銀之塔|銀座でシチューと言えばココ/the 33th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、33日目です。

本日から銀座6丁目以外、解禁しました!

解禁日の本日は東銀座、現在工事中の歌舞伎座の近くにある

シチュー専門店”銀之塔”さんにお伺いいたしました。

蔵を改造したそう。家に蔵などありませんでしたが、懐かしさを感じる佇まいです。

2羽のアヒル?の暖簾が、ちょっと可愛いです。

メニューはシチューとグラタンのみ。

本日は”ミックス(ビーフ&野菜)シチュー” ¥2,500をオーダーいたしました。

コチラです!

熱々の土鍋と提供されます。ちなみにテーブルに置かれて20秒ほど経過した時の写真ですが、

煮えたぎるブクブクは留まるところを知りません。美味しそう。

牛タン、牛肩ロース、野菜は人参、じゃがいも、玉ねぎ、さやえんどう。

3日掛けて作られたデミグラスソースは、クセがないがコクがあり滑らか。

高齢の方でも無理無く食べれそうです。

長時間掛けて煮込んだお肉とお野菜は、フカフカ。幸せなお味です。

“小鉢3品、漬物”

侮るなかれ。これが舌が焼けるほど熱々のシチューの箸休めとして最適。

冷たい惣菜が舌を癒します。

和風シチューはご飯との相性抜群。ちなみにご飯お代り無料です。

昔から何シチューであれ、ご飯に掛ける家だったので、違和感無し。

昔はカレーとシチューの区別が付いてなかったくらいです。

タンも牛肩ロースも噛まずに切れるくらいホロホロ。非情に好みのシチューでした。

昭和30年創業の味、流石でした。冬になると、さらに美味しくなりそうです。

ごちそうさまでした!

3階までの店内はかなり広々、畳の部屋やカーペットの部屋、テーブル席もございます。

また、真裏には別館もあるみたいですよ。

地図はコチラ。

“銀之塔”さんに付いて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は、ちょっと足を延ばして是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

誠実感のある中華料理”銀座 麒麟”さん/the 32th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、32日目です。

チャーハン好きのため、2週間に一度はチャーハンが食べたくなります。

本日は中華です。

バーニーズニューヨークの正面にある”China Garden 銀座 麒麟”さんにお伺いしました。

2時頃お伺いしたにもかかわらず、満席状態。

1階のティールームに案内されました。5階までフロアがありまして、上階はかなり豪華な内装のようでした。

次回は是非、上に上がってみたいです。

10種類の麺、ご飯から選べる”麺飯セット” ¥1,500をオーダーしました。

“前菜”

左の棒棒鶏-バンバンジー、甘辛いタレも素晴しく、美味しいかったです。

セット内容はこんな感じです(焼売は別オーダーしました)。

“上海風肉しゅうまい”¥200

しっかりとした食感、蒸したての焼売でした。

密度が濃いため、満腹感有り。

“具沢山の揚州チャーハン”

いわゆる五目チャーハンです。

タケノコ、えび、シイタケ、ネギなどなど確かに具沢山。

きちんとパラリとしており、誠実に作られたチャーハンという感じ。

美味しかったです。

“ミルクプリン”

小さい時を思い出すミルクプリン。

甘さ控えめです。

真面目な中華料理という印象を受けました。美味しかったです。ごちそうさまでした!

ランチは1000円からあるみたいです。

場所はコチラです。


“銀座 麒麟”さんについてはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

こだわりの自家焙煎珈琲、銀座の避忙地 “然林庵”さん/the 31th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、31日目です。

本日はコーヒーショップ。

ちょっと時間が開いてしまった時に助かる、雰囲気の良いお店”全林庵”さんにお伺いしました。

場所が若干わかりにくいです。

こちらの銀座細野ビルの6階です。小さい看板が出ています。

1階が以前ご紹介させて頂いたトンカツの”平田牧場”さんです。

その時の模様はコチラをご覧下さい。

“DOVER STREET MARKET GINZA-ドーバーストリートマーケット”の真向かいです。

現在は、STAR WARSのストーム・トルーパーのディスプレイです。

オーダーです。

まずは、

“ホットサンド  ハム・トマト・チーズ・キャベツ” ¥700

このホットサンドはかなり好みでした。

すごくカリカリな焼き具合が最高でした。新鮮な野菜とクリーミーなチーズとの相性も良いです。

“然林庵コーヒー” ¥600

天日乾燥の豆を使用したコチラお勧めのブレンドコーヒー。

美味しい、です!

香ばしい香りと奥深いコク、そして新鮮感が感じられます。小さな贅沢。ありがとうございます。

さらに、

“ガトーショコラ” ¥580

しっとりとした、甘さ控えめです自家製ガトーショコラです。

密度が濃くないので、非常に食べやすいです。どうもごちそうさまでした!

コーヒーの種類が豊富なので、色々飲み比べしたくなりますね。

店内も雰囲気良し。コーヒー豆も販売しているみたいです。そして意外と広いです。

奥にテラス席もありますよ。

さすが、軽井沢のコーヒーショップの銀座店。

落ち着ける素敵な雰囲気を作り出しています。6階というのも良いですね。

場所はコチラです。


“然林庵”さんについて詳しくは、ウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

京料理の粋と美 “祇をん 八咫”さん/the 30th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、30日目です。

本日は、胃に優しいものが食べたいと思い京料理。

“祇をん 八咫-やた”さんにお伺いしました。

1階が”BARNEYS NEWYORK”、交詢ビルの4階です。

このビルの飲食店は相変わらず高級感のあるエントランスです。赤提灯が親しみ有り。

“菊花開-きっかひらく”¥5,000 をオーダーしました。

お通し”ホタテとズイキ(芋茎)の刺身”

ズイキ初めて食べます。ホタテと共に、シャキシャキした歯ごたえと清涼感が美味しいです。

先附、左から”菊花と菊奈の浸し、酒盗の大和芋掛け、秋刀魚胡瓜酢、京唐辛子山椒煮、だだ茶豆塩茹で”

どれも食べやすく美味。酒盗、美味しいです。山芋とも合うんですね。酒飲みには堪りません。

椀”ぐじ(甘鯛)真薯”

しん薯の程よい甘味、素材が生きていて美味しいです。

いくらでも御代りできそう。

造り”真鯛”

造り”本マグロとつぶ貝”

お刺身にそれほど前向きではないですが、こちらは鮮度抜群で非常に美味。

美味しいお刺身は違いますね。お刺身への高感度が上がりました。

また、料理長こだわりの器、川尻一寛氏の白磁も素敵でした。より美味しく見えます。

煮物”冬瓜の肉味噌掛け”

あっさりとした冬瓜、ホタテ、ミニアスパラに、しっかりしたお味の香ばしい肉味噌が良い。

京料理は薄味だけと思われがちですが、京都の冬は厳しく、そのため割と塩分濃いめのお料理も多いそうです。

揚物”丸茄子の宝楽揚”

丸茄子の皮を宝楽=焙烙=器に見立てた見た目にも楽しいお料理。

揚げてありますが、驚くほどサッパリ。巻湯葉がかなり美味しかったです。

しかし丸茄子の肉感、甘み、何故こんなに美味しいでしょう。やはり揚げると最高です。形も好きです。

酢の物”穴子の鬼おろし和え”

こちらは打って変わったサッパリ感。なめ茸、久々に食べました。

食事”昌司郎の新蕎麦”

新蕎麦の季節になりました。

やや細めですが、かなりコシ有り。新蕎麦だけあり香りも楽しめました。

甘味”黒糖焼酎と豆腐のジェラート”

こちらのオリジナル。和風ラムレーズン。

黒糖焼酎もラム酒もサトウキビの糖蜜を原料とした蒸留酒ですが、違いはあります。

黒糖焼酎→発酵に米から作った麹を使用。

ラム酒→糖蜜を酵母で発酵させ、蒸留。

食べた瞬間、焼酎が香り、その後ラムレーズンのような甘味を感じます。美味しいです。

全体的にサッパリとしており、後味爽快です。

美味しく粋で美しい京料理、ごちそうさまでした!

店内はカウンターがメイン。4人がけのテーブル席も1つあります。

料理する様子を目の前で見られるのも楽しいです。

料理長も、和やかな雰囲気でお話しやすいのも良いですね。

場所はコチラ。

“祇をん 八咫”さんに付いて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。