ニユートーキヨービヤホール 数寄屋橋本店|お得な洋食&ジンギスカンランチ/the 620h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」620日目、本日のランチはビアホール「ニユートーキヨービヤホール 数寄屋橋本店」にお伺いしました。

場所は有楽町の高架添い、少し奥まっており、わかりにく場所にある「X PRESS有楽町ビル」の2階。
ニユートーキヨービヤホール 数寄屋橋本店
基本的には洋食ですが、中華料理、焼肉などのランチメニューも用意されています。

重厚感のある広い店内、席数もかなり多めです。
ニユートーキヨービヤホール 数寄屋橋本店
1937年(昭和12年)創業の老舗ビアホール、壁面にはノベルティーに作られた梅原龍三郎の絵皿が飾られているなど、ほんのり歴史を感じさせる内装です。

洋食ランチメニューは豊富で定番のカレー、ステーキ、生姜焼き、ミックスフライ、週替わりランチなど。全てのランチメニューにスープ&コーヒー飲み放題、さらに平日は日替わりでプラス1品付き。

本日は好物の・特製デミグラスハンバーグ ¥1,150(平日は¥1,050)をお願いしました。
サラダ、玉子スープ
すぐに提供されたサラダとスープバーの玉子スープをいただきながら、待つこと10分ほどでハンバーグ到着。

こんがり焼けた見た目も美味しそうなハンバーグ。
特製デミグラスハンバーグ
よくあるムニュッとした感じではなく粗挽き、肉の味もちゃんと感じられて美味しく、お得感も十分です。

せっかくなのでアラカルトから名物メニューも・カミカツ(ハーフ) ¥800 も追加。
カミカツ(ハーフ)
名前の通り厚さ数ミリのペラペラなとんかつ、下にキムチドレッシングのかかったキャベツが敷かれており、一緒に食べるのがお勧めだそう。「ビッグカツ(魚ですが)」を想像させる大人な駄菓子感に親しみが湧きます。これは間違いなくビールです。 

別の日(平日)にお伺いして焼肉もいただきました。

プラス1品・ブロッコリーとカリフラワーのサラダでした。
ブロッコリーとカリフラワーのサラダ
嬉しい食べ放題、ちなみに今日のスープは味噌汁でした。

こちらが月曜日のみお得な・ジンギスカンランチ ¥1,000(通常¥1,100)
ジンギスカンランチ
そこそこ大盛りのご飯、カクテキ付き。

価格もお得なのに加え、肉の量も120gから200gに増量!
ジンギスカンランチ
牛カルビ100g、生ラム100gにたっぷりのもやし、ニンジン、シシトウ。

煙の出ない焼肉グリル「やきまる」で焼いていきます。
ジンギスカンランチ
タレに付けたお肉をご飯と一緒にいただくと最高、食べ応えも十分、昼からリーズナブルに贅沢な気分に浸れるランチでした。最後はドリングバーのホットコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「ニユートーキヨービヤホール 数寄屋橋本店」についてはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

平戸からありがとう|行列必至、イノシシ肉の平戸バーグ丼/the 618h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」618日目、本日はランチに行列ができる居酒屋「おばんざいと串と酒 平戸からありがとう」にお伺いしました。

場所はJR有楽町駅のすぐ東側にある味わいのある建物「交通会館」の地下1階レストランフロア。
甘味おかめ 交通会館店
「平戸からありがとう」は長崎県平戸市の食材を提供するレストラン。店内はL字型カウンター席10席ほど。営業は11時30分からですが、11時頃から行列が出来始める人気店です。

本日は一番人気の限定10食・平戸バーグ丼 ダブル ダブル ¥1,300 をお願いしました。

並んでいる時ににオーダーは済ませているので、着席して間も無く到着。やや不安定なダブルハンバーグの上にふるふるの卵黄。

安定感が無いので食べる時に少し緊張感はありますが、イノシシハンバーグは食感強めで、旨味もしっかり。フライドオニオンと甘いタレのバランスも良く美味。

ご飯が美味しいのも好感触です。あご出汁の味噌汁、昆布佃煮、梅干しも付いてこの価格はお得に感じます。またお刺身定食などもいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

後日、2022年3月31日に惜しまれつつ閉店した中華料理店「交通飯店」の後にできた「沖縄そば専門 やんばる 有楽町店」にお伺いしました。

沖縄そば ¥680、・じゅーしぃ ¥200

小麦のむっちり感が強い縮れた太麺に、豚肉、沖縄かまぼこ、ネギ。豚肉入りの炊き込みご飯「じゅーしぃ」と一緒に食べるのが沖縄の定番だそう。ごくあっさりしたスープの沖縄そばとやや味濃い目の炊き込みご飯の愛称は確かに良いです。ごちそうさまでした。

「交通会館」についてはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

四季旬菜かん|路地裏居酒屋の美味しいランチ/the 604h day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」604日目、本日はリーズナブルで美味しい居酒屋ランチ「四季旬菜かん」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、トリプル銀座の真裏、外堀通りと数寄屋通りの間の路地内。
四季旬菜かん
茶色の一軒家が「四季旬菜かん」、夜はおでんが名物の居酒屋です。

ランチメニュー色々、ランチライムは12時から。
四季旬菜かん
席は1階と2階にあり、1階はカウンター席とテーブル席、2階には半個室があるようです。

・豚丼 ¥1,000、単品アジフライ ¥700
豚丼、アジフライ
小鉢、お新香、味噌汁付き。

豚丼
豚丼
生姜焼きのタレに練りゴマをプラスしたもの。滑らかな食感に辛味がピリッと効いており美味。ご飯を豚肉で巻いていただくと最高です。

・アジフライ
アジフライ
非常に大きいアジフライで、食べ応え十分。中骨もフライにしていただけるも嬉しいです。外はサックリ、中はふんわりの理想的な揚げ方、自家製のタルタルソースも良い感じ。別のメニューもいただきました。

・ブリカマ焼き定食
ブリカマ焼き定食
同じく小鉢、お新香、味噌汁付き。

皮はパリッと、身は脂乗りが良くジューシーで美味。
ブリカマ焼き
骨が多いですが、スルッと身が取れるので食べやすいのも好感触。こちらも大変美味しくいただきました。また贅沢ランチの牛たたきウニ乗せ丼をいただきに、お伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「四季旬菜かん」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座吉宗|茶碗蒸しが名物の長崎料理店が復活/the 589th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」589日目、本日は長崎で慶応2年(1866年)創業の老舗長崎料理「銀座 吉宗(よっそう)」にお伺いしました。1960年開業の銀座店は銀座7丁目、中央通り沿いにありましたが、2019年10月閉店。しかし2年後の2021年11月18日に場所を移し営業再開しました。

場所は銀座と新橋の間の東京高速道路の高架下「銀座ナイン2号館」地下1階。銀座ナイン内ですので、以前と変わらず大衆的な雰囲気。

席数がかなり少なくなり、また厨房が半分以下となったため、名物料理である長崎ちゃんぽん、蒸し寿司は提供していません。

刺身や豚角煮が付いた「吉宗定食」と迷いましたが、本日は・サービスセット 皿うどん、茶碗蒸し(小)¥1,600 をお願いしました。

5分ほどで到着、小サイズでも大きい茶碗蒸しは熱過ぎるので、まずは・皿うどんから。
皿うどん
麺はパリパリ、数量限定の柔らか麺を選べますが、定番のパリパリで。14種類の具材を使った皿うどん、素材の出汁の沁みた薄味の餡が良い感じ。パリパリ麺がしなしなしていく変化も面白いです。

・茶碗蒸し(小)
茶碗蒸し(小)
茶碗蒸しは焼穴子、大山鶏、カレイ、椎茸、葛麩、キクラゲ、銀杏、カマボコなど具沢山。かなり柔らかめで、茶碗蒸しも飲み物ということを再認識。優しいお味、冬は体がとても温まります。美味。

別の日に気になっていた「吉宗定食」もいただきました。 

・吉宗定食 ¥1,800
吉宗定食
小鉢、茶碗蒸し(小)、刺身、岩中豚の角煮、白ご飯、漬物付き。

刺身・マダイ、ブリ、キビナゴ
マダイ、ブリ、キビナゴ
刺身の質も上々。ブリッとしたタイに、程よい脂乗りのブリ、特に鹿児島など九州のイメージが強いキビナゴが味わい強めで、とても美味しいです。

・茶碗蒸し
茶碗蒸し
先日いただいたものと少し具材も違っているのも楽しい。今日も熱々でした。

・岩中豚の角煮
岩中豚の角煮
量は思ったより少なめでしたが、トロトロの角煮は汁ごとご飯に乗せて角煮丼に。最高です!

昼も良いのですが、こちらのお店はクジラ料理や日本酒に合うツマミが充実する夜も素敵なのです。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「銀座吉宗」についてはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。