アメリカンオプチカルの希少なメタルフレーム

本日は、1833年にマサチューセッツ州サウスブリッジで創業、現存する世界最古のメガネブランドAmerican Optical-アメリカンオプチカルのメガネをご紹介いたします。

American Optical 101  Wellsworth  col*01 Gold

アメリカンオプチカルのヘキサゴン型の名作を日本向けにアレンジして復刻。顔なじみの良いシャープで上品なデザインはビジネスシーンにも最適です。

テンプルの内側に「12KGF 1/10」とありますが、こちらは「12金 GOLD FILLED=金張り」の意味。「1/10」の表記は全重量中、12金が1/10使われているということです。
102_1_2
軽量で錆びに強いチタンをベースとして、金メッキよりかなり厚めに金合金がコーティングされていますので、非常に色が剥げにくい高品質仕様です。

American Optical 101  Wellsworth  col*02 Silver

他アンティークゴールドも在庫がございます。

ブリッジやテンプルなどに施された深堀の彫金がとても綺麗です。
102_2_2102_3_2
玉型違いのオーバルタイプもございます。

American Optical 102  Wellsworth  col*01 Gold
102_1
顔なじみの良い綺麗な卵型。性別問わず掛けていただけるメガネです。

American Optical 102  Wellsworth  col*02 Silver
102_2
廃番モデル、各1点のみの在庫です。気になる方はお早めにどうぞ。是非店頭にてお試しくださいませ。

American Optical-アメリカン・オプチカルについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。アメリカン・オプチカルのメガネは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

ボーソレイユ C101, C106 バランス抜群のコンビフレーム

フランス、ナントのアイウェアブランド「フレデリック・ボーソレイユ」のメガネをご紹介いたします。

FREDERIC BEAUSOLEIL C106 col*Noir
FREDERIC BEAUSOLEIL C106 col*Noir
男女と問わずお勧めできるバランスの良いサイズ感、スタイリッシュなコンビネーションフレーム。スクエアデザインはキツイ印象に見えてしまう場合もありますが、柔らかい雰囲気を醸します。軽量で掛け心地も良く、個性はありますが、上品にナチュラルに掛けられるメガネです。2色入荷しました。

FREDERIC BEAUSOLEIL  C106 col*Red
FREDERIC BEAUSOLEIL  C106 col*Red

男性にもお勧めできる赤フレーム、プラスチック部分はネイビーです。
FREDERIC BEAUSOLEIL  C106 col*Red
金属部分はマットカラーなので、顔馴染みも良し。

FREDERIC BEAUSOLEIL  C101 col*Khaki

こちらはクラウンパント型、上部のみにプラスチックを配置し、サーモントブローフレームと組み合わせたようなユニークな表情のメガネです。是非店頭にてお試し下さいませ。

FREDERIC BEAUSOLEIL-フレデリック・ボーソレイユについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。フレデリック・ボーソレイユのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

TonySame TS-10734 セルロイド製の細フレーム

掛け心地に非常に定評のあるブランド TonySame-トニーセイムの定番モデルが再入荷しました。

TonySame TS-10734 col*漆黒

フロントにセルロイド、テンプルにチタンを使ったオーバルフレーム。アセテートより密度の高いセルロイドを使用することで、この細さが実現されています。3色入荷しました。

TonySame TS-10734 col*紅縞

TonySame TS-10734 col*橙縞

当時のセルロイドは黒やクリア、べっ甲柄といった定番色しかありませんでしたが、セルロイドとは思えない鮮やかさも新鮮です。掛け心地の抜群、年齢性別問わずお勧めです。是非店頭にてお試し下さいませ。

TonySame-トニーセイムについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。TonySameのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。

チーズ&ワイン 村瀬|体にも優しい自然派レストラン/the 526th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」526日目、緊急事態宣言が再発令され20時までしか営業できなくなってしまった飲食店、再びランチ営業を始められるお店も増えました。本日はそんなお店の1つ「チーズ&ワインレストラン 村瀬」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、ギンザシックスの裏側の通り沿い。
チーズ&ワイン 村瀬
ウナギ屋の名店「ひょうたん屋 銀座6丁目店」のお隣です。

広くない店内、入って右側がカウンター席、左側がテーブル席。
チーズ&ワイン 村瀬
店内にニュージーランドやオーストラリアの地図が飾られていますが、ニュージーランド、オーストラリアワインを豊富に取り揃えているから。ランチメニューはパスタ、カレー、グラタン、サラダなどが用意されています。

・ジャガイモのグラタン ドフィノア風(小)
ジャガイモのグラタン ドフィノア風
ランチタイム(12時〜16時まで)はグラタンが無料で付きます。ジャガイモのホクホク感が良いシンプルなグラタン。寒い季節に嬉しいです。

せっかくワインのお店なのでワインもいただきます。ニュージーランドワインの特徴は、自然の中で丁寧に作られたオーガニックなワイン作り。シェフソムリエの村瀬さんの説明からもニュージーランド愛が伝わります。その中からお勧めをいただきました。

・キムラ セラーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2020 ¥1,300
キムラ セラーズ/ソーヴィニヨン・ブラン2020
日本からニュージーランドのマールボロ地方に移住した木村滋久さんが2009年に設立したセラーのもの。柑橘っぽいニュアンスで甘みの少なくキレが良い。味も美味しいですが、飲み口の良さ、体への優しさが感じられるのが素敵な白ワインでした。

・シーザーサラダ ¥1,500(w/o tax)
シーザーサラダ
ミモレット、ペコリーノ、グリュイエール、コンテ、パルミジャーノ レッジャーノの5種類のチーズを贅沢に使ったサラダ。グリュイエールとコンテ、卵を使ったソースタイプのドレッシングがとても美味しい。

・スパイシー チキン&野菜カレー ¥1,800
スパイシー チキン&野菜カレー
1時間炒めた玉ねぎ、14種類のスパイスを使い6時間煮込んだスパイスカレー。ご飯は雑穀米、野菜も沢山入って体にも良さそう。辛さはそれほどではありませんが、じわじわ体が温まります。

・自家製マスカルポーネアイス ¥600
自家製マスカルポーネアイス
初めて食べるタイプの滑らかでない、そして甘みがとても控えめなアイスですが、優しくて自然なチーズの美味しさを味わえます。上のココアパウダーの苦味が少しだけ入ったコーヒーリキュールと良く合います。

オーガニックが当たり前というニュージーランドを愛されているだけあり、料理も美味しいのはもちろんのこと、手作り感が有り、体にも優しくとても好みでした。単純にランチと考えるとお値段は高く感じますが、もともとディナー専門のレストランで手間をかけて作られていることを考えると満足感は十分得られます。またチーズを使った「ラクレット」など別のメニューもいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「チーズ&ワインレストラン 村瀬」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。