シーバード コロニー銀座本店|洗練を感じる南インド料理店がオープン/the 555th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」555日目、本日はインド料理、2021年7月12日オープンした「シーバード コロニー銀座本店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、ソニー通り沿い、1階に老舗フレンチ「エスコフィエ」が入っている「西五ビル」3階。
シーバード コロニー銀座本店
以前は人気のタイカレー店「ハレギンザ」があった場所です。

やや暗めの店内、インド料理店としては落ち着いた高級感のある雰囲気。
シーバード コロニー銀座本店
現在のランチメニューはシーフードorミートカレー、ビリヤニ、ドーサのターリーなど、本日は好物の・ビリヤニセット ¥1,500をお願いしました。

・ラサム
ラサム
日本で例えると味噌汁のような感じで親しまれている酸味と辛味のある野菜スープ。辛味より酸味が強調しており、暑い日に飲めば爽やかさも感じられます。

・ビリヤニセット
ビリヤニセット
内容はビリヤニ(250g)、ボリヤル、玉ねぎピクルス、ライタ、ゆで卵。カレーはチキン、ポーク、マトンの3種から・マトンララを選択。マトンララは羊のひき肉ではなくチキンキーマを合わせて、中には羊の塊肉もいくつか。説明には「辛口」とありましたが、マイルドで深みもあり美味。

セットビリヤニの具は色々変わるそうですが、今日は鯛!
鯛のビリヤニ
鯛のビリヤニは、初めてでしたが、香りの良いバスマティライスもフワフワ、鯛の身も沢山入ってとても美味しい。ライタもコクがしっかりあり、ボリヤルやピクルスまでちゃんと作られており素敵です。

別の日にいただいた・マサラドーサセット ¥1,450
マサラドーサセット
内容はサンバル、ボリヤル、チャツネ2種、バスマティライス、選べるカレーはチキンシチューカレーを選択。ケララ州のココナッツミルクを使ったサラサラカレー。

ドーサは米とウラドダール(ケツルアズキの豆)で作った南インドのクレープ。中にはほくほくしたポテトマサラが入っています。パリパリで香りも良くとても美味しいドーサです。
マサラドーサ
他の店では手抜き感のあるココナッツチャツネ、サンバルも上質、ドーサに絡めて大変美味しくいただきました。

初めていただきましたがインドの伝統菓子・グラブ ジャムンもサービスで。
グラブ ジャムン
綺麗なガラス皿に一粒乗せられ高級感漂います。激甘で有名だそうですが、出来立て熱々、甘さも加減されておりました。

・ホットマサラチャイ ¥500
ホットマサラチャイ
最後はスパイスのアクセントが心地よく、味わい強めの美味しいチャイをいただきゆっくりさせていただきました。

お皿もステンレスではなく高級感有り、料理も負けずに上品で洗練された味わいで非常に好み。南インド料理は辛いイメージがありましたが、こちらは非常にマイルドで上品。銀座にある他の南インド料理店は違う方向性でオリジナリティも感じられます。ランチ価格はややお高めではありますが、、、インドカレー好きには嬉しいお店ができました。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「シーバード コロニー銀座本店」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

和食鉄板 銀座 朔月|山形牛の和風カレーとハンバーグ/the 525th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」525日目、本日は先日に引き続き鉄板焼き、ハンバーグです。「和食鉄板 銀座 朔月(さくつき)」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、並木通り沿い、1階にスニーカーショップの「アトモス」が入っている「銀座グランディアⅡ」の9階。
和食鉄板 銀座 朔月
2009年オープンだそうですが、今まで気付きませんでした。。。知らないお店がまだまだ沢山ある銀座です。店内はテーブル席中心で接待向きな雰囲気ですが、一番手前にカウンター席もあり、1名でも安心です。

ランチメニューはハンバーグ、お好み焼き、長崎ちゃんぽん、カレー、生姜焼きなど色々ありますが、本日は・山形牛ハンバーグコース ¥2,800をお願いしました。

前菜3種・山形牛ローストビーフ、タラ白子の含め煮、ちぢみほうれん草のお浸し
山形牛ローストビーフ、タラ白子の含め煮、ちぢみほうれん草のお浸し
店名に「和食鉄板」と付いていますが、和食の経験が長い方が料理長をされているそう。ローストビーフはもちろん、お浸し、含め煮も非常に上質感有ります。

・サラダ
サラダ
シンプルなサラダですが、ドレッシングが特徴有り、ボリューム感も嬉しいです。

・山形牛ハンバーグ200g
山形牛ハンバーグ200g
見ているだけで肉の香りを感じる厚みのある丸っこいハンバーグ、付け合わせのポテトサラダ、焼き野菜も良い感じ。

つなぎをほぼ使っていないようで、肉を食べている感覚の強いハンバーグ。
山形牛ハンバーグ200g
ほんのり熟成香を感じ、山形牛を使用しているだけあり肉の味が濃く、とても美味しい。肉の味を引き立てる、さっぱりとした和風ソースも良く合います。

・ご飯、味噌汁
ご飯、味噌汁
ご飯(お代わり無料)も山形県産のつや姫で美味。ご飯が美味しいのはポイント高いです。ハンバーグをご飯に乗せながら美味しくいただきました。

・白ごまのパンナコッタ、コーヒー
白ごまのパンナコッタ、コーヒー
最後はフルーツが沢山乗ったパンナコッタとコーヒーで。とても満足度の高いランチでした。そして次の日に気になったカレーをいただきにお伺いしました。

リーズナブルなメニューにもスープ、サラダが付きます。
スープ、サラダ
優しいコンソメスープも具沢山で素敵。

・特製山形牛のまかないカレー(数量限定) ¥1,200
特製山形牛のまかないカレー
定番のジャガイモ、ニンジン、玉ねぎに加え、山形牛の繊維状のお肉(切り落とし)もたっぷり。こちらも和風な仕上げで辛さはありませんが、ご飯と共にとても美味しいカレーです。何より油っこさがほとんど無いので食後感が良いのが嬉しい。カレーでは久々のヒットです。

1人客は少ないようで、2日間とも4席あるカウンター席は貸切り状態。静かで快適なランチを楽しめました。またお好み焼きなどもいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「和食鉄板 銀座 朔月」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

珈琲とスパイス ピヴォ|美味しいカレーと初めてのブラジルプヂン/the 503th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」503日目、本日はカレーです、2020年7月5日に御徒町から銀座に移転オープンしたスパイスカレー店「珈琲とスパイス pivo(ピヴォ)」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿い。「バナナジュース」などが入っているノスタルジックな「泰明ビル」の2階です。
珈琲とスパイス ピヴォ
1階に最近オープンした和食店「宵酔堂」も気になります。

古い雑居ビルですが、温かみと清潔感があり、垢抜けた内装がとても素敵です。
珈琲とスパイス ピヴォ
窓の形状も含め古い建物が醸すムードは唯一無二。カウンター席の他、奥にはテーブル席も1卓ございます。現在カレーの種類は定番のスパイシーチキン、辛口キーマに週替わりカレーの合計3種類(売り切れの場合有り)。

本日は ・キーマカレー、豚バラとろとろカレーのハーフ&ハーフ  ¥1,150 をお願いしました。
キーマカレーと豚バラとろとろカレー
5分ほどで到着したカレーは、香りも素敵。両方豚肉でしたが、ホロホロとトロトロの対比も楽しめます。辛さは徐々に強く感じられ、後に残りますが、嫌な感覚は全くありません。辛口ですが、スパイスの利かせ方、辛さに対する甘みに独創性が感じられ、大変美味しくいただきました。

そんな訳で別の日に・スパイシーチキンカレー ¥1,000 もいただきました。
スパイシーチキンカレー
今日はご飯は玄米とのミックス?付け合せは、じゃが芋のアチャール。

辛味はけっこうありますが、玉ねぎの甘みとの調和が素敵。スパイシーチキンカレー
店主が辛口好きだそうで、基本的に全カレー辛口ですが、キレのある辛さで、辛いのが苦手な方でも食べられそうです。柔らかく仕上げられた鶏肉と合わせて、とても美味しいスパイスカレーでした。さらにカレー以外の楽しみもあります。

・中津さんのブラジルプヂン ¥400
中津さんのブラジルプヂン
気になる中津さんは、日本でただ一人のブラジルプヂン研究家だそうです。初めていただくブラジルプヂン、普通のプリンと大きく異なるのは、下がココア風味のスポンジケーキになっていることと、コンデンスミルク(加糖練乳)を使用していること。プリンとしてはかなり硬めの食感、見た目より甘さは控えめです。カラメルの染みたスポンジと一緒にいただくと、素朴ではありますが、初めていただくのに懐かしく、幸せな気分になるプリンです。

・コーヒー +¥300
コーヒー
ハンドドリップで丁寧に入れていただけるコーヒーとの相性もばっちり。カレーで個性を出すのはなかなか難しいと思いますが、オリジナリティもしっかり感じられ、最近オープンしたカレー店では一番のヒットです!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

基本的に水、土が定休日ですが、「珈琲とスパイス ピヴォ」について、詳しくはフェイスブックページをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アンバー銀座、サイエン、江戸フィール|新しい飲食店の形−ギンザステップス/the 494th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」494日目、本日は銀座7丁目、花椿通り付近に2020年7月7日オープンした飲食ビル「GINZA STEPS  ギンザステップス」にお伺いしました。 

飲食ビルと言っても場所が非常にわかりにくいです。花椿通りのパン屋「ポンパドール」と「ショコラトリー タカス 銀座店」の間の路地。
GINZA STEPS  ギンザステップス

その途中に突然綺麗な建物が出現、「ギンザステップス」です。4階建てですが、階数ごとに仕切りがなく緩やかに繋がっています。
GINZA STEPS  ギンザステップス
現在2階がイタリアン「アンバー銀座」、3階がカレー店「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、4階が銚子市と川越市の食材専門店「江戸フィール」となっています。

まずは「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、店名の通り信州の野菜を沢山使ったカレーをいただけます。スープカレーですが、ベースは2種(野菜、魚介だし)、具も色々選ぶことができます。

本日は・SAIENオリジナルスープ、SAINEオリジナル野菜、小ライス ¥1,200(w/o tax)をお願いしました(キャシュレス決済のみ対応、現金使用不可)。
SAIENオリジナルスープカレー
ジャガイモ、カブ、インゲン、サヤエンドウ、トマト、水菜など野菜たっぷりです。野菜の甘みとトマトの酸味を感じられる優しいスープに、野菜もそれぞれの味をしっかり感じられるように仕上げられています。

シャキシャキのレタスにカレーを付ける食べ方もユニーク。
SAIENオリジナルスープカレー
長野市の八幡屋礒五郎の七味ガラムマサラを使用し、辛味、スパイス感はそれほど強くないカレーですが、自分で調節も可能です。油をあまり使用されていないので、食後感が爽やかなのも素敵なカレーでした。

サービスで・やおやごはん 畑のはみだしもん3点セットもいただきました。
やおやごはん 畑のはみだしもん3点セット
形、サイズなどの問題で市場に出荷できない野菜を有効活用。切り干し大根、ほうれん草と椎茸、ニンジンとアーモンドとレーズン。ヘルシーなお酒の摘みにも良さそうです。ごちそうさまでした。

次の日、2階のイタリアン「アンバー銀座」にお伺いしました。4種類ほどから選べるパスタランチを提供されています。

・銚子サバソースのスパゲッティ ¥1,000
銚子サバソースのスパゲッティ
銚子のサバの使用など施設内のレストランが色んな所で繋がっていることが想像されます。麺は生パスタですが、頗るもちもち感で特徴あります。サバ感もかなり強く、独特の麺と合わさると、けっこう食べ応えもあり、青魚好きには嬉しいパスタです。

・フォカッチャ
フォカッチャ
まだ20歳半ばというお若いシェフがもちもち好きなのか、自家製パンももちもちしっとりでした。せっかくなのでデザートも追加。

・ティラミス ¥200
ティラミス
定番の美味しいティラミスで、熱いコーヒが飲みたくなりましたが、現在マシン準備中だそう。和牛カルボナーラなども美味しそうでしたので、コーヒーマシンが設置されたらまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「Amber GINZA アンバー銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

最後は4階の「江戸フィール」にお伺いしました。ビルの屋上がテラスになっており、これからの時期、気持ちが良さそうです。
ギンザステップス テラス席
もうすぐ雨でも利用できるように、屋根も設置されるそうです。ランチメニューはさばサンド、うどん、サラダランチなど4種。残念ながら名物のさばサンドが品切れでしたので、こちらをお願いしました。

・川越天丼 ¥1,300
川越天丼
カボチャ、ナス、シシトウ、玉ねぎ、ニンジン、椎茸など野菜は全て川越野菜。野菜の他は川越スーパーエッグ、川越米使用と川越愛が伝わる天丼です(海老だけ違います)。甘さを感じる野菜に、川越と関係無い海老もプリッとして美味。ご飯は茶飯で、最後は出汁を掛けて天茶でいただきます。ボリュームもしっかりで満足です。ごちそうさまでした!

「Edofeel 江戸フィール」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
GINZA STEPS  ギンザステップス