南蛮 銀圓亭|まろやかなひとときを/the 42th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、42日目です。

本日は正統派洋食”南蛮 銀圓亭”さんにお伺いしました。

銀座5丁目の並木通り沿い、クロムハーツ銀座のお隣、カルティエの正面にある”カリオカビル”7階です。

高級感、重厚感のある落ち着いた店内です。シーリングファンが良い感じです。

ハンバーグとビーフシチューから選べる”肉料理コース”¥5,800をオーダー。

“ラスクとミネラルウォーター”

チーズ味のカリカリのラスク。おやつ感覚で美味しい。

ちなみにバナジウムたっぷりの”富士ミネラルウォーター”¥300です。

オードブル “チキンとオレンジのサラダ”

シンプルで品の良いお味。オレンジが爽やか。

オードブル “キスのチーズ焼き”

家庭でお馴染みのキスが、こんなに美味しく食べられるとは驚き。

でも親しみやすさはそのまま。チーズの香ばしい香りが素晴しく良いです。

オードブル “三重県伊勢志摩 的矢産カキ”

松坂牛、伊勢エビなどとともに三重ブランドとして認定されている的矢カキ。

臭みは全くなく、とても滑らか。美味しいです!

“季節のサラダ”

新鮮さが感じられる美味しいサラダ。

“ビーフシチュー”

絶品です。

「ビロードのつや」と称される10日間煮込んだ奥深さを感じるドミグラスソースが素晴しいです。

もちろん牛すじ肉は、お口でとろける柔らかさ。幸せです。

“フランスパン、温野菜”

先ほどのドミグラスソースに付けて食べます。美味しいです。

“コーヒー、プチフール”

控えめなサイズの一口ロールケーキとコーヒーが嬉しいです。

飾らない洋食の最高峰。「まろやかな」ひととき。ごちそうさまでした!

ハンバーグやハヤシライスにオムライス。他のメニューも食べてみたくなりました。

オープンキッチンですので、料理人さんのテキパキとした仕事を見るのも楽しいです。

場所はコチラ。

詳しくは”南蛮 銀圓亭”さんおウェブサイト(一休)をご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

独創的な “極上串焼 銀座 匠”さん/the 41th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、41日目です。

本日は、本ブログ初の串焼きです。”極上串焼 銀座 匠”さんにお伺いしました。

自ら極上串焼と名乗るところが自信の表れなのでしょうか。

場所は、久々の交詢ビル。

バーニーズニューヨークの入っているビルです。

クリスマス時期に合わせ賑やかなディスプレイです。

ランチコース”彩” ¥5,000をオーダーしました。

先附 “季節の前菜 三種盛り合わせ”

左からホタルイカ、卵焼きとチーズかまぼこ、白滝のまさご和え

まさご(真砂子)はシシャモの卵らしいです。プチプチする食べ物は好きです。

串焼 “宮崎牛のリブロース、信玄鶏笹身変り、サツマイモ

マヨネーズとナッツが乗った鶏笹身が意外と軽くて美味しい。

サツマイモも甘くって良い感じです。

“根菜盛合せ”

左上の緑のはアボカドソース。アボカド苦手ですが、これはいけます。

刺身 “ヒラメ、本マグロのお造り”

淡白なヒラメが美味。

おまかせ串焼 厳選食材盛合せ

左上から時計回りに宮崎牛、蓮根と白舞茸、豚ロースの野菜巻き、鯛の味噌焼き。

創作串焼きですね。

見た目にも綺麗で、食欲をそそります。

食事 “キノコの炊き込みご飯、赤出し、香の物”

懐かしい感じのする炊き込みご飯。久々に頂く赤出汁が染みます。

甘味 “白ごまのブランマンジェ、小豆の黒糖ロール”

最後はあっさりとした和風デザートで。

創作意欲に富む新しい串焼きでした。ごちそうさまでした!

店内画像はございませんが、シックな落ち着いた雰囲気です。

場所はコチラです。


お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

レストラン ファロ資生堂|格式ある甘美なイタリアン/the 40th day

こんにちは、トリプル銀座です。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、40日目です。

本日は意外とお店が少ないと感じているイタリアンです。理由はわかりませんが、銀座のイタリアンはディナーのみの営業というお店が多い気がします。そんな中では嬉しいイタリアンレストラン「ファロ資生堂」さんにお伺いしました。

中央通り沿い、銀座8丁目、資生堂ビルの10階です。
ランチコース”Falo”¥3,800(+サービス料10%)をオーダーしました。

“パン4種類”

全部美味しかったのですが、特にカボチャのバゲットがお気に入りでした。

“きのことベーコン、リコッタチーズのタルト ドライトマトとオリーブのソース、サラダ添え”

このタルトは絶品でした!定番のきのことベーコンなのですが、リコッタチーズのほんのり感じる甘味と、しっとりとしたタルト生地、そして絶妙な温かさ。全てが調和している感じ。 美味しいです!

“菜の花とアンチョビのバヴェッティーネ”
falo3
バヴェッティーネというパスタ始めた食べました。 断面が楕円形。コシが強く、ツルツルモチモチした食感でコチラも美味。サッパリとした優しい味付けなのも嬉しい所。

“オマール海老のグリル 黒トリュフのドレッシング(+¥1,000)”

野性的な盛り付けも素敵なコチラ。お味も言うことなし!見た目同様お味もややワイルド。 歯ごたえのあるオマール海老と黒トリュフの絡みが堪りません。 もっと食べたい!と思わせます。付け合わせのアーティチョークと焼きトマトも美味しいですよ。

“ドルチェ-ティラミス、マロンのムースケーキ、カスタードプリン”

デザートは8種類の中から好きなだけ頂けるという素敵なサービス。全部という方も多いみたいですが、今回は3種類だけ。どれも(マロンのムースでさえ)くどさがなく、品の良いお味。至福の時間です。

最後はコーヒーで。

やや抑えた温度での提供が嬉しいです。

美味しいのはもちろん、格調が高く、美しいお料理。他も食べたい!また行きたい!と思わせる素敵お店です。 ごちそうさまでした!

銀座らしい、落ち着いた雰囲気の良い上質な店内です。

10階なので、窓際からの景色も素敵です。

“ファロ資生堂”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

閉店)シチューとカレーの専門店 銀座 古川|品位あふれる美味しい洋食/the 39th day

2017年8月追記)2015年9月にニューメルサからエグジットメルサに名称変更しましたが、7階には変わらず「銀座 古川」有り。

ランチタイムを逃してしまい早18時、しかも金曜日。普通にご飯だけ食べられそうな店は多くありません。そんな訳でこちらにお伺いいたしました。ホール担当の方は女性ばかり、今日は古川さんもいらっしゃり、ホッと一息安心できる雰囲気です。暑い日にはサービスで提供されるアイスティーも特別美味。

本日は・ヒレカツカレー ¥1,500(w/o tax)をご飯少なめでお願いしました。

そしていつも通りトスサラダを・スペシャルサラダ +¥450に変更。

このサラダは盛り盛り、スモークサーモンや生ハムも乗っておりお得感有りです。 ちょっとドレッシングかけ過ぎな気がしましたが、ボリュームに満足。

15分ほどでカレーも到着。

今まで頼んだカレーはご飯とカレーが別々だったのですが、こちらは一般的なライスカレー。 具は玉ねぎたっぷり、ルーは甘辛でとても食べやすいお味です。 薄めのヒレカツもサクサクで美味しくいただきました。

料理も美味しいですが、お店の雰囲気、スタッフの方々に癒されます。どうかいつまでもお元気で。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年11月記載

こんにちは、トリプルです。銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」、39日目です。本日は皆大好き、ザ・シンプル洋食です。

銀座ニューメルサの7階「銀座 古川」さんにお伺いしました。

14時頃にお伺いしたのですが、4名ほどが待っていらっしゃいました。流石、有名店です。 本j地右派メインディッシュ、セットコース(小鉢2品、デザート付+¥1,300)をオーダーしました。

・サラダ

マヨネーズがかかったシンプルサラダ。

小鉢・カニクリームコロッケ 
熱々サクサクです。何故クリームコロッケは懐かしいご馳走の味がするのでしょう。子供の時、普通のコロッケのワンランク上がクリームコロッケという認識だった記憶が。間違いの無い美味しさです。

小鉢・シーフードのマリネ

タコ、海老、イカ、ホタテ、キュウリ、オリーブなどなど具沢山のマリネ。 程よい酸味で、食べやすいお味です。

メインデッシュ・海老フライとドライピラフ クリームカレー添え ¥2,600

銀座 古川さんの名物料理の1つ。オブジェのような斬新なスタイルが素敵、その独特なビジュアルから「スケキヨカレー(from 犬神家の一族)」とも呼ばれているのだとか。 海老フライは衣が薄くカラリとしており、身は瑞々しくプリプリ。ご馳走です。ドライピラフ(カレー)も、スパイシーでコクがあり美味しい。

・クリームカレー

特製チキンブイヨンをベースに32種類のスパイスが効いた欧風カレー。 運ばれて来た時は、グツグツと煮えたぎっています。具はございません。マイルドな優しいお味で、これだけでも全然食べられます。ドライピラフだけで食べるもよし、海老フライやピラフにカレーを掛けて食べるも良し。好みで色んな味が楽しめます。

ドライピラフ(カレー)に、クリームカレーを掛けるという発想に脱帽。しかし、クリームカレーを掛けるとピラフの味が少し優しくなって、不思議と美味しいんです。

デザート・アイスクリーム マンゴーソース添え

濃厚なお食事のあとの、さっぱりデザートは癒されます。

・コーヒー ¥350


洋食屋さんのコーヒーは熱すぎるくらいが丁度良い。レトロなカップ&ソーサーも良い感じです。お腹いっぱい食べ過ぎました。ごちそうさまでした!

和やかな雰囲気の店内です。

風格と趣があり、老舗というイメージがありましたが、まだ11年目(十分凄いですが)なんですね。

宝塚出身という古川百合美さんの懇切丁寧ながらもフレンドリーな接客も素敵でした。

溌剌として、美味しいお料理とともに元気づけられます。ありがとうございます。

「銀座 古川」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際はぜひ、トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。