ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店|絶品の限定ワイン「深穏2017」/the 502th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」502日目、本日はワインバー、2018年5月にオープンした「ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い。フレンチの名店「ラフィナージュ」などが入っている「GINZA-A5ビル」の1階、地下1階です。お店の入り口は奥にあります。
ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店
ケンソーエステイトはカプコン創業者、辻本憲三氏が設立したカリフォルニア、ナパのワイナリー。今年で開業10周年です。

こちらは1階カウンター席、地下1階フロアはカウンター席に個室もあるそう。
ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店
あまり装飾のない静やかな店内、ゆったりとした椅子は座り心地もとても良いです。

本日は最近始められた・土日祝日限定ランチコース ¥5,800(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・軽井沢花井農園より カボチャのパイ
軽井沢花井農園より カボチャのパイ
一口サイズの可愛いパイ、スイーツのような甘みの強いカボチャが美味。せっかくなのでワインもいただきます。

・あさつゆ asatsuyu 2019 ¥1,200
あさつゆ asatsuyu 2019
ケンソーエステイト定番の白ワイン。すっきりとした酸味、果実味もしっかりと感じられ爽快なお味。

・手毬海老、アワビ、冬瓜、新レンコンと梅餡
手毬海老、アワビ、冬瓜、新レンコンと梅餡
暑い時期にぴったりの冷製な一品。夏は梅など酸っぱいものが食べたくなります。

・信州和牛ミスジのグリル、黒胡椒のソース
信州和牛ミスジのグリル、黒胡椒のソース
噛むほどに旨味のある赤身肉。定番の赤ワイン「紫鈴 rindo」のワイン塩が添えられているのも特別感有ります。

・深穏 shinon 2017 ¥2,600
深穏 shinon 2017
北カリフォルニアで大きな山火事があった2017年醸造、1ビンテージ限りの限定ワインをいただきました。絶品でした。21種のワインをブレンドし、フレンチオークの旧樽で26ヶ月熟成させたもの。軽やかな飲み心地でありながら、深みのある味わい、後にスパイスを感じる余韻も楽しめ、どんな料理にも寄り添うことができそうな素敵な赤ワインでした。

・麹ボロネーゼ
麹ボロネーゼ
上にはサマートリュフ、インパクトの強い麹と濃厚なソースが意外な相性の良さ。パスタの食感もばっちりです。美味。

・塩ジェラート
塩ジェラート
グリーンキュラソーで色付け、ミネラルも補給でき、夏に嬉しいジェラートです。

料理はイタリアンっぽいですが、フレンチベースだそう。日本料理の要素もミックスしてケンゾーエステイトのワインとの相性も抜群。ワインがメインのお店ですが、直営店だけあり、リーズナブルな価格で色々なワインが楽しめるが嬉しいです。ちなみに「深穏 shinon 2017」はボトル(750ml)で購入すると¥20,000、銀座うかい亭でもグラスで提供しているそうですが120mlで¥7,700!だそう。お得ですね。ごちそうさまでした!

「ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ウラドラ|日比谷グルメゾンの隠れ家イタリアン/the 501th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」501日目、本日はイタリアンです。銀座6丁目コリドー街と帝国ホテルの間の高架下に2020年7月に開業した商業施設「日比谷グルメゾン」内にオープンしたイタリアン「ウラドラ」にお伺いしました。

お店の入り口は帝国ホテル側にあります。

表はナポリピザとクラフトビール専門の賑やかな立ち飲みバー「ドラスタンド」。

その奥にある金色のドアを開けると、「ウラドラ」へと進むことができます。

オープンキッチンで、中央にカウンター、奥にソファー席、右側がテーブル席。「ドラスタンド」と比べると、ぐっと落ち着いた雰囲気です。

21時までは・おまかせコース ¥5,000(w/o tax)のみ。21時以降はアラカルトでのオーダーも可能です。本日はコースでお願いしました。

・イサキのカルパッチョ、ブラータチーズとセミドライフルーツトマトのカプレーゼ
イサキのカルパッチョ、ブラータチーズのカプレーゼ
カルパッチョの上に生ウニ、チーズの上にはキャビア。確かチーズはアメリカ製で軽やかな風味。せっかくなのでクラフトビールもお願いしました。

・わびさびペールエール ¥880
わびさびペールエール
静岡県伊豆市修善寺の「ベアードビール」のわさびと緑茶を使ったクラフトビール。変わった味わいを想像しましたが、わさび感はそれほどなく、キリッとした辛口で呑み心地のとても良いビールです。

・帆立、椎茸、マッシュルームソース、サマートリュフ掛け
帆立、椎茸、マッシュルームソース、サマートリュフ掛け
最後にサマートリュフを掛けて出来上がり。肉厚のホタテは甘みも感じられ美味。焼いた椎茸の香りも良いです。

・フォアグラのソテー、ペリグーソース
フォアグラのソテー、ペリグーソース
シェフのスペシャリテだそう。フォアグラにトリュフを使ったペリグーは定番の組み合わせで、柔らかく仕上げたナスは違和感無く調和いたします。

・赤ワインのパン(普通のバゲットも有り)
赤ワインのパン
濃厚なソースもご馳走です。お勧めの赤ワインパンにたっぷり付けていただきます。

・ブラッドオレンジのシャーベット、大葉のグラニテ

口直し。上のオレンジシャーベットはハンドタイプのかき氷機で直接グラスに入れてくれるのが面白いです。

・オマール海老、カブ、アメリケーヌソース
オマール海老、カブ、アメリケーヌソース
こちらも定番。海老がプリプリで美味。イタリアンですが、フレンチの要素もかなり強めのようです。

・究極のナポリタン
究極のナポリタン
パスタはイタリアっぽいですが、日本の料理。通常30gだそうですが、好きなだけいただけるのが嬉しいです。30gですと霞レベルなので、100gいただきました。玉ねぎ、ピーマン、トマトを濃縮したソースに絡めたパスタはやや固めで、現代的な仕上がり。美味。

・フランス産 鳩のロースト 古典赤ワインのソース
フランス産 鳩のロースト 古典ワインのソース
メインは牛ほほ肉、蝦夷鹿、鳩から選択可能。付け合せは万願寺唐辛子、胸肉ともも肉、こちらも濃厚なソースで。嬉しいデザートも付きです。

・イタリアンプリン
イタリアンプリン
やや固めで、マスカルポーネチーズが入っているのが「イタリアン」な雰囲気。甘さは抑えられており、カラメルの苦味が効いた美味しいプリンでした。

・ティラミス +¥500
ティラミス
アラカルトで追加。植木鉢に入ったユニークな見た目。こちらのエスプレッソの苦味強めで美味、最後は・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

デザート含む8皿でこの価格は魅力的。一皿のポーションは少なめですが、ナポリタンでお腹具合を調節できるのは、とても良いサービスです。シェフ、スタッフの方々もフレンドリーでとても快適なディナータイムを過ごさせていただきました。キャビア、トリュフ、フォアグラと所謂、世界三大珍味を使用し、明確な分かりやすい味付けが好感触。平日ラストオーダー23時と遅くまで営業されているので、色んな状況で利用できそうなお店です。また「ドラスタンド」のピザもいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「日比谷グルメゾン」「ウラドラ」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ACキッチン|ACホテル銀座内の心地良いモダンスパニッシュ/the 497th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」497日目、本日はスペイン料理「ACキッチン」にお伺いしました。

場所は銀座6丁目、昭和通り沿い、2020年7月9日にオープンした「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」の1階です。
ACホテル・バイ・マリオット東京銀座
「ACホテル」はスペイン発祥で、アジア地域初進出だそうです。

店名からするとカジュアルなイメージを受けますが、店内はテラス席もある広いダイニングは黒とブラウンで統一したシックな雰囲気。
ACキッチン
東京オリンピックに向けたホテルが続々完成していますが、延期になりこのような状況ですので、空いています。カルトでも注文できますが、本日は・プリフィクスランチコース ¥3,500(サ別15%, w/o tax)をお願いしました。

アミューズ・マンテカードとジャガイモのピュレ、ポン デ ケイジョと生ハム
マンテカードとジャガイモのピュレ、ポン デ ケイジョと生ハム
スペイン発のホテルですので料理もモダンスパニッシュ。対する食感の2品の組み合わせも良い。ふわふわもちもちのパンに、サクサクのクッキーの上のジャガイモはコンソメのジュレでコーティング。一口ビシソワーズのようです。

・低温加熱した日光市「プレミアムヤシオマス」のミキュイ 枝豆とイベリコチョリソーの香り
低温加熱した日光市「プレミアムヤシオマス」のミキュイ
赤と緑の綺麗な盛り付け。量感もよいマスの上はバルサミコ酢の泡、ねっとりとした柔らかい肉質で美味。

パンは4種類から選択可能でしたので・アマランサスのパン、柔らかい丸パンをいただきました。
アマランサスのパン、柔らかい丸パン
スーパーフードのアマランサスのパンを体にも良さそう。どちらも美味しいパンです。

・トウモロコシのスープ +¥500
トウモロコシのスープ
牛乳、塩のみのスープは焼きトウモロコシを使い、甘みに加え、香ばしさもたっぷり。添えられたポップコーン、ベーコンの入ったシフォンケーキも気が効いています。

・真空調理した「ゴールデンポーク」のグリエ スターアニス風味のソースで 農園野菜のローストを添えて +¥300
真空調理した「ゴールデンポーク」のグリエ スターアニス風味のソースで
こちらも低温調理でとても柔らかく仕上げてあります。スターアニスの香りが強過ぎる気もしましたが、甘くて旨味もある美味しい豚肉でした。野菜も主張が強くてシシトウ、サツマイモ、ニンジン、ブロッコリー、タマネギ、キャベツなど種類豊富で嬉しいです。

・銀座のはちみつ入り「ナティージャ」抹茶風味のわらび餅を添えて +¥500
銀座のはちみつ入り「ナティージャ」抹茶風味のわらび餅を添えて
マジパンのハチが可愛過ぎて。。。一番最初に食べました。スペインのカスタードクリームですが、思ったより食感よくプリンに近い感じです。銀座産のハチミツを使って優しい甘さ。

最後は美味しい小菓子・カヌレ、竹炭クッキー、コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
カヌレ、竹炭クッキー、コーヒー
それぞれの料理は4種類ほどから選べ、追加料金のかかる料理もあるのですが、デコレーションもとても綺麗で味も良く、その分の満足感は十分得られました。「ミレニアム三井ガーデンホテル東京」の「現代里山料理 ZEN HOUSE」など、最近のホテル内レストランは良いお店が多い気がいたします。

料理の説明も丁寧で、スタッフの方々も感じよく、とても居心地の良いお店。レストランは1階で、堅苦しくない雰囲気なのでホテルに宿泊しなくても、利用しやすいのではないでしょうか。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」について、詳しくはこちらをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ニーケ|体と心に優しいサラダランチ/the 493th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」493日目、本日は銀座1丁目、木挽町中通り、京橋公園迎いに2019年9月にオープンしたダイニングバー「ニーケ」にランチ訪問いたしました。 

外に開かれた明るい店内は奥がカウンター席、手前がテーブル席、 壁面には綺麗な写真が飾られています。

というのもこちらは写真素材提供会社のアフロ経営。愛と美の女神アフロディーテと勝利の女神ニーケと納得のネーミング。

ランチメニューは、牛ハラミプレート、サラダランチ、ガパオライス、魯肉飯(ルーローハン)など。本日は・ジューシーチキンサラダプレート ¥1,000 をお願いしました。

・キャロットラペ
キャロットラペ
おまけのような一品ですが、クルミが入っており、嬉しくなります。サラダプレートも5分ほどで到着。

・ジューシーチキンサラダプレート
ジューシーチキンサラダプレート
冷製コーンスープ付き。アボカド、トマト、マッシュルーム、ゆで卵にレタスたっぷりの良い感じのボリューム。上に乗った柔らかいチキンも美味しく、かなり満足感のあるサラダランチです。

別の日のオーダーは・魯肉飯(ルーローハン)¥1,000
魯肉飯(ルーローハン)
スパイス感はそれほど強くなく、優しい日本的な仕上げになっています。ご飯が間違いなく進むお味で美味。こちらにもサラダがたっぷり付いているのもグッドです。せっかくなのでデザートもオーダー。

・ヌガーグラッセ ¥300
ヌガーグラッセ
ビーツで色付けした可愛いピンク色、ナッツの食感が良く軽やかで美味しいです。最後はセルフですが、セットの美味しいコーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

夜はシャルキュトリ、鶏肉のコンフィなどフレンチベースの料理や、親しみの湧く唐揚げ、カキフライなどがリーズナブルな価格でいただけます。サービスも丁寧で明るく、とても快適な時間を過ごせる、体にも心にも良いお店です。ごちそうさまでした!

「ニーケ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。