尹家 ユンケ 銀座|韓国料理の新世界/the 415th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」415日目、本日は韓国料理、2014年からミシュランガイド2つ星を獲得している韓国料理店「尹家 ユンケ 銀座」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、昭和通り近く。

1階に高級牛丼店「牛椀紀尾井坂」が入っているビルの1階。エレベーターを2階で降りると、すぐにシックで高級感溢れる店内、半個室と個室のみで他席の様子は全くわからないプライベート空間です。

本日は一番リーズナブルな・ランチコース ¥7,800(サ別10%)を予約してお願いいたしました。まずはこちらから。

・韓国産 黒米の食前粥

お餅も入って見た目はお汁粉。お米の甘さのみでほぼ無味ですが、不思議と美味しい。ウグイスきな粉、玄米、紅花で彩り。胃を保護する優しい一品です。

・海鮮チヂミ

メインの具材はほうれん草とイカ。スナック感覚で玉ねぎのソースもなかなか。一般的な韓国料理店で食べるものより具沢山で厚みもあり、お味も上品。上質感ありますね。

・宮廷チャプチェ

赤、緑、橙、黄、紫と色合いもとても綺麗です。お味はシンプルにゴマ油。もちもち食感の韓国春雨 が美味しいです。

・宮廷プルコギ

タレに漬け込み数日熟成された旨味のある牛肉をエゴマとサンチュに包んでいただきます。定番韓国料理ですが、こちらも一段上の美味しさ。

辛さ控えめのコチュジャンもとても良い。

お口直しは乳酸ピチピチの大根の水キムチでした。

ご飯は辛口ユッケジャンも選べましたが、・若どりのサムゲタンを選択。

崩した鶏肉に栗、ナツメ、生姜などの入った寒い日に嬉しい薬膳粥。味はごく薄めですが、滋味溢れるお味で美味しいです。

ご飯のお供は・豚バラと大根、菜の花、ドラジ(桔梗根)、エホバク(韓国ズッキーニ)、桑の葉、ゼンマイのナムル

初めて食べる食材も沢山。

コースの中で唯一味が強いのが・大根、白菜キムチ

確かに辛いのですが、すっと消えていく綺麗な辛さです。

・韓国伝統デザート4種 ペクソルギ(米粉餅)、百年草の実のソンピョン(松餅)、干し柿のクルミ包み、金柑正果

どれも初めて食べるものでしたが、お隣の国だけあり日本人に馴染みやすいお味でした。

最後はコーヒーのような・桑の葉茶をいただきゆっくりさせていただきました。

韓国料理のコースは初めていただくので少しドキドキしましたが、こちらのコースは定番の韓国料理を一段アップグレード、そして洗練させたもの。旨い!というよりも雑味がなく体に優しいお味。奇を衒ったもの、がつんとくる辛さのものは1つもなく、どれも素直に美味しいと思えるものです。初体験の料理、高級感のある店内、韓国の器、調度品なども含めとても楽しいお店でした。

また、個室に飾られていた絵画も素敵でした。

おそらく玄琴(韓国)、二胡(中国)、三味線(日本)を弾く伝統衣装を着た女性の周りを三国の小人が楽し気に踊っているもの。仲良しって良いですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「尹家 銀座 」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ビアー トゥー ゴー by スプリングバレーブリュワリー|ソニーパークからビールで銀ブラ/the 379th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」379日目、本日は8月9日にソニービル跡地にオープンしたソニーパーク内のビアバー「ビアー トゥー ゴー by スプリングバレーブリュワリー」にお伺いしました。

ソニーパークは銀座5丁目、数寄屋橋通りにある新ランドマーク。今まで見えなかったメゾンエルメス銀座までの抜けが気持ち良い。

木のような植物が沢山生えていますが、全て購入可能な買える公園です。オリンピックに向けて新しいビルが次々と建設されていますが、ソニーは「建てない」という選択。

地下2階はローラースケート場。後ろに見えるのはソニービルの上に付いていたネオン看板ではないでしょうか。

何故ローラースケート?理由は1979年に発売された初代ウォークマンのパッケージが、音楽を聴きながら公園でローラースケートを楽しむ男女2人だったからだそうです。

地下1階には藤原ヒロシ氏が手がけるコンビニ「THE CONVENI」。

地下3階には「トラヤカフェ あんペースト直売所」など話題のお店が色々と入っています。

壁面は基本的にコンクリート打ちっ放し。ソニービル時代のタイルなどがそのまま使われていたりして楽しいです。

歴史を重ねたものは、それだけで独特の美しさがあります。

地下4階にあるスプリングバレーブルワリーはキリンビールが経営するオリジナルのクラフトビール専門店。

店内奥にはドラムセットが設置されており、ライブなども行われているようです。

ランチはデリやバーガーとビール(コーヒー、ティーも選択可能)を組み合わせたお得なセットもございます。 先にカウンターでオーダー。

「TO GO=お持ち帰り」と店名に付いているようにビールのみのテイクアウト可能。カップも歩きながらビールが美味しく飲めるように新開発したものだそうです。

本日は・B.T.G.バーガーセット with クラフトビール ¥1,600、ビールは温度帯の違う6種類から選択可能。しっかりと味わえる10-12℃の・496 をお願いしました。 待つこと7分ほどで出来上がり。

コールスロー、ピクルス付き。

ハンバーガーはビーフ100%のパティ、トマト、レタス、チーズにバーベキューソースという王道スタイル。

パティも厚くなくさっぱり、バンズも柔らかで上品な仕上がりです。

初めて飲むスプリングバレーブルワリーのビール「496」。

しっかりとしたコクがありますが、キレもあり、最後は心地よい苦味で〆る美味しいビールでした。 直営店だけあり、美味しいビールが銀座としては低価格でいただけるので、仕事後に軽く1杯なんて使い方も有りですね。

コーヒーではなくビールを飲みながら銀ブラする光景が増えそうです。お洒落な空間なので、夜の方が雰囲気もより良くなり楽しそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「スプリングバレーブリュワリー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ルークスロブスター, 銀座つぼやきいも|甘さが際立つエビとイモ /the 373th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」373日目、本日は最近銀座にオープンしたファストフード店2店をご紹介いたします。まずはニューヨーク・マンハッタン発のロブスターロール専門店「ルークスロブスター 銀座店」。

場所は銀座3丁目、中央通りから2本西側の通り沿い、7月4日にオープンしました。

注文は外のテイクアウトコーナーのような窓口にて行います。雨の日は大変なので店内でもオーダーできると良いですね。

明るい店内、奥にはテーブル席3卓、壁際にも小さな丸テーブルと簡単なベンチが設置されています。

ロブスターや海にまつわる装飾で賑やかな雰囲気です。

ロブスターロールが名物のようですが、本日は・ロブスターグリルドチーズ ¥1,380 +スープセット ¥500(w/o tax)をお願いしました。

スープは2種類から・ロブスタービスクを選択。量がたっぷり、やや素材感も残して濃厚な仕上がり、ロブスターの身も少しですが、しっかり入っています。NYっぽい大味さがとても良いです。こちらにドリンクが付きます。

こんがりトーストにぎっしりのロブスターとグリエールチーズ、3つの素材の香りとビジュアルでもう美味しい。

ロブスターのプリプリ食感と甘み、グリエールチーズのコク、サクサクトーストの組み合わせで、お味は間違いなし。とろけるチーズって大人になっても幸せです。 そして通常ハサむ側のロブスターがハサまれているという現実にも感慨無量。ボリュームもかなりしっかりあり、お腹も満たされました!

お店のスタッフさんも皆様明るく溌剌としていて気持ちが良く、エビ好きにはたまらないお店ですね。人気が出るのも納得です!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ルークスロブスター」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

続いて2018年6月1日にオープンした焼き芋店「つぼやきいも銀座」。

場所は銀座7丁目、中央通りから2本西側の通り沿いと奇遇にも「ルークス ロブスター」と同じです。

お店の中には四つのツボ。店名の通り、昔ながらのつぼ焼きスタイルです。

常滑焼きのつぼ焼き芋専用つぼだそうです。

ツボの中のいも。ツボの底には炭。熟成させることで甘みを引き出した鹿児島産の「紅はるか」を使用しています。

お行儀よく並ぶ姿が健気で可愛いです。

サイズは「まるごと」「はんぶん」「ちいさいの」の3種類から選べるのが嬉しいです。本日は食後デザートに最適な・つぼやきいも はんぶん ¥378 をお願いしました。3人が座れるベンチがあるので、そちらで出来立てをいただきました。セルフですがお水や温かいお茶、お手拭きが置いてあるのが優しいです。

焼きたてのおいも。

熱々でハフハフしながら一口食べてみてびっくり、家で食べていたら「あまーい!!」と叫ばないまでも、口に出していたかもしれません。すこぶるあまさ!

β-アミラーゼという消化酵素が、加熱されることにより糊化したデンプンに作用して麦芽糖という甘味成分を生成するベスト温度65度前後で90分加熱するそうです。ツボパワー恐るべし。 身はホクホクのトロトロ、皮もパリパリで大変美味しくいただきました。

暑いので焼き芋はちょっとという方にも安心。アイスやきいももございます。サイズは同様に3種類から選択可能です。

・アイスやきいも はんぶん ¥378

ホクホクのつぼやきいもを業務用冷蔵庫で瞬間冷凍して作るそうで、家庭では真似できなアイスやきいもです。ありそうでなかった新感覚の芋アイス。こちらも美味しいです。

個人的には甘さが際立つシンプルな「つぼやきいも」が好みでした。つぼやきいもは間違いなくスイーツです。お店の思う壺。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「つぼやきいも 銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

パッケージも可愛いので意外性のある贈答品にも最適です。

パクチージョーズ、神乃珈琲|パクチーとコーヒーと/the 339th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」339日目です。

銀座5丁目、みゆき通りを挟んだギンザシックスの向かいにビューティー&ヘルスがコンセプトの新商業施設「BINO GINZA-ビーノ銀座」が12月7日にオープンしました。

レストラン2店が同時オープンしたので早速お伺いいたしました。

まずは2階にオープンしたのが「神乃珈琲 銀座店」さん。

重厚感のあるとりどりの椅子が目を引くウッディーで落ち着いた店内。物凄く広いなーと思ったのは鏡の効果、座面の広いふかふかの椅子は気持ちの良い座り心地です。

食事メニューはサンドイッチとパスタ。

本日は・カラスミと北海道噴火湾産タラコの和風ソース ¥1,200(w/o tax)をお願いしました。

タリオリーニの生パスタはもちもち食感。 カラスミ感は控えめなものの、まったりとした質感のタラコはほんのり刺激的で美味しいパスタでした。

せっかくなのでデザートもお願いしました。

・那須御養卵の和三盆プリン ¥600

本体、カラメル共に和三盆糖を贅沢に使用した弾性たっぷりのぽってり蒸しプリン。 少し甘みが強すぎる気がしましたが、こちらも美味しくいただきました。

・月煎 TSUKI-IRI 和三盆糖付 ¥950

希少性が高いエルサルバドル産ティピカ種使用とのこと。熱々でびっくりしましたが、サイフォンで淹れてくださっているんですね。まだオープン3日目でしたので、今後の向上が期待できそうです。

サービスは丁寧で、雰囲気も良いので、銀座の中心でゆっくりするには素敵な空間です。慢性的にカフェ、喫茶店不足の銀座ですので、新しいお店ができるのは嬉しいですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いて3階にオープンしたのが「パクチージョーズ」さん。

その名の通りパクチーがメイン食材のレストランです。

広々として清潔感と温かみのある店内、椅子の座面はパクチー色です。

ランチメニューはチャーハン、パスタ、ガパクライス、グリーンカレー、ハンバーグなど種類豊富です。本日はお勧めの・サクサク パク淋鶏 ¥1,000をお願いしました。

まずはシンプル・サラダ、パクチーは入っておりません。。。

続いてメインの・サクサク パク淋鶏

パクチーに包まれた油淋鶏がパク淋鶏。パクチーの香りはそこまで強くありません。 定番の甘めタレにサクサクの鶏肉。


ご飯は別皿ですが、最初からご飯に乗っけてくれても良い感じでしょうか。パクチーが沢山食べられてパクチー好き満足です。

最後はデザートの・チーズケーキと、

ビッグサイズの・コーヒー付き。

コスパはなかなかよろしいようです。

パクチーをメインに中華、タイ料理、イタリア料理をミックスした感じ。パクチー好きなら楽しいお店です。サービスの方々も非常に丁寧で良い雰囲気でした。 店内では水耕栽培でパクチー生育中、香りが柔らかくなるのでパクチーが苦手な方でも食べやすいのだとか。

期間は不明ですが、夜は「パクパクパクチー」の合言葉で追加パクチーがサービスなのだとか。 またパクチー炒飯をいただきにお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。