蕎麦 流石|東銀座で蕎麦づくし/the 114th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、115日目です。本日は、たまに無性に食べたくなるお蕎麦です。“蕎麦 流石”さんにお伺いしました。

場所は銀座2丁目、東二ビルの2階。東銀座駅から徒歩5分程度の落ち着いた(わかりにくい)場所にございます。1階は“ピッツェリア イルビアンコ”さんです。

イタリアンを目印にした方がわかりやすいでしょうか。メニュー表が外に出ておりますよ。

1,050円から蕎麦は頼みますが、本日の蕎麦を堪能したいということで“そばづくし”¥4,200を注文いたしました。

 “タコ、菜の花、卯の花、そば味噌”

素材を生かした自然なお味の前菜が期待をもたせます。そして日本酒の誘うそばの実たっぷりのそば味噌が美味しいです。料理の合間にチビチビいけるのが良いです。

“温かいおそば”

こちらのお蕎麦は、全て十割(じゅうわり)そば、そして細いです。のどごしがよく、蕎麦同様にあっさりとしたお汁がとても美味しいです。温かいおそばは特に伸びやすいので、素早くいただきましょう。

“そばがき”

そば粉の味のみですので、濃厚な溜まり醤油とワサビでいただきます。お餅のように粘りがありフワフワです。素朴ですが、風味がとても豊かです。やはり日本酒ですね。飲める体でお伺いした方が楽しめそうです。

“蕎麦サラダ”

茹でたての十割そばと新鮮な野菜に、ごまドレッシングがからみます。清涼感のある引き締まったお味です。お蕎麦とシャキシャキした食感の掛け合いもよいようです。温かいそばとサラダは埼玉県産のそば粉を使用しているそうです。次が最後のそば料理です。

“ひやかけそば”

こちらの名物だそうです。最初はそのまま、途中から梅おろしを入れていただきます。こちらは群馬県産のそば粉使用。細いですが十分なコシ。さらに、おそらく冷たいお汁の効果で喉越しは一際滑らかです。小気味良い薄味で、十分楽しめるお料理でした。

そば湯が無かったのが残念。美味しい蕎麦づくし、ごちそうさまでした。

テーブル席、カウンター、半個室がございます。上品で清潔感があり、女性一人でも立ち寄りやすい雰囲気です。

“蕎麦 流石”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです。

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

銀座 とよだ|魚と野菜だけ。優しい割烹/the 112th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、112日目です。本日は体にも良い割烹和食です。

銀座7丁目、ラヴィアーレ銀座ビル2階の”銀座 とよだ”さんにお伺いしました。ルイ・ヴィトンの向かいでございます。
 
目立つ看板などは特に出ておりませんのでお気をつけ下さい。

店内は品の良いカウンターに4人掛けのテーブルが4卓。落ち着いております。ランチは¥5,250からございますが、本日は7,350円(サ別10%)のコースを注文いたしました。まずはコチラから。

突出し “牡蠣、菜の花、タマネギのあんかけ”

まだまだ寒いですが、春の訪れを感じる菜の花の冴えたグリーンが美しいです。そして美味しいです。トロッとなめらかなタマネギ、軽く揚げてあるのか、歯ごたえの良いカキも絶品です。

“一寸豆(そら豆)のしんじょ”

深く澄んだお汁が絶品。とても丁寧に調理されたことが良くわかる優しいお味です。

刺身 “甘エビ、赤貝、真鯛”

刺身とポン酢でいただきます。赤貝がとても美味しいです!下にヒモもおります。新鮮な赤貝ならではの食感がたまりません。素敵です。

“メダイの焼き物”

メダイ焼いた後にニンジンなどの野菜を包んでさらに焼いてあるようです。付け合わせはホワイトアスパラでしょうか。加減が絶妙でございます。

“京菊菜、聖護院(しょうごいん)カブの炊き合わせ”

こういったシンプルなお料理が良い。絶対に家では真似のできない透明感のある出汁がとても美味しいです。色合いも美しく、目にも楽しいようです。

“ひじきの炊き込み御飯”

お釜で炊いていただけます。具沢山です。1人でお伺いしましたが、2人分でしか作れないとのことで、お茶碗3杯ほどいただき、すこぶる満足感です。豆腐の赤出し付きです。

“黒糖まんじゅう”

中はこしあん。自家製で出来立てホカホカで提供されます。全てにおいて食材に対する愛情が感じられる優しく礼儀正しいお料理でした。肉料理が一切なく内容もとてもヘルシーです。芯まで温まりました。ごちそうさまでした。

“銀座 とよだ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。

三亀|丁寧な仕事感じる良和食/the 102th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、102日目です。本日は割烹・日本料理店“三亀-さんかめ”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、当店の1本裏側の通りです。慎ましやかな佇まいでございます。
三亀さん夜の外観

ランチは刺身、煮物、焼き物の中から選択。一品は¥1,300、二品は¥1,950、三品は¥2,600です。他おまかせ料理¥8,500がございます。せっかくなので三品注文いたしました。

刺身 “メジマグロ”
メジマグロの刺身
何かと物議を醸すメジマグロ。個人的にはさっぱりしており大人マグロより好きです。しかし切り口が美しい。そして美味しい!トロリとした舌触りが良く、深い味わいです。

焼き物 “さんま”
さんまの塩焼き
小振りのサンマでした。品の良い塩加減です。焼き具合が絶妙。

煮物 “里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮”
里芋の椎茸と湯葉あんかけ煮
こちらも絶品。シコシコとした歯ごたえの湯葉が素敵です。シンプルなようでいて、ちょっと他では食べられないような幸せな深さのあるお味です。

他ひじきの煮物、豆富となめこの味噌汁、お新香付き。ご飯はお代わり自由です。
三品定食
脇役達も良い働きです。

デザート “みかん”
デザートのみかん
甘くて美味しいです。

体にも優しい、仕事の丁寧さの分かるお料理、貴重です。ちなみに渡部淳一氏の小説「失楽園」に登場することでも有名です。ごちそうさまでした。

店内はカウンターに4人がけのテーブルが4卓、奥に座敷もあるようです。
落ち着いたカウンター

“三亀”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
亀グッズ

閉店)菊川|路地裏の素敵な割烹/the 99th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、98日目です。本日は会席(懐石)料理の“菊川”さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、当店の裏の路地の一軒家。何とも素敵な店構えでございます。
kiku1   

こちらを注文しました。

“いくら丼(期間限定)” ¥1.365
kiku2
kiku3
イクラの上の青紫蘇と、下の香ばしい白ゴマ、そしてご飯が凄く良いです。特にゴマの頑張りには驚きました。イクラは岩手県産。イクラだけ主張するのではなく、全体としてバランスがとれており、とても美味しいです。

kiku4
卯の花、お新香、お味噌汁、果物付きです。イクラの量もこれくらいが丁度良いです。ごちそうさまでした。

回りを見回すと多くの方が、召し上がっている献立がございました。気になったため後日お伺いいたしました。

“おまかせ御膳” ¥1,575
kiku5
鯛、ブリのお刺身、焼き鮭、豆富、里芋に煮付け、卵焼き、茶碗蒸し、羊羹などなど。10品目以上で、彩りも豊か。体にも良いです。

kiku6
どのお料理も安心の優しい味付けです。ブリのお刺身が美味しいです。この内容で、この価格は確かにお得。人気も頷けます。しかし、イクラ丼が今一度食べてたいですが、来秋を待つことになりそうです。ごちそうさまでした。

kiku7
カウンターがありますので、お一人様も安心。2階に個室もございます。夜はフグやスッポンもいただけます。

“菊川”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。