マイモンギンザ、わらやき屋 銀座店|コンセプトが楽しいDD系レストラン/the 492th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」492日目、本日はこのような状況の中、ランチ営業を始められた2店のレストランにお伺いしました。どちらもレストラン会社のダイヤモンドダイニング系列です。

1店目は銀座8丁目、コリドー街沿いにある牡蠣とイタリアンのお店「マイモン ギンザ」にお伺いしました。夜のお店ですので、店内暗めの落ち着いた雰囲気です。ミックスフライ、パスタなど夜のメニューがお得なランチ価格でいただけます。

・サラダ、コンソメスープ付き
サラダ、コンソメスープ
いただきながら待つこと10分ほどでメイン到着。

・うな玉濃厚クリームスパゲッティ ¥1,000(通常¥2,000)
うな玉濃厚クリームスパゲッティ
薄焼き卵焼きにウナギの蒲焼きが乗った間違いなく美味しそうなビジュアル。ソースは想像したホワイトクリームと違い、ウナギのタレのような感覚のブラウンソースでした。この価格でウナギをいただけるのは嬉しいです。ごちそうさまでした!

「マイモンギンザ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

2店目は銀座6丁目、外堀通り沿い、トリプル銀座対面の能楽堂ビルの6階の「わらやき屋」にお伺いしました。カツオの藁焼きが有名な高知県の食材を専門に扱う居酒屋です。木を沢山使った薄暗い店内には、アップテンポよさこい節がエンドレス。

ランチメニューはカツオ漬け丼、しらす丼、唐揚げなどもありますが、本日はお勧めの・藁焼きカツオ御膳 ¥1,000 をお願いしました。内容とても豪華で驚きました。

・カツオの塩たたき(藁焼き)、カツオの刺身
カツオの塩たたき(藁焼き)、カツオの刺身
燻製香が素敵なカツオの藁焼きは塩にんにく、刺身はワサビと高知の甘い醤油で。どちらもカツオの味もしっかりして美味しいです。

・カツオのお腹の唐揚げ、鶏肉の藁焼き、川海老の唐揚げ、どろめ(イワシ稚魚)ポン酢
カツオのお腹の唐揚げ、鶏肉の藁焼き、川海老の唐揚げ、どろめ(イワシ稚魚)ポン酢
カツオのお腹の唐揚げは、もはや鶏肉のよう。高知満喫です。

ご飯には小瓶に入ったカツオ辣油をたっぷり掛けて。
カツオ辣油
アオサの味噌汁、サラダ付き。この価格でこの内容は素晴らしい。ディナーメニューやアルコールも頼めるので気になった料理を追加。

ウツボの唐揚げ ¥860
ウツボの唐揚げ
ウツボは初めていただくかも。滑らかなニュルっとした食感が面白く、ほんのり甘み、サクッとした唐揚げに良く合う身質。コラーゲンもたっぷり含まれているようで、美容にも良さそうです。美味。

美味しいカツオと高知の食材を沢山いただけて、大満足のランチでした。ビルの外に看板も置けず、あまり知られていないようで空いています。少人数のスタッフでの営業のようですが、皆様元気で、感じも良いお店でした(残念ながら6月いっぱいでランチ営業は終了)。

ダイヤモンドダイニングの系列店は銀座に沢山ありますが、ヴァンパイアの世界を楽しめる「ヴァンパイアカフェ」なども有名です。ごちそうさまでした!

「わらやき屋 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

お燗酒と焼き鳥 傳鳥|日本酒のアテも充実の焼き鳥店/the 484th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」484日目、本日は焼き鳥です。こんな大変な状況下の2020年5月13日にオープンした「お燗酒と焼き鳥 傳鳥」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿いの素敵な雑居ビル「ウエストビル」の6階。
ウエストビルの6階
L字型のカウンター10席のみ、竹を使った内装や丸窓に、盆栽が飾られた和風で温かみのある空間です。現在、オープン直後でこのような状況のため夜は・おまかせコース ¥6,000のみで、16:00-20:00(L.O.19:00)の短縮営業です。まずはこちらから。

・山田錦の十倍粥
山田錦の十倍粥
酒米の代表「山田錦」、こうして粒でいただくのは初めてです。食用米とはちょっと違ったニュアンスで、ほっとする一品。

・生湯葉とほうれん草のおひたし
生湯葉とほうれん草のおひたし
ごくさっぱりと仕立てられています。湯葉はとても滑らかな舌触り、ほうれん草はおひたしにかぎります。続いて焼き鳥へ。

・ささみ
ささみ
土佐小夏(ヒュウガナツ)を使った爽やかな土佐酢で。鶏は八ヶ岳名水赤鶏を使用、癖が無く脂も控えめな鶏肉です。

・ねぎま、せせり、生麩(粟麩、よもぎ麩)、しいたけ
ねぎま、せせり、生麩(粟麩、よもぎ麩)、しいたけ
ねぎまは胸肉。首の筋肉部分のせせりは程よい脂感に旨味もあって美味。ねぎ味噌が乗った生麩も日本酒のアテに最適。

・焼き味噌
焼き味噌
日本酒を売りにしたお店ですから焼き鳥以外にも、お酒が進むアテも色々。他、豆腐の味噌漬けも出していただきました。燗酒を店名に掲げているだけあり品揃え豊富です。神亀、竹鶴、扶桑鶴、日置桜、るみ子の酒、鯉川など燗酒好きには大定番とも言える銘柄が色々いただけます。冬の飲み物と思われがちですが、夏こそ楽しめるのが燗酒です。

・ふりそで、ぼんじり、もも、手羽先包み焼き
ふりそで、ぼんじり、もも、手羽先包み焼き
お尻周りのぼんじりはコリっとした食感に滑らかな口当たり、ネギなどの具入りの手羽先も美味しいです。 

・つくね
つくね
やっぱり美味しいつくね。日本酒は「鯉川 純米吟醸 亀治好日(山形県)」「山陰東郷 生酛純米 強力65%(鳥取県)」「るみ子の酒 特別純米 伊勢錦(三重県)」を全てお燗でいただきました。

追加・丸ハツ
丸ハツ
コースの焼き鳥はつくねで終了なので追加。単品価格は1本¥400前後です。丸ハツは心臓を開かずにそのまま焼いたもの。普通のハツより柔らかく旨味も強く美味。

追加・ちょうちん
ちょうちん
提灯みたいな美味しい奴です。口の中ではじけました。

・親子丼、鶏スープ
親子丼、鶏スープ
〆もしっかり。つゆだく親子丼でした。現在12:00-13:30までランチ営業もされており、親子丼、鶏そぼろ丼などを提供されています。

・イチゴ
イチゴ
落ち着いたムードの中、美味しい焼き鳥と燗酒をいただける素敵なお店でした。人当たりも柔らかな瀧澤親方は白金が本店の有名焼き鳥店「酉玉」系列の「門仲 酉直」のご出身だそう。美味しい訳です。レアな日本酒、焼酎も色々揃えられているそうで、お酒好きには嬉しいお店がオープンしました。ごちそうさまでした!

トリプル銀座は11:00-20:00、年中無休、普通に営業しております。メガネでお困りの事がございましたら是非ご相談下さいませ。
ランチメニュー

銀座 器楽亭|親しみを感じる和食店が久我山から/the 482th day

トリプル銀座は連休中も休まず営業(11時-20時)しております。メガネの事でお困りの方はお気軽にご相談下さい。

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」482日目、本日は和食です。久我山から2020年3月銀座に移転した日本料理店「銀座 器楽亭」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通り沿い、銀座美術館ビルの8階。以前当ブログでご紹介の「新広東菜 嘉禅」「GINZA JOTAKI」「フルヌス銀座」なども入っている美味しい物件です。
銀座美術館ビルの8階
閉店した鮨店の跡地で、カウンターだけはそのままで使用されています。ほどよく年季の入ったカウンターは重みがあり、気持ちも落ち着きます。現在メニューは・おまかせコース ¥20,000(サ別10%, w/o tax)のみです。

・桜の葉の香る茶碗蒸し
桜の葉の香る茶碗蒸し
ほんのり桜の香り、一品目に温かい料理は、体が温まり嬉しいです。

・八寸
八寸
あん肝、松阪牛のローストビーフ卵黄巻き、コンビーフ、糸もずく、蟹味噌、塩辛、ホタルイカの沖漬け、筋子の粕漬け、と完全に酒のアテ。どれも高クオリティでお酒がぐんぐん進みます。

・ねぎま
ねぎま
脂が乗ったマグロの砂ずり(お腹の下)を使った贅沢なねぎま。ネギと脂は相性抜群で美味。銀座に越してからは和食業態ですが、久我山時代は居酒屋っぽく営業されていたそうで、その香りを感じる料理が個性となっているようです。

・春野菜のお浸しサラダ
春野菜のお浸しサラダ
たらの芽、こごみ、空豆、スナップエンドウ、わさび菜、ホタルイカも大きいです。山菜やわさび菜、ホタルイカの苦味、辛味が効いており、酒が進む珍しいサラダです。

・毛蟹真薯
毛蟹真薯
そのまま食べても美味しいですが、真薯を崩していただくと、地味な出汁と混ざり合い丁度良い塩梅になりました。

・アオリイカ、桜鱒、真鯛
アオリイカ、桜鱒、真鯛
刀のような切れ味抜群の包丁で仕上げれれたお刺身。アオリイカの下に絡みつく旨味が素敵、鯛も甘みがあって美味しいです。

・ネギトロ巻き
ネギトロ巻き
蕗の薹がアクセントで間違いのないお味、海苔も美味しいのが素晴らしいです。

・鰻の炭火焼き
鰻の炭火焼き
付け合せはコシアブラと初物のとうもろこしの天ぷら。鰻は鹿児島の有名な養殖鰻「横山さんの鰻」を地焼きで。身が締まっており、上品さを感じるウナギです。

・山形牛ヒレカツサンド
山形牛ヒレカツサンド
パンよりよっぽどカツのが柔らかくてびっくり。やはり極上のヒレ肉を使っているそう。絶品!

・シラスと筍の炊き込みご飯
シラスと筍の炊き込みご飯
和歌山の「山利」のシラスをたっぷり。それにタケノコと花山椒。

素晴らしい香り。ちゃんとシラスの味のするシラスです。
シラスと筍の炊き込みご飯
筍の甘みと食感と花山椒の辛味も綺麗に調和しています。

・蕗の薹卵かけご飯 
蕗の薹卵かけご飯 
これも最高。スプーンで一気にかっこんでしまいます。さらに普通のシラスご飯を大盛りでお代わりをいただき、お腹も満たされます。

・プリン
プリン
デザートも手抜かりなく、和三盆のみを使用した桜香る美味しい塩プリン。

正統的ながらも、居酒屋を感じさせる料理は親しみが湧きます。野菜、魚、肉のバランスも良く満足感もしっかり感じられるコースでした。朝倉親方は、明るい方で、初めてでもリラックスした食事が出来る雰囲気も素敵です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

銀座はほとんどの飲食店が休業していますが、テイクアウトのみの営業や、距離感や空調、営業時間に気を使いながらレストラン営業を続けられているお店も少ないですが、あります。自粛要請が延長されましたが、5月7日から再開されるお店もあります。お話をお伺いすると、皆様必死に考えて、緊張感と思いやりを持って行動されているのが伝わります。近隣のお店は、こちらも気を使いながら、できるだけ利用したいです。

トリプル銀座は11:00-20:00、年中無休、普通に営業しております。メガネでお困りの事がございましたら是非ご相談下さいませ。

鮨 阿部|ランチに手軽にお寿司をいただける幸せ/the 481th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」481日目、こういった状況ですので、新たにランチ営業を始められるお店も多くなっています(休業中のお店が圧倒的に多い銀座ですが)。本日はお寿司、2019年8月にオープンした「鮨 阿部」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、花椿通り沿い「プラザG8」の地下1階です。
プラザG8の地下1階
落ち着いた店内は、カウンター席の他、半個室風のテーブル席も2卓あります。阿部大将は築地の有名な鮨店「鮨大」の銀座店で腕を振るわれていたそうです。ちなみに銀座に同じ名前の有名天ぷら店がありますが、関係はありません。

ランチは握りが¥2,000から、そして海鮮丼 ¥2,500もありますが、本日は・おまかせランチ握り(握り11貫、巻物1本) ¥3,000をお願いしました。

つまみ的なそれほど甘くない・玉子をいただいた後、握りスタート。
玉子

 ・ヒラメ
ヒラメ
サイズはやや小ぶりの米酢のシャリですが、酸味塩味共に控えめ。お体も大きい親方は握りもダイナミックです。上には柚子。

・アオリイカ、ヒラマサ、白身魚昆布〆、アワビ
アオリイカ、ヒラマサ、白身魚昆布〆、アワビ
小さい目のアワビはゴリゴリした食感が楽しいです。柚子や薬味をけっこうな頻度で使用されていますが、この価格ですから、より美味しく食べられる工夫として好感触です。

・マグロ赤身漬け
マグロ赤身漬け
即席の漬けを出すお店も多いですが、やっぱりしっかり漬けてある方が美味しいです。

・クルマエビ
クルマエビ
おそらく1/3サイズですが、茹でずに生で。甘みとプリッとした食感が素敵。

・コハダ、鉄火とカッパ巻き、中トロ、イクラ
コハダ、鉄火とカッパ巻き、中トロ、イクラ
コハダも酸味控えめで食べやすく仕上げてあります。

・アナゴ
アナゴ
これにアオサ味噌汁、山芋などのお新香が付きます。

追加・アジ
アジ
これから美味しくなってくるアジ。間違いのない美味しさです。

・カンピョウ巻き
カンピョウ巻き
最後はデザート代わりの干瓢巻きをいただき、大満足でした。

夜は基本的にコースではなく、おこのみで食べてもらいたいという心意気も素敵。ランチはこのような状況なので、始められたそうで、期間限定かもしれません。この内容で、この値段は、とてもお得に感じます。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

トリプル銀座は11:00-20:00、年中無休、普通に営業しております。メガネでお困りの事がございましたら是非ご相談下さいませ。