“ROBERT MARC 624” Personal Styles vol.42

こんにちは、トリプルです。

本日も、素敵なお客様にご来店頂きました。ありがとうございます。

ご紹介いたしますサングラスはコチラ。

ROBERT MARC “624” col:167 Limited Color

定番のウェリントンスタイル。

クリア×べっ甲のクールなカラーリングは非常にクラシック感あります。

それでは早速。

Mr.Kimura met “ROBERT MARC 624”

どうでしょう。このスマート感。流石はロバートマーク。

ジャケットやスーツスタイルなどでも、嫌味なく、上品に掛けられる貴重なサングラスです。

さらに、このサングラスには秘密が、

只のクリアカラーのサングラスではありません。

こちらが普通のクリア。

こちらが167カラー。

ロバートマークの方が一目瞭然で黄色っぽいですよね。

これは、ヴィンテージのプラスチック(アセテート)生地を使用しているためなのです。

高級感が出て、さらに、クラシック感はさらなる高みへ到達いたします。

限定カラーというのも納得です。

続いて全身。

オシャレ!

クツ、メガネ、ベルトはブラウン系で統一。

パンツのカラーリングも絶妙です。

サービスショットも頂きました。

花を愛でる人は素敵です。様になっているのが素晴しい。

Kimura様、ご協力頂きまして誠にありがとうございます。

また遊びに寄って下さいね。

ROBERT MARC “624” col:167、在庫1本のみです。気になる方はお早めに。

ROBERT MARC-ロバートマークのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

ヴィラモウラ|ポルトガル小旅行/the 7th day

2016年6月追記)外の”イワシ祭り”のポスターに惹かれて日曜日にランチ訪問。16時まで営業しており助かります。

本日は”ポルトガルランチ ポルトガルチキン” ¥1,340、”イワシのオーブン焼き” ¥500をお願いしました。

まずは”グリーンピースの冷製スープ”から。
vila1
グリーンピースあまり好きではないのですが、これはクセがなく美味しい。

“サラダ”
vila2
オリーブ、ゆで卵、トマトなどが入っていますが、カニカマが入っているのが何だかとても嬉しくなりました。 量も多めでありがたいです。

“イワシのオーブン焼き”
vila3
鉄皿にのってピチピチと元気に跳ねています。ちなみにピチピチはイワシではなくてオイルの音です。上にはパクチーが振りかけられており、ニンニクが仄かに香るオリーブオイルでこんがりと。 レモンを軽く絞って、オイルもたっぷり掛けていただきます。 小骨まで柔らかく問題なく食べられ、思いきりのよいイワシ味で美味しい!

サイズも大きく、これで¥500はお得。 スタッフの方から「残ったオイルを”バゲット”に付けて食べると美味しいですよ」とアドバイスがあったのでそのように。 イワシ出汁がしっかり染み渡っており、少しオイリーさは気になりますが、奥行きのあるお味。美味。

“ポルトガルチキン”
vila4
ココナッツやパプリカを使ったカレー味の煮込み。 ボリュームたっぷり!鶏肉は大きいですが、とてもしっとりと柔らかく煮込まれており美味。付け合せはポテト、ズッキーニ、パプリカの焼き野菜。お腹はいっぱいなのですが、メニューを見て惹かれたデザートを追加。別腹枠です。

“ポルトガルプリン” ¥300
vila7
普通のプリンより芯のあるソフトさ。 しっかりとした味で、苦みの強いカラメルとのバランスも素敵。これは美味しいプリンです!質感の秘密は練乳が入っているからだそうです。これはマストなデザートですね。

最後は美味しい”コーヒー”で。前から美味しいお店だとは思っていたのですが、久々に来てみたら予想以上に美味しく、野菜も沢山食べられて大満足でした!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2012年4月記載

銀座6丁目の美味しい食べ物屋さんを紹介する”銀座6丁目美食日記”、7日目です。 本日は、みゆき通り沿い、泰明小学校の向かい側にある”ヴィラモウラ”さんにお伺いしました。 こちらのビルの地下1階です。お隣のイッタラのお店も目印になります。
ヴィラモウラ
入り口からは想像できないほど広い店内に驚きます。

白い空間に、
vilamoura4

赤い空間。
vilamoura5 
その他、個室もいくつかあり、約100席の寛ぎ空間です。

料理は、3種類のメインメニューから選べるポルトガルランチをオーダーしました。

“具だくさんのポルトガルサラダ”
vilamoura1 
周囲が海に囲まれているポルトガル料理には魚介類がふんだんに使われています。 オリーブオイルを沢山使用するのも特徴みたいですね。 さっぱりとして美味しいサラダでした。

続いてこちらのお店の名物、メインの”カタプラーナ”はカタプラーナという可愛らしい円盤形のお鍋↓を使った蒸し料理です。
ヴィラモウラ

“魚介のカタプラーナ”
vilamoura2 
エビ、ワタリガニ、イカ、タコ、ムール貝、アサリなど、海の幸いっぱいで、 見ているだけでも賑やかで楽しい気分になります。 素材の旨味が詰まった蒸し料理、好きです。何にも付けなくても食べられますね。 ニンニクの香りが、ほのかに感じられるトマト風味のソースも、優しいお味で美味しいのですよ。 素敵な料理です。 大勢でカタプラーナ鍋を囲んで食べるといいなぁ、と想像してしまいます。

そして、カタプラーナのスープを利用したリゾット。

これ大好きです。 アサリのエキスや、魚介類のダシがたっぷり入ったスープと、少し芯の残るご飯。 これだけで十分。美味しいです!

最後にデザート、 “アローシュドゥースとバナナのケーキ”
vilamoura6 
アローシュドゥースとはお米入りのミルクプリンで、伝統的なポルトガルスイーツみたいです。 米は主食という日本人的にはとても斬新な発想です。コロコロしたお米がいっぱい入っています。言われないとお米とわからないかもしれませんね。 これ、意外と病みつきになるかもしれません。 と、気持ち的にもお腹的にも大満足なポルトガルランチでした。ごちそうさまでした!!

料理する方の動きがよく見えるオープンキッチンも、活気が出て良いですね。
vilamoura7

ポルトガルワインや調味料なども販売していおり、お土産にもよさそうです。 vilamoura8 
“VILA MOURA-ヴィラモウラ”さんのウェブサイトはコチラです。 ちなみに店名の”VILA MOURA”はポルトガル南部の地中海に面したリゾート地です。 確かに、家庭的で、温かくて、居心地良好。素敵な店名です。 ポルトガル気分を味わえるお店で楽しく美しいポルトガル料理、美味しいですよ。

お客様からの嬉しいお話 vol.8

こんにちは、トリプルです。

本日も、お客様から嬉しいお話を頂きました。

「眩しさ」が改善したという例です。

Saito様は日頃から眩しさを感じやすかったそうです。

太陽の光はもちろん眩しいのですが、
太陽

夜の車のヘッドライトの光も、かなり眩しく感じるのです。
夜眩しい

当店でお作りさせて頂いたメガネを掛けて外へ出て頂くと、

「普通に上を見れますね。不思議です。」

とのお言葉。

これまでのメガネでは、目を細めないと上を見れなかったんですね。

前回のメガネよりも近視の度数は弱くしたのですが、遠くも近くも見やすくなっていることに

驚いていらっしゃいました。

何度も「不思議です。」と首を傾げていらっしゃたのが印象的でした。

パソコンのディスプレイも、眩しさが抑えられ見やすいとのこと。
パソコン
日々のパソコン作業も快適になりますね。

「これまで、フレームのデザインは注目していたんですが、レンズでも違いがあるんですね。」

そうなんです。

レンズというか、度数の設定の仕方で、変わるんです。

単純に見え方というだけでなく、眩しさや疲れにくさが全然違ってきます。

目のことについては、科学的にわからないことが沢山あります。

毎日”不思議”と戦いながら、時には協調しながら検眼しております。

ちなみにお選び頂いたメガネは、

JACQUES DURAND “511 HOAPINS” col:011 Black

トリプルの高機能検眼について詳しくはコチラをご覧下さい。

Saito様ご協力頂きましてありがとうございます。またお気軽に遊びに寄って下さいね。

ついでにJACQUES DURAND情報。坂本龍一氏が愛用のメガネです。

以下の2カラーが現在、在庫ございます。

JACQUES DURAND “506 PAQUES” col:002 Matte Black

ツヤ消しの黒。

JACQUES DURAND “506 PAQUES” col:002 Black

ツヤ有りの黒。

JAQUES DURAND-ジャックデュランのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。