てんぷら 近藤|銀座で食す絶品野菜天ぷら/the 406th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」406日目、本日は天ぷらです。ミシュラン2つ星、世界で最も有名な天ぷら店と言っても過言ではない1991年創業の銀座の名店「てんぷら 近藤」にお伺いいたしました。

場所は銀座5丁目、並木通り沿い、坂口ビルの9階です。

和食の「小熊」、フレンチの「トトキ」が入っているビルです。

のれんの字は作家の池波正太郎氏によるものだそうです。

ランチは¥6,500からありますが、本日は・椿コース ¥8,500(w/o tax)をお願いしました。

先付けは・もずく酢

のどごし良く酸味がさわやかです。続いて天ぷらがスタート。近藤大将が手際良く天ぷらを揚げていく様子を見ているのも楽しいです。

・クルマエビ × 2、アスパラガス

プリプリで甘くて美味しいクルマエビです。近藤さんの定番といえるアスパラガス、本日はメキシコ産、日本のものに比べると味が弱いですが十分美味しいです。

・ユリ根(追加)

やや大ぶりでホクホク感が凄いです。近藤さんの天ぷらは噛んだ瞬間にフワッと蒸気が揚がるのも特徴です。この時期の絶佳。

・ハス、キス、ばってん茄子、つぼみ菜

ばってん茄子は熊本の小ナス、小さいですが糖度が高くてとても甘いです。「天ぷらは蒸し物」と言う近藤大将、薄い衣に凝縮された旨みと甘みが素晴らしいです。厚みのあるキスは江戸前、初めていただくつぼみ菜は爽やかな食感と味ですが、ほのかな渋味が心地良し。

・カワハギ

中央に肝をはさみます。しっとりとした白身、トロトロの肝が甘さ十二分で絶品です。

・シラウオ、小タマネギ、アナゴ、そら豆(追加)

シラウオは宍道湖、走りのそら豆は鹿児島県指宿(いぶすき)産。アナゴは江戸前です。

・ニンジン(追加)

30分以上かけて揚げる極厚「さつまいもの天ぷら」と並ぶ名物が「にんじん」、桂剥きを細切りにしたニンジンが一瞬でこの形に、高い技術を感じさせる逸品はもはや芸術。体に優しい激旨スナックです。

最後のお楽しみは・かき揚げ丼(天茶も選択可能)、赤だし、お新香

ごく上品の天たれ、プリプリの小エビと貝柱のバランスが最高です。美味。

デザートは・マンゴー

季節外れのようにも思えますが、水々しくて美味しいマンゴーでした。

もともと魚が中心だった江戸前天ぷらに大胆に野菜を取り入れたのが近藤大将。それだけに魚介はもちろんですが、種類豊富で甘みたっぷりの野菜が「てんぷら 近藤」の魅力です。食後、大将に聞かせていただいた素材や料理などに対するこだわりも印象的でした。惚れますね(小さい声で早口でお話しされるので、半分しか聞き取れませんでしたが。。。!)

ランチは2回転で12時or13時30分スタート、ゆっくり食べたいなら2巡目、またカウンターは2つありますので、近藤大将に天ぷらを揚げてもらいたい場合は予約時に指定するのがお勧めです。美味しい天ぷら、ありがとうございます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「てんぷら 近藤」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

すし 晴海|元旦の銀座で緻密なお鮨に舌鼓/the 402th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」402日目、本日はお正月には食べたくなるお寿司です。元旦はほとんどの店がお休業ですが、探してみると特別営業されているお店もございます。銀座の有名和食店「銀座 小十」が経営する鮨店「すし 晴海」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、晴海通り沿い、クラブが沢山入っているソワレド銀座弥生ビルの4階。

門松が正月気分を盛り上げます。本日は・お正月おまかせコース ¥18,000(サ別10%, w/o tax)を予約してお伺いいたしました。 L字型カウンター10席のみの店内、ほどほど年数が経っていますので、落ち着いた空気流れています。

まずは正月らしい前菜3種・カズノコ、紅白ナマスとあんぽ柿、あん肝から。

久々にカズノコいただきました。ポリポリ食感で美味しいです。

・サワラの味噌幽庵焼き

脂も乗ってふっくら仕上げ、この時期間違いのない一品。

続いて握りですが、ご飯がけっこう個性的です。タネに合わせて赤酢を使った赤シャリ、米酢を使った白のシャリを使い分けるお店はありますが、その後、冷ます時間をあまり置かず、お櫃の中で湯煎しながら高い温度をキープしながら握っていきます。

・ヒラメ、アオリイカ、シマアジ、赤身

米の粘りが少ないため、食べてみると口の中ですぐにほどけてバラバラになるのが面白いです。温度高め、酢を強めに効かせているため香りが立ちますが、食べた時には酢のとんがった部分を感じにくくなっています。旬のヒラメ、マグロはもちろん、時期外れのアオリイカのねっとりした食感、シマアジも程よく脂が乗って美味しいです。 

・中トロ、大トロ、サワラ漬け、クルマエビ

マグロ、サワラ、クルマエビはまろやかな赤シャリで。大トロには隠し包丁が施されており食べやすくなっています。

・だし巻き玉子

和食の「小十」系ですので卵焼きは鮨店のものではなく和食店の甘くない玉子焼きです。シンプルな料理ですが、家庭ではできない綺麗さです。

・尾崎牛ロース、煮ハマグリ、バフンウニ軍艦、アナゴ 

尾崎牛は正月スペシャル、たまにはこういう変化球も楽しい。お隣にいらっしゃった外国のお客様は大喜びでした。元旦ですのでウニも沢山乗せていただけました。

〆のお椀も豪華に・蟹しんじょの椀

カツオのしっかり効いたお出汁が美味しいです。

デザートは・イチゴのゼリー寄せ アングレーズソース

とちおとめ、あまおうの2種を使用した贅沢版。甘さ控えめで美味しいです。

誠実で温かみのある大将もとてもお話しやすい方、とても楽しい正月ディナーでした。通常は¥10,000(サ別10%, w/o tax)と銀座の鮨店としては優しい価格なので、またお伺いしてみようと思います。ごちそうさまでした!

「すし晴海」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

串処 最上|変わり種も美味しい串揚げランチ/the 317th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」317日目です。本日は初の串揚げです。銀座7丁目、西五番街通りの延長上にある串揚げ店「串処 最上」さんにランチ訪問いたしました。大阪ミナミ発のお店だそうです。

数年前から気になってはいたのですが、外から中が見えずなかなか入りにくい雰囲気なのです。。。今日は思い切って入店です!

入って手前がカウンター、奥がテーブル席。

落ち着いた静かな空間は、ゆっくりしっとりとした時間が流れていました。スタッフの方の感じも良く安心です。

ランチコースは串揚げ10本 ¥3,780、15本 ¥5,400の2種類。お腹の様子を見て15本にもできますよとのことで、とりあえず10本コースでお願いしました。

まずは口直しの・生野菜

定番のキャベツ、人参、グラスに活けられたネギがユニーク。 ただネギは食べ過ぎるとお口がネギになってしまうので、注意が必要です。

薬味は塩、ソース、胡麻だれ、ポン酢醤油の4種類、オーナーが山形出身だそうで、お皿も山形名産の将棋駒型。そういえばエントランスも駒モチーフの装飾、店名も山形を流れる最上川からなんですね。串はこちらから。

・クルマエビ、稚鮎

天ぷら同様、やはり最初はクルマエビ、足や尻尾も美味しく良い印象です。

・新玉ねぎ、和牛ヒレ、ゴボウの穴子巻き、オクラ

・トウモロコシ、ナス、砂肝、貝柱

旨味たっぷりの和牛ヒレ、甘いトウモロコシが特に気に入りました。 砂肝はあまり得意ではないのですが、コリコリ食感で美味しいです。 非常にテンポ良く提供してくれるのですが、熱々串揚げは止まることなく胃袋に収まっていきます。 まだまだ食べられますので、15本に変更です。

・スモークサーモン

燻製香もしっかりとあり美味です。

・マッシュルーム アンチョビソース、モッツァレラチーズとトマトの生ハム巻き

イタリアンな変わり種2串。天ぷらと比べてしまいますが、串揚げの方が具材の組み合わせが楽しめ創作性があるようですね。

・マコモダケ、キス

ちょっと早めのマコモダケは小さいながらも柔らかくて美味、紫蘇風味のキスも良い感じです。 最後に提供されるご飯、味噌汁を串揚げ2本に変更可能とのことで、串揚げに変更していただきました。

・豚ヒレ、子持ち昆布

子持ち昆布でのフィニッシュも気分良し。

最後は山形名産・だだちゃ豆のアイスをいただき、さっぱりと。

一般的にラードを使用するお店が多いそうですが、こちらは紅花油100%。油による味がどう変わるのかはよくわかりませんが、こだわりは大事。久々の串揚げを満喫いたしました。 土日もランチ営業しており、しかも場所柄、それほど混み合うことがなさそうで、色々使い勝手のようさそうなお店です。

夜は最大36本コースまであるようですが、そんなに食べられそうにありません。。。 お土産に山形の民芸品「御殿まり」もいただき、ありがとうございます。 ランチで十分満足できそうなので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「串処 最上」さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。