有楽町産直横丁|とんかつ、カレーにアジフライ、ガード下のテーマパーク/the 466th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」466日目、本日は2019年12月にオープンした飲み屋街「有楽町産直横丁」にお伺いしました。

入り口は「みゆき通り」沿いの線路下(ガード下)、賑やかです。
有楽町産直横丁それまでの「有楽町産直飲食街」は有楽町JR高架下耐震工事で閉店、経営は以前と同じですが店舗も一新、リニューアルされました。

細い道の左右に特色のある11件の居酒屋が並びます。全店24時間営業、昼飲み大歓迎、全席喫煙可能という今のご時勢にして大胆な集合体です。
有楽町産直横丁
ガード下で日が全く当たらないため、昼間でも夜の感じ。店内でも繋がっており、全てのお店の料理を出前でオーダーすることも可能。昭和風の雰囲気を体感できるテーマパークのような印象を受けます。

「魚の浜恵」「貝の真寿」「牛の最上 精肉所」「豚の中西 直売所」「鳥の三芳ファーム」と素材専門酒場が5店舗。
有楽町産直横丁
「九州沖縄食市」「東北食市」「中国四国食市」「関東甲信食市」「近畿東海北陸食市」「北海道食市」など地方酒場6店舗が集まっています。

11時から15時までは各店ランチメニューも色々。価格も1,000円前後が多くリーズナブルです。本日は豚肉専門店「豚の中西」にお伺いしました。

・佐助豚のひれかつ定食 ¥1,000
佐助豚のひれかつ定食
5分ほどで到着。ご飯、豚汁、スパゲティサラダ、お新香付き。ボリュームもしっかり有り満足感有ります。

岩手県二戸市で育てられた佐助豚のヒレカツはやや赤身を残し、柔らかく、しっとりした仕上がりで美味しい。
佐助豚のひれかつ
塩でも十分いただけそうでしたが、卓上に無かったのでソースで。衣はザックリ、この価格にして、とてもお得感のあるとんかつ定食でした。

また別の日にお伺いした「魚の浜恵」では・アジフライ定食 ¥800をいただきました。
アジフライ定食
ほうれん草のお浸し、魚のあら汁、柴漬け付きです。

アジフライは一尾は少し寂しいですが、身も厚くふっくらした仕上がりで美味。
アジフライ定食
味噌汁も各店で少しづつ違いがあり楽しいです。

また別の日にお伺いした「東北食市」ではご当地カレー・神代あいがけカレー定食 ¥1,000をいただきました。
神代あいがけカレー定食
秋田県東の仙北市神代(じんだい)地区のご当地グルメのあいがけカレーで、温玉といぶりがっこ(こちらは普通に福神漬けでしたが)の付け合わせがポイントだそうです。付け合わせは山形県名物の玉こんにゃくの煮物、味噌汁の味付けも甘めです。

左側はシメジなども入った昔風の具沢山カレー、右側はさらっとしたルーの現代風カレー。本格的なものですと2種のカレーの味の違いがもっとあると想像されます。
神代あいがけカレー
ライスは大盛りもできますが、普通サイズで注文。それでもカレーと共にけっこうなボリュームでお腹いっぱいになりました。

他店舗も特徴的なご当地メニューなどが色々ありましたので、順々にお伺いしてみたいと思います。また土日はランチが少し高くなるお店が多い銀座で、平日と変わらないお値段でいただけるのも嬉しいです(一部店舗は土日限定メニューです)。ごちそうさまでした!

「有楽町産直横丁」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ミセス・ダダ|銀座に新たなカレースポット登場/the 459th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」459日目、本日はカレーです。2019年11月にオープンしたカレー店「ミセス・ダダ」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、昭和通り近く「松楠ビル」の地下1階。
ミセス・ダダ
2つ前のお店がお洒落なイタリアンだったこともあり、それを生かしたカレー店らしからぬシックな内装。カウンター席、テーブル席の他、1人用テーブル席もあるのが嬉しいです。

ランチメニューは、定番のチキン、シュリンプ、ラムに日替わりがポークでした。本日は好物の・ラムカレー ¥1,000 をお願いしました。
ラムカレー
カレーですので素早く到着。羊肉もゴロッと入って見た目も素敵、カレー4種の中では辛めの設定ですが、サラサラのルーは食べている途中に水が必要なほどではありません。キレがあり、すっと引く辛さで、油が控えめなのか食後にもたつく感じもないのが良いです。美味。

通しで営業されているので、いつでもカレーがいただけるのも嬉しいのですが、15時から17時はカフェタイムとなっておりパフェなどもいただけます。

・チョコレートパフェ ¥800
チョコレートパフェ
インドのクラッカー「パパド」が刺さっているのがインド的ではあるものの、チョコとバニラアイス、フレーク、コーヒーゼリーなど素材は基本的にベーシック。カレーの後は甘いものが食べたくなるので、それが場所を移動せず実現するという嬉しさがあります。

ちなみにプレオープン中にいただいたのがこちら・シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り ¥1,000
シュリンプ(中辛)、牛すじスパイシーカレー(辛口)2種盛り
ワンプレートにマッシュポテト、ピクルスや何かわかりませんが美味しいソース、エディブルフラワーまで飾られ華やかな見た目。しっかりスパイスが効いてコクのある牛すじカレーに、比べて甘く感じるエビカレーでバランス良し。インドと日本のカレーのエッセンスがうまく融合した美味しいカレーライスです。

ディナーは普通のカレーの他に「アートオブカレー」と名付けられたメニューもあるようです。店名は芸術運動のダダイズム(既成概念に対する反抗などの主義を持つ)と関係あるのでしょうね。また別のカレーをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

スパイスラボトーキョー|新しいインド料理 モダンインディアンキュイジーヌとは/the 455th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」455日目、本日はインド料理です。2019年11月16日にオープンした「ジクロス ギンザ ジェムズ」の10階にオープンした「スパイスラボトーキョー」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、外堀通りとみゆき通りの交差点。
ジクロス ギンザ ジェムズの10階
地下1階-2階はゴルフショップの「テーラーメイド銀座」が入っています。

ブルーの椅子が印象的な落ち着いた雰囲気、テーブルに置かれた茶色のワイングラスがお水用、陶器製でずっしりしています。
スパイスラボトーキョー
シェフ始めスタッフの方に日本人はほとんどいらっしゃいません。なんと10ヵ国の方が働いていらっしゃるとか。多くの方が日々日本語勉強中です。

インド料理といっても「モダンインディアンキュイジーヌ」を掲げ、料理もコースのみ。ランチコースは¥3,300からありますが、本日は・スパイスジャーニー ¥6,600(w/o tax)というコースをお願いしました。

最初に世界的に有名なデンマークのレストラン「ノーマ」やインドのリゾートホテル「アマン」などでの経験があるというテジャス ソヴァニシェフから挨拶がありました。2分くらい話されていたが、ほとんど分からず。。。笑顔が可愛いですが、34歳に見えない風格。 メニューにはその料理の食材が書かれていますが、どのような形で出てくるか全く想像が付きませんが、インドを旅するような感覚を楽しめるコース構成となっています。

・寺院 Offering(捧げもの)クリスピーレンティ、3彩色のチャッツネ
寺院 Offering(捧げもの)クリスピーレンティ、3彩色のチャッツネ
炭で色付けしたココナッツ、トマトクミン、アボカドコリアンダーの3色チャツネにワダ、ヨーグルト。黒緑赤が歌舞伎の定式幕(市村座)を連想させるのも銀座らしいか(ちなみに歌舞伎座は黒赤緑の森田座仕様)。生姜、カレーリーフの香るスナックと最初からスパイスをふんだんに使った料理です。複雑な香りが面白い。

・カボチャのスープ
カボチャのスープ
味噌、バター、生姜、フェンネルの香り。ほのかに感じる味噌の使い方が巧く、シェフのバランス感覚の鋭さを感じます。

・街路 Pride(誇り)5バーラトの愉しみ
5バーラトの愉しみ
インドの屋台料理5品、パニプリ、紫蘇の天ぷら、ひよこ豆のケーキ、バターチキンのサモサ、、鴨のカバブ。 パニプリの中の水も梅、味醂、ミントを使用(普通は酸っぱい水)、ソースにワサビ、鴨肉にプルーンとマンゴーを合わせたりインドの屋台料理をアップデートした縦横無尽な組み合わせ。お味も抜群。

・湾岸 Bay
海老、ポテト、ニラと長ネギのマスタードソース
スパイスでマリネした海老、クミンの香りのポテト、ロブスター香るライス、ニラと長ネギのマスタードソース。透明な粒々フィンガーライムの酸味も爽やか。

・ロイヤル Royalty
タンドリーラムロイン、サフランソース
タンドリーラムロイン、サフランソース、ナスのムース、ほうれん草。このソースが絶品。14種のスパイスを使用しているそうですが、サフランの嗅覚をくすぐる香りが素敵。ラム自体の味は弱いですが、このソースで十分美味しくいただけます。今日一番の一皿でした。

・4種のクルチャ
4種のクルチャ
左からチキンとチーズ、ズワイガニとニラ、トリュフマッシュルームとトリュフ、バターと4種類のクルチャ。ケツルアズキのダルカレーや、先ほどのサフランソースに付けても美味。

・チキンビリヤニ
チキンビリヤニ
器も全て特注でしょうか。香りを感じやすい筒型形状です。

ライタ、ダルカレーを掛けていただきます。
チキンビリヤニ
蒸し方が上手いのか、バスマティライスがフワフワで香りも良く洗練を感じるビリヤニ。しかもクルチャ、ビリヤニはお代わりできます。もちろん両方フルサイズでお代わりいただきました。

・フェスティバル Bitter & Sweet Symphony
ターメリックとナツメグのアイスクリーム
ターメリックとナツメグのアイスクリームに4種のソースは、黒がエスプレッソとマスカルポーネ、紫がベリーとタイム、黄色がバニラビーンズとカスタード、オレンジがカボチャとカルダモン。 お勧めにしたがい全部一緒にいただきましたが、喧嘩せずに食べられます。アイスが美味しい。

最後のドリンクはコーヒー、紅茶ともに3種から選べます。 ・ミディアムダークロースト:アッティカン エステート
ミディアムダークロースト:アッティカン エステート
スタッフの方は普通のコーヒーです。とおっしゃってましたが、インドのコーヒー豆のよう。優しいけれど、独特の味わいで美味しいです。

インド料理というと渾然一体となったスパイスのイメージですが、各スパイスの個性を感じられるような味わい、スパイシーですが辛い料理は一切ありませんでした。和の食材を巧く組み合わせ新鮮さを感じるコース内容、インド料理は1品の量が多く、1名だとカルトで頼むのが難しいですが、コースで少しずつ出てくるのはとても有難いです。コース内容がどれくらいで変わるのかを聞き忘れましたが、またお伺いしたくなるインド料理店でした。ごちそうさまでした!

「スパイスラボトーキョー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
スパイス

銀座 ブラン亭|コリドー街に帰ってきたブラン亭!/the 435th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」435日目、本日はカレーです。2019年4月ビルの取り壊しのため、またしても閉店してしまったカレー店「ブラン亭」ですが、この度コリドー街の雑居ビルに移転し再オープンいたしました(移転前のブラン亭の記事はコチラ、移転前のブラン亭の移転前の記事はコチラ)。

場所は銀座7丁目、コリドー街沿いの雑居ビル「第26ポールスタービル」の4階です。

「鮨處やまだ」「和の菜彩 さとう」などが入っている建物です。2年ぶりにコリドー街に戻ってきたのですが、夜のコリドー街の変貌振りにとても驚いたそうです。

前店舗の半分ほどの広さでしょうか。引っ越し仕立てでテーブル配置など安定しておりませんが、スナック居抜きでなかなか味わい深い雰囲気です。

テレビも2台設置されカラオケも可能、東京オリンピックに向けて模様替えしていく予定だそうです。7月オープンですが度々お伺いしています。

・チキン、キーマ、謎カレー、バジルポーク 温玉乗せ ¥1,600

今回のお休みは2ヶ月ほどと短かったですが、久々のブラン亭のカレーは最高に美味しい! 謎カレーはサクランボとブルーチーズが入ってなかなかパンチが効いており辛さもグッド。中トロトロの温玉や色々な薬味と一緒に食べると最高です。お摘み的なバジルポークも、上品なお味で美味。 

・チキン、豆カレー ¥900

通常は2種類のカレーを選べてこのお値段。油控えめの優しいお味ですので、毎日食べても飽きません。

・豆、ラムカレー ¥900

ラムカレーはなかなかレア。力強いスパイス感で絶品です。

・キーマ、チキンカレー 目玉焼き乗せ ¥1,000

ビジュアル的にも目玉焼き乗せは素晴らしい。大好物のキーマカレーはピーマン、ズッキーニの夏野菜入り。季節やママさんの気分によるアレンジも楽しいカレーです。カレーの後は気持ちを込めて入れていただく・コーヒー ¥200 をいただきゆっくりするのが至福の時間です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。