まぐろカツサンド専門店 幸也|やま幸の本マグロを手軽に/the 569th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」569日目、本日は珍しいマグロカツ専門店、2021年10月4日にオープンした「マグロカツ専門店 幸也(ゆきや)」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、「ギンザステップス」の1階。
ギンザステップスの1階
お祝いの花が沢山。テラス席があるので、そちらでいただくことができます。

「ギンザステップス」は花椿通り沿いの路地の奥にあり場所が分かりにくい。
まぐろカツサンド専門店 幸也
ニューコンパルビルのパン屋「ポンパドール」と「ローズギャラリー」の間の道の奥です。

・まぐろかつサンド、大葉とチーズ ¥1,400
まぐろかつサンド、大葉とチーズ
味付けは塩、しば漬けタルタル、ポン酢、ごまソースの4種から選べますので、タルタルを選択。かなりマグロのインパクトが強く、マグロ好きには嬉しいお味。大葉の香りとチーズとタルタルソースのコクが加わり美味。しば漬けと大葉で和風なテイストも良いです。

ちなみに使用しているマグロは、高級寿司店や和食店でよく使用されている鮪仲卸「やま幸」の国産天然本マグロのみ。
まぐろカツサンド専門店 幸也
今日のマグロは青森県大間産。続いてハンバーガーもいただきました。

・まぐろメンチかつバーガー ¥1,350
まぐろメンチかつバーガー
具はキャベツ、ごまソースとしば漬けタルタルソース。こちらはマグロカツではなくマグロの中落ち(骨の周りの身)、レンコン、大葉、ネギなどを合わせた特製マグロメンチカツ。あっさりしていながらもマグロの力強さが感じられ、レンコンの食感がアクセント。オーナーは女性なのですが、女性料理人らしい繊細さも感じられ、ふわふわのバンズも甘みがあって美味しいです。

ほとんどのメニューでテイクアウトも可能、情勢的に難しいですが、まぐろカレーの入ったホットサンドなど食べ歩きに向いたメニューもあり。ビーフやポークカツよりも後味がよく、ヘルシーなのも魅力ですね。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「まぐろカツサンド専門店 幸也」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
まぐろカツサンド専門店 幸也

銀座レガル|出世街道 隠れ家バーのスペシャルランチ/the 548th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」548日目、レストランでお酒を提供してはいけないこういった世の中ですので、ランチ営業を始めるお店が増えています。本日は洋食バー「レガル」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、並木通りと見番通りの間の出世街道と呼ばれる小道にある一軒家。写真は並木通り、画廊とクラブの間が出世街道です。
銀座レガル
この道を、行けばわかりますが、まっすぐ行くと国会通り、国会議事堂へと辿り着けます。田中角栄氏など多くの政治家が出世街道を通り、国会議事堂(永田町)に通ったということからこの名前が付いています。

見番通りから。出世街道にぴったりの店名「Regal」の黒い看板、リーガルでなくレガルと読むそう。
銀座レガル
寿司店「小笹寿し」、フレンチ「カシュカシュ」、おでん屋「魁」など名店が並ぶ通りです。通常は洋食が美味しいワインバーとして営業、落ち着いた雰囲気の店内、1階はL字型のカウンター、2階がテーブル席となっています。ランチメニューを色々いただきました。

・サラダ、コーンスープ
サラダ、コーンスープ
全てのランチにサラダ、スープ付き。新鮮サラダも一手間かかっているのが嬉しい。

・和牛ハンバーグ、デミグラスソース(ライス付き)
和牛ハンバーグ、デミグラスソース
目玉焼きが乗った嬉しいビジュアル、クレソン、ポテトフライ、ニンジンのグラッセ、ラタトゥイユ付きの理想的なハンバーグです。

トロリの流れ出る黄味とハンバーグは視覚にも良く、デミグラスソースは野菜と絡めても美味。
和牛ハンバーグ、デミグラスソース
ハンバーグは固過ぎず、柔らか過ぎずのバランスも良く、もちろんハンバーグ・オン・ライスも楽しみました。

・特製ナポリタン ¥1,000特製ナポリタン
ベーコン、シメジ、ピーマン、玉ねぎ、トマトなど具もけっこう入っており食べ応えは十分、生クリームを使用しており、まったりした酸味控えめソースがしっかり個性も発揮しています。

・松坂ポークのカツカレー(らっきょう、福神漬け付) ¥1,800
松坂ポークのカツカレー
他の料理と同じく、食欲を増進させるビジュアル。

綺麗なキツネ色、衣サックリのトンカツは松坂ポークのロースを使用。ほんのり赤身を残したジューシーさ、絶妙な揚げ具合。
松坂ポークのカツカレー
牛スネ肉を長時間煮込んだ具なしカレー、辛さは控えめですが、旨味がたっぷりでトンカツとのバランスも良し。こちらも大変美味しくいただきました。

・プリン
プリン
最後は美味しいプリン、コーヒーまで付いて価格的にも満足感が高いです。この日も店内は席間ゆったりとはいえ満席、非常にわかりにくい場所ではありますが、リーズナブルで美味しいランチは近隣の方に好評のようです。また、同じ系列で中華料理バー「むとす」、そば屋「照庵」もランチ営業中です。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
銀座レガル
ランチ営業時は並木通り、見番通りに看板が出ています。

ACキッチン|ACホテル銀座内の心地良いモダンスパニッシュ/the 497th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」497日目、本日はスペイン料理「ACキッチン」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、昭和通り沿い、2020年7月9日にオープンした「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」の1階です。
ACホテル・バイ・マリオット東京銀座
「ACホテル」はスペイン発祥で、アジア地域初進出だそうです。

店名からするとカジュアルなイメージを受けますが、店内はテラス席もある広いダイニングは黒とブラウンで統一したシックな雰囲気。
ACキッチン
東京オリンピックに向けたホテルが続々完成していますが、延期になりこのような状況ですので、空いています。カルトでも注文できますが、本日は・プリフィクスランチコース ¥3,500(サ別15%, w/o tax)をお願いしました。

アミューズ・マンテカードとジャガイモのピュレ、ポン デ ケイジョと生ハム
マンテカードとジャガイモのピュレ、ポン デ ケイジョと生ハム
スペイン発のホテルですので料理もモダンスパニッシュ。対する食感の2品の組み合わせも良い。ふわふわもちもちのパンに、サクサクのクッキーの上のジャガイモはコンソメのジュレでコーティング。一口ビシソワーズのようです。

・低温加熱した日光市「プレミアムヤシオマス」のミキュイ 枝豆とイベリコチョリソーの香り
低温加熱した日光市「プレミアムヤシオマス」のミキュイ
赤と緑の綺麗な盛り付け。量感もよいマスの上はバルサミコ酢の泡、ねっとりとした柔らかい肉質で美味。

パンは4種類から選択可能でしたので・アマランサスのパン、柔らかい丸パンをいただきました。
アマランサスのパン、柔らかい丸パン
スーパーフードのアマランサスのパンを体にも良さそう。どちらも美味しいパンです。

・トウモロコシのスープ +¥500
トウモロコシのスープ
牛乳、塩のみのスープは焼きトウモロコシを使い、甘みに加え、香ばしさもたっぷり。添えられたポップコーン、ベーコンの入ったシフォンケーキも気が効いています。

・真空調理した「ゴールデンポーク」のグリエ スターアニス風味のソースで 農園野菜のローストを添えて +¥300
真空調理した「ゴールデンポーク」のグリエ スターアニス風味のソースで
こちらも低温調理でとても柔らかく仕上げてあります。スターアニスの香りが強過ぎる気もしましたが、甘くて旨味もある美味しい豚肉でした。野菜も主張が強くてシシトウ、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリー、タマネギ、キャベツなど種類豊富で嬉しいです。

・銀座のはちみつ入り「ナティージャ」抹茶風味のわらび餅を添えて +¥500
銀座のはちみつ入り「ナティージャ」抹茶風味のわらび餅を添えて
マジパンのハチが可愛過ぎて。。。一番最初に食べました。スペインのカスタードクリームですが、思ったより食感よくプリンに近い感じです。銀座産のハチミツを使って優しい甘さ。

最後は美味しい小菓子・カヌレ、竹炭クッキー、コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
カヌレ、竹炭クッキー、コーヒー
それぞれの料理は4種類ほどから選べ、追加料金のかかる料理もあるのですが、デコレーションもとても綺麗で味も良く、その分の満足感は十分得られました。「ミレニアム三井ガーデンホテル東京」の「現代里山料理 ZEN HOUSE」など、最近のホテル内レストランは良いお店が多い気がいたします。

料理の説明も丁寧で、スタッフの方々も感じよく、とても居心地の良いお店。レストランは1階で、堅苦しくない雰囲気なのでホテルに宿泊しなくても、利用しやすいのではないでしょうか。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀べゑ ギンザバーガー、スペリオリティーバーガー|変わり種でも美味しいハンバーガー/the 491th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」491日目、本日は少し特殊なハンバーガーショップ2店をご紹介いたします。

1店目は銀座7丁目、数奇屋通り沿いの焼き肉店「牛屋 銀兵衛」が同店舗内でランチに営業を始められた「銀べゑ ギンザバーガー 銀座店」
銀べゑ ギンザバーガー 銀座店
現在は火水木曜日のみの営業、テイクアウト、デリバリーも可能です。基本バーガーのパティは1種でダブルやチーズ入りが可能。本日は・黒毛和牛チーズバーガー ¥1,400(w/o tax)、サイドメニューは定番のポテトフライもありますが、サラダをお願いしました。

10分ほどで到着。黒毛和牛100%、150gの厚いパティは存在感十分。
黒毛和牛チーズバーガー
厚過ぎて少し食べにくいですが、頑張って頬張ります。チェダーチーズにレタス、オニオンソースのシンプルな具材と味付けではありますが、牛肉専門店だけにパティがとても美味しいです。

そしてバンズもけっこういける、と思ったら、ハンバーガーのバンズで有名な新宿の「峰屋」のものだそう。
黒毛和牛チーズバーガー
シングルでもボリュームも十分で満足感のあるバーガーでした。 ドリンクも付くので最後は熱いほうじ茶をいただきゆっくりさせていてだきました。

ベースが夜の店なので店内は薄暗めですが、スタッフの方々は明るく元気で楽しいランチタイムを過ごせました。新バーガーも開発中ということなので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

2店目は銀座7丁目、すずらん通り沿いの「トリバコーヒー 銀座本店」で2020年6月27日(土)まで開催しているニューヨークの「スペリオリティーバーガー」とのPOP-UP ストアにお伺いしました。
スペリオリティーバーガー POP-UP ストア
日本では渋谷区神宮前に店舗があるヴィーガンバーガー店、流行りのヴィーガン仕様のものをいただくのは初めてなので楽しみです。バーガーメニューは・バーガー、サラダセット ¥1,200 のみで、どちらも2種類から選択可能。

本日は・スペリオリティバーガー、フジッリサラダのセット をお願いしました。
スペリオリティバーガー、フジッリサラダ
固めに茹でられたフジッリパスタのサラダは、ほうれん草と乾燥豆腐?入り。辛味がけっこう効いています。バーガーは手にしっくり馴染むサイズ感。パティはキヌア、ヒヨコ豆などの穀類と野菜をミックスした作られており、食感はコンビーフっぽく一般的なものとは違います。

ただ味はスパイスをうまく効かせており美味しく、香りも楽しめ、食べやすいのも良いです。ほの甘くふわふわのバンズも上質で、こちらも乳製品、卵を一切仕様していないのは驚きです。
スペリオリティバーガー
 肉を使ったものに比べると腹持ちは良くないのですが、チーズソースにピクルス、ドライトマトもアクセントとなったバーガーの一体感は素晴らしい。一緒に購入した・ブレンドコーヒー ¥300 も柔らかい日本的なお味で、バーガーとも良く合いました。

人気が出るのも納得の美味しいバーガーでした。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。