レストランあずま|童心に返る洋食屋/the 13th day

こんにちは、トリプルです。

“銀座6丁目美食日記”、13日目です。

本日は”レストラン あずま”さんに行ってきました。

“DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS”の正面、

先日訪れたイタリア料理、”ISOLINA-イゾリーナ”さんのお隣です。

“ISOLINA-イゾリーナ”さん訪問の際のブログはコチラ。

モダンな建築物がどんどんできる中、当時の雰囲気が色濃く残るコチラ。
レストランあずま
1970年創業というだけあり、趣があり、懐かしく感じますね。

“お好み盛り合わせセット”をオーダーしました。

ひとくちステーキ、ハンバーグ、海老フライ、魚フライ、カニクリームコロッケ

から2品を選べます。

ランチは、コンソメスープとライスが付き。

“コンソメスープ”
レストランあずま
シンプルに美味しい。プラスチックの器もレトロで良いです。

“お好み盛り合わせセット ハンバーグとカニクリームコロッケ”
レストランあずま
私の中で最強の組み合わせ(カニクリームと海老フライはちょっと迷うが)。

どうですか。この安心感、この安定感。

小さいとき、誰かの誕生日とか何かイベントがあるときだけ、連れて行ってもらえた洋食屋さんを思い出します。

ワクワクして、懐かしくて、期待を絶対裏切らない普遍的な恒常的な味なんです。

純粋無垢なハンバーグ。嬉しくなります。間違いなく美味しいでしょう。
レストランあずま

大人になった私。食後はコーヒでホッと一息。
レストランあずま
飾り気の無さが、すごく嬉しいです。

料理の味、レトロなお店の空気ともに美味しかったです。ごちそうさまでした。

メニューはほぼ1000円前後、リーズナブルな価格も素晴しいです。

肩肘張らずに、気軽に入れる昔ながらの洋食屋さんは、現代銀座では貴重な存在です。

詳しくは”レストラン あずま”さんのウェブサイトをご覧下さい。

店の外の料理模型も好き。
レストランあずま
店内で決めればいいのに、ここでメニューを決めたがる子供の気持ち。

飽きずに、騒いでいたことを、思い出します。


イゾリーナ|アットホーム イタリアン/the 12th day

こんにちは、トリプルです。

“銀座6丁目美食日記”、12日目です。

本日はイタリア料理、”ISOLINA-イゾリーナ”さんに行ってきました。

“DOVER STREET MARKET GINZA COMME des GARÇONS”の正面、

ラペビルの2階にございます。

右の黒い扉から階段か、左の入り口からエレベータで上がります。

アットホームな、何故か懐かしい雰囲気の店内。

インテリアに統一感があり、非常に落ち着きます。

20人が入れる大きめの個室も奥にありましたので、ちょっとしたパーティにも最適。

前菜、パスタorピザ、デザート、カフェのBランチをオーダーしました。

まず、前菜。

左から、真鯛のカルパッチョ、白レバー、春キャベツと桜エビのサラダ、キノコのマリネ。

白レバーというのは始めて食べました。

鶏の肝臓のようですが、レバー臭さがなく良い感じ。白レバー、なかなか珍しいらしいみたいです。

サラダも、カルパッチョも鮮度が良く、美味。

“仔牛とキャベツのラグーパスタ”

肉や野菜の旨味が心地良いラグーソースと、”ビーゴリ”という自家製パスタの絡みが抜群です。

30代の胃袋に優しい、あっさりとしたお味も嬉しい。

ビーゴリとは、北イタリアのヴェネト地方とマントヴァの伝統的なパスタみたいです。

普通のパスタより麺が太く、モチモチッとした食感。

美味しいですよ。

“アールグレイのパンナコッタ バラのグラニータ添え”

口当たりの良いツルツルしたパンナコッタと、ほんのりバラの香りのシャリシャリの

グラニータ(シャーベット)の食感のコントラストが楽しめます。

見た目にも、とても涼しげです。

こちらに食後のカフェで終了。

お店の雰囲気同様、優しいお味の美味しいお料理でした。ごちそうさまでした!

ピザは、ナポリから取り寄せたという石釜で焼いてくれます。

石釜、中に入ると落ち着けそうな、可愛い見た目です。

ピザも美味しいそう。ぜひ次回に。

店内、料理、スタッフの方々。トータルで温かみのあるイタリア料理屋さんでした。

石釜ピザ、生パスタが食べたくなったら、”ISOLINA-イゾリーナ”さんへどうぞ。


神戸 ビフテキのカワムラ|絶品! 但馬牛/the 11th day

2017年8月追記)5年振りのお伺いです。お目当ては ・神戸 但馬ビーフハンバーグ ランチ ¥3,500(w/o tax)です!鉄板前のカウンターに落ち着きスタートです。

・とうもろこしの冷製ポタージュ

まったりと程よい甘さで美味しいです。

・シーズンサラダ

自家製マヨネーズに和えていただきます。そしてハンバーグ!

最初は球状のものをヘラでギュッとつぶして焼いていきます。

だんだん表情を変えていくハンバーグ、シェフのトークも面白く、これも楽しい時間です。焼いている時のハンバーグが立てる音も良く、期待が高まります。

まずは・焼き野菜のニンジン、ズッキーニ、玉ねぎが仕上がり。

味噌ダレに付けていただきます。どれも焼き具合良好。ニンジンが甘くて美味です。

続いて・神戸 但馬ビーフハンバーグ 180gも出来上がり。

見るからに美味しそうな焼き上がり。 最初はそのまま召し上がるのがお勧めということで、何も付けずにいただきます。 外はカリカリ、中はジューシー、シェフも自讃の完璧な焼き上がり。大変美味です!


丁寧に脂は取り除いて、時間をかけてタネを仕上げているというだけあり、脂っこさもほとんどなく、後味の良さも素晴らしく、つなぎに使用されたタマゴや玉ねぎのバランスも良いようです。 上質なお肉の味がちゃんと感じられるハンバーグですので、たまに塩を付ける以外は、そのままいただきました。

・パンorライスが選べましたのでライスを選択。それほど意味なくハンバーグを一旦ライスに乗せる癖はどうしても抜けませんね。

最後はデザートの爽やか・柚子シャーベット

美味しい・コーヒーをいただきました。

ブラウンの大理石のカウンターやレンガを沢山使った落ち着いた雰囲気の店内、上階にあるので銀座の喧騒も忘れられる空間です。 大満足のハンバーグタイムでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年5月記載

こんにちは、トリプルです。銀座の美味しい飲食店をめぐる「銀座6丁目美食日記」、11日目です。

最近草食の私ですが、本日は「肉らしい肉」、お肉が食べたいということで、トリプルの外堀通りを挟んで斜め前のビルの8階にある、神戸ビーフ専門店「神戸 ビフテキのカワムラ」さんにお伺いしました。

小さなプレートがあるだけで、特に看板などは、ありませんので、お気をつけ下さい。1階はイタリア高級紳士服ブランドの「ブリオーニ」です。

鉄板焼きの醍醐味、美しいカウンター席。ビルの外観からは想像できないほど高級感があり、落ち着きがあります。

各所に置かれた彫刻やプレートなども、店内の雰囲気に合っておりセンスの良さを感じます。

本日は・但馬ビーフランチ(フィレ)をオーダーいたしました。こちらでは主に、神戸牛と但馬(たじま)牛を提供されています。兵庫県内で生産された牛で、さらに多くの基準をクリアしないと、そう呼ぶことはできないんそうです。

まず1品目。 ・但馬ビーフの炙り

ポン酢醤油を付けて頂きます。びっくりほどの清涼感のある気持ちの良いお肉。付け合わせのお野菜も何気にスゴく美味しいです。

・人参のスープ

素材本来の甘味が感じられて、クリーミーさっぱりとしたお味。ポタージュに良くあるザラザラ感が全然ありません。むしろサラッとしているかも。お肉の前のスープして非常に良いですね。美味。

その間に、正面の鉄板で手際良くお肉とお野菜を焼いてくれます。

手を伸ばしたくなるほど美味しそうです!

その間に・有機野菜のサラダ

ドレッシングは2種類かかっており、混ぜて食べて下さいとのこと。明らかに鮮度の良いサラダはもちろん、オイリー感がほとんど無いドレッシングも美味しいんですね。普段サラダにドレッシング付けないのですが、これは美味しい。

そして、メイン!

・但馬ビーフステーキ 焼き野菜添

焼き加減は、ミディアムレアでお願いしました。お野菜は、タマネギ、人参、ズッキーニ、マッシュポテト、ニンニクでした。野菜はタマネギが淡路島産、その他は産地は色々で有機野菜を使用しているそうです。特に、お肉の脂を入れながら捏ねて固めたというマッシュポテト焼き(奥の白いの)が絶品でした。

タレは岩塩、ポン酢、味噌ダレの3種類。 お肉は最初は岩塩、次にポン酢、野菜には味噌ダレがお勧めとのこと。 野菜は、素材の味がしっかり付いているので、私の好みは、何も付けずに食べる。 それでも全然美味しいです。カリカリのニンニクも全部食べたかったですが、仕事中のため、ほんの少しだけ。無念です。

・但馬ビーフ100g

美味しい! お口の中で噛むほどに弾けるお肉の旨味。噛むのが勿体ないけど、噛まずにはいられません。 ミディアムレアで正解。とろけるほどに柔らかい食感でした。幸せです。

デザートは・柚子のシャーベット(写真撮り忘れ)。 私は、シャーベットのシャリシャリ感が苦手で、寒気と悪寒がするのですが、 こちらのシャーベットはシャリシャリ感無し。良い感じです。

食後は熱めの美味しいコーヒーで。

ニッコーのボーンチャイナのクラシックなコーヒーカップも素敵でした。美味しかったです。ごちそうさまでした!

カウンター席の他に個室も3部屋(4部屋?)ほどあるみたいです。

特別な時間に、利用したいですね。ワインの種類も豊富でしたよ。すぐ目の前で焼いてくれる臨場感、シェフとの対話も醍醐味です。

銀座で、神戸牛、但馬牛のステーキ、ハンバーグが食べたくなったら、ぜひ「神戸 ビフテキのカワムラ」さんへどうぞ。

その際はぜひ、トリプル銀座にもお立ちより下さい。目と鼻の先です。


閉店)グルメドクター イタリアン|肉食ダイエット/the 10th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の食べ歩き”銀座6丁目美食日記”、10日目です。

本日はトリプルのお隣にあるイタリアンへ行ってきました。

“Gourmet Doctor ITALIAN-グルメドクター イタリアン”さんです。

銀座らしい瀟洒なエントランス。ビルの2階です。

店内は、ブラウン系でまとめた落ち着いた空間。

席数も多く(60席)、通路もゆとりがあって良いですね。

グルメドクターとは、どうやらシェフ、ドクター、栄養士さんで協力して作る、ヘルシー料理みたいです。

他とちょっと違うのは”お肉を沢山食べてもヘルシー”という点。

その名も”肉食ダイエット”を提案しているのです。

肉で痩せられる!これは数多のダイエッターには嬉しいことではないでしょうか。

ランチメニューは、4種類の生パスタかお肉メニュー。

今回は、お店のお勧めでもある、

“エイジングビーフの網焼き&エイジングビーフのハンバーグステーキ 一緒盛り”をオーダーしました。

こちらです。

ハンバーグ120g、網焼き120g、大盛りのオーガニックガーデンサラダと、けっこうなボリュームです。

ちなみにエイジングビーフとはドライエイジングビーフのことで、”乾燥熟成されたお肉”のことみたいです。

低カロリー、低脂肪、低コレステロールで、さらにタンパク質、鉄分、ビタミンBなどの栄養価も豊富な

至れり尽くせりなお肉のようですね。

網焼きは、手前からハーブソルト、ブラックペッパー、ガーリックソルトを付けて頂きます。
グルメドクターイタリアン
ミディアムレアな焼き加減で、シンプルにエイジングビーフの素な旨味を味わうえます。

脂身を落としてあるため、非常に食べやすい。新ジャンルのお肉って感じです。

この量でも問題無く食べられます。

ハンバーグステーキ。

角切り椎茸入りの甘めソース、荒めの挽き肉、歯ごたえの残るタマネギなど

素材が生き生きとしたハンバーグでした。美味美味。

丸っとしたフォルムも好きです。

エイジングビーフそのままの網焼きと、加工したハンバーグステーキの組み合わせ。

とっても贅沢な気分です。

食後はチーズケーキとコーヒー。

栄養バランスを考えての、このスリムさなのでしょうか。

このチーズケーキも、非常に軽いお味で、とても食べやすかったです。

食前には、”じゃがいものスープ”が付きます。

お肉をたくさん食べたのに、健康に良いなんて、得した気分です。

食後、胃がもたれる感じもないのが嬉しいですね。ごちそうださまでした!

シェフの調理する姿が間近で見られるカウンター席も良さそうですね。

ペンダントライトもヘルシーなデザインでした。

ダイエット中でもガンガンお肉を食べたい。

そんな方は是非”Gourmet Doctor ITALIAN-グルメドクター イタリアン”さんへどうぞ。

そして、その前後は、トリプルへもお立ちより下さい。