観音山フルーツパーラー 銀座店|和歌山の美味しい果物百花繚乱/the 571th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」571日目、本日はフルーツを使用したスイーツ、10月18日にオープンした「観音山フルーツパーラー 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座4丁目、昭和通り沿いのホテル「東急ステイ銀座」の1階。
東急ステイの1階
和歌山県紀の川市の果物専業農家が経営するフルーツパーラーの東京1号店。明るい店内は1階席、2階席もあり、席数多めのカジュアルな雰囲気。料理メニューは今の所フルーツサンド、パフェのみ。せっかくなので両方いただきました。

・和歌山県産ミカンとイチジクのフルーツサンド ¥1,490
和歌山県産ミカンとイチジクのフルーツサンド
最近よく見るミカンのカット面が映えるフルーツサンド。ふわふわの食パンに甘さ控えめの生クリームというシンプルなフルーツサンド。フルーツの主張強めで美味しいです。添えられた柿、イチジク、デーツのドライフルーツも美味しいです。

・和歌山県紀の川産ふわとろイチジクパフェ ¥2,390
和歌山県紀の川産ふわとろイチジクパフェ
紀の川市は、市町村別のイチジク生産量が日本一だそう。フレッシュなイチジク、ドライイチジク、イチジクのシャーベット、イチジク果肉ジャム、生クリーム、プレーンヨーグルト、グラノーラ。

クラッカーにもドライイチジクとナッツ。観音山フルーツパーラーのロゴプレートもチョコで出来ており食べられます。
和歌山県紀の川産ふわとろイチジクパフェ
最初はイチジクそのものの謙虚で嫋やかな味わいを。その下のイチジクシャーベットはシャリシャリで食感良く、中盤では酸味の少ないヨーグルトとイチジクジャムを混ぜ合わせて優しくまったりとした味わいを楽しめます。美味。

・コーヒー ¥490
コーヒー
コーヒーにもドライデーツ付き。デーツは栄養価が高いそうで、体にも良さそうです。

数種の柿を使ったパフェやミックスフルーツパフェも美味しそうでした。季節ごとに変わっていく和歌山県産のフルーツを色々楽しめそうで、度々お伺いしてしまいまそうです。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした。

「 観音山フルーツパーラー」について詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

カフェ ディオール by ラデュレ|洗練された空間、上質なデセール/the 546th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」546日目、本日はカフェ、ギンザシックスのハウス オブ ディオール4階に2021年4月22日にオープンした「カフェ ディオール by ラデュレ」にお伺いしました。

ディオールは、2021年プレフォールコレクションとして、アメリカのアーティスト「ケニー・シャーフ」とのコラボレートアイテムを展開中。
カフェ ディオール by ラデュレ
色相は豊かですが、落ち着いた明彩で描かれた独特のキャラクターが目を惹きます。

店内はテーブル配置が変わっている程度で以前の「カフェディオール by ピエールエルメ」と変わらず、パステルピンク、ブルー、グリーンの背もたれ、ぽってりとした形状の椅子が可愛い。
カフェ ディオール by ラデュレ
ギンザシックスのほとんどのフロアが休業中のため、現在はオンライン予約限定での先行オープン中、席数をかなり絞っていることもあり全日満席のようです。色々いただきました。

・ウフ クリスチャン ディオール ¥3,410
ウフ クリスチャン ディオール
イヴ サンローランの共同創業者ピエール ベルジェが、クリスチャン ディオールをもてなすために供したという「ウフ クリスチャン ディオール(ジュレで包んだポーチドエッグにキャビアを乗せた料理)」のオマージュ。お皿はラデュレのためにデザインされたカナージュ柄です。

アーモンドなどから作られるオルジェーシロップのムースの中に、アプリコットのクーリ、上にシトロンキャビア(フィンガーライム)、ムースの下にはオルジェーシロップのジュレ、アプリコットのポワレ。
ウフ クリスチャン ディオール
サイズは小さいですが、甘みが強く満足感有り、後味は非常に爽やかです。

・モワルー オ ショコラ ¥2,310
モワルー オ ショコラ
カカオ64%のダークチョコレートの中にアングレーズソースが入ったフォンダンショコラ。上に小気味好い食感のカカオニブのヌガティーヌ。こちらは普通サイズ。ナイフを入れるとトロッと流れ出るソースがバニラの香り豊かで食欲を増進。6種類あるデザートの中で一番人気だそう。美味。

・ラテ アート クローバー ¥1,540
ラテ アート クローバー
最後は「CD」ロゴ、スター、カナージュ、クローバーの4種から選べるカフェラテをいただきました。

ハイブランドのカフェですので、サービスも雰囲気も上質、時間制限などもないようで、素晴らしい時間を過ごせるのは間違いなさそうです。もまた他のデザートや豪華なアフタヌーンティーセットもいただいてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「カフェ ディオール by ラデュレ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

ル カフェ ヴィー|プライスレスなランチコース/the 542th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」542日目、本日は2021年3月20日にオープンした「ルイ・ヴィトン銀座並木通り店」の最上階のカフェ「ル カフェ ヴィー」にお伺いしました。

異彩を放つ外観は建築家の青木淳とピーター マリノによるもの。「水の柱」をイメージしており、中では大きなクラゲがたゆたい、光や見る角度により様々な色が現れます。
ルイ・ヴィトン銀座並木通り店
大阪御堂筋店についで日本2店舗目のカフェは有名レストラン「スガラボ」のオーナーシェフ須賀洋介が料理、デザート、チョコレートをプロデュース。

エレベーターを降りると「V」ロゴと花のような、炎のような赤い椅子がお出迎え。この椅子はルイ ヴィトン ファニチャーのコレクションでカンパーナ兄弟デザインの「Bulbo」、お値段1千万以上とか。
ル カフェ ヴィー
右側ではチョコレートが販売されており、左側がカフェ、ソファのブルーを基調に直線と曲線を組み合わせ、高級感がありながらも、優しく落ち着ける空間となっています。カウンター席もありますので、バーのような使い方も良いかもしれません。

料理はアラカルトでも頼めますが、本日は11時-15時まで注文可能な・ランチコース ¥8,800(サ別10%)をお願いしました(他¥4,400の軽めのコースも有)。

・金沢メグリー農園の野菜と竹島さんのモッツァレラのサラダ金沢メグリー農園の野菜と竹島さんのモッツァレラのサラダ
流石に上質な素材を使用しています。見るからに元気な野菜は無農薬で大切に育てられたもので、アスパラソバージュ、こごみ、人参、丸々太ったスナップえんどうなど。トマトが味わいがしっかりでもの凄く美味しい。チーズは千葉県木更津市「クルックフィールズ」のもので、本州では唯一水牛からモッツァレラを作っているとか。濃厚なミルク味が素晴らしい。

・農夫風のブイヨンスープ、メッツゲライ楠田さんのベーコンと
農夫風のブイヨンスープ、メッツゲライ楠田さんのベーコンと
「メツゲライクスダ」は兵庫県芦屋のシャルキュトリー専門店。スープは角切りの野菜が沢山入っています。ベーコンは出汁の目的が強いように思いますが、スープが滋味です。

・和牛ハンバーグステーキ
和牛ハンバーグステーキ
顔のようになった可愛いハンバーグはサイズは大きくないものの丸々ぷっくり、高さがありフォルムも素敵。

・ブリオッシュ(ライスも選択可)
ブリオッシュ
もっちりサクッとした食感がユニークなブリオッシュは何も付けなくても美味ですが、デミグラスソースをたっぷち付けていただきました。

ナイフを入れると肉汁がジュワッと溢れる見た目にも美味しいハンバーグ。
和牛ハンバーグステーキ
野菜はクリーム味で別仕立てになっているのも面白く、食べ応えもありますね。いつかカレーライスもいただいてみたいものです。

・作りたてのミルフィユ、マダガスカル産バニラのクリーム +¥400
作りたてのミルフィユ、マダガスカル産バニラのクリーム
キャラメリゼされた伝統的なパイ生地を使ったサイズ大きめのミルフィーユ、中はカスタードクリームと生クリーム。ツヤのあるパイ生地はバター、カスタードはバニラの豊かな香り、生クリームの存在感はあえて控えめに仕上げられています。この向きで提供されるとナイフも入れやすいのも良く、とても美味しいミルフィーユでした。

・ヴィー カフェラテ
ヴィー カフェラテ
最後は、モノグラム映えに惹かれて普段いただかないカフェラテをいただきゆっくりさせていただきました。ナプキンホルダーはルイ ヴィトンのマスコット「ヴィヴィエンヌ」です。料理の美味しさもありますが、それとは別のプライスレスな時間と空間を楽しめるカフェです。ごちそうさまでした。

「ル カフェ ヴィー」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
ル カフェ ヴィー

コメダイズ 東銀座店|SDGsな大豆喫茶でハンバーガー/the 540th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」540日目、本日は2020年7月にオープンしたカフェ「コメダイズ(KOMEDA is)」にお伺いしました。コメダ珈琲の新業態で、店名からも分かるように大豆をメインとしてプラントベース(植物由来)の食材専門カフェ、現在は東銀座店のみの展開です。

場所は東銀座店となっていますが、住所は築地、晴海通り沿い、万年橋東交差点にある「銀座松竹スクエア」の1階です。
コメダイズ 東銀座店
明るい店内はカウンター席も多く、電源付きでリモートワークなどにも最適。現在の環境に対応したカフェです。ランチメニューは無いので、単品でオーダー。今時に注文は全てタブレットから。

・贅沢グレインズ ¥1,090
贅沢グレインズ
レタス、ブロッコリー、トマト、紅芯大根、マッシュルーム、蓮根チップ、雑穀、豆類、ナッツ、大豆ミートの照り焼きが入った綺麗なサラダ。ドレッシングも付けられるのですが、無しを選択、そのまま美味しくいただきました。これ一皿でランチ変わりになりそうです。

・べっぴんバーガー タルタルwasabi ¥1,280
べっぴんバーガー タルタルwasabi
最初は普通の大豆ミートのハンバーガーを頼めば良かったのですが、タルタルに惹かれて注文したのはフィッシュフライに見立てた大豆フィッシュフライ。バンズのサイズは大きめですが味の特徴はなし、魚や肉ではなく大豆バーガーと思って食べると、これはこれで優しいお味で美味。豆乳を使ったタルタルソースはほんのりワサビの香り、ポテトフライも付いているのでボリュームは十分です。

コメダ珈琲系列ですので、モーニング(7時〜11時)がお得です。ドリンクを頼むとプラントベースのトーストに、ジャム、ごまコンフィ、小倉あん、豆乳クリームチーズの4種のトッピングに加え、季節のスープ、季節の一品から1つ選択。

・トースト、カボチャのグラタン
トースト、カボチャのグラタン
季節の一品はカボチャのグラタン、パンに付けても美味しいグラタンはトッピングよりお得な感じ、朝ご飯には丁度良い分量です。

最後はアラビカ種100%でサステナブルな・コメダブレンドをいただきゆっくりさせてりただきました。コメダブレンド
ここ数年、銀座にもヴィーガンレストランや大豆ミートを使ったお店が増えていますが、今後ますます増えるのではないでしょうか。またフルーツサンドをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「コメダイズ 東銀座店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。