ランファン クー エ クー|華麗なフレンチレストラン/the 516th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」517日目、本日は2013年オープンのフレンチレストラン「ランファン クー エ クー」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数奇屋通り沿い、「高谷銀座ビル」の6階、カウンターはなく、テーブル席のみ、フランス料理店らしいクラシックでエレガントな内装です。
ランファン クー エ クー
語呂が良い「ランファン クー エ クー」という店名は直訳すると「子供 心と心」で、色々な思いが込められています。

料理はおまかせコースのみ、ランチは¥5,000からありますが、本日は・おまかせランチコース ¥8,000(サ別, w/o tax)をお願いしました。

・トマトとアンチョビのキッシュ
トマトとアンチョビのキッシュ
上の白い花びらは牛乳の風味豊かなチーズ「テット ド モワンヌ」、ほの温かい生地も軽やかで美味。期待の高まるアミューズです。

・魚介と果物のサラダ仕立て 燻製の香り
魚介と果物のサラダ仕立て 燻製の香り
ホタテ、タコ、焼いたウニ、柿、巨峰、イチジク、ビーツ、アクセントにチーズ。様々な素材が入っていますが、香りによるものか、しっかり統一感も感じられます。

・自家製パン

ナッツ入りのふわふわで美味しいパンは、ソースを味わう様に大活躍。フレンチですが、重たいバターではなくオリーブオイルの提供も個人的には嬉しいです。

・とりたま
とりたま
梶山シェフのスペシャリテ。鶏肉と卵の親子丼ではなく、トリュフと卵の「とりたま」です。中のフランの中には卵黄、濃厚なトリュフソースとの組み合わせは間違い無い美味しさ。名前と見た目は可愛いですが、クラシックフレンチの力強さを感じる一品。

・真鯛のポワレ真鯛のポワレ
上に鹿肉のソーセージとトキイロヒラタケ、車海老のソース。厚みもある鯛は皮目はパリパリ、身はしっとりとした火入れ。野趣味のある鹿肉ソーセージは単一で美味。オレンジ色の綺麗なキノコを使うなど、真鯛とソースとの彩もよく考えられています。

・桑の葉茶のグラニテ
桑の葉茶のグラニテ
薬草っぽいお味は、もしかしたら苦手な方もいるかましれませんが、クセのある味わいは望むところ。パチパチキャンディー入りでびっくりしました。

・エゾ鹿フィレ肉のロースト
エゾ鹿フィレ肉のロースト
付け合わせはフォアグラ、梨。柔らかく味の濃い、とても美味しい鹿肉にはシンプルな赤ワインソースが良く合います。フォアグラとお肉は一緒に食べると至福のお味。

・モンブラン、エスプレッソアイス
モンブラン、エスプレッソアイス
こちらも好物、中のベリーのアクセントも酸味が強くなく好み。苦味のあるアイスもとても美味しい。

・小菓子、コーヒー
小菓子、コーヒー
小菓子も味噌が使われるなど、日本的な食材の使い方も面白いです。

内装や「愛を語りたくなるレストラン」というキャッチコピーから、料理も軽い味を想像していましたが、良い意味で予想を裏切る内容。盛り付けは華やかですが、お味は骨太なものもあり、量的にもとても満足です。クラシックなフレンチ好きな方にもお勧めできるレストランです。ごちそうさまでした!

「ランファン クー エ クー」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
ランファン クー エ クー

レストラン トヨ トーキョー|カレーも美味しいフランス料理/the 513th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」513日目、本日はフレンチ「レストラン トヨ トーキョー Restaurant TOYO TOKYO」にお伺いしました。

場所は東京ミッドタウン日比谷の3階レストランフロア。

ファッションデザイナー髙田賢三氏の専属料理人、2009年にはパリに「レストラン トヨ」をオープンした中山豊光氏がオーナーのフレンチレストラン、ミッドタウン日比谷の開業時、大変話題となったお店の1つです。

ごく控えめな外観、入り口には、髙田賢三氏が描いたの中山シェフの肖像画が飾られています。

店内はカウンター席に、テーブル席数卓、全体的に淡い色調の温かみのある店内です。本日は・ランチコース ¥5,000(w/o tax)を事前に予約してお伺いしました。

アミューズ・スティッキオのフライ、12ヶ月熟成ミモレットチーズ

周りに石川子芋、枝豆、ムカゴ、さつま芋チップ、ほおずき、柿、梨、イチジクと秋の彩り。チーズがとても美味しいです。

・山口県萩産 甘鯛昆布〆、マスタードドレッシング
山口県萩産 甘鯛昆布〆、マスタードドレッシング
上にとろろ昆布、サラダセロリ。昆布締めに昆布を重ねるのは不思議な気がいたしますが、昆布のコクと野菜の爽やかさのバランスが良い感じ。

・コンソメのフラン、マッシュルームソース

ゴボウ、マッシュルーム、はたけしめじ等の天然きのこ。フラン(茶碗蒸し)もソースのようにいただきます。秋はキノコが美味しい季節です。

・バゲット

後のメインの際にも大活躍。

・ヨコシマサワラ、ホタテの湯葉巻きロースト、味噌バターソース

根セロリのピュレとチップ、セロリの泡。味噌、湯葉と日本を強く感じる一皿。とても優しい火入れで、魚も貝もジューシー。メインはタンシチュー、仔羊のロースト、カレーから選択可能。どれも好物なので迷いましたが、以下をチョイス。

・ブイヤベースカレー

パリの店でも人気というカレーライス。アナゴのフライ、万願寺唐辛子、赤からしミズナが添えられているのも嬉しいです。海老の味わいが濃厚、柔らかい辛味も感じるカレーはソースの役割も果たす万能料理。ライスはもちろん、アナゴや野菜にも良く合います。残ったカラーはバゲットに付けて一滴残らずいただきました。美味。

・梨のデザート

フレッシュな梨にコンポートした梨、カスタード、ショコラムースなど。シンプルに美味しいデザートでした。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「レストラン トヨ トーキョー」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

るぱたき|人肌感じるカウンターフレンチ/the 508th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」508日目、本日はフレンチ「るぱたき」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、並木通り沿い「丸源53ビル」の2階です。

銀座雑居ビルの代表「丸源ビル」、退店している店も多く、廃墟な感じも漂いますが、気にせず入ります。

オープンキッチン、カウンター8席のみのアットホームな雰囲気。今ではカウンターのみのフレンチは当たり前ですが、40年前にこの発想は凄いです。

こちらのお店、見るからに人が良さそうな氏家シェフの叔母さまが40年ほど前、60歳の時に始められたお店をそのまま引き継いだそう。不思議な「るぱたき」という店名は「タキの食事所」の意味です。

最近始められたランチは、コース1種類のみ。本日は・おまかせランチコース ¥6,000(w/o tax)を事前に予約してお願いしました。

・ジャンボ椎茸のスープ、ローストビーフサラダ
ジャンボ椎茸のスープ、ローストビーフサラダ
すっきりとした爽やで優しい味わいのスープ、サラダも美味。ほとんどの料理が叔母さまのレシピを生かしたものだとか。

・パン
メゾンカイザー
美味しいと思ったら「メゾンカイザー」のものだそうです。クルミの入ったパンと中が緑の抹茶パン。

・キノコの温かいサラダ、ポーチドエッグ乗せ
キノコの温かいサラダ、ポーチドエッグ乗せ
ベーコン、トウモロコシ、レンコン、トマトなども入ったバランスの良いサラダ、ポーチドエッグを割ってトロトロ卵黄と一緒に食べれば美味しくない訳はありません。

・ブルターニュ産ムール貝の小さなグラタン
ブルターニュ産ムール貝の小さなグラタン
熱々、ムール貝も小さめですが、味が濃くて美味、大好物の百合根も沢山入っていて嬉しくなります。

・牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
牛ほほ肉の赤ワイン煮込み
付け合せはアスパラガス、オクラ、ミルポワ、バターライス。ボリューム感も素敵です。トロトロに煮込まれた牛ほほ肉、ぶどうジュースに着けた甘さのあるマスタードを付けながらいただきます。家庭料理をブラッシュアップした味わいで、とても美味しいです。

・一口カレーライス
一口カレーライス
〆は嬉しいカレーライス、どう見ても一口では食べられません。カレーも創業当初からの定番料理、今日は茄子と野菜のカレーでした。辛さもしっかりあって美味しい。沢山食べた後ですが、余裕でいただけます。

・シュークリーム、バスクチーズケーキ、チョコレートケーキ
シュークリーム、バスクチーズケーキ、チョコレートケーキ
デザートは通常1種類なのですが、欲張って全3種類いただきました。男性に人気というシュークリームは名物デザートだそう。しっとりとしたシュー生地とバニラビーンズたっぷりのふわふわクリームが最高!手作りって良いですね。

氏家シェフとお店の親しみの湧く雰囲気も、とても居心地が良く、普通にまったり、最後はコーヒーをいただき、ゆっくりさせていただきました。少し懐かしさを感じるフランス料理は、流行に左右されないオリジナリティを感じられます。まだまだ知らないお店が沢山ありそうな銀座は、やっぱり面白いです。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「るぱたき」について、詳しくは予約サイト「一休」をご覧下さい。「Go To Eat」も始まりましたので是非ご利用下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
るぱたき

ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店|絶品の限定ワイン「深穏2017」/the 502th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」502日目、本日はワインバー、2018年5月にオープンした「ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い。フレンチの名店「ラフィナージュ」などが入っている「GINZA-A5ビル」の1階、地下1階です。お店の入り口は奥にあります。
ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店
ケンソーエステイトはカプコン創業者、辻本憲三氏が設立したカリフォルニア、ナパのワイナリー。今年で開業10周年です。

こちらは1階カウンター席、地下1階フロアはカウンター席に個室もあるそう。
ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店
あまり装飾のない静やかな店内、ゆったりとした椅子は座り心地もとても良いです。

本日は最近始められた・土日祝日限定ランチコース ¥5,800(サ別10%, w/o tax)をお願いしました。

・軽井沢花井農園より カボチャのパイ
軽井沢花井農園より カボチャのパイ
一口サイズの可愛いパイ、スイーツのような甘みの強いカボチャが美味。せっかくなのでワインもいただきます。

・あさつゆ asatsuyu 2019 ¥1,200
あさつゆ asatsuyu 2019
ケンソーエステイト定番の白ワイン。すっきりとした酸味、果実味もしっかりと感じられ爽快なお味。

・手毬海老、アワビ、冬瓜、新レンコンと梅餡
手毬海老、アワビ、冬瓜、新レンコンと梅餡
暑い時期にぴったりの冷製な一品。夏は梅など酸っぱいものが食べたくなります。

・信州和牛ミスジのグリル、黒胡椒のソース
信州和牛ミスジのグリル、黒胡椒のソース
噛むほどに旨味のある赤身肉。定番の赤ワイン「紫鈴 rindo」のワイン塩が添えられているのも特別感有ります。

・深穏 shinon 2017 ¥2,600
深穏 shinon 2017
北カリフォルニアで大きな山火事があった2017年醸造、1ビンテージ限りの限定ワインをいただきました。絶品でした。21種のワインをブレンドし、フレンチオークの旧樽で26ヶ月熟成させたもの。軽やかな飲み心地でありながら、深みのある味わい、後にスパイスを感じる余韻も楽しめ、どんな料理にも寄り添うことができそうな素敵な赤ワインでした。

・麹ボロネーゼ
麹ボロネーゼ
上にはサマートリュフ、インパクトの強い麹と濃厚なソースが意外な相性の良さ。パスタの食感もばっちりです。美味。

・塩ジェラート
塩ジェラート
グリーンキュラソーで色付け、ミネラルも補給でき、夏に嬉しいジェラートです。

料理はイタリアンっぽいですが、フレンチベースだそう。日本料理の要素もミックスしてケンゾーエステイトのワインとの相性も抜群。ワインがメインのお店ですが、直営店だけあり、リーズナブルな価格で色々なワインが楽しめるが嬉しいです。ちなみに「深穏 shinon 2017」はボトル(750ml)で購入すると¥20,000、銀座うかい亭でもグラスで提供しているそうですが120mlで¥7,700!だそう。お得ですね。ごちそうさまでした!

「ケンゾーエステイトワイナリー 銀座店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。