銀座 元楽|以外に優しい背脂たっぷりラーメン/the 607h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」607日目、本日はラーメン店「銀座 元楽」にお伺いしました。

場所は銀座4丁目、東銀座、昭和通りの1本西側の通り沿いのビル1階。
銀座元楽
蔵前で1995年に創業したラーメン店の銀座店です。入ってすぐ右側に設置された券売機でチケットを購入、奥に長い店内はカウンター席のみ、お水はセルフです。

・元らーめん(醤油らーめん)¥720
元らーめん(醤油らーめん)
5分ほどで到着です。 これが噂に聞いた背脂ラーメン!白いのが背脂なのか、凄い迫力。背脂で見えませが、具はチャーシュー、玉子、ネギ、メンマ。

スープは甘めでコクはありませんが、見た目より脂感はなく美味、激甘なメンマがこのラーメンの雰囲気に調和、2時間半煮込んだというトロトロのチャーシューも美味。
元らーめん(醤油らーめん)
薄茶に色付いた、やや硬い太めの麺も食べ応えがあって良い感じ。初めての背脂ラーメン、大変美味しくいただきました。別の日にもう1種類のラーメンもいただきました。

・楽らーめん(塩らーめん)、ハーブぶためしセット ¥1,000
楽らーめん(塩らーめん)
背脂で隠れているため、見た目に違いがあまり感じられませんが、食べて見るとよりあっさり、個人的には味わい深い醤油ラーメンの方が好みです。

・ぶためし(登録商標)
ぶためし(登録商標)
細切れのチャーシュー、海苔、ネギの入ったシンプルな丼は、さらにゴマ油、特製タレを掛けていただきます。やや具が少なく感じましたが、よくかき混ぜて食べると美味、ラーメンスープを掛けて食べるのも背徳感が感じられて素敵。

きっと飲んだ後に食べたくなるラーメンってこういうラーメンなのではないでyそうか。 また「特製元ラーメン」をいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「銀座 元楽」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

菜香苑 銀座店|価格設定も魅力な中華料理店/the 606h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」606日目、本日はお手頃中華料理「菜香苑 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り沿い。
菜香苑 銀座店
1階に挽肉料理専門店「神徳」が入っているビルの地下1階です。

やや暗め、テーブル席のみのとてもカジュアルな店内。
菜香苑 銀座店
近隣で働いていると思われる方々で賑わっています。 ラーメン、半チャーハンセットも迷いましたが、本日は・黒豚餃子定食 ¥880 をお願いしました。全てのランチメニュー(定番4種、日替わり4種)が同じ価格です。

10分ほどで到着。ニンニク入りの定番餃子、サイズはやや大きめでしょうか。
黒豚餃子
このサイズで10個は後半少し飽きますが、ご飯に乗せながら美味しくいただきました。

・ご飯、玉子スープ、杏仁豆腐付き
ご飯、玉子スープ、杏仁豆腐
油がしみて少しテカりのある白飯もまた美味し。 杏仁豆腐もフルーツ入りで、価格とのバランスを考えるなかなかの満足感。最後にはアイスコーヒーまで付いてくるのが凄い。

別の日にお伺いしていただいた・五目チャーハン単品 ¥580
五目チャーハン単品
具材はあまり入っていませんが、価格にびっくり、玉子スープ、杏仁豆腐付きです。上に海老、玉子、ネギと焼き豚も少しだけですが入っています。ほぼ米なので、餃子同様、後半少し飽きがきますが、美味しくいただきました。

価格もお手頃で親しみのあるサービスも素敵なお店は、近隣で働く方々の味方ですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「菜香苑 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

中国名菜 銀座アスター 本店|老舗中華料理店の上品なランチコース/the 597h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」597日目、本日は中華料理、昭和元年(1926年)創業の老舗中華料理店「中国名菜 銀座アスター 本店」にお伺いしました。

場所は銀座1丁目、中央通り沿い、「銀座アスタービル」の1階。
中国名菜 銀座アスター 本店
1階にもテーブル席はありますが、メインダイニングは2階、銀座の老舗レストランらしい上質ながらも、落ち着いた堅実な雰囲気。アラカルトもありますが、本日は一番リーズナブルなランチコース・芙蓉 ¥5,500(サ別10%)をお願いしました。

・黒熟烏龍茶
黒熟烏龍茶
コースにセットの烏龍茶、少なくなると良いタイミングでお湯の継ぎ足しもしていただけます。

・調理長おすすめ前菜の盛り合わせ
調理長おすすめ前菜の盛り合わせ
クラゲ、天使の海老のマヨネーズ和え、湯葉巻き、ホタルイカ、名古屋コーチンのレモン麹和え、押し豆腐など。彩も綺麗で、どれも小さいですが丁寧に作られている印象です。

・ふかのひれと玉葱のポタージュ仕立て、貝柱風味
ふかのひれと玉葱のポタージュ仕立て、貝柱風味
そんなに量は沢山入っていませんが、ほぐしたフカヒレ入り。玉ねぎの甘みと貝柱のコクで奥行きを感じるお味。

・名古屋コーチンとアオリイカの炒め物、山椒の香り
名古屋コーチンとアオリイカの炒め物、山椒の香り
鶏肉に下にタケノコとも。食感の良く旨味もあるアオリイカは大好物、力強い名古屋コーチンとのバランスも良く美味。

・真鯛とハーブ三元豚と季節野菜のビーツとプラムの甘酢ソース
鯛とハーブ三元豚と季節野菜のビーツとプラムの甘酢ソース
揚げ物は酸味のある爽やかなソースと一緒に。真鯛も豚肉もカットが大きく食べ応えもしっかり、残ったソースはふわふわな饅頭に付けて美味しくいただきます。

・桜海老と野菜のスープご飯
桜海老と野菜のスープご飯
最後はタケノコなども入った滋味なご飯をサクサクといただきました。

・胡麻香るやわらか杏仁豆腐と小豆のココナッツミルク
胡麻香るやわらか杏仁豆腐と小豆のココナッツミルク
ゴマの香りがけっこう強く、杏仁豆腐としては甘さ控えめの落ち着いた味わい。けっこう量はありますが、食べやすくて良いです。

銀座に「銀座アスター」は松屋銀座内など3店舗ありますが、本店はやや価格も高め。サービスは丁寧ですがフレンドリー、客層も高めで銀座らしさを感じられるレストラ。トータルバランスでの安定感は抜群です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「中国名菜 銀座アスター 本店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

麺屋優光 銀座店|京都発、醤油ベースの貝出汁ラーメン/the 596h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」596日目、本日はラーメン、2022年2月19日にオープンした京都発のラーメン店「麺屋優光 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋通り沿い、「ニューギンザビル1号館」の1階。
麺屋優光 銀座店
グレーを基調したラーメン店としてはスタイリッシュな店内、カウンター席中心ですが、4人がけテーブル席が2卓あるのもユニークです。3種類のラーメンから2種をいただきました。

・淡竹 HACHIKU ¥850
淡竹 HACHIKU
一番人気という牡蠣、アサリ、シジミ、3種類の貝出汁を使ったラーメン。貝出汁と聞いていたので、貝の味が強めかと思ったらしっかり醤油ベースにほんのり貝出汁。麺は全粒粉を使った歯切れの良い変わった風合い、柔らかいチャーシューに、珍しい姫竹のメンマも美味。

・鶏餃子セット ¥250
鶏餃子セット
にんにく不使用、こちらは予想したより鶏レバーのような味わいしっかりでした。

・ハーフラーメン + 炙りレア焼豚丼セット ¥950
ハーフラーメン + 炙りレア焼豚丼セット
炙って香りを出した焼豚を使用したミニ丼、角切りカットで歯ごたえ良く小さいですが、食べ応えがあります。

・真竹 MADAKE(ハーフサイズ)
真竹 MADAKE(ハーフサイズ)
ハーフサイズといってもトッピングは同じで麺の量が少ないだけ。貝出汁ラーメンのベースとしても使用されている醤油スープのラーメン。スープの色は黒いですが、食べてみると意外にあっさり、上品なお味のラーメンでした。

お店の雰囲気も明るく、サービスもラーメン店らしからぬ細やかさ、女性の1人客が多いのも納得です。また残る1つの味の濃い醤油ラーメン「黒竹 KUROCHIKU」もいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「麺屋優光 銀座店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。