いぞら|ピザ薪窯大活躍!ボリューム満点の和イタリアン/the 449th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」449日目、本日はイタリアンです。銀座6丁目、泰明通りに2018年5月にオープンした「いぞら」にランチ訪問いたしました。
いぞら
店名からピンとくる方もいるかもしれませんが、ピザが美味しいイゾラ系列です。 銀座には「イゾラブル」「イゾリーナ」の2店があります。店名が平仮名の「いぞら」は、和素材とのミックスを楽しめるコンセプトとなっています。

2階建てのお店で、1階はカウンター、2階がテーブル席。
いぞら
2階には北斎や国芳の版画が飾られており和洋折衷な雰囲気。

歌川国芳といえば「猫づくし」が有名ですが、金魚を中心とした水生生物を擬人化したの「金魚づくし」も秀逸。
歌川国芳 金魚づくし
ぷっくりとした金魚のフォルムと多彩な表情が愛らしくて大好物です。

平日ランチメニューは¥1,500からありますが、本日はメインも選べる・ランチコース ¥3,800をお願いしました。まずはすべてのコースに前菜5種が付きます。

冷たい前菜3品・スモークサーモンムースのクロスティーニ、蒸し鶏胸肉、3種キノコのマリネ 
冷たい前菜3品
盛り付けも美しく、どれも爽やか仕上げです。

温かい前菜2品・ひよこ豆のパネッレ、大根とサルシッチャのオーブン焼き すき焼き風ソース
温かい前菜2品
初めて食べたパネッレはサクサクのヘルシー豆スナック。シチリアの州都パレルモ名物で、ビールやワインの摘みなんかにも良さそうです。すき焼きソースも面白い。

・北海道産ウニと白神クレソン、青森生にんにくの自家製トマトソース +¥1,000
北海道産ウニと白神クレソン、青森生にんにくの自家製トマトソース
ピザorパスタそれぞれ4種類ほどから選べますが、イゾラグループといえばピザです。トッピングに和素材を多様しているのが「いぞら」の特徴、珍しいウニピザを選んでみました。生地はフワフワとカリカリの丁度中間くらい。これだけウニが乗っていると贅沢感有り、にんにくの香りでピリッとしまったトマトソースがとても美味しいです。

・茨城県産瑞穂のいも豚 肩ロース肉の藁焼き 和歌山炭塩で
茨城県産瑞穂のいも豚 肩ロース肉の藁焼き 和歌山炭塩で
メインも牛肉、魚など3種類ほどから選択可能。藁焼きですが、香りはほぼ無し。とても柔らかく、非常にさっぱりとしたお味の豚肉でした。

・宇治抹茶のティラミス
宇治抹茶のティラミス
デザートもイタリアンベースですが、和の装い。甘さ控えめ酸味を効かせてティラミスとしてはシャープな仕上げ。

抹茶ですが・コーヒーと一緒に味わうとまったり幸せな美味しさ。カップの形もお洒落です。
コーヒー
ピザがボリュームがあるので、お腹もいっぱいです。白金店が1999年にオープンしたイゾラは、石窯で焼くナポリピザというジャンルでは老舗といこともあり安定的に美味しいピザがいただけます。¥1,500という微妙に高いランチ値段のためか比較的空いており、ゆっくり食事ができるのも良いです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「いぞら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

カフェ コヴァ ミラノ|ギンザシックスで味わうミラノ気分/the 448th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」448日目、本日はカフェです。ギンザシックス3階に2019年9月12日オープンした「カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス」にお伺いしました。

1817年ミラノで創業したミラノ最古のカフェだそうです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス

入ってすぐのスペースではテイクアウトできるケーキやクッキー、チョコレートなどが販売されています。
カフェ コヴァ ミラノ ケーキ
見た目もカラフルな映えるビジュアルです。

奥がダイニングとなっていますが、席数はかなり多め。席に座れば、気分はミラネーゼ、外の会社看板は一切目に入りません。イエロー基調の上質感のある雰囲気。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
そして落ち着いていながら親しみを感じるサービスは銀座三越のラデュレに似ているでしょうか。

明るい窓際の席はあずま通りから晴海通りまでが見渡せ気持ちが良いです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
しっかりとしたコースメニューもありますが、本日は10時30分〜14時までオーダーできる・ライトランチセット ¥2,600をお願いしました。サラダorスープ、メインはキッシュ、カナッペなど4種類から選択可能です。

ポテトチップも付いたワンプレート。カトラリー、器、さらに家具などもほとんどミラノのものを使用しているそうです。
ライトランチセット
カボチャのスープは重厚感のある仕上げで美味しい。生クリームなどは使用せず、カボチャ、エシャロット、ジャガイモペーストで仕上げており、カボチャ感たっぷり。

メインは・パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
ビッグサイズです。あっさりとしたフォカッチャに、程よい塩気の上質感のある生ハムとコクのあるマスカルポーネの組み合わせはシンプルですがとても美味しいです。量が多いので、2人で違う料理を頼んでシェアするのが良いかもしれません。

ランチセットにはデザート、カフェ付きです。
ヘーゼルナッツのタルト、エスプレッソ
ヘーゼルナッツの一口タルトに、気分に乗せられて普段は飲まないエスプレッソをオーダー。まったりとしたクリームが美味しいです。気になる単品デザートもいくつかお願いしました。

 ・サーケル ¥1,200
サーケル
コヴァミラノのシグネチャーは、1817年の創業当時からの伝統デザートのチョコレートケーキ。見た目から想像されますがザッハトルテの派生デザート(ザッハ = Sacher = サーケル)です。大きいのかと思ったらケーキは普通サイズでした。見た目もお味もクラシックですが、もっちり濃厚で美味。チョコレート好きには嬉しいお味です。中には酸味のある杏ジャム、背面にはカカオローストがびっしりコーティングされており、お味を引き締めるとともに、食感のアクセントとなっています。続いてこちら。

・コッパ ティラミス ¥1,600
コッパ ティラミス
名前の通りコップ(カップ)に入ったパフェ様ティラミス。これはなかなかのボリューム。中にエスプレッソのスポンジが入っていますが、マスカルポーネクリームがほぼメイン。甘さは控えめで意外なほどスムーズに体に入っていきました。3分ほどで完食。

料理もデザートも異国情緒があり、大幅に日本風にアレンジしていないのが良いです。1名でも楽しめますが、数名で伺ってシェアしながらいただくのも楽しいと思われます。また別の料理もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「カフェ コヴァ ミラノ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
コッパ ティラミス

メリプリンチペッサ 銀座店|野菜も卵も広島食材いっぱい/the 442th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」442日目、本日はイタリアン「メリプリンチペッサ 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、銀座ガス灯通り沿い「広島県ブランドショップ TAU」の3階です。

広島県アンテナショップは2階にはお好み焼き「鯉々」、1階には「汁なし担担麺専門 キング軒 銀座出張所」、さらに地下1階は和食店「銀座 遠音近音」があり、飲食店がとても充実しています。それだけ広島は食文化が豊かということではないでしょうか。また東広島市西条を始め日本酒作りも盛んで2階で沢山販売されています。

さて、3階の「メリプリンチペッサ 銀座店」の席数はかなり多め、黒いテーブルに黒いカーテンで覆われ、やや暗めの落ち着いた店内です。

ランチは¥1,200からありますが、本日は選べる前菜、デザートが付く・ランチB ¥1,800(w/o tax)をお願いしました。全てのランチコースにドリンクバー付きです。

前菜・バーニャカウダ?

ちなみに前菜はローストビーフやカルパッチョ、チーズの4種から選択可能ですが、バーニャカウダはボリュームたっぷり、彩りも綺麗です。こちらを選んで正解でした。「?」が付くのはチーズでなく江田島 高森本店の黒鯛味噌を付けて食べるから。野菜が瑞々しいのはもつろん、黒鯛味噌がとても美味しく、野菜も味噌も完食です。

・パン

2種類、お代わりも可能です。

・スパゲッティ ポヴェレッロ(貧乏人のパスタ) +¥200

広島県世羅町「菅藤養鶏場」の「ふみちゃん家のたまご」で作った目玉焼きとイタリアの羊チーズ(ぺコリーノ)のパスタです。卵とチーズはイタリアではどの家庭にもあるのでこの名前が付いているそう。日本ですとどちらもそこそこ高級品ですが。想像したよりさっぱりとして食べやすい、美味しいパスタでした。

・濃厚たまごのクレームブリュレ +¥200

こちらも「ふみちゃん家のたまご」を使用、こちらもスタンダードなお味、甘さ控えめで美味しいです。

最後はドリンクバーの・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

コーヒーは紙コップでテイクアウトも可能なのは嬉しいサービスです。 お味はベーシックですが、地方の珍しく安心で美味しい食材が色々いただけるのはとても楽しいです。4年ほど広島に住んでいただのですが、知らないことだらけ。また勉強させていただきにお伺いいたします。

ちなみに9月は「女鹿平あわび茸」「女鹿平舞茸」を使った料理が食べられる「きのこフェア」開催中です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「メリプリンチペッサ 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

2階のお好み焼き店「鯉々」の・鯉々焼き(肉玉そば、ネギ、目玉焼き、大葉、イカ天) ¥1,300、ボリュームたっぷり、イカ天のトッピングはマスト、オタフクお好みソースとマヨネーズをたっぷり掛けていただきます。美味!ちなみに広島県人の前でそば(うどん)入りのお好み焼きを「広島焼き」と発言すると気分を害される恐れがあるので、気をつけましょう。ごちそうさまでした!

キュイジーヌ ヤマグチ|銀座でボニュ河島シェフコラボディナー/the 425th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」425日目、本日は炭火焼きと酒ワインレストラン「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目ソニー通り沿いの絵に描いたような雑居ビル「ニューギンザビル8号館」の3階です。

通常はシェフ兼ソムリエの山口氏の作る炭火焼き料理と日本酒ワインのペアリングのお店として営業されているのですが、本日は代々木の名店「ボニュ」の河島シェフとのコラボレーション特別ディナーです。

雑居ビル3階にある隠れ家レストラン、落ち着いた店内はカウンター8席のみ。集まった皆で乾杯してから不思議な料理がスタート。まずはこちらから。

・レタスサラダ

銀座三越で購入ということ以外、普通のレタスです。ただ葉の間にユリの蜂蜜とワインビネガーのジュレを浸透させているという凄技。写真では単にレタスですが、これが大変に美味しい。こちらのレタスに象徴されるように、続く料理も全く写真映えはしませんが、、、超絶料理が続きます。

続いての食材は目の前で軽く炭火焼き。調理過程は映えるのです。

香りもたまりません。

・土佐あか牛イチボのタルタル

牛の脂でコーティングされておりお肉の甘みがたっぷり。メインは同じあか牛のイチボの塊を焼いたものが登場するということで期待が高まります。

そして目の前では特大の鮎が炭火で焼かれていきます。

・フォアグラ ポテトフライ

じゃがバターです。ポテトフライも手間と時間をかけて仕上げられておりサクサクホクホクで絶品です。そして上に乗ったものは絶品の白トリュフバター。最高です。

・パスタ

蕎麦のような、ゴマソースを纏っているように見えるシンプルなパスタですが、なんと色の正体はキャビア。大胆にも全て潰してペーストにしてしまうという衝撃的な光景に歓声(悲鳴?)が上がりました。脳の奥まで響くキャビアの濃厚かつラグジュアリーなお味、絶品です。

そして良い感じに焼きあがった鮎。

このまま食べても美味しいと思うのですが、またしても今まで見たことのない衝撃的な光景が。。。今回は完全に悲鳴です!

こうなって、

大胆な行動に及ぶ前の楽しそうなボニュ河島シェフ。

こうなりました。。。

ゴボウのポタージュにしか見えませんが・鮎のビスクです。食べてみると肝の苦味もしっかり感じられ、形こそありませんが、鮎の凝縮した本質を食べているようです。凄い。

続いての食材は低温でじっくりと揚げられていたこちらは、本日一番感動した料理。

・ホワイトアスパラ

干からびたようにしか見えませんが、実際その通り。揚げ物は外サク、中はジューシーで瑞々しく水分を素材に残すように揚げるのがベストなので、全く逆の発想。水分を抜き、旨味だけを残した状態です。今まで体験したことのない、ものすごい甘み、そして心地よい苦味、こんなアスパラガスは今まで初めていただきました。絶品。

続いてはメインの肉料理。

真っ黒々で心配になりますが、もちろん大丈夫です。

・土佐あか牛のイチボ

通称「ボニュ焼き」という6時間かけて焼き上げるステーキは、外は黒いですが美しい断面。下には極シンプルなソースが敷かれています。ナイフを入れても肉汁は全く出ませんが、不思議なことに噛むほどに美味しいエキスが口の中に広がります。

・お米のリゾット

リゾットなのでお米は当たり前なのですが、材料は米、米油、塩、水のみ。アルデンテ食感で味もしっかり。何故こんなに美味しいものができるのか驚愕。

最後のデザートは・ミルクセーキ

甘露。何気にこちらもの凄く美味しいのです。基本はイタリアンだそうですが、河島シェフの料理としか言いようのない絶品料理の数々、ここにも天才シェフがまた1人。オリジナリティ溢れる素晴らしい料理に参加者全員、大満足でした。

ちなみに「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」の山口シェフ兼ソムリエは脱サラして飲食業界に飛び込み、2017年にこちらのお店をオープン。勇気凛々、気のいい男前な性格で誰もが応援したくなる方。隣の知らない方ともすぐに友達になれるような和気藹々とした楽しいレストランです。

ちなみに通常の山口シェフの料理はこんな感じです。

「キュイジーヌ ヤマグチ ワイン&サケ」について詳しくは一休をご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。