金田中 庵|プチすっぽん料理に舌鼓/the 38th day

こんにちは、トリプルです。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、38日目です。

本日は、最近、お腹の調子が悪いため優しい物をということで和食です。

銀座7丁目の老舗割烹”金田中 庵-かねたなか あん”さんにお伺いしました。

その名もズバリの”金田中ビル”の2階でございます。

若干入り口が分かりにくいのでお気をつけ下さい。

ランチメニューは4種類の中から、

“小鍋すっぽん大根・丸玉地ご飯”¥2,100をオーダーしました。

“季節の一品-蓮根、じゃがいも、大根の煮物”

冷たい煮物です。痛んだ体に染み渡る優しいお味です。しみじみ美味しいです。

“小鍋すっぽん大根”

白玉、椎茸、揚げ、大根。

マイルドなスッポンの出汁(だし)が染みわたった具材が、また体に染み渡ります。

浮いた存在の感じがする白玉の中に、実はスッポンの身が入っています。

コラーゲンもたっぷりそうで、美肌効果もありそうですね。元気になります。

“丸玉地ご飯”

ご飯にすっぽんスープに卵を入れて蒸しあげています。

出来上がりは3重構造で、上からスッポンの出汁を使った餡、具無し茶碗蒸し、雑炊。

これは美味しい!そして体への優しさ!!

3つを一緒に混ぜて感じる、味わい深さ。これぞスッポンの力。

今日のような寒い日にぴったりのお料理です。

勢い付いてコチラも追加オーダー。

“鯛のあら炊き”¥2,625

天然の鯛の頭のあら炊きです。実は一番美味しい部分。

特に目玉(回り)とか口(回り)は絶品です。ゼラチン質の部分とか特に!

当然、骨が多く身は少なめで、しかも頑張らないと食べれないのですが、味が凝縮されている感じ。

甘辛い味付けで、添えてあるゴボウとともに箸が進みます。

頼んで正解でした。

“ラ・フランスの嶺岡豆腐”

江戸時代には牛乳のことを嶺岡(千葉にあった嶺岡牧場から)と呼んでいたそうです。

こちらも、ラ・フランスとともに清涼感有りで、爽やかな締めくくりでした。

和食の美味しさ再確認。ごちそうさまでした!

店内はテーブル全8席と、

料理人さんの手際を間近で見られるカウンターです。

ランチはクオリティーも高く、コストパフォーマンスも良いですよ。

“金田中 庵”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラ。


お立ちよりの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。

京料理の粋と美 “祇をん 八咫”さん/the 30th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡るグルメブログ”銀座6丁目美食日記”、30日目です。

本日は、胃に優しいものが食べたいと思い京料理。

“祇をん 八咫-やた”さんにお伺いしました。

1階が”BARNEYS NEWYORK”、交詢ビルの4階です。

このビルの飲食店は相変わらず高級感のあるエントランスです。赤提灯が親しみ有り。

“菊花開-きっかひらく”¥5,000 をオーダーしました。

お通し”ホタテとズイキ(芋茎)の刺身”

ズイキ初めて食べます。ホタテと共に、シャキシャキした歯ごたえと清涼感が美味しいです。

先附、左から”菊花と菊奈の浸し、酒盗の大和芋掛け、秋刀魚胡瓜酢、京唐辛子山椒煮、だだ茶豆塩茹で”

どれも食べやすく美味。酒盗、美味しいです。山芋とも合うんですね。酒飲みには堪りません。

椀”ぐじ(甘鯛)真薯”

しん薯の程よい甘味、素材が生きていて美味しいです。

いくらでも御代りできそう。

造り”真鯛”

造り”本マグロとつぶ貝”

お刺身にそれほど前向きではないですが、こちらは鮮度抜群で非常に美味。

美味しいお刺身は違いますね。お刺身への高感度が上がりました。

また、料理長こだわりの器、川尻一寛氏の白磁も素敵でした。より美味しく見えます。

煮物”冬瓜の肉味噌掛け”

あっさりとした冬瓜、ホタテ、ミニアスパラに、しっかりしたお味の香ばしい肉味噌が良い。

京料理は薄味だけと思われがちですが、京都の冬は厳しく、そのため割と塩分濃いめのお料理も多いそうです。

揚物”丸茄子の宝楽揚”

丸茄子の皮を宝楽=焙烙=器に見立てた見た目にも楽しいお料理。

揚げてありますが、驚くほどサッパリ。巻湯葉がかなり美味しかったです。

しかし丸茄子の肉感、甘み、何故こんなに美味しいでしょう。やはり揚げると最高です。形も好きです。

酢の物”穴子の鬼おろし和え”

こちらは打って変わったサッパリ感。なめ茸、久々に食べました。

食事”昌司郎の新蕎麦”

新蕎麦の季節になりました。

やや細めですが、かなりコシ有り。新蕎麦だけあり香りも楽しめました。

甘味”黒糖焼酎と豆腐のジェラート”

こちらのオリジナル。和風ラムレーズン。

黒糖焼酎もラム酒もサトウキビの糖蜜を原料とした蒸留酒ですが、違いはあります。

黒糖焼酎→発酵に米から作った麹を使用。

ラム酒→糖蜜を酵母で発酵させ、蒸留。

食べた瞬間、焼酎が香り、その後ラムレーズンのような甘味を感じます。美味しいです。

全体的にサッパリとしており、後味爽快です。

美味しく粋で美しい京料理、ごちそうさまでした!

店内はカウンターがメイン。4人がけのテーブル席も1つあります。

料理する様子を目の前で見られるのも楽しいです。

料理長も、和やかな雰囲気でお話しやすいのも良いですね。

場所はコチラ。

“祇をん 八咫”さんに付いて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

あら?こんな所に素敵なお店が “和風料理 おうち”さん/the 28th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、28日目です。

本日は美味しい定食を求めて、以前より気になっていた”和風料理 おうち”さんにお伺いしました。

お店が、見つけにくいです!

当店の近くのセブンイレブンの正面のドトールの右側のビルの入り口の、

奥です。

すると、まさかこんな所に、こんな良い雰囲気のお店が!?

というくらい意外性のあるエントランスが。

お昼の定食は全て1,000円で、サラダバイキング付きでございます。

“サラダバイキング”

テーブルにサラダが並んでいる訳ではなく、大きなお皿に山盛りの野菜が出されます。

シャキシャキとした歯ごたえで、とても新鮮でした。野菜大好き。完食いたしました。

“日替わり(焼きさんま)定食” ¥1,000

サンマ、牛こんにゃく煮、温泉卵、みそ汁、ご飯、漬け物。

この家庭的な組み合わせ、良いです。見た目にも、美味しそうで安心します。

今が旬のサンマ。

焦げ目が食欲をそそります。

皮はパリパリで、身は柔らかい。やっぱり美味しいサンマでした。

“ぶどうのゼリー”

最後は一口デザートで。ありがたいです。

野菜も沢山食べれるヘルシーな定食でした。ごちそうさまでした!

店内は高級感があり、カウンター席もあるので、1人でも安心です。

夜はすっぽん鍋なんかもあるみたいですよ。

詳しくは”おうち”さんのウェブサイト(ぐるなび)をご覧下さい。

お立ちよりの際は是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。

ひょうたん屋 6丁目店|蒸さない鰻が美味しい!/the 27th day

こんにちは、トリプルです。

銀座6丁目の美味しい飲食店を巡る”銀座6丁目美食日記”、27日目です。

残暑が厳しく、バテ気味の本日は、元気を出さねばということで、大好きなウナギです。

松坂屋の裏手にある郵便局の向かいにある“ひょうたん屋 6丁目店”さんにお伺いしました。
ひょうたん屋
可愛い赤いひょうたんマークが目印です。

関東では多くの場合、背開きをして、蒸して焼くところが多いのですが、

“ひょうたん屋”さんのウナギの焼き方は独特で、背開きで、蒸さずに焼きます。

関西風のウナギが好きな私に取っては嬉しい限りです。

焼き場前のカウンターに座ると、ウナギが焼かれていくのを間近で見れるので楽しいです。
ひょうたん屋

本日は、”肝焼き”と”鰻重”をオーダー。

“肝焼き” ¥400

程よい苦みがクセになりそう。

噛むほどに、旨味が染出るような肝焼き。ビールが飲みたくなります。

パワーが付きますね。

“鰻重 竹” ¥2,100

フタを開けた瞬間、香ばしい香り。そして良い焼き色、脂の乗り具合。美味しそう!

そして実際、とても美味。

蒸さないウナギならではのカリッとした表面部分が最高。中は割とフワフワです。

タレも辛口でサラッとしており、非常に食べやすいんです。

いくらでも食べられそうです。

美味しい鰻、ごちそうさまでした!

店内は左側がカウンター、右側がテーブル席です。

鰻を焼く姿カッコ良い。

美味しい鰻、ありがとう。

銀座1丁目にもあるみたいです。

“ひょうたん屋”さんのウェブサイトはございませんので、食べログをご参考にどうぞ。

お立ちよりの際は、是非トリプルにも遊びに寄って下さいませ。