呂者堂-ろばたさん-絶品、天然海鰻/the 96th day

2016年11月追記)久しぶりのお伺い!当店お隣の和食店”ろばた”さん、いつも素敵な時間をありがとうございます!

お通し “蒸しウニ、銀杏”
robata1
生もいいけど、蒸しもいい。日本酒にぴったりのアテですね。

“淡路産タイのお造り”
robata3
歯ごたえと甘みを楽しめる、独特の切り方。美味。

“松茸とハモの土瓶蒸し”
robata4
松茸はもう今年最後になるのだそうです。

robata5
出汁が最高に美味しくて口福感たっぷり。

“柳かれい干物”は囲炉裏で。このビジュアルだけで美味しさは3割増し。
robata6

robata7
食べた後の頭と尻尾、骨はさらに網で焼いて煎餅風に。これもまた乙なお味です。

“天然鰻の蒲焼”
robata8
今年は鰻の入荷があまりないそうです。少しだけ残りがあってラッキーでした。 目の前で焼いていただけるのは最高の贅沢。

robata9
三切れずつでしたが、絶品ですね。もっと食べたい〜。

“がんも、タコ、里芋、ほうれん草の炊き合わせ”
robata10
最後は優しい煮物で〆。シンプルな料理が美味しいって素晴らしい。

お酒は以下を燗で一合ずついただきました。 “八海山 純米吟醸”、”菊正宗 本醸造” これで一人8,000円ほど。最高ですね。 お一人でされているので、ペースはゆっくりですが、これがまた良いいんです。

万人受けするお店ではないかもしれませんが、私にとっては、とっても大事な最高のお店です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2013年11月記載(現在ランチ営業はしていません)

トリプルのお隣、1階に玉泉堂さんが入っている土屋ビルの裏です。ふと裏口の横を見るととても気になる張り紙を発見しました。
roba1

御昼食、天然うなぎ、すっぽん雑炊。惹かれます!
roba2
すぐ近くにこんな魅力的なお店があったなんて!早速お伺いしました。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、96日目、本日は和食、うなぎです。“呂者堂-ろばた”さんにお伺いしました。場所は土屋ビルの2階です。ここにお店が存在すると思わせない雑居的階段を上るとそこには思っても見なかった空間が。

囲炉裏を中央に据えたテーブル席。奥にはカウンター。素敵です。
roba3
お昼のメニューはスッポンとウナギの2種類のみ。天然ウナギを注文しました。まずは、こちらから。

前菜 “湯葉、タコと野菜の煮物”
roba5 roba4  
柚子の香る優しく上品な煮物。その中でもタコが良かったです。柔らかく深いお味。好物の湯葉もとても滑らかで嬉しいです。

ウナギは囲炉裏に炭をおこして、その場で焼いていただけます。素晴しい。
roba6

天然ウナギは広島県福山市の鞆の浦産。川ではなくて海で取れた珍しいウナギです。
roba8
見るからに厚みがあって美味しそうです。それもそのはず海鰻は800g〜1kg程の大きさで、生きたままお店に届きます。さばくのがとても大変とのこと。お疲れさまです!ちなみに、少し分かりにくいですが、身の上に乗っている薄いピンクのものは卵。鞆の浦で取れるウナギは全てメスだそう。不思議ですね。

タレを薄く付けて、再び焼きます。
roba11

油の爆ぜるプチプチという音、香しく甘い匂い、炭の温かさ。何と愉快な時間でしょうか。
roba10

焼くこと20分で出来上がり。蒸さずに焼く関西風で仕上げていただきました。roba12
しっとりと柔らかくも引き締まった身、パリッと軽く仕上がった皮のバランスが絶妙。自然な油の乗り具合とクセのない高貴な味。素材を引き立てる、淑やかなタレも良い。秀逸です。

他、ご飯、肝吸い、お新香が付きます。ご飯に乗せれば豪華な天然海うな丼。
roba14
厚みがありますので、少なく見えても満足感ございます。視覚、聴覚、触(舌)覚、味覚、嗅覚、五感全てで味わえる大満足の鰻でした。ごちそうさまでした!

甘味 “栗きんとん”
roba15
お口直しに。こちらも優しいお味で、とても美味しいです。

こちらで仕入れる天然鰻は今の時期しか入手できないということ。また、手に入らない場合もあるので、タイミングが良ければ食べられます。お気をつけ下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
roba16

梅丘寿司の美登利 総本店|ボリューム感と巧みな贅沢感/the 95th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、95日目です。本日は行列のできるお寿司屋さん“梅丘寿司の美登利 総本店”さんにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、最近特に賑わいを感じるコリドー街にございます。
 mi1
瓦を使用した和風な外観。平日14時30分で待っていらっしゃる方が。土日は1時間待ちが当たり前です。       

本日は超特選ランチ¥2,100をオーダーいたしました。

“カニ味噌サラダ、茶碗蒸し”
mi2
シンプルな茶碗蒸しに、少し贅沢感の味わえるサラダです。

“中トロ”
mi3
サイズの大きさにびっくりです。一般的なものの倍はありそうです。

“アナゴ1本握り”
mi5
コチラもボリュームが!名物のようです。香ばしい香りにと甘いタレが美味しいです。

“大赤エビ、イワシ、ズワイガニ、ホタテ、ブリ”
mi7
エビの上のキャビアが、また贅沢感を演出。そして飛び出るズワイガニ。鮮度もなかなかに良いです。

“アナチー” ¥420
mi8mi9
アナゴの巨大さを知らずに別オーダーしてしまいました。バーナーでチーズを焼いてくれます。一気に洋風に。おやつ感覚で食べられます。

“ネギトロ巻き”
mi10

最後は軍艦で〆。

“イクラ、ウニ”
mi11
他、卵があって全12種、さらに味噌汁が付きます。満足です。ごちそうさまでした。

ボリューム感や、ゴージャス感をしっかり味わえる素敵なお寿司でした。土日祝日にご来店の際は行列必至です。お気をつけ下さい。“梅丘寿司の美登利 総本店”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

鮨 いつきさん-カウンターでリーズナブルに頂く/the 88th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、88日目です。

本日は、久しぶりのお寿司。銀座6丁目、昭和通り近くにある”鮨 いつき”さんにお伺いしました。

こちらの長山ビル2階でございます。
ベージュのビル、1階は居酒屋
     

ランチはにぎり¥1050円、上にぎり¥1,260、特上にぎり¥2,100の3種類。同価格設定のちらし寿司もございます。

本日は、特上にぎりを注文いたしました。

まずは、サラダ。魚の南蛮漬け入りです。
小さい器に入った南蛮漬け入りサラダ

“あら汁”
木のお椀に入ったあら汁
ホッとする温かさ。美味しいです。

“特上にぎり” ¥2,100
細長い皿の上の見た目にも鮮やかなお寿司

中トロ、コハダ、マグロ赤身、ミル貝?、コハダ、甘エビ、アジ、イカ、ウニ、イクラ、卵、鉄火巻き。

10貫+巻き物。なかなかに豪華な内容です。鮮度も良く、納得できるクオリティーです。ただ、回りのお客様はほとんどが上にぎりを注文していらっしゃいました。気になります。

ということで、後日お伺いいたしました。

“上にぎり” ¥1,260
黒い長方形の皿の上のボリューム満点のお寿司

マグロ赤身2、カツオ、サーモン、アジ、イカ、海老、卵、エビ、サワラ、いくら、ネギトロ、明太子、カッパ(以下巻き)、沢庵、かんぴょう、鉄火。

13貫+巻き物。このボリュームは魅力的。皆様が頼まれるのも納得。満足です。ごちそうさまでした。

目の前で職人の方に握って頂けるカウンタースタイル、緊張させない優しく親しみのある接客なども含め、コストパフォーマンスは素晴しいですね。4人座れるテーブルも2卓ございます。

なお、ネタの名前は間違っているかもしれません。お気づきになりましたら、ご指摘頂けると幸いです。

また、11月からランチは金土日のみの営業になるそうです。お気をつけ下さい。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お近くへお立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
エンジの店名入りの旗のアップ写真

千客万来 芝濱さん-鯛が食べたい時には鯛づくし/the 84th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、84日目です。本日は先週に続きまして和食です。

ほぼ新橋、銀座8丁目にある”千客万来 芝濱”さんにお伺いしました。三井ガーデンホテル銀座プレミアの後ろの正面、峯田ビル地下1階でございます。

千客万来 芝濱

“穴子おざぶ丼”を目当てに来店したのですが、こちらは予約が必要とのこと。残念。なかなか良い江戸前穴子が手に入らないそうです。気を取り直して、”芝濱”さんお勧め”天然鯛づくし膳”¥1,800を注文いたしました。

“鯛刺身”
千客万来 芝濱
本日の鯛は千葉県御宿産。やや甘味のある鯛しょう油に付けて頂きます。このプリプリとした食感は、やはり格別。

“鯛の塩焼き”
千客万来 芝濱
普通の大根おろしではなく、荒く切った(おろした)大根が付いてきます。鯛と大根の異なる2つの食感が楽しめます。

“鯛のあら煮”
千客万来 芝濱
余計なものは無い完全なる、あら煮です。シンプルさが良い。何と言っても、鯛が溶け込んだ出し汁、そしてフワフワした部分が最高に美味です。温まります。

“鯛天茶漬けセット”
千客万来 芝濱
胡桃(くるみ)のタレ、わさびは絶対に入れた方が美味しいとのこと。あとお好みで塩、芽じそ、ライムなど。鯛の骨から取った出汁を掛けて食べます。

富山県から届いたばかりの鯛を、魅せて頂きました。立派!そして美味しいそうです。
千客万来 芝濱

鯛を眺めながら頂く鯛天茶漬けも乙なもの。感謝の気持ちで頂きます。

千客万来 芝濱
ホクホクと柔らかい鯛天。少し甘くオイリーな胡桃ダレ。飯。それをまとめる、あっさりながらも旨味たっぷりの懐の深い出汁。これまた普通の鯛茶漬けとは、全く別物。美味しいものです。

この4品で¥1,800円はお得感有り。ごちそうさまでした。

2013年3月オープンということで綺麗な店内。カウンターにテーブル席、個室があります。
千客万来 芝濱
“芝濱”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

店名は落語の芝濱から。こちらも、とても素敵なお話です。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。
千客万来 芝濱