銀座レガル|出世街道 隠れ家バーのスペシャルランチ/the 548th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」548日目、レストランでお酒を提供してはいけないこういった世の中ですので、ランチ営業を始めるお店が増えています。本日は洋食バー「レガル」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、並木通りと見番通りの間の出世街道と呼ばれる小道にある一軒家。写真は並木通り、画廊とクラブの間が出世街道です。
銀座レガル
この道を、行けばわかりますが、まっすぐ行くと国会通り、国会議事堂へと辿り着けます。田中角栄氏など多くの政治家が出世街道を通り、国会議事堂(永田町)に通ったということからこの名前が付いています。

見番通りから。出世街道にぴったりの店名「Regal」の黒い看板、リーガルでなくレガルと読むそう。
銀座レガル
寿司店「小笹寿し」、フレンチ「カシュカシュ」、おでん屋「魁」など名店が並ぶ通りです。通常は洋食が美味しいワインバーとして営業、落ち着いた雰囲気の店内、1階はL字型のカウンター、2階がテーブル席となっています。ランチメニューを色々いただきました。

・サラダ、コーンスープ
サラダ、コーンスープ
全てのランチにサラダ、スープ付き。新鮮サラダも一手間かかっているのが嬉しい。

・和牛ハンバーグ、デミグラスソース(ライス付き)
和牛ハンバーグ、デミグラスソース
目玉焼きが乗った嬉しいビジュアル、クレソン、ポテトフライ、ニンジンのグラッセ、ラタトゥイユ付きの理想的なハンバーグです。

トロリの流れ出る黄味とハンバーグは視覚にも良く、デミグラスソースは野菜と絡めても美味。
和牛ハンバーグ、デミグラスソース
ハンバーグは固過ぎず、柔らか過ぎずのバランスも良く、もちろんハンバーグ・オン・ライスも楽しみました。

・特製ナポリタン ¥1,000特製ナポリタン
ベーコン、シメジ、ピーマン、玉ねぎ、トマトなど具もけっこう入っており食べ応えは十分、生クリームを使用しており、まったりした酸味控えめソースがしっかり個性も発揮しています。

・松坂ポークのカツカレー(らっきょう、福神漬け付) ¥1,800
松坂ポークのカツカレー
他の料理と同じく、食欲を増進させるビジュアル。

綺麗なキツネ色、衣サックリのトンカツは松坂ポークのロースを使用。ほんのり赤身を残したジューシーさ、絶妙な揚げ具合。
松坂ポークのカツカレー
牛スネ肉を長時間煮込んだ具なしカレー、辛さは控えめですが、旨味がたっぷりでトンカツとのバランスも良し。こちらも大変美味しくいただきました。

・プリン
プリン
最後は美味しいプリン、コーヒーまで付いて価格的にも満足感が高いです。この日も店内は席間ゆったりとはいえ満席、非常にわかりにくい場所ではありますが、リーズナブルで美味しいランチは近隣の方に好評のようです。また、同じ系列で中華料理バー「むとす」、そば屋「照庵」もランチ営業中です。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
銀座レガル
ランチ営業時は並木通り、見番通りに看板が出ています。

水炊き とよみつ銀座店|鶏が新鮮、体にも優しい鶏肉ランチ/the 545th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」545日目、こういった状況のため新たにランチ営業を始められるお店も増えています。本日は5月6日からランチ営業を開始した「水炊き とよみつ銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、すずらん通り沿い「東京ビルディング」の2階。
水炊き とよみつ銀座店
お隣は中国茶の専門店「三徳堂」です。

カジュアルな店内、入って左側がカウンター席、右側がテーブル席数卓。
水炊き とよみつ銀座店
席間も広くとってあり安心です。現在ランチメニューは蒸し鶏サラダ、とり天、鶏スープそうめん、日替わりの4種、色々いただきました。

・レンコンのごま和え、宮崎キムチ
レンコンのごま和え、宮崎キムチ
全てのランチに小鉢2品付き、どちらも手作りな感じで美味。キムチはご飯のお供にも最適です。

・大分名物 とり天 ¥1,000
大分名物 とり天
白米、鶏スープ付き。自家製タルタル、天つゆでいただきます。サクッと軽やかな衣に、プリッと滑らかで柔らかな鶏肉の良い調和。タルタルは大好きなのですが、天ぷらには不思議と天つゆの方が合う気がいたします。水炊き店だけあって濃厚で熱々な鶏スープがとっても美味しいです。

・蒸し鶏の香味ポン酢サラダ仕立て ¥1,000
蒸し鶏の香味ポン酢サラダ仕立て
こちらも小鉢2品、白米、鶏スープ付き。自家製ポン酢を掛けていただきます。やはり鶏肉がフレッシュな感じ。高タンパク質で体にも優しそうです。

・濃厚鶏スープの温そうめん ¥800
濃厚鶏スープの温そうめん
小鉢2品、サラダ、白米付き。名物の濃厚鶏スープでいただくそうめん。九州、島原地方は手延べそうめんが有名で、天草などでは温かい出汁を掛けた地獄そうめんが郷土料理となっていますが、水炊きの締めにそうめんを使用するのは「水炊き とよみつ」のオリジナルだそう。

極細で喉越し抜群のそうめん。黄金色のスープはコラーゲンたっぷりで美容にも良さそうです。
濃厚鶏スープの温そうめん
お米は、宮崎県えびの産ひのひかり、やや硬めに炊かれており、噛むほどに甘みが出る感じ。スープには卵も入っていますので、ご飯に掛けて簡易雑炊風にいただいても非常に美味しい。スープは全て飲み干しました。

宮崎県の畜産会社経営の水炊き店ですので、リーズナブルに新鮮で美味しい鶏肉がいただけるのかもしれません。スタッフの方々も元気で感じよく、快適なランチタイムでした。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「水炊き とよみつ銀座店」について詳しくはインスタグラムをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座ケイブ|料理も美味しいバーで爽やかランチタイム/the 541th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」541日目、本日はバー「銀座ケイブ(CAVE)」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、花椿通り沿い、1階にナチュラルローソンが入っている「第2一越ビル」の4階です。
銀座ケイブ

店内がとても素敵です。バーというとカウンター席メインで照明が暗いイメージですが、こちらはとても明るい。
銀座ケイブ
日差しが降り注ぐ空間、隣にはゆったりと座れるソファー席もあります。基本的にランチメニューはパスタ、チキンカレー 各¥1,000の2種類。どちらもサラダが付きます。

・12種類の野菜のサラダ
12種類の野菜のサラダ
フレッシュな野菜色々、ラタトゥイユ、キャロトラペが入った彩りも綺麗なサラダ。この価格でこのボリュームは嬉しいです。

・桜海老のパスタ
桜海老のパスタ
こちらもカブ、ノビル、芽キャベツと野菜が沢山。パスタの硬さも丁度良く、桜エビもしっかりした物を使用されているようで、香りもとても良く美味。

続いては別の日にいただいた料理。カレーが品切れでしたので、代わりにこちらを提供していただきました。

・メンチカツ、ピクルス付き
メンチカツ、ピクルス付き
メンチカツとの説明だけだったので、メンチカツサンドが出てきてびっくりしましたが、食べてみるととても美味しい。しっかりした硬さがありますが、食べると溢れる肉汁。フワフワの食パンとの相性もばっちりで、サンドイッチのために作られたメンチカツのよう。

最後は・コーヒー ¥300 をいただき、素敵な空間でゆっくりさせていただきました。
コーヒー
夜のメニューも魅力的で、料理にも力を入れているバーのようです。そして退店時にはマスクのプレゼントも。またパスタやカレーをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「銀座ケイブ」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
銀座ケイブ

銀座 風月堂、ラデュレ、資生堂パーラー|2021冬のスイーツ/the 527th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」527日目、甘いものを食べたくなる寒い季節、本日はそんな冬のスイーツを色々いただきました。

まずは銀座6丁目、みゆき通り沿いの和カフェ「銀座 風月堂」にお伺いしました。季節の和菓子やパフェもありますが、季節限定のモンブランをいただきました。

・白銀モンブラン ドリンクセット ¥2,200
白銀モンブラン
珍しい真っ白なモンブラン、白の正体はマスカルポーネクリーム、中にマロンクリーム、カステラ生地、キャラメルソース、マスカルポーネアイス、栗の渋皮煮が入っています。外側のクリームはごく甘さ控えめ、中は甘みが強めなので、バランスが良い。下の黒い部分は台座かと思いきや、カップ状になっており、ボリュームもたっぷり。添えられた渋皮煮も絶品。変わり種ですが、とても美味しいモンブランでした。

「銀座 風月堂」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

続いては銀座三越2階の「ラデュレ サロン・ド・テ 銀座三越店」で新作パフェをいただきました。以前は17時以降の提供でしたが、現在は終日注文可能。定番のイスパハンと季節のパフェの2本体制です。

・ル パルフェ プレジール シュクレ  ¥2,420
ル パルフェ プレジール シュクレ
新作に大好物のチョコパフェが登場、いつものパフェと見た目も異なり新鮮です。ラデュレらしい華やかさは無く、茶1色なのもチョコ好きには魅力的。内容は、チョコレートのクリーム、チョコソース、チョコアイス、ヘーゼルナッツのクリーム、ミルクチョコレートのガナッシュ、バニラアイスとチョコ尽くし。ベリーなど余計なものが入っておらず、チョコレートの美味しさのみを体感できます。「ラデュレ」にチョコレートのイメージがあまり無かったのですが、ボリュームも申し分無く、大変美味しくいただきました。

「ラデュレ サロン・ド・テ 銀座三越店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

最後は大好きな「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ 銀座本店」の冬の温かいデザートをいただきました。

・フルーツグラタン ¥2,100
フルーツグラタン
ル レクチェ、リンゴ、キウイ、バナナ、ブルーベリー、ラズベリー、イチゴなどフルーツたっぷり。

温めることで円やかな甘みが口の中にふんわり広がり、またフルーツの別の顔に出会えます。
フルーツグラタン
味わいをキリッと引き締まる柚子シャーベットのアクセントも良いですね。大変美味しくいただきました。

「資生堂パーラー銀座本店」繋がりでもう1店、最上階の「バー エス」が緊急事態宣言を受け期間限定でランチ営業をされています。今まで足を踏み入れたことのないフロアですので、こういう機会はとても嬉しいです。

店内はコの字型カウンター席、ソファー席、テーブル席も有り、天井も高く、スペースも贅沢で、資生堂らしい華美すぎず、カジュアル過ぎずのベストムード。ランチメニューは1種類のみです。

・ワンプレートランチ(数量限定) ¥1,800
ワンプレートランチ(数量限定)
ミートクロケット、ハンバーグ、ナポリタン、キノコの和風ピラフ、焼き野菜、サラダと夢のような内容。 ミートクロケット、ピラフといった伝統メニューは言わずもがな。

和牛ヒレ肉とアグー豚のハンバーグ、サラダのキュウイとマスタードドレッシングもハイレベル。
ワンプレートランチ(数量限定)
プレートランチ界では最高クラスではないでしょうか。

さらに懐かしさと上質感のバランスが素晴らしい・ミニプリン、コーヒーまで付いて、この価格は素敵過ぎます。
ミニプリン、コーヒー
サービス、お店の雰囲気は申し分無し。とても素晴らしいランチタイムでした。資生堂パーラー銀座本店、最高です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「資生堂パーラー銀座本店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。