ボンボヌール|モダンにアップデートされた可愛いデザート/the 418th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」418日目、本日はカフェ、2018年12月に銀座三越4階にオープンしたフレンチ&デセールカフェ「ボンボヌール」にお伺いしました。

レストランフロアではなく婦人服売り場の一画にあります。白金高輪のフレンチ「ラ クープドール」のシェフと、リヨンのパティシエ兼ショコラティエ「セバスチャン ブイエ」のコラボレストランだそうです。

店頭ではケーキやチョコレートなども販売されています。ハイヒール型のチョコレートはプレゼントで喜ばれそうですね。

百貨店内らしいシンプルで落ち着いた店内、席数はわりと多め、窓からはあずま通りが見渡せます。

食事メニューはパスタ、クロワッサンサンド、サラダなど色々。本日は・クロワッサンサンド パンバーニャ ¥1,400(w/o tax)をお願いしました。

カリフラワーのスープ付き。南仏ニースのサンドイッチ。具材はシンプルにツナ、卵、キュウリ、トマト、レタスなど。見た目の通り、お味もナチュラルで美味しいです。

続いて楽しみなデザート、ボンボヌールの看板メニュー・セバスチャン ブイエ スペシャル フォレノワール ¥1,800(w/o tax)をいただきました。

フォレノワールは「黒い森」という名前の通りドイツのお菓子、原型はほぼ無く非常にモダンな仕上がりです。中央には大きなリンゴ、ではなくチェリー。ナイフを入れるとたっぷりのチェリーソースとキルシュ漬けのグリオットチェリーが流れでます。

ソースにはマスカルポーネなどを加えコク十分、外側は厚めのチョコレートでソースとの相性は間違いありません。周囲に飾られたチョコレート、クリームも合わせていただくと食べ応え十分。

周囲のグリーンのグルグルはスパイシーな抹茶のチュイール、ポキポキ折れるのでやや食べにくいですが、非常に濃厚なデザートのお口直しにも最適で美味。 見た目も綺麗で、なかなか満足感のあるデザートでした。

現在フォレノワールは終了しており、イチゴ型がフォトジェニックな・セバスチャンブイエスペシャル ジャルダン デ フレーズがいただけます。

また別の日にお伺いしていただいた春のデザートはこちら・ミルフィーユ オ アブリコ ¥1,600

好物の金柑を使ったデザート、3層のミルフィーユ生地の間にはオレンジ蜂蜜クリーム、金柑とアプリコット。一番上はヨーグルトのソルベ。フォレノワールと比べると構造も味も非常に軽い仕上げ、春らしい爽やかなデザートでした。

スタッフの方々の感じも良く銀座三越らしい上質感のある雰囲気で快適です。ちなみに2019年4月から銀座三越は10時から営業しており、ボンボヌール、ラデュレ、みのりカフェなどのカフェは10時から営業しております。

また気になるデザートが登場したらお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!  

「ボンボヌール」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

西洋料理 三笠会館 銀座三越店|原点回帰の伝統料理とりどり/the 416th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」416日目、本日は洋食です。銀座三越11階に2019年3月18日オープンした三笠会館の系列店「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」にランチにお伺いしました。

三笠会館といえば銀座5丁目、並木通り沿いにある和洋中料理が各階でいただける総合レストランビル。始まりは1925年に銀座でかき氷屋として創業した老舗洋食店なのです。

三笠会館らしい落ち着いた店内、スタッフの方々もピシッと制服で整えていらっしゃいます。¥2,200からのセットメニューもありますが、本日は伝統メニューを中心に色々お願いしました。

・三笠会館伝統 骨付き鶏の唐揚げ 胡麻塩とマスタード添え ¥1,200

1932年に外食メニューとして初めて「鶏の唐揚げ」を提供したのが三笠会館だとか。手羽先が入っていましたが、骨はそう多くなく食べやすいです。下味もしっかり付いているので、そのままでも良いですが、胡麻塩が壺。

色々な部位が入っているので、肉質の違いを楽しめます。

骨から出汁が出るからかわかりませんが、骨付きって美味しいです。

・南部鉄釜 チキンと半熟卵のドリア ¥1,600

1957年に登場し、西洋釜飯と呼ばれ親しまれていたというドリアは、個人的には西洋親子丼という印象。プツプツした熱々のベシャメルソースにチーズ、鶏肉にキノコ、下はケチャップライス。上に乗った半熟卵をくずしていただくと、ビジュアルと共に美味です。

・三笠会館伝統 焼きカスタードプリン ¥700

色、サイズ、形状共に理想的なカスタードプリンです。お味も想像通りですが、それが素晴らしい。先ほどのドリアの南部鉄器にも施されていた鹿は創業者が奈良出身のためで三笠会館のマークともなっています。

春日大社の神鹿、「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山に出でし月かも」の一句よりプリンは月の連想。

とても雅なプリンでございました。他インド風チキンカレー、シーザーサラダなどの伝統メニューもいただけます。歴史のあるお店は色々な物語があり良いですね。

こちらは通しで営業されており、カフェ利用なども可能。ちょっとした休憩にも便利です。

銀座の三笠会館系列ではここでしかいただけない・チョコレートパフェなども。

スタンダードに美味しいチョコパフェでした。昭和50年創業のサンミ高松と共に安心できる総合レストランの1つです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「西洋料理 三笠会館 GINZA1925 三越銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座スカイラウンジ|伝統メニューのボンファム・マロンシャンテリー/the 413th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」413日目、本日はフレンチです。有楽町「交通会館」最上階のレストラン「銀座スカイラウンジ」にお伺いしました。

1920年創業、丸の内が本店の「東京會舘」の系列店です。外堀通りから見たところですが、一番上の円柱状の部分がレストランとなっています。

離れて見ているとわかりませんが、80分かけて1回転いたします!

14階でエレベーターを降りて階段で15階へ。

階段途中にある鏡や照明などもとても素敵。 サンミ高松や三笠会館と同じ香りを感じさせるレトロなムードです。

回転部の周辺部がテーブル席になっており、ここが回ります。

外から見ているとわからないですが、実際に席に座ってみるとけっこう回っています! 最初は変な気分、たまにガタガタ揺れたりもしますので、極度に乗り物に弱い方は大変かもしれません。普段見られない銀座のビルの屋上や東京駅まで綺麗に見渡せてとても楽しいです。

せっかくなので伝統メニューを中心にオーダー。食事メニューはカレー、オムライス、ハンバーグなど色々ありますが本日は看板メニューの・舌平目の洋酒蒸 ボンファム(ハーフ) ¥3,800(サ別10%)をお願いしました。

まずはオードヴルサラダ・ワカサギのマリネ、ニンジンサラダ

綺麗な盛り付け。パンが付きますが、お代わり無料です。

・舌平目の洋酒蒸 ボンファム(ハーフ)

焦げ目の付いた美味しいそうなグラタンっぽいビジュアルで、皿は深めなのかと思ったら浅め。バターの香りがとても良いです。

純クラシックな料理なので、重いソースをイメージしたのですが、思ったより軽やか。

シタビラメ自体は弱いのですが、白ワインの程よい酸味、魚の出汁の旨みを感じるソースがとても美味しい。残ったソースはパンに付けて1滴残さずいただきました。

デザートは2月限定の・マロンシャンテリー ショコラ ¥980 をオーダー。

定番のマロンシャンテリーは生クリームを使った白色です。写真で見ると大きく見えたのですが、実物は程よいサイズで安心。 まったりとしたチョコマロンクリームの中には裏ごしした栗がたっぷりで栗好きには嬉しいデザート。

最後は美味しい・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。

ボンファムが美味しかったですし、何より1965年に開業した回転レストランが今もなお元気に回転していることに感動いたしました。 カレーなども気になりますので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座スカイラウンジ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

トップス銀座店|欧風カレーとチョコレートケーキの魅力/the 401th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」401日目、本日は1964年に赤坂で創業のレストラン「トップス銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座4丁目、中央通り沿い、銀座三和ビルの地下1階。

1階に東京三菱UFJ銀行の入っている建物です。

温かみのを感じる綺麗な店内。

席数は多め、ファミリーレストランのような雰囲気もあります。

本日は平日ランチタイム限定の・ハーフ&ハーフ カレーセット ¥2,400(w/o tax)をお願いしました。

前菜はスープ、サラダから・ヤリイカと海鮮のグリーンサラダを選択。

柔らかいヤリイカ、さっぱりしたドレッシングにポリポリのゴマがアクセント。

カレーは・温玉乗せキーマカレー、ホタテと木の子のカレー 辛口(ハーフ)の2種。

数種の木の子が入ったサラサラカレーとウェッティなドライカレー。

ピクルス、チーズ、福神漬けの薬味3種もお代わり自由。

お代わりライスが予め提供されるので、お米好きにも安心です。

辛口は十数種類の香辛料を使用しています。辛口といってもさほど辛くなく心地よいピリピリ感。木の子とホタテの良いお出汁が出ています。

キーマカレーも柔らかめで温玉と合わせて円やか仕上げ。薬味のチーズを入れるとまた味が変わって楽しめます。こういう懐かしさを感じるカレーもたまには良いです。

そして楽しみなのが・Top’sチョコレートケーキ(ハーフ)

ショーウインドーに並んでるのを見てしまうと食べたくなるTop’sチョコレートケーキです。 食感の良いクルミ入り、極まったりとしたカロリー高めな雰囲気が美味。この懐古的なチョコケーキ、すごく美味しい訳ではないのですが、不思議な魅力がありますね。

さらに追加で・キングスチョコレートケーキ ¥660 をオーダー。

よりクルミがたっぷり入っており、さらにカロリー高げな濃厚黒ケーキ。カロリー高いものは美味しいのです。 セットの・コーヒーとの相性は言わずもがなでございます。トップス銀座店はカレー単品でもかなり値段高め設定なので今日いただいたセットはお得な感じもいたします。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「トップス 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

年末年始の営業について
12月29日11時-20時、30日通常営業11時-21時、31日11時-15時、1日休業、2日から通常営業です。