ビアー トゥー ゴー by スプリングバレーブリュワリー|ソニーパークからビールで銀ブラ/the 379th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」379日目、本日は8月9日にソニービル跡地にオープンしたソニーパーク内のビアバー「ビアー トゥー ゴー by スプリングバレーブリュワリー」にお伺いしました。

ソニーパークは銀座5丁目、数寄屋橋通りにある新ランドマーク。今まで見えなかったメゾンエルメス銀座までの抜けが気持ち良い。

木のような植物が沢山生えていますが、全て購入可能な買える公園です。オリンピックに向けて新しいビルが次々と建設されていますが、ソニーは「建てない」という選択。

地下2階はローラースケート場。後ろに見えるのはソニービルの上に付いていたネオン看板ではないでしょうか。

何故ローラースケート?理由は1979年に発売された初代ウォークマンのパッケージが、音楽を聴きながら公園でローラースケートを楽しむ男女2人だったからだそうです。

地下1階には藤原ヒロシ氏が手がけるコンビニ「THE CONVENI」。

地下3階には「トラヤカフェ あんペースト直売所」など話題のお店が色々と入っています。

壁面は基本的にコンクリート打ちっ放し。ソニービル時代のタイルなどがそのまま使われていたりして楽しいです。

歴史を重ねたものは、それだけで独特の美しさがあります。

地下4階にあるスプリングバレーブルワリーはキリンビールが経営するオリジナルのクラフトビール専門店。

店内奥にはドラムセットが設置されており、ライブなども行われているようです。

ランチはデリやバーガーとビール(コーヒー、ティーも選択可能)を組み合わせたお得なセットもございます。 先にカウンターでオーダー。

「TO GO=お持ち帰り」と店名に付いているようにビールのみのテイクアウト可能。カップも歩きながらビールが美味しく飲めるように新開発したものだそうです。

本日は・B.T.G.バーガーセット with クラフトビール ¥1,600、ビールは温度帯の違う6種類から選択可能。しっかりと味わえる10-12℃の・496 をお願いしました。 待つこと7分ほどで出来上がり。

コールスロー、ピクルス付き。

ハンバーガーはビーフ100%のパティ、トマト、レタス、チーズにバーベキューソースという王道スタイル。

パティも厚くなくさっぱり、バンズも柔らかで上品な仕上がりです。

初めて飲むスプリングバレーブルワリーのビール「496」。

しっかりとしたコクがありますが、キレもあり、最後は心地よい苦味で〆る美味しいビールでした。 直営店だけあり、美味しいビールが銀座としては低価格でいただけるので、仕事後に軽く1杯なんて使い方も有りですね。

コーヒーではなくビールを飲みながら銀ブラする光景が増えそうです。お洒落な空間なので、夜の方が雰囲気もより良くなり楽しそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「スプリングバレーブリュワリー」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座きく|アジフライが食べたくて、沁みる小料理店/the 375th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」375日目、本日は居酒屋、小料理店です。昭和52年開業の老舗「銀座 お食事処 きく」にお伺いしました。

場所は銀座8丁目、ソニー通り沿い、山田ビルの2階です。

17時の開店と同時にお伺いしました。ちょっと入りにくい雰囲気はありましたが、たまたま料理人さんが外看板を出しているのに遭遇し、スムーズに入店できました。

入って左側がカウンター、右側がテーブル席。早い時間のため流石に貸切状態でしたが、特に緊張感もなくほっと一息。色々お願いいたしました。

・小アジフライ2尾

「きく」の名物といえばこちらの小アジフライ。ずっといただいてみたかった一品です。思ったより小さくて可愛いサイズ感。ピンと天を指す尾が健気で美しい。下味が付いているのでそのままいただきます。衣は熱々のザクザク、中はふっくらと仕上がっており美味しいです。念願叶ってお味も一入!

、肉じゃが、ほうれん草胡麻和え

少しずつでの提供が嬉しい。これぞ家庭料理という2品ですが、家で作れそうで作れない滋味。どの料理も良い素材で一手間掛けて作られているのがわかる家庭的で優しいお味です。

・クジラベーコン

久々に食べるクジラベーコン。しっとりとした感触、ほの甘、クセのないお肉はお酒が進みます。

・ウナギのくりから焼き

土用の丑の日ですので鰻もしっかり注文いたしました。夏の美味しい鰻は元気の源です。銀座8丁目のお店らしく、料理の値段は不記載です。これらの料理に生ビール1杯、熱燗1合をいただいてお会計は7,500円ほどでした。おおよそのご参考にしてください。

ご主人、お母さん始めお店の皆さまが温かくて、とても良いお店でした。きどらない美味しい料理に「お疲れ様」「気を付けてねー」など何気ない一言が沁みる。お店の温かい雰囲気と名物のアジフライは病みつきになりそうです。 やはりソニー通りは素敵なお店が多く最高です! きく焼き、きく揚げ、いもサラダも気になりますので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


銀座 樹蔭|洋のニュアンスが楽しい良和食店/the 349th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」349日目、本日は和食です。銀座5丁目、昭和通りの新築ビル「GINZA12」の地下1階にオープンした和食店「銀座 樹蔭-こかげ」さんにランチ訪問いたしました。

1階もお店が入っておらず、まだ未完成のようですが、何店舗かの飲食店が営業スタートしています。看板の中に東北沢のミシュラン1つ星の和食店「与志福」さんの名前を発見!オープンが非常に楽しみです。

店内はカウンター席にテーブル数卓、個室1部屋。新しいお店らしく清々しい雰囲気です。 ランチは¥1,580からありますが、本日はコース仕立ての・松風 ¥3,300(w/o tax, 女性限定割引¥2,800)をお願いしました。

先付・ユリ根のムース、ズワイガニ

北海道産の月光という希少なユリ根のムース、ユリ根は大好物、ほんおり甘くて美味。 オリーブオイルが使われているのも面白い。この後に期待が膨らむ前菜です。

八寸・ワカサギ南蛮漬、カボチャ甘酢和え、蒸し鴨、フォアグラのキャラメリゼ、金柑の蜜煮

なかなか豪華で見た目も素敵な八寸。 低温調理の鴨は大変柔らか、優しい甘さに包まれた幸せな金柑、色んな味の混じった表現し難い美味しさです。

造り・本マス、タコ、マダイ昆布〆

こちらも綺麗な盛り付け。本マスは脂ノリノリ、タコは低温調理、お造りも鰹出汁やオリーブオイルなどを絡ませており、ちょっと楽しい。

メインは肉か魚か、今の所は選べるわけではなく、日替わりでどちらかになるそうです。

今日はお肉料理で・蝦夷鹿シチュー、当たりです!

お肉は柔らかトロトロ、クセは全く無し。コクがしっかりあって美味しいシチューでした。

食事・ユリ根の炊き込みご飯、生ユリ根の梅肉乗せ、ウドの味噌汁、ぬか漬け

先付けで使われていたユリ根は生食可能、シャキシャキでした。

甘味・ドライイチジクと抹茶のチョコレート

デザートも良い。イチジクはブランデーに1日漬け込んであるそうで、大人なお味。

品数も多く、お腹もいっぱい、この内容にして値段もリーズナブルで大変満足! 着物姿のサービス陣もとても雰囲気がよく、新しいお店では久々の好感触でした。 暖簾には上原浩氏の名文句「酒は純米、燗ならなお良し」、日本酒にも力を入れているそうなので夜の料理とお酒も興味津々。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。


有薫酒蔵、紡庵|リーズナブルに美味しい定食/the 343th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」343日目です。本日はランチにリーズナブルで美味しい定食をいただける2店をご紹介いたします。

まずは以前から気になっていた銀座2丁目、外堀通り沿いの九州郷土料理がいただける居酒屋「有薫酒蔵 銀座店」さん。

階段を降りると、女性が椅子に腰掛けており少し吃驚。前払いなんですね。本日はお目当ての木・金限定・だご汁定食 ¥900 をお願いしました。 店員さん手動の自動ドアをくぐると、ひなびた良い雰囲気の店内。椅子と机が小さい。 当時の日本はこれくらいのサイズが普通だったんでしょうか。

カウンターも2人がけのテーブルもないようなので、入り口付近の4人がけテーブルに着席。お店の奥では女性スタッフさんが世間話に花を咲かせていますが、そんな緩い感じがお店の温かみとなっているようです。

10分ほどで到着。

この価格にしては豪華な定食です。 内容はおにぎり2個、だご汁、ひじき煮物、カボチャ煮物、白身魚南蛮漬け、卵焼き、お新香、ヨーグルト、そして何故か日本酒とほっこりする内容。


だご汁=だんご汁で丸い餅が入っていると思ったら平らなワンタン状の歯ごたえたっぷりのお餅。 優しい味噌味で、具材は大きいサツマイモ、人参、サツマイモ、つみれなど具沢山でした。 最後は蜂蜜でハートマークが描かれ、美味しさアップのヨーグルトをいただきました。

お味はオーソドックスなものの、盛り沢山な内容と、なにより感じ良いスタッフさんたち、お店の雰囲気で全てOK。素敵なお店でございました。 またお伺いいたします。ごちそうまでした!

続いて中央通り沿い、銀座1丁目のキラリトギンザの裏のビルにオープンした和食店「銀座 紡庵」さん、密かに話題な限定10食千円ぽっきりお魚ランチをいただきにお伺いしました。

開店直後の11時半にお伺いしましたが、すでに予約のお客様などでそこそこの賑わい。人気ですね。1人ですので綺麗で広いカウンター席に落ち着きます。 ランチメニューは・紡庵北陸御膳か・ステーキとローストビーフのお重、どちらも限定10食です。 本日はお目当ての・紡庵北陸御膳 ¥1,000をお願いしました。

10分ほどで到着。

煮魚、西京焼きは共にブリ、刺身はカツオ、ブリ(ハマチ?)、ウマズラハギ、天ぷらはイカ、ツブ貝(多分‥‥)、サツマイモ、他ほうれん草のお浸し、サラダ、ご飯、赤だし、お新香、みかんの全10品。 どれも少量でブリかぶりではありましたが、薄味で上品な仕上がり。

ご飯も美味しいです。

多皿なのでお腹もいっぱいになりました。落ち着いた高級感のあるお店の雰囲気と相俟って満足感のあるランチでございました。 料理人さんは寡黙なものの、ホールスタッフの方々は皆さま明るく丁寧で良い感じです。

人気の魚ランチは、12時前に入店するか、予約した方が間違いなさそうですね。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。