歌舞伎座裏まさし|歌舞伎座裏に素敵な和食店登場!/the 432th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」432日目、本日は和食(居酒屋)です。店名の通り歌舞伎座真裏に6月13日オープンした「歌舞伎座裏まさし」にお伺いしました。ベルビア館7階の居酒屋「銀座 KAN」にいらっしゃたシェフが独立し開業したお店だそうです。

「歌舞伎そば」、ビストロの「スモールワンダーランド」、ミシュラン2つ星の鮨店「木挽町とも樹」などがある通り、お祝いの花が飾られているのが「歌舞伎座裏まさし」です。

東銀座に意外と多い一軒家仕立て、1階がカウンター8席、2階が個室となっています。商業施設やビルに入っているお店より、カジュアルなお店の場合は特に、戸建ての方が気持ちは落ち着きます。

料理は空いている時間や21時からはアラカルトも可能。本日はご飯なしの・軽めのコース ¥6,500 をお願いしました。まずはこちらから。

・とうもろこしキューブ、子持ち昆布の出汁

最初は和食の肝である一番出汁を飲んでもらいたいという心意気。美味しい出汁に下にはお浸し的にホウレン草、ホワイトショコラという白くて甘いとうもろこしと紫蘇を絡ませ揚げた昆布のコントラスト。

・夏野菜の炭火焼、グリーンピースコロッケ

夏は夏野菜を食べなくてはいけません。ヤングコーン、ズッキーニ、唐辛子、大根にちょっとクセのあるアンチョビソースがよく合っています。

・カツオのわらたたき、アジ酢〆、アイナメ昆布〆

わら焼き用の調理器具?が面白い。カツオは爽やかさのある仕上げで、酢〆も柔らかめ。食感のしっかりしたアイナメも美味しいです。大将含め料理人は2人なのですが、お一方が鮨経験15年以上ということでアジは握り、ガリもたまり醤油で仕上げた自家製、気分も贅沢です。

・もち豚餃子

この変化球は嬉しい!大きめサイズで豚肉餡がパンパンに入っています。新生姜もたっぷりで爽やか。竹炭塩が一緒に提供されますが、何も付けなくても十分美味しいです。

・アナゴ炭焼き

食感よく。昆布と一緒に海苔巻きにしても美味。

・岩手産真ガモ モモ肉の炭焼き

付け合わせはインカのめざめポテトサラダ、カモとフルーツの組み合わせは定石ですが、清見オレンジを使ったソースが新鮮。結局ご飯とデザートもしっかりといただきます。

・梅しそ巻き、赤だし

酢が弱いので、お握り的ですが、それはそれで美味。ほっとするお味です。

・シェリーなプリン

子供には食べさせてはいけない、いや食べさせたくない大人の甘味でした。

早い時間にお伺いしたこともあり料理提供のテンポも良く、楽しいディナータイムでした。まさし大将の奥様が歌舞伎座近くにある酒店「たつみ清酒堂」で勤務されているそうで、日本酒も豊富。この席数で料理人が2人いらっしゃるのは心強いです。

東銀座界隈は意外と気の利いた和食店が少ないので、新しいお店が出来るのはとても嬉しいです。お店の雰囲気も抜群で、つい寄りたくなるお店かもしれません。日曜日は15時から営業しているので、歌舞伎座「夜の部」観劇前の腹ごしらえにも最適。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 時喰み|日本料理の名店の味を楽しくカジュアルに/the 426th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」426日目、本日は2019年4月にオープンした和食とワインを楽しむカジュアルレストラン「時喰み-ときはみ」にお伺いしました。

場所は銀座3丁目、昭和通り近く鈴木ビルの2階。炭火焼きイタリアンの名店「ジジーノ」のテントが目印です。

すぐ近くにある和食の名店「徳うち山」、そして銀座5丁目に昨年オープンした「銀座くどう」の系列店です。朝4時まで営業しており、料理人が仕事帰りに立ち寄るのに便利なのはもちろん、近隣住民にも大変嬉しいです。現在「銀座くどう」で腕を振るっていらっしゃるオーナーの工藤シェフが自分が仕事後立ち寄るために開店したという噂も。

雑居ビルの2階ですが、明るい店内はカウンター5席にテーブル席2卓。

狭からず広からずの落ち着くのに丁度良い広さです。色々お願いしてみました。

お通し・焼きゴマ豆腐 ¥600(22時以降は¥1,000)

うち山系の定番の一品。熱々ですが、気にせずいただきます。外はパリッと、中はフワッと、香り良いゴマだれも美味しいです。

・山菜のおひたし ¥800

山菜はコゴミ、ウルイ、アイコの3種。エグみなどは全くなくごく爽やか。優しいお出汁も美味しいので飲み干します。

・カニクリームコロッケ ¥700

たっぷりとした食べ応えのあるサイズ感が良いです。カニも沢山入っており、価格とのバランス良くカジュアルに仕上げられています。何もつけずに、美味。

・マダイの煮付け ¥1,000、・サワラの山椒焼き ¥1,200

魚料理2品も食いしん坊には嬉しいサイズ。2人で食べるのを想定していますが、これくらいが丁度良いです。どちらもふっくらとした火入れの料理屋仕様。続いてご飯もの。

1人前でも「銀座くどう」で使用しているものと同じ土鍋で炊き上げていただけます。

お米は山形県のつや姫、名前通りのつやつや感です。

・炊き立て白米の海老出汁カレー ¥1,600 + 海老フライ乗せ ¥1,200

白米のベッドの上には艶さえ漂う特大プリプリ海老フライ。系列店で沢山出る色んなエビの出汁が充実した具なしカレー。脂感は全くなく夜中に食べても胃もたれの心配はなしですが、なんとルーはお代わり可能という潔さ。さらにご飯もの2連発。

・痛風飯

キャビア、カラスミ、いくら、生うにと魚卵系食材てんこもりプリン体たっぷりの恐ろしい丼です。その気がある方はご用心ください。自己責任でございます。

・蔵王牛サーロイン飯 卵黄のっけ

こちらはもう間違いありません。最高です。卵と牛肉、卵と米、牛肉と米、全てが抜群に調和いたします。お米も美味しいのでいくらでも食べられますが、残念ながらご飯完食。

デザートは徳うち山名物の・黒糖プリン ¥600

上質感のある麗しい甘さで大満足でした。

お酒はビール、日本酒1種類ずつにワインは色々な取り揃え。ソムリエの方のセレクトも素晴らしく料理とのペアリングも楽しめます。基本は料理人、ソムリエのお二人で切り盛りされているようですが、丁度良い丁寧さ、丁度良いフレンドリーさ、数人でも、そして1人でも十分楽しめるとても素敵なお店です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座 しらたまや|歌舞伎ラバーのオアシス/the 407th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」407日目、本日は小料理屋(居酒屋)です。歌舞伎を愛する女将の経営する小料理屋「しらたまや」さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿いウエストビルの地下2階です。

古いビルですのでエレベーターはありません。そして入り口がいくつかあり迷いますが「串の坊」の左から入ります。

階段下には歌舞伎のポスターが貼られており歌舞伎好きなら一安心。

ちなみに2017年の「大阪松竹座新築開場二十周年記念 七月大歌舞伎」 の演目『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』の片岡仁左衛門さんです。

歌舞伎好きの女将が経営する歌舞伎好きのためのお店ですので、オープンは15時30分。このオープン時間も歌舞伎に行かれる方ならピンと来るはず。昼の部が終わってすぐに飲み始めることができるようにという配慮です。ちなみに定休日は月火で、これにも多くの歌舞伎フアンに対する優しさを感じますね。

やや重めのドアを開け入店するとすぐに清潔感のある店内。靴を脱いで上がる小上がり畳敷き店内、カウンター、テーブル席全て椅子席ですので楽々です。

壁一面にはびっしりと2018年に行われた歌舞伎興行のチラシが貼られており、演目、役者の人気投票開催中でした。料理を待つ間、私も投票させていただきました。奥には孝玉コンビ(片岡仁左衛門(旧芸名片岡孝夫)さんと坂東玉三郎さん)のサインも!

前置きが長くなりましたが料理は基本的にコースのみで¥1,800の軽いものからあるのが嬉しいです。本日は・つまみ5品コース ¥3,300 をお願いしました。いただいたのは以下。

・なます、ゴマ豆腐、ふろふき大根、タコとワカメの酢の物

きちんと作られていることがわかる体に負担のかからない優しいお味で安心感があります。日本酒が進む料理です。

・ちゃんこ鍋

きりたんぽが入った具沢山のちゃんこ鍋も温かくて美味しいです。 

デザートは・イチゴでした。

女将さんが日本酒大好きのため品揃えかなり豊富、島根県の酒屋さんから仕入れられており十字旭、天穏、辨天娘、満天星、神亀、竹鶴などお燗好きには超嬉しいラインナップです!

こちらのお店、1人でいらっしゃる方もとても多いそうです。歌舞伎という共通点があるので、話が盛り上がることは必至。また、これから歌舞伎に行ってみたいという方にもお勧め。ネット情報も色々ありますが、実際に好きな人にきちんと会って聞く方が間違いなく生きた情報を得られるのものです。

平日は歌舞伎に関心のないサラリーマンの利用も多いのだとか。居心地よく、お値段も良心的、知っているとちょっと銀座通。歌舞伎と日本酒好きのオアシス、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「しらたまや」について詳しくはフェイスブックページをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

アカツキタップス銀座|世田谷発のビアバーがオープン/the 403th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」403日目、本日は2018年12月26日にオープンしたビアバー「アカツキタップス銀座」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、数奇屋通り沿い。

世田谷経堂にあるビール醸造所「暁ブルワリー」直営のビアバーです。

手前側は明るく、奥に行くほどシックな店内。

入って左側がL字型のカウンター、右側にテーブル席が並びます。11時-16時までのランチメニューはカレー、ハヤシライス、唐揚げ丼を提供しています。全てのランチメニューには嬉しいサラダ付き。

本日は・ほろほろ鳥のナッツカレー  ¥1,000(w/o tax)をお願いしました。

せっかくなのでビールもいただきます。6種類の中から・暁ブラック ¥700 をオーダーしました。

くりりんかぼちゃ、チョコレートモルトを使った黒ビールはとてもユニークな味わい。一般の黒ビールのように重さはなく軽い飲み口なのですが、コクが凄いです。美味。

最初にシンプルな・ポテトサラダ。

5分ほどで・ほろほろ鳥のナッツカレー(ご飯少なめ)も到着。

カシューナッツ、ごまペーストが入っており甘みもありますが、けっこうとんがったスパイシーさでビールが進みます。手羽先はそれほどほろほろしておらず、ややしっかりめでしたが、美味しいカレーでした。

また別の日お伺いしたいただいたのは・暁タップス特性キーマカレー ¥1,000。

鶏ひき肉キーマカレー、スパイスを14種使った薬膳カレーですが、ナッツカレーと比べてまろやかな味わい。野菜と玉子の甘さとスパイスの辛さのバランスの良いカレーでした。

食後は・みかんエール ¥700をいただきました。

和歌山の自然栽培みかんを使ったビールで、けっこうなみかん味なのが面白いです!ごくごく飲めるタイプではなくゆっくりまったりと味わって飲むビールです。

暁ビール以外にも他社ビール、日本酒、焼酎、ウイスキーなど幅広い品揃え、値段も良心的で色々楽しめそうなお店です。 また夜にもお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「暁ブルワリー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。