資生堂パーラー、ピエールマルコリーニ、デリーモetc.|2019銀座 初夏のパフェ色々/the 429th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」429日目、本日はパフェです。イチゴの季節も終わり、初夏のフルーツパフェが色々と登場しています。フルーツを使ったパフェが美味しい5店を一度にご紹介いたします。

まずは毎月変わるパフェが楽しみな「資生堂パーラー サロン ド カフェ」、6月限定の・静岡県袋井地区産 クラウンメロンのパフェ ¥1,980

マスクメロンの王様クラウンメロンをたっぷりと使用。フレッシュ、シャーベット、ピュレ、ゼリーと余計な素材は使用せず、メロンのみを堪能できるパフェです。


途中のバニラアイスが出てきたら抹茶ソースで味変できるのは嬉しいです。資生堂のパフェを支えているのは、フルーツの上質さもありますが、バニラアイスの素晴らしさではないでしょうか。サービスも上質、いつもながらラグジュアリーでとても美味しいパフェでした。

続いては松屋通り沿いの「キットカット・ショコラトリー 銀座本店」、久しぶりの新作パフェは・マンゴータピオカパフェ ¥1,800(w/o tax)

刺さっているキットカットは、火山島のカカオから作られたサブリム ボルカニック3種のうちの・パプアニューギニア カルカル、少しフルーティーな感じでマンゴーと良く合っています。

パフェの構成はいつもながらシンプル。

インド産のアルフォンソーマンゴー、生クリーム、バニラアイス、マンゴーソース、スポンジケーキ、タピオカ。爆発的ブームのタピオカの必要性はわかりませんが、食べ応えのある美味しいパフェでした。ごちそうさまでした!

3店目は東京ミッドタウン日比谷地下1階のカフェ「パティスリー&カフェ デリーモ 日比谷店」 、ショコラティエの江口和明氏プロデュースのチョコレートとフルーツを組み合わせたパフェがいただけます。

本日オーダーしたのは期間限定の・メランジュフリュイ HIBIYA チェリーメロン ¥2,500(w/o tax)

どのパフェにもチョコレートソースが付くのも特徴です。ワイングラスに入った華やかで綺麗なビジュアル。フルーツは赤肉メロンにさくらんぼ、中にもメロンが沢山入っていますが、ジューシーで甘くて美味しいです。

甘いメロンやチョコレートクリームに対し、ヨーグルトアイス、さくらんぼアイス、オレンジピールの酸味でバランス。個人的にはこの程度の優しい酸味が好み。

下部にはポートワインで煮込んだグリオットチェリー、シャンパンゼリー、ベリーのフィヤンティーヌ、ポートワインコンフィで大人っぽく〆。 全体的な味のバランス良く、クランブルやフィヤンティーヌの食感のアクセント、別添えのチョコレートソースも掛けながら飽きずに完食。ごちそうさまでした!

4店目はベルギー発のチョコレート店「ピエールマルコリーニ 銀座店」、銀座店では初登場のパフェがこちら。

・マルコリーニ ピーチパフェ ¥1,620

上にはピーチのチョコレート、クリーム、ピーチゼリー、ピーチシャーベット、ピーチのコンポート、ホワイトチョコレートアイス。甘酸っぱいと説明に記載してありましたが、酸っぱさより甘み強めで安心しました。一番上のジャムのような雰囲気もあるピーチゼリーが味濃く、チョコレートアイスは流石の美味しさ。


 アドバイスにしたがった全体を混ぜていただいてみると、ザックリと入ったアーモンドの食感と香り、フランボワーズソースの優しい酸味も加わり美味!マルコリーニのパフェの中では軽やかな印象、サイズも大きくないので全く飽きることなく、あっという間に完食です。ごちそうさまでした!

最後の5店目は銀座で最もお気に入りのカフェ「リール銀座」の美しいパフェ・アーリーサマーパフェ ¥2,000

2016年にリール銀座初のパフェとして提供された記念すべき一品。オレンジ、グリーン、イエロー、ピンク、レッドと柔らかいパステルカラーでスタイル抜群のスタイリッシュなビジュアルです。 ジンとライム香るウ ア ラ ネージュ、完熟マンゴー、グレープフルーツのグラニテ、グランマルニエのアイス、フランボワーズのムースアイス、一番下はフルーツが入ったマスカットと白ワインのゼリーです。


1つ1つの素材がとても完成度が高く、春から夏への季節の変わり目にぴったりの爽やかさ。スグリのシャープな酸味がアクセントなった大人なパフェ、美味しくいただきました。

カフェ、喫茶店、チョコレートショップなどが多い銀座。色んなお店のパフェを食べ比べてみるのも楽しいです。初夏は見た目も涼しげなメロン、マンゴーを使ったものが多いようです。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ローマイヤレストラン 銀座店|帰ってきたローマイヤでハンバーグランチ/the 428th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」428日目、本日はハンバーグ、2019年3月にオープンした「ローマイヤレストラン 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い。2012年まで銀座の別の場所で営業されていたので復活とも言えます。

「ローマイヤ」は1921年にドイツ人アウグスト ローマイヤが創業した食肉加工メーカー、並びに老舗レストラン「銀座ローマイヤ」、日本のロースハムの元祖だそうです。

新しくオープンしたこちらは、原点回帰でローストビーフとドイツビールがメイン。店内はシンプルで落ち着いた雰囲気、カウンター席も4席ありますので、そちらに落ち着きます。

現在ランチメニューはガレット、ハンバーグ、クロックマダムなど6種類。本日は・自家製手ごねハンバーグ 和風大葉おろしソース セット ¥1,080 をお願いしました。

まずはシンプルな・サラダ、コンソメスープ

野菜も新鮮で美味しいです。

10分ほどでハンバーグも到着。「器が熱いのでお気をつけ下さい」との注意があります。取っ手までとても熱いので本当に注意が必要です!

ほうれん草、玉ねぎ、トマト、ジャガイモと野菜も沢山入っているのが嬉しいです。

ハンバーグは粗めの肉々しいものでニンニクもしっかり効いており味も濃いめで迫力有り。

食べごたえも十分、昔ながらの美味しいハンバーグです。

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
この場所はお店の入れ替わりが激しいので、今度は長続きしていただきたいと願います。またガレットをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「ローマイヤレストラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

ハンバーグでもう1店、銀座6丁目、数寄屋通り沿い「はしご」が入っているビルの5階にあるバー「東京マイプレジャー」のランチにお伺いしました。

古いビルから想像するより明るい店内、レトロなスナックのような懐かしさのある店内、カウンターが中心ですが、奥にはゆったりテーブル席もあります。オーナーが名古屋の方ということで名古屋喫茶店名物の鉄板ランチ、スパゲッティ、ハンバーグ、ビビンバの3種類でどれも¥1,000です。

本日お願いしたのはスパゲッティとハンバーグ両盛り・鉄板ミックス ¥1,500

下には薄焼き卵が敷かれてボリューム満点、お箸でいただくのがお流儀だそうです。ハンバーグ、ナポリタン共に柔らか食感ですが、それがこの感じには良く合っています。単なる味を超えた魅力のある名古屋伝統料理です。美味。

そして・名古屋コーチンの玉子 +¥150を乗せた玉子ご飯は、間違いのない美味しさ。

何故に名古屋コーチンかといえば同じ通り沿いにある「東京やきとり亭」の姉妹店だだから。実行しませんでしたが、ハンバーグを乗せても良さそうです。

丁寧で爽やか、雰囲気良いスタッフの方がしっかり作って下さいます。お一人で切り盛りされているので、一度にお客様が沢山いらっしゃると時間がかるかもしれません。時間に余裕のある時に是非。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 天麩羅 おばた|色んなものを少しづつ、楽しく嬉しい天ぷら店/the 427th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」427日目、本日は天ぷらです。「天麩羅 おばた」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋橋通り沿い、東建ビルの地下1階です。

ビルの左側が地下への入り口です。入って奥が「天婦羅おばた」、手前が当ブログでもご紹介させていただいた寿司店「銀座 凛 にしむら」です。

お隣同様、カウンター5席のとてもコンパクトな店内、4名で貸切も可能です。

現在ランチは¥8,000、¥10,000の2種、本日は・おまかせ天ぷらコース ¥10,000(w/o tax)をお願いしました。

最初に本日いただく食材を見せていただけます。

どれも美味しそうですが、野菜もいっぱいで嬉しくなります。

こちらは琵琶湖からやってきた稚鮎です。

元気すぎて飛び出すハプニングがありましたが、尾畑大将が優しくナイスキャッチ。

天ぷらの前に小さい小鉢がなんと8品。「天ぷらの前にお腹いっぱいになっちゃうよ」というクレームも納得です。

・茶碗蒸し、生ハムサラダ、マグロ刺身、おかひじき、トリガイと水ナス

茶碗蒸しはほんのりトリュフの香り、サラダのナッツドレッシングも美味しいです。

・お新香とほうれん草、トマト、オクラ

彩や盛り付けも繊細でとても美しいです。それもそのはず尾畑大将は山の上ホテルなどで和食経験20年以上のベテラン。色々なものを少しづつ食べてもらいたいそうです。続いて天ぷらがスタート。

・エビ足とそら豆、金針菜、コシアブラ、ゴマ豆腐

エビ足に添えられている黄色いものはカラスミ塩。油は太白ごま油、太香ごま油にアメリカのものを少しブレンドして使用。香りも強くなく、綺麗な薄衣で重たさは全く無し。沢山種類が出ました。

・車エビ

車エビは一般的なものよりやや大振り、プリプリで食べ応えもあります。

・島らっきょう、黒皮南京、アスパラガス、ブラウンマッシュルーム、花ズッキーニ

島らっきょうは香り良くシャキシャキで暑い日に最高、コリコリで甘みの強い黒皮南京も印象的。

・稚鮎

先ほどまで元気に泳いでいた稚鮎、小さいですがしっかりと苦味があります。

・焼タチウオ

ここでちょっと変化球。これからの時期、脂が乗って美味しいタチウオです。

・メヒカリ、ヒメコダイ

どちらも一夜干し、特にメヒカリが激甘ジューシーで絶品でした。

・メゴチ、ホタテ、ハモと赤ナス海苔餡、アマダイ

江戸前天ぷらでは主役級のメゴチもこの時期、ふっくらで美味しい。ホタテも甘みが強く、アマダイはサクサクの鱗がたまりません。天ぷらもただ揚げて出すばかりではなく、タネによっては一手間を加えていただけるのが嬉しいです。

・ノドグロ、じゅんさい、ウニ、新タマネギのかき揚げ

大きめカットのノドグロも脂は乗っていますがクドさはなく美味。その後にさっぱりしたジュンサイを出してくれる心遣いも嬉しいです。筋斗雲のような形の新タマネギもサクサクで甘いスナック感覚。

・アナゴ

アナゴはワサビと醤油塩で。こちらもふっくらした仕上がりで美味しいです。

・エビかき揚げ天丼

締めのエビ天丼はまだまだいけそうなお腹を考慮していただき、ウニイクラ乗せのダブル仕様!1つは天丼で、1つはお出汁を掛けて天茶でいただきました。

最後は・リンゴとマンゴーのヨーグルトまでしっかりいただきました。

天ぷら23種、天ぷら以外11種の合計34種と段違いの品数数。これだけの種類をこの価格でいただけたら満足感は十分です。

天ぷら店としては料理の幅が広いのは、尾畑大将が和食店の経験がとても長いからということと、少しずつ色々なものを沢山食べていただきたいという心意気でしょうか。物腰も柔らかく、お話もお上手なので、1人でもリラックスして楽しく食事がいただけることは間違い無し。銀座としては良心的過ぎるお店です。 是非季節ごとにお伺いしてみたい素敵な天ぷら店でした。ごちそうさまでした!

「天婦羅 おばた」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。