります。

鶏肉もとてもトロトロ柔らかくて美味しいんですよ。

“チャンナマサラ” ¥1,250

メニュー見せてもらって、お勧めをお伺いしたところ、

「ムルギが鶏だから、豆でバランス良いでしょ~」と半強制オーダー。

ヒヨコ豆をココナッツで炒めています。

こちらは辛さ控えめ。美味しいけれど、これもカレーの仲間。満腹です。

確かに病み付きになるかもしれない美味しいカレーでした。ごちそうさまでした。

サーモンピンクが可愛い1階。2階もあるようです。

ナイル氏の書籍、ピクルスなども販売しています。

“ナイルレストラン”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

新歌舞伎座の影響で土日は長い行列ができるようです。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

ナイルレストラン

新世界グリル 梵さん-これが噂のヘレカツサンド/the 57th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、57日目です。

本日はサンドイッチ。“新世界グリル 梵-ぼん”さん“新世界グリル 梵-ぼん”さんにお伺いしました。

大阪 堂島が本店みたいです。

カフェっぽい感じの外観。

ランチメニューは1,000円の”ハーフ”と2,000円の”一人前”のみです。

“サラダ”

シャキシャキ感のあるシンプルサラダ。

そして、名物。

“極上ビーフヘレカツサンド”

焼きたてサクサクの食パンに分厚いジューシーなヘレカツ。

美味しくないはずがありません!

牛肉なので、軽く揚げているだけ。あっさりとしていて食べよい。

ちなみに、関西ではフィレ肉をヘレ肉と呼ぶので、結果ヘレカツです。

食パンに塗られる鶏ガラベースのソースは、玉ねぎ、にんじん、リンゴ、生姜などの野菜と果物を

使用し、さらにトマトソース、ウスターソースなどを加え1週間煮込んでいるそう。

サイドイッチにして、相当の深みとコクがあります。

こちらが1人前 ¥2,000。けっこうなボリュームです。

30越えの男性、女性はハーフサイズで十分かもしれませんね。

確かに極上なサンドイッチでした。ごちそうさまでした。

コーヒー付きが嬉しいです。

テイクアウトも行っています。

売り切れ次第終了なので、お気をつけ下さい。

詳しくは”新世界グリル 梵”さんのウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

資生堂パーラー|銀座の正統/the 56th day

こんにちは、トリプル銀座です。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ、”銀座6丁目美食日記”56日目です。本日は銀座の洋食店の草分け、そして正統ともいえる”資生堂パーラー”さんにお伺いしました。

資生堂ビルの4,5階です。

銀座モダンランチ¥4,000をオーダーしました。

・野菜のスープ

大根、人参、白菜、筍などがたっぷり入ったコンソメスープ。寒い日に温かいスープはとても良い気分です。

・伝統のクロケット

外はカリッと、中はトロトロの大定番料理。色が綺麗です。中はクリーム状ですが、細かく刻んだ仔牛のお肉が入っているようで、歯ごたえもしっかりあり、満足感、高いです。

・ハンバーグステーキ

定番料理が続きます。ドミグラスソースが優しいハンバーグ。サイズも小振りで助かります。

・プチサラダ

シンプルに美味しいサラダは箸休めにも最適です。

・ハヤシライス

こちらも定番。

ご飯にかけて。

具は、牛フィレ肉、玉ねぎ、マッシュルームなど。比較的あっさり目の爽やかなハヤシライス。量もささやかで、あっという間に完食です。

・桜薫るパフェ(ミニサイズ) ¥1,360

季節限定の和洋折衷パフェです。上には、桜のシャーベット、桜の形の落雁、わらび餅、白玉などが鎮座。下の透明部分はスパークリングワインのゼリー。

定番洋食のフルコースで満腹です。ごちそうさまでした。

最後はコーヒーで一息。

古き良きゴージャス感のある店内です。

正統派の洋食が食べたくなったら是非。

“資生堂パーラー”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

鉄板焼き コルザさん-生醤油ともろみが凄い/the 55th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、55日目です。

本日は肉、鉄板焼きでございます。

当店の真正面、能楽堂ビルの地下1階にある”コルザ”さんにお伺いしました。

黒毛和牛のコースA、¥7,000をオーダーしました。

飲み物は、ウーロン茶、ジュース、ワインの中から選べて飲み放題です。

本日、写真、多いです。まずは、

オードブル “牛タンの冷製 キャロットソース”

とても柔らか。人参のソースと良く合います。

“サワラの鉄板焼き グラタン風”

今からが旬のサワラ。鉄板で焼いた後、オーブンでグラタン風に。熱々です。

サワラは和風なイメージですが、洋風でもいけます。

ほのかな甘味と柔らかさが素敵。

続いて鉄板焼き。

カウンター席なら目の前で焼いて頂けます。

フィレとサーロインと選べますが、今回はフィレを選択。本日は岩手県の黒毛和牛です。

手前の緑色のはコンニャクです。

100gのお肉を、鉄板焼きと網焼きで頂きます。

実はコチラ、世界の”キッコーマン”さんの直営店。

網焼きは、醤油を絞る直前の熟成もろみで下味を付けます。

もろみ、美味しいそう!

鉄板焼きの方は、ますます良い感じに。

完成です。

“岩手県産黒毛和牛フィレの鉄板焼きと網焼き、温野菜”

左が網焼き、右が鉄板焼き。

網焼き、もろみが美味しい。豊潤な香りと甘味、そして奥深さ。

150gにすれば良かったと後悔。

鉄板焼きはコチラに付けて。

“生しょうゆ”

この醤油が、また絶品。

千葉にある”キッコーマン”さんの工場から直送されており、コチラでしか味わうことはできません。

市販の生しょうゆは微生物が濾過されて取り除かれているらしいのですが、こちらはそのまま。

芳香で、雑味が無く、非常に軽やかで円やか。驚きました。

“焼きおにぎりの椀”

焼きおにぎりお茶漬け。これは、間違いの無い、絶対に美味しいヤツです。

そして最後は、

固形バターにしか見えませんが。

威勢良くフランベで燃えているコチラは、実は・・・

アイスクリームです。

鉄板でアイスの炎が上がるたび、拍手が沸き起こっていました。

各種フルーツも焼きます。

出来上がったのが、

“アイスクリームの鉄板焼き”

色々な驚きも含め、大満足の鉄板焼きでした。ごちそうさまでした。

テーブル席もありますが、鉄板焼きはカウンターが良いです。

“コルザ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです。

お立ちよりの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さい。

当店の目前です。