銀座 天麩羅 おばた|色んなものを少しづつ、楽しく嬉しい天ぷら店/the 427th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」427日目、本日は天ぷらです。「天麩羅 おばた」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋橋通り沿い、東建ビルの地下1階です。

ビルの左側が地下への入り口です。入って奥が「天婦羅おばた」、手前が当ブログでもご紹介させていただいた寿司店「銀座 凛 にしむら」です。

お隣同様、カウンター5席のとてもコンパクトな店内、4名で貸切も可能です。

現在ランチは¥8,000、¥10,000の2種、本日は・おまかせ天ぷらコース ¥10,000(w/o tax)をお願いしました。

最初に本日いただく食材を見せていただけます。

どれも美味しそうですが、野菜もいっぱいで嬉しくなります。

こちらは琵琶湖からやってきた稚鮎です。

元気すぎて飛び出すハプニングがありましたが、尾畑大将が優しくナイスキャッチ。

天ぷらの前に小さい小鉢がなんと8品。「天ぷらの前にお腹いっぱいになっちゃうよ」というクレームも納得です。

・茶碗蒸し、生ハムサラダ、マグロ刺身、おかひじき、トリガイと水ナス

茶碗蒸しはほんのりトリュフの香り、サラダのナッツドレッシングも美味しいです。

・お新香とほうれん草、トマト、オクラ

彩や盛り付けも繊細でとても美しいです。それもそのはず尾畑大将は山の上ホテルなどで和食経験20年以上のベテラン。色々なものを少しづつ食べてもらいたいそうです。続いて天ぷらがスタート。

・エビ足とそら豆、金針菜、コシアブラ、ゴマ豆腐

エビ足に添えられている黄色いものはカラスミ塩。油は太白ごま油、太香ごま油にアメリカのものを少しブレンドして使用。香りも強くなく、綺麗な薄衣で重たさは全く無し。沢山種類が出ました。

・車エビ

車エビは一般的なものよりやや大振り、プリプリで食べ応えもあります。

・島らっきょう、黒皮南京、アスパラガス、ブラウンマッシュルーム、花ズッキーニ

島らっきょうは香り良くシャキシャキで暑い日に最高、コリコリで甘みの強い黒皮南京も印象的。

・稚鮎

先ほどまで元気に泳いでいた稚鮎、小さいですがしっかりと苦味があります。

・焼タチウオ

ここでちょっと変化球。これからの時期、脂が乗って美味しいタチウオです。

・メヒカリ、ヒメコダイ

どちらも一夜干し、特にメヒカリが激甘ジューシーで絶品でした。

・メゴチ、ホタテ、ハモと赤ナス海苔餡、アマダイ

江戸前天ぷらでは主役級のメゴチもこの時期、ふっくらで美味しい。ホタテも甘みが強く、アマダイはサクサクの鱗がたまりません。天ぷらもただ揚げて出すばかりではなく、タネによっては一手間を加えていただけるのが嬉しいです。

・ノドグロ、じゅんさい、ウニ、新タマネギのかき揚げ

大きめカットのノドグロも脂は乗っていますがクドさはなく美味。その後にさっぱりしたジュンサイを出してくれる心遣いも嬉しいです。筋斗雲のような形の新タマネギもサクサクで甘いスナック感覚。

・アナゴ

アナゴはワサビと醤油塩で。こちらもふっくらした仕上がりで美味しいです。

・エビかき揚げ天丼

締めのエビ天丼はまだまだいけそうなお腹を考慮していただき、ウニイクラ乗せのダブル仕様!1つは天丼で、1つはお出汁を掛けて天茶でいただきました。

最後は・リンゴとマンゴーのヨーグルトまでしっかりいただきました。

天ぷら23種、天ぷら以外11種の合計34種と段違いの品数数。これだけの種類をこの価格でいただけたら満足感は十分です。

天ぷら店としては料理の幅が広いのは、尾畑大将が和食店の経験がとても長いからということと、少しずつ色々なものを沢山食べていただきたいという心意気でしょうか。物腰も柔らかく、お話もお上手なので、1人でもリラックスして楽しく食事がいただけることは間違い無し。銀座としては良心的過ぎるお店です。 是非季節ごとにお伺いしてみたい素敵な天ぷら店でした。ごちそうさまでした!

「天婦羅 おばた」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。