アンバー銀座、サイエン|新しい飲食店の形−ギンザステップス/the 494th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」494日目、本日は銀座7丁目、花椿通り付近に2020年7月7日オープンした飲食ビル「GINZA STEPS  ギンザステップス」にお伺いしました。 

飲食ビルと言っても場所が非常にわかりにくいです。花椿通りのパン屋「ポンパドール」と「ショコラトリー タカス 銀座店」の間の路地。
GINZA STEPS  ギンザステップス

その途中に突然綺麗な建物が出現、「ギンザステップス」です。4階建てですが、階数ごとに仕切りがなく緩やかに繋がっています。
GINZA STEPS  ギンザステップス
現在2階がイタリアン「アンバー銀座」、3階がカレー店「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、4階が銚子市と川越市の食材専門店「江戸フィール」となっています。カレーとパスタをいただきました。

まずは「SAIEN〜野菜の声が聴こえる信州カレー」、店名の通り信州の野菜を沢山使ったカレーをいただけます。スープカレーですが、ベースは2種(野菜、魚介だし)、具も色々選ぶことができます。

本日は・SAIENオリジナルスープ、SAINEオリジナル野菜、小ライス ¥1,200(w/o tax)をお願いしました(キャシュレス決済のみ対応、現金使用不可)。
SAIENオリジナルスープカレー
ジャガイモ、カブ、インゲン、サヤエンドウ、トマト、水菜など野菜たっぷりです。野菜の甘みとトマトの酸味を感じられる優しいスープに、野菜もそれぞれの味をしっかり感じられるように仕上げられています。

シャキシャキのレタスにカレーを付ける食べ方もユニーク。
SAIENオリジナルスープカレー
長野市の八幡屋礒五郎の七味ガラムマサラを使用し、辛味、スパイス感はそれほど強くないカレーですが、自分で調節も可能です。油をあまり使用されていないので、食後感が爽やかなのも素敵なカレーでした。

サービスで・やおやごはん 畑のはみだしもん3点セットもいただきました。
やおやごはん 畑のはみだしもん3点セット
形、サイズなどの問題で市場に出荷できない野菜を有効活用。切り干し大根、ほうれん草と椎茸、ニンジンとアーモンドとレーズン。ヘルシーなお酒の摘みにも良さそうです。ごちそうさまでした。

次の日、2階のイタリアン「アンバー銀座」にお伺いしました。4種類ほどから選べるパスタランチを提供されています。

・銚子サバソースのスパゲッティ ¥1,000
銚子サバソースのスパゲッティ
銚子のサバの使用など施設内のレストランが色んな所で繋がっていることが想像されます。麺は生パスタですが、頗るもちもち感で特徴あります。サバ感もかなり強く、独特の麺と合わさると、けっこう食べ応えもあり、青魚好きには嬉しいパスタです。

・フォカッチャ
フォカッチャ
まだ20歳半ばというお若いシェフがもちもち好きなのか、自家製パンももちもちしっとりでした。せっかくなのでデザートも追加。

・ティラミス ¥200
ティラミス
定番の美味しいティラミスで、熱いコーヒが飲みたくなりましたが、現在マシン準備中だそう。和牛カルボナーラなども美味しそうでしたので、コーヒーマシンが設置されたらまたお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「Amber GINZA アンバー銀座」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
GINZA STEPS  ギンザステップス

ニーケ|体と心に優しいサラダランチ/the 493th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」493日目、本日は銀座1丁目、木挽町中通り、京橋公園迎いに2019年9月にオープンしたダイニングバー「ニーケ」にランチ訪問いたしました。 

外に開かれた明るい店内は奥がカウンター席、手前がテーブル席、 壁面には綺麗な写真が飾られています。

というのもこちらは写真素材提供会社のアフロ経営。愛と美の女神アフロディーテと勝利の女神ニーケと納得のネーミング。

ランチメニューは、牛ハラミプレート、サラダランチ、ガパオライス、魯肉飯(ルーローハン)など。本日は・ジューシーチキンサラダプレート ¥1,000 をお願いしました。

・キャロットラペ
キャロットラペ
おまけのような一品ですが、クルミが入っており、嬉しくなります。サラダプレートも5分ほどで到着。

・ジューシーチキンサラダプレート
ジューシーチキンサラダプレート
冷製コーンスープ付き。アボカド、トマト、マッシュルーム、ゆで卵にレタスたっぷりの良い感じのボリューム。上に乗った柔らかいチキンも美味しく、かなり満足感のあるサラダランチです。

別の日のオーダーは・魯肉飯(ルーローハン)¥1,000
魯肉飯(ルーローハン)
スパイス感はそれほど強くなく、優しい日本的な仕上げになっています。ご飯が間違いなく進むお味で美味。こちらにもサラダがたっぷり付いているのもグッドです。せっかくなのでデザートもオーダー。

・ヌガーグラッセ ¥300
ヌガーグラッセ
ビーツで色付けした可愛いピンク色、ナッツの食感が良く軽やかで美味しいです。最後はセルフですが、セットの美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

夜はシャルキュトリ、鶏肉のコンフィなどフレンチベースの料理や、親しみの湧く唐揚げ、カキフライなどがリーズナブルな価格でいただけます。サービスも丁寧で明るく、とても快適な時間を過ごせる、体にも心にも良いお店です。ごちそうさまでした!

「ニーケ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

マイモンギンザ、わらやき屋 銀座店|コンセプトが楽しいDD系レストラン/the 492th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」492日目、本日はこのような状況の中、ランチ営業を始められた2店のレストランにお伺いしました。どちらもレストラン会社のダイヤモンドダイニング系列です。

1店目は銀座8丁目、コリドー街沿いにある牡蠣とイタリアンのお店「マイモン ギンザ」にお伺いしました。夜のお店ですので、店内暗めの落ち着いた雰囲気です。ミックスフライ、パスタなど夜のメニューがお得なランチ価格でいただけます。

・サラダ、コンソメスープ付き
サラダ、コンソメスープ
いただきながら待つこと10分ほどでメイン到着。

・うな玉濃厚クリームスパゲッティ ¥1,000(通常¥2,000)
うな玉濃厚クリームスパゲッティ
薄焼き卵焼きにウナギの蒲焼きが乗った間違いなく美味しそうなビジュアル。ソースは想像したホワイトクリームと違い、ウナギのタレのような感覚のブラウンソースでした。この価格でウナギをいただけるのは嬉しいです。ごちそうさまでした!

「マイモンギンザ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

2店目は銀座6丁目、外堀通り沿い、トリプル銀座対面の能楽堂ビルの6階の「わらやき屋」にお伺いしました。カツオの藁焼きが有名な高知県の食材を専門に扱う居酒屋です。木を沢山使った薄暗い店内には、アップテンポよさこい節がエンドレス。

ランチメニューはカツオ漬け丼、しらす丼、唐揚げなどもありますが、本日はお勧めの・藁焼きカツオ御膳 ¥1,000 をお願いしました。内容とても豪華で驚きました。

・カツオの塩たたき(藁焼き)、カツオの刺身
カツオの塩たたき(藁焼き)、カツオの刺身
燻製香が素敵なカツオの藁焼きは塩にんにく、刺身はワサビと高知の甘い醤油で。どちらもカツオの味もしっかりして美味しいです。

・カツオのお腹の唐揚げ、鶏肉の藁焼き、川海老の唐揚げ、どろめ(イワシ稚魚)ポン酢
カツオのお腹の唐揚げ、鶏肉の藁焼き、川海老の唐揚げ、どろめ(イワシ稚魚)ポン酢
カツオのお腹の唐揚げは、もはや鶏肉のよう。高知満喫です。

ご飯には小瓶に入ったカツオ辣油をたっぷり掛けて。
カツオ辣油
アオサの味噌汁、サラダ付き。この価格でこの内容は素晴らしい。ディナーメニューやアルコールも頼めるので気になった料理を追加。

ウツボの唐揚げ ¥860
ウツボの唐揚げ
ウツボは初めていただくかも。滑らかなニュルっとした食感が面白く、ほんのり甘み、サクッとした唐揚げに良く合う身質。コラーゲンもたっぷり含まれているようで、美容にも良さそうです。美味。

美味しいカツオと高知の食材を沢山いただけて、大満足のランチでした。ビルの外に看板も置けず、あまり知られていないようで空いています。少人数のスタッフでの営業のようですが、皆様元気で、感じも良いお店でした(残念ながら6月いっぱいでランチ営業は終了)。

ダイヤモンドダイニングの系列店は銀座に沢山ありますが、ヴァンパイアの世界を楽しめる「ヴァンパイアカフェ」なども有名です。ごちそうさまでした!

「わらやき屋 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀べゑ ギンザバーガー、スペリオリティーバーガー|変わり種でも美味しいハンバーガー/the 491th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」491日目、本日は少し特殊なハンバーガーショップ2店をご紹介いたします。

1店目は銀座7丁目、数奇屋通り沿いの焼き肉店「牛屋 銀兵衛」が同店舗内でランチに営業を始められた「銀べゑ ギンザバーガー 銀座店」
銀べゑ ギンザバーガー 銀座店
現在は火水木曜日のみの営業、テイクアウト、デリバリーも可能です。基本バーガーのパティは1種でダブルやチーズ入りが可能。本日は・黒毛和牛チーズバーガー ¥1,400(w/o tax)、サイドメニューは定番のポテトフライもありますが、サラダをお願いしました。

10分ほどで到着。黒毛和牛100%、150gの厚いパティは存在感十分。
黒毛和牛チーズバーガー
厚過ぎて少し食べにくいですが、頑張って頬張ります。チェダーチーズにレタス、オニオンソースのシンプルな具材と味付けではありますが、牛肉専門店だけにパティがとても美味しいです。

そしてバンズもけっこういける、と思ったら、ハンバーガーのバンズで有名な新宿の「峰屋」のものだそう。
黒毛和牛チーズバーガー
シングルでもボリュームも十分で満足感のあるバーガーでした。 ドリンクも付くので最後は熱いほうじ茶をいただきゆっくりさせていてだきました。

ベースが夜の店なので店内は薄暗めですが、スタッフの方々は明るく元気で楽しいランチタイムを過ごせました。新バーガーも開発中ということなので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

2店目は銀座7丁目、すずらん通り沿いの「トリバコーヒー 銀座本店」で2020年6月27日(土)まで開催しているニューヨークの「スペリオリティーバーガー」とのPOP-UP ストアにお伺いしました。
スペリオリティーバーガー POP-UP ストア
日本では渋谷区神宮前に店舗があるヴィーガンバーガー店、流行りのヴィーガン仕様のものをいただくのは初めてなので楽しみです。バーガーメニューは・バーガー、サラダセット ¥1,200 のみで、どちらも2種類から選択可能。

本日は・スペリオリティバーガー、フジッリサラダのセット をお願いしました。
スペリオリティバーガー、フジッリサラダ
固めに茹でられたフジッリパスタのサラダは、ほうれん草と乾燥豆腐?入り。辛味がけっこう効いています。バーガーは手にしっくり馴染むサイズ感。パティはキヌア、ヒヨコ豆などの穀類と野菜をミックスした作られており、食感はコンビーフっぽく一般的なものとは違います。

ただ味はスパイスをうまく効かせており美味しく、香りも楽しめ、食べやすいのも良いです。ほの甘くふわふわのバンズも上質で、こちらも乳製品、卵を一切仕様していないのは驚きです。
スペリオリティバーガー
 肉を使ったものに比べると腹持ちは良くないのですが、チーズソースにピクルス、ドライトマトもアクセントとなったバーガーの一体感は素晴らしい。一緒に購入した・ブレンドコーヒー ¥300 も柔らかい日本的なお味で、バーガーとも良く合いました。

人気が出るのも納得の美味しいバーガーでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。