珈琲とスパイス ピヴォ|美味しいカレーと初めてのブラジルプヂン/the 503th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」503日目、本日はカレーです、2020年7月5日に御徒町から銀座に移転オープンしたスパイスカレー店「珈琲とスパイス pivo(ピヴォ)」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿い。「バナナジュース」などが入っているノスタルジックな「泰明ビル」の2階です。
珈琲とスパイス ピヴォ
1階に最近オープンした和食店「宵酔堂」も気になります。

古い雑居ビルですが、温かみと清潔感があり、垢抜けた内装がとても素敵です。
珈琲とスパイス ピヴォ
窓の形状も含め古い建物が醸すムードは唯一無二。カウンター席の他、奥にはテーブル席も1卓ございます。現在カレーの種類は定番のスパイシーチキン、辛口キーマに週替わりカレーの合計3種類(売り切れの場合有り)。

本日は ・キーマカレー、豚バラとろとろカレーのハーフ&ハーフ  ¥1,150 をお願いしました。
キーマカレーと豚バラとろとろカレー
5分ほどで到着したカレーは、香りも素敵。両方豚肉でしたが、ホロホロとトロトロの対比も楽しめます。辛さは徐々に強く感じられ、後に残りますが、嫌な感覚は全くありません。辛口ですが、スパイスの利かせ方、辛さに対する甘みに独創性が感じられ、大変美味しくいただきました。

そんな訳で別の日に・スパイシーチキンカレー ¥1,000 もいただきました。
スパイシーチキンカレー
今日はご飯は玄米とのミックス?付け合せは、じゃが芋のアチャール。

辛味はけっこうありますが、玉ねぎの甘みとの調和が素敵。スパイシーチキンカレー
店主が辛口好きだそうで、基本的に全カレー辛口ですが、キレのある辛さで、辛いのが苦手な方でも食べられそうです。柔らかく仕上げられた鶏肉と合わせて、とても美味しいスパイスカレーでした。さらにカレー以外の楽しみもあります。

・中津さんのブラジルプヂン ¥400
中津さんのブラジルプヂン
気になる中津さんは、日本でただ一人のブラジルプヂン研究家だそうです。初めていただくブラジルプヂン、普通のプリンと大きく異なるのは、下がココア風味のスポンジケーキになっていることと、コンデンスミルク(加糖練乳)を使用していること。プリンとしてはかなり硬めの食感、見た目より甘さは控えめです。カラメルの染みたスポンジと一緒にいただくと、素朴ではありますが、初めていただくのに懐かしく、幸せな気分になるプリンです。

・コーヒー +¥300
コーヒー
ハンドドリップで丁寧に入れていただけるコーヒーとの相性もばっちり。カレーで個性を出すのはなかなか難しいと思いますが、オリジナリティもしっかり感じられ、最近オープンしたカレー店では一番のヒットです!またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

基本的に水、土が定休日ですが、「珈琲とスパイス ピヴォ」について、詳しくはフェイスブックページをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アンバー銀座、サイエン、江戸フィール|新しい飲食店の形−ギンザステップス/the 494th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」494日目、本日は銀座7丁目、花椿通り付近に2020年7月7日オープンした飲食ビル「GINZA STEPS  ギンザステップス」にお伺いしました。 

飲食ビルと言っても場所が非常にわかりにくいです。花椿通りのパン屋「ポンパドール」と「ショコラトリー タカス 銀座店」の間の路地。
GINZA STEPS  ギンザステップス

その途中に突然綺麗な建物が出現、「ギンザステップス」です。4階建てですが、階数ごとに仕切りがなく緩やかに繋がっています。
GINZA STEPS  ギンザステップス
現在2階がイタリアン「アンバー銀座」、3階がカレー店「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、4階が銚子市と川越市の食材専門店「江戸フィール」となっています。

まずは「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、店名の通り信州の野菜を沢山使ったカレーをいただけます。スープカレーですが、ベースは2種(野菜、魚介だし)、具も色々選ぶことができます。

本日は・SAIENオリジナルスープ、SAINEオリジナル野菜、小ライス ¥1,200(w/o tax)をお願いしました(キャシュレス決済のみ対応、現金使用不可)。
SAIENオリジナルスープカレー
ジャガイモ、カブ、インゲン、サヤエンドウ、トマト、水菜など野菜たっぷりです。野菜の甘みとトマトの酸味を感じられる優しいスープに、野菜もそれぞれの味をしっかり感じられるように仕上げられています。

シャキシャキのレタスにカレーを付ける食べ方もユニーク。
SAIENオリジナルスープカレー
長野市の八幡屋礒五郎の七味ガラムマサラを使用し、辛味、スパイス感はそれほど強くないカレーですが、自分で調節も可能です。油をあまり使用されていないので、食後感が爽やかなのも素敵なカレーでした。

サービスで・やおやごはん 畑のはみだしもん3点セットもいただきました。
やおやごはん 畑のはみだしもん3点セット
形、サイズなどの問題で市場に出荷できない野菜を有効活用。切り干し大根、ほうれん草と椎茸、ニンジンとアーモンドとレーズン。ヘルシーなお酒の摘みにも良さそうです。ごちそうさまでした。

次の日、2階のイタリアン「アンバー銀座」にお伺いしました。4種類ほどから選べるパスタランチを提供されています。

・銚子サバソースのスパゲッティ ¥1,000
銚子サバソースのスパゲッティ
銚子のサバの使用など施設内のレストランが色んな所で繋がっていることが想像されます。麺は生パスタですが、頗るもちもち感で特徴あります。サバ感もかなり強く、独特の麺と合わさると、けっこう食べ応えもあり、青魚好きには嬉しいパスタです。

・フォカッチャ
フォカッチャ
まだ20歳半ばというお若いシェフがもちもち好きなのか、自家製パンももちもちしっとりでした。せっかくなのでデザートも追加。

・ティラミス ¥200
ティラミス
定番の美味しいティラミスで、熱いコーヒが飲みたくなりましたが、現在マシン準備中だそう。和牛カルボナーラなども美味しそうでしたので、コーヒーマシンが設置されたらまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「Amber GINZA アンバー銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

最後は4階の「江戸フィール」にお伺いしました。ビルの屋上がテラスになっており、これからの時期、気持ちが良さそうです。
ギンザステップス テラス席
もうすぐ雨でも利用できるように、屋根も設置されるそうです。ランチメニューはさばサンド、うどん、サラダランチなど4種。残念ながら名物のさばサンドが品切れでしたので、こちらをお願いしました。

・川越天丼 ¥1,300
川越天丼
カボチャ、ナス、シシトウ、玉ねぎ、ニンジン、椎茸など野菜は全て川越野菜。野菜の他は川越スーパーエッグ、川越米使用と川越愛が伝わる天丼です(海老だけ違います)。甘さを感じる野菜に、川越と関係無い海老もプリッとして美味。ご飯は茶飯で、最後は出汁を掛けて天茶でいただきます。ボリュームもしっかりで満足です。ごちそうさまでした!

「Edofeel 江戸フィール」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
GINZA STEPS  ギンザステップス

有楽町産直横丁|とんかつ、カレーにアジフライ、ガード下のテーマパーク/the 466th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」466日目、本日は2019年12月にオープンした飲み屋街「有楽町産直横丁」にお伺いしました。

入り口は「みゆき通り」沿いの線路下(ガード下)、賑やかです。
有楽町産直横丁それまでの「有楽町産直飲食街」は有楽町JR高架下耐震工事で閉店、経営は以前と同じですが店舗も一新、リニューアルされました。

細い道の左右に特色のある11件の居酒屋が並びます。全店24時間営業、昼飲み大歓迎、全席喫煙可能という今のご時勢にして大胆な集合体です。
有楽町産直横丁
ガード下で日が全く当たらないため、昼間でも夜の感じ。店内でも繋がっており、全てのお店の料理を出前でオーダーすることも可能。昭和風の雰囲気を体感できるテーマパークのような印象を受けます。

「魚の浜恵」「貝の真寿」「牛の最上 精肉所」「豚の中西 直売所」「鳥の三芳ファーム」と素材専門酒場が5店舗。
有楽町産直横丁
「九州沖縄食市」「東北食市」「中国四国食市」「関東甲信食市」「近畿東海北陸食市」「北海道食市」など地方酒場6店舗が集まっています。

11時から15時までは各店ランチメニューも色々。価格も1,000円前後が多くリーズナブルです。本日は豚肉専門店「豚の中西」にお伺いしました。

・佐助豚のひれかつ定食 ¥1,000
佐助豚のひれかつ定食
5分ほどで到着。ご飯、豚汁、スパゲティサラダ、お新香付き。ボリュームもしっかり有り満足感有ります。

岩手県二戸市で育てられた佐助豚のヒレカツはやや赤身を残し、柔らかく、しっとりした仕上がりで美味しい。
佐助豚のひれかつ
塩でも十分いただけそうでしたが、卓上に無かったのでソースで。衣はザックリ、この価格にして、とてもお得感のあるとんかつ定食でした。

また別の日にお伺いした「魚の浜恵」では・アジフライ定食 ¥800をいただきました。
アジフライ定食
ほうれん草のお浸し、魚のあら汁、柴漬け付きです。

アジフライは一尾は少し寂しいですが、身も厚くふっくらした仕上がりで美味。
アジフライ定食
味噌汁も各店で少しづつ違いがあり楽しいです。

また別の日にお伺いした「東北食市」ではご当地カレー・神代あいがけカレー定食 ¥1,000をいただきました。
神代あいがけカレー定食
秋田県東の仙北市神代(じんだい)地区のご当地グルメのあいがけカレーで、温玉といぶりがっこ(こちらは普通に福神漬けでしたが)の付け合わせがポイントだそうです。付け合わせは山形県名物の玉こんにゃくの煮物、味噌汁の味付けも甘めです。

左側はシメジなども入った昔風の具沢山カレー、右側はさらっとしたルーの現代風カレー。本格的なものですと2種のカレーの味の違いがもっとあると想像されます。
神代あいがけカレー
ライスは大盛りもできますが、普通サイズで注文。それでもカレーと共にけっこうなボリュームでお腹いっぱいになりました。

他店舗も特徴的なご当地メニューなどが色々ありましたので、順々にお伺いしてみたいと思います。また土日はランチが少し高くなるお店が多い銀座で、平日と変わらないお値段でいただけるのも嬉しいです(一部店舗は土日限定メニューです)。ごちそうさまでした!

「有楽町産直横丁」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ミセス・ダダ|銀座に新たなカレースポット登場/the 459th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」459日目、本日はカレーです。2019年11月にオープンしたカレー店「ミセス・ダダ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り近く「松楠ビル」の地下1階。
ミセス・ダダ
2つ前のお店がお洒落なイタリアンだったこともあり、それを生かしたカレー店らしからぬシックな内装。カウンター席、テーブル席の他、1人用テーブル席もあるのが嬉しいです。

ランチメニューは、定番のチキン、シュリンプ、ラムに日替わりがポークでした。本日は好物の・ラムカレー ¥1,000 をお願いしました。
ラムカレー
カレーですので素早く到着。羊肉もゴロッと入って見た目も素敵、カレー4種の中では辛めの設定ですが、サラサラのルーは食べている途中に水が必要なほどではありません。キレがあり、すっと引く辛さで、油が控えめなのか食後にもたつく感じもないのが良いです。美味。

通しで営業されているので、いつでもカレーがいただけるのも嬉しいのですが、15時から17時はカフェタイムとなっておりパフェなどもいただけます。

・チョコレートパフェ ¥800
チョコレートパフェ
インドのクラッカー「パパド」が刺さっているのがインド的ではあるものの、チョコとバニラアイス、フレーク、コーヒーゼリーなど素材は基本的にベーシック。カレーの後は甘いものが食べたくなるので、それが場所を移動せず実現するという嬉しさがあります。

ちなみにプレオープン中にいただいたのがこちら・シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り ¥1,000
シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り
ワンプレートにマッシュポテト、ピクルスや何かわかりませんが美味しいソース、エディブルフラワーまで飾られ華やかな見た目。しっかりスパイスが効いてコクのある牛すじカレーに、比べて甘く感じるエビカレーでバランス良し。インドと日本のカレーのエッセンスがうまく融合した美味しいカレーライスです。

ディナーは普通のカレーの他に「アートオブカレー」と名付けられたメニューもあるようです。店名は芸術運動のダダイズム(既成概念に対する反抗などの主義を持つ)と関係あるのでしょうね。また別のカレーをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。