銀座 結絆|和食店の個性的とんかつランチ/the 570th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」570日目、本日は日本料理店でとんかつです。「銀座 結絆」にお伺いしました。

銀座7丁目、外堀通り沿いの「HULIC&New GINZA7」の6階。1階にお香専門店「銀座 松栄堂」が入っているビルです。
HULIC&New GINZA7の6階
高級な和食店ですが、ランチタイム限定でとんかつランチを提供されています。店内はオープンキッチンで、カウンター席からは調理の様子が見渡せライブ感有り。テーブル席もありますので、会食など幅広く利用できそうです。

とんかつメニューは1種類、本日は・薪火燻し焼きTOKYO Xロース勝つランチ 200g ¥3,800 お願いしました。
TOKYO X 200g
これで200g。とんかつの量は50g ¥500 で追加することも可能です。とんかつが仕上がる30分の間に前菜2品。

・ミニトマトのコンポート
ミニトマトのコンポート
トマトは甘みがもの凄く強く彩りが綺麗。

・ポテトサラダのかっぱ巻き
ポテトサラダのかっぱ巻き
ご飯の代わりにポテトサラダを使用した巻物も面白い。

とんかつの仕立てが特徴的で、まずは1mほど離した遠火の薪火で軽くごく火入れ、次に桜チップで軽く香り付け。
薪火燻し焼きTOKYO Xロース勝つランチ
その後、TOKYO Xの背脂から作った自家製ラードで低音から揚げていきます。

とんかつが出来上がる直前に銅の羽釜で個別に炊いていただける出来立てご飯を味見。
山形県産つや姫
合鴨農法の山形県産つや姫。和食店仕上げの美味しい白飯はとても嬉しいです。

・薪火燻し焼きTOKYO Xロース勝つ200g
薪火燻し焼きTOKYO Xロース勝つ200g
切り方も変わっていて脂の分量により薄、中、厚の3種類にカット。キャベツには大葉の千切りも混じっており、清涼感あります。

・味噌汁、漬物
味噌汁、漬物
味噌汁は大きくカットされた豆腐が中央に浮かび、豚肉との存在感のバランスが良い。漬物も流石の仕上がり。

まずは真ん中から、何も付けずにいただくと、燻製っぽい香り、衣の食感は控えめで、お肉、特に脂の甘みも十分感じられて美味。
薪火燻し焼きTOKYO Xロース勝つ200g
その後、塩とワサビでいただきましたが、部位、厚みにより味の違いを楽しめます。とても美味しく個性的なとんかつです。

和食店ですので、とんかつ以外の料理も上質、お店の雰囲気も素敵です。ロース好きの方なら非常に満足できる内容です。また以前から提供されている・日本一の朝ごはん、もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした。

「銀座 結絆」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

天ぷらとワイン 大塩 日比谷店|リーズナブルに天ぷらランチ/the 531th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」531日目、本日は昨年9月に開業した「日比谷オクロジ」にある天ぷら店「天ぷらとワイン大塩 日比谷店」にお伺いしました。
日比谷OKUROJI
「日比谷OKUROJI」は銀座6丁目、7丁目、JRの高架下(コリドー街の裏)の商業施設、飲食店だけでなく靴屋、傘屋、アウトドアショップなども入っています。

こちらの天ぷら店はリーズナブルなお値段からランチタイムはいつも行列ができています。平日は4種類のおきまりコースから選択。 個人的には天丼があると嬉しいですが、ないため本日は・穴子天定食 ¥890(w/o tax)をお願いしました。

・ナス、ニンジン、レンコン、ちくわ
ナス、ニンジン、レンコン、ちくわ
ご飯、味噌汁が最初に提供され、天ぷらもテンポよく揚げられていきます。サックリ軽やかな衣をまとった天ぷらは、岩塩、あおさ塩、天つゆでいただきます。

追加・半熟卵 ¥100
半熟卵
ご飯に乗せて卵ご飯に。天つゆと一緒に食べれば間違いの無い美味しさ。

・エビ
エビ
甘みも感じられ、美味しいエビです。

追加・イクラカナッペ ¥190
イクラカナッペ
こういう変化球も有り。

・カシワ
カシワ
ボリュームたっぷり、中はふっくら、これも美味しい。

・アカムツ(ノドグロ)
アカムツ(ノドグロ)
この価格でノドグロをいただけるのは凄い!

・穴子半分
穴子半分
最後はやっぱり穴子で締め。千円を切る価格で、これだけ天ぷらが食べられるのは素晴らしいです。お店は狭いですが、スタッフの方々は元気で感じも良く、ストレスは有りません。夜は店名の通りワインと一緒にいただきたいですね。。ごちそうさまでした!

「天ぷらとワイン 大塩 日比谷店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座天國 本店 |老舗天ぷら店の昼天丼/the 510th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」510日目、本日は明治18年銀座で開業の天ぷら店「銀座天國 本店」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、中央通り沿いから、中央通りの3本東側の通り沿いに今年移転しましたのでお気をつけ下さい。
銀座天國 本店
1階が天丼・天ぷらがいただける「天國」、 2階がカウンターで1品ずつ天ぷらをいただける「栞」、 3階が日本料理屋の「ゆうづつ」となっています。

本日は1階「銀座 天國」で天丼をいただきました。

まずは野菜不足なので・ミニサラダ ¥275
ミニサラダ
ヤングコーンが入っているのが嬉しいです。

・お昼天丼 ¥1,400 も10分ほどで到着、赤だし、お新香付き。
お昼天丼
具材は海老3尾、イカのかき揚、ナス、レンコン。天國の天丼はサクッとしたものでなく、天つゆに一旦付けて柔らかいのが特徴。ご飯の塩梅も丁度良く、細かく刻んだイカのかき揚げも美味しいです。これだけ天種が乗っていると満足感有ります。

別の日に・お昼の天ぷら定食 ¥1,500もいただきました。
お昼の天ぷら定食
カウンター席に座ると油の良い香りが漂い食欲をそそられます。

天種は海老2尾、キス、穴子、ナス、レンコン、舞茸。
お昼の天ぷら定食
はじめて天丼でない天ぷらをいただいたのですが、そもそも衣がふんわり仕上げ。江戸前定番のキス、穴子も美味しいです。天丼、天ぷら、どちらも違った魅力が有ります。

しっかりした天ぷら店としては値段もリーズナブルですので、最近はランチタイムに行列ができていることも。老舗の味わいはやっぱり格別です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「銀座 天國 本店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
煮魚定食
2階の和食店「ゆうづつ」のランチ・煮魚定食 ¥2,200、魚は銀ダラ、小鉢2品はローストビーフが乗ったサラダ、湯葉豆腐、デザートにアイス付き。上品で美味しい定食でした。

有楽町産直横丁|とんかつ、カレーにアジフライ、ガード下のテーマパーク/the 466th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」466日目、本日は2019年12月にオープンした飲み屋街「有楽町産直横丁」にお伺いしました。

入り口は「みゆき通り」沿いの線路下(ガード下)、賑やかです。
有楽町産直横丁それまでの「有楽町産直飲食街」は有楽町JR高架下耐震工事で閉店、経営は以前と同じですが店舗も一新、リニューアルされました。

細い道の左右に特色のある11件の居酒屋が並びます。全店24時間営業、昼飲み大歓迎、全席喫煙可能という今のご時勢にして大胆な集合体です。
有楽町産直横丁
ガード下で日が全く当たらないため、昼間でも夜の感じ。店内でも繋がっており、全てのお店の料理を出前でオーダーすることも可能。昭和風の雰囲気を体感できるテーマパークのような印象を受けます。

「魚の浜恵」「貝の真寿」「牛の最上 精肉所」「豚の中西 直売所」「鳥の三芳ファーム」と素材専門酒場が5店舗。
有楽町産直横丁
「九州沖縄食市」「東北食市」「中国四国食市」「関東甲信食市」「近畿東海北陸食市」「北海道食市」など地方酒場6店舗が集まっています。

11時から15時までは各店ランチメニューも色々。価格も1,000円前後が多くリーズナブルです。本日は豚肉専門店「豚の中西」にお伺いしました。

・佐助豚のひれかつ定食 ¥1,000
佐助豚のひれかつ定食
5分ほどで到着。ご飯、豚汁、スパゲティサラダ、お新香付き。ボリュームもしっかり有り満足感有ります。

岩手県二戸市で育てられた佐助豚のヒレカツはやや赤身を残し、柔らかく、しっとりした仕上がりで美味しい。
佐助豚のひれかつ
塩でも十分いただけそうでしたが、卓上に無かったのでソースで。衣はザックリ、この価格にして、とてもお得感のあるとんかつ定食でした。

また別の日にお伺いした「魚の浜恵」では・アジフライ定食 ¥800をいただきました。
アジフライ定食
ほうれん草のお浸し、魚のあら汁、柴漬け付きです。

アジフライは一尾は少し寂しいですが、身も厚くふっくらした仕上がりで美味。
アジフライ定食
味噌汁も各店で少しづつ違いがあり楽しいです。

また別の日にお伺いした「東北食市」ではご当地カレー・神代あいがけカレー定食 ¥1,000をいただきました。
神代あいがけカレー定食
秋田県東の仙北市神代(じんだい)地区のご当地グルメのあいがけカレーで、温玉といぶりがっこ(こちらは普通に福神漬けでしたが)の付け合わせがポイントだそうです。付け合わせは山形県名物の玉こんにゃくの煮物、味噌汁の味付けも甘めです。

左側はシメジなども入った昔風の具沢山カレー、右側はさらっとしたルーの現代風カレー。本格的なものですと2種のカレーの味の違いがもっとあると想像されます。
神代あいがけカレー
ライスは大盛りもできますが、普通サイズで注文。それでもカレーと共にけっこうなボリュームでお腹いっぱいになりました。

他店舗も特徴的なご当地メニューなどが色々ありましたので、順々にお伺いしてみたいと思います。また土日はランチが少し高くなるお店が多い銀座で、平日と変わらないお値段でいただけるのも嬉しいです(一部店舗は土日限定メニューです)。ごちそうさまでした!

「有楽町産直横丁」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。