カフェ コヴァ ミラノ|ギンザシックスで味わうミラノ気分/the 448th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」448日目、本日はカフェです。ギンザシックス3階に2019年9月12日オープンした「カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス」にお伺いしました。

1817年ミラノで創業したミラノ最古のカフェだそうです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス

入ってすぐのスペースではテイクアウトできるケーキやクッキー、チョコレートなどが販売されています。
カフェ コヴァ ミラノ ケーキ
見た目もカラフルな映えるビジュアルです。

奥がダイニングとなっていますが、席数はかなり多め。席に座れば、気分はミラネーゼ、外の会社看板は一切目に入りません。イエロー基調の上質感のある雰囲気。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
そして落ち着いていながら親しみを感じるサービスは銀座三越のラデュレに似ているでしょうか。

明るい窓際の席はあずま通りから晴海通りまでが見渡せ気持ちが良いです。
カフェ コヴァ ミラノ ギンザシックス
しっかりとしたコースメニューもありますが、本日は10時30分〜14時までオーダーできる・ライトランチセット ¥2,600をお願いしました。サラダorスープ、メインはキッシュ、カナッペなど4種類から選択可能です。

ポテトチップも付いたワンプレート。カトラリー、器、さらに家具などもほとんどミラノのものを使用しているそうです。
ライトランチセット
カボチャのスープは重厚感のある仕上げで美味しい。生クリームなどは使用せず、カボチャ、エシャロット、ジャガイモペーストで仕上げており、カボチャ感たっぷり。

メインは・パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
パルマハムとマスカルポーネチーズのフォカッチャ
ビッグサイズです。あっさりとしたフォカッチャに、程よい塩気の上質感のある生ハムとコクのあるマスカルポーネの組み合わせはシンプルですがとても美味しいです。量が多いので、2人で違う料理を頼んでシェアするのが良いかもしれません。

ランチセットにはデザート、カフェ付きです。
ヘーゼルナッツのタルト、エスプレッソ
ヘーゼルナッツの一口タルトに、気分に乗せられて普段は飲まないエスプレッソをオーダー。まったりとしたクリームが美味しいです。気になる単品デザートもいくつかお願いしました。

 ・サーケル ¥1,200
サーケル
コヴァミラノのシグネチャーは、1817年の創業当時からの伝統デザートのチョコレートケーキ。見た目から想像されますがザッハトルテの派生デザート(ザッハ = Sacher = サーケル)です。大きいのかと思ったらケーキは普通サイズでした。見た目もお味もクラシックですが、もっちり濃厚で美味。チョコレート好きには嬉しいお味です。中には酸味のある杏ジャム、背面にはカカオローストがびっしりコーティングされており、お味を引き締めるとともに、食感のアクセントとなっています。続いてこちら。

・コッパ ティラミス ¥1,600
コッパ ティラミス
名前の通りコップ(カップ)に入ったパフェ様ティラミス。これはなかなかのボリューム。中にエスプレッソのスポンジが入っていますが、マスカルポーネクリームがほぼメイン。甘さは控えめで意外なほどスムーズに体に入っていきました。3分ほどで完食。

料理もデザートも異国情緒があり、大幅に日本風にアレンジしていないのが良いです。1名でも楽しめますが、数名で伺ってシェアしながらいただくのも楽しいと思われます。また別の料理もいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「カフェ コヴァ ミラノ」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
コッパ ティラミス

カフェガット|歌舞伎座裏の和む猫カフェ/the 443th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」443日目、本日はカフェ、東銀座、歌舞伎座近くの「カフェガット」にお伺いしました。

場所は銀座4丁目、歌舞伎東側の通りの、もう1本裏の落ち着いた通り沿い。

レンガの外壁がお店の雰囲気とも良く調和しています。

店内はカウンター4席にテーブル席もゆったりと配置されています。

ご夫婦で経営されているカフェで、シアトル系コーヒー店とは全く違う雰囲気。混み合っていたとしても客層が落ち着いているため、快適な時間を過ごせます。月に2回程度は必ずお伺いしております。もちろん全席禁煙です。

ガット(イタリア語で猫の意味)という店名の通り店内には猫グッズが適材適所に置かれています(飲食店ですので本物の猫はおりません)。

入り口ではスウェーデンの陶芸家リサラーソンの可愛い陶器製猫ミアマキシ(大サイズ)がお出迎え。店内にもう一匹いますので、ご来店の際は見つけてみて下さい。

食事メニューはこちらの・クロックムッシュ ゼリー、ドリンク付き ¥1,000のみ。

さっくりとしたトースト、とろとろチーズ、中にはハムの間違いのない美味しい組み合わせ。

・グレープフルーツゼリー、ブレンドコーヒー

コーヒー担当のご主人がハンドドリップで丁寧に入れていただけます。自家製ゼリーも美味しいです。実は私は食事ではなく、おやつ休憩によく利用させていただいています。

マンデリン ビンタン リマ ¥650

ストレートコーヒーは1種類、香り良く、喉に心地よい苦味が美味しいコーヒーでした。銀座にしては良心的なお値段でカップ2杯分。ブレンドも何種類かあり、私はビターな炭焼きブレンドが好みです。ちなみにコーヒーだけでなく紅茶も美味しいお店です。

・レアチーズケーキ +¥250(ドリンクセット価格)

奥様の手作りケーキもとても優しいお味で美味しい。チーズケーキの中ではこのタイプが一番好み。口どけの良さとほどよい酸味、当然かもしれませんがご主人の淹れるコーヒーとの調和も最高です。

どんな形態の飲食店であってもお店のムードや料理に人柄を感じるお店は素晴らしく思います。とても好きなお店です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座木村家2F カフェ木村家|モーニングで名物あんぱんセット/the 440th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」440日目、本日はカフェです。銀座4丁目、中央通り沿い、銀座で1874年(明治7年)開店の老舗パン屋「銀座木村家 本店」の2階「カフェ木村家」にお伺いしました。

銀座お馴染みの風景です。1階がパン売り場、2階がカフェ、3階が洋食、4階がフレンチレストランとなっています。

そして7, 8階がパン工場で、各レストランでは焼き立てパンがいただけます。

席数は多めですが、やはり窓際の銀座四丁目交差点を見渡せる席が人気です。

午前10時-11時の1時間限定でモーニングセットをいただけるので、本日はそちらを目当てにお伺いしました。小倉トーストやサンドイッチのセットもありますが、本日お願いしたのはこちら。

・モーニング あんぱんセット ¥760

コーヒー(or紅茶)と木村家シグネチャーのあんぱん2個セット。定番あんぱんは5種類ありますが、セット内容は小倉あんぱんと桜あんぱんです。出来立てですので、こんがりつやつやです。

特徴はイースト菌ではなく日本伝統の酒酵母で作った酒種(さかだね)生地を使用していること。独自の方法で炊き上げた北海道産小豆と合わせると美味しい木村家あんぱんの出来上がり。

桜あんぱんの中央の八重桜の塩漬けも梅酢の酸味が効いて素敵なアクセント。シンプルでノスタルジックなのに、しっかりと個性を主張する美味しいあんぱんです。美味。通常メニューからこちらもオーダー。

・桃のパフェ ¥1,200

季節ごとに変わる限定パフェメニューもあります。生桃、桃シャーベット、桃ゼリーと色々なタイプの桃を使ったパフェです。レモンバーベナという爽やかなハーブのゼリー、リコッタチーズでコクを加えたバランス良く美味しいパフェでした。

別の日にいただいた通常メニューの・ポークカツサンド ¥1,200

脂身の少ないロースを使用しているのが嬉しいです。

サクサク衣の歯ごたえのあるポークカツとキャベツ、トーストした自家製パンというシンプルな構成ですが、パンの美味しさと自家製ソースが特徴です。

ケチャップ強めのソースで白ワインが隠し味、やや甘みが強すぎな気もしましたが、美味しいカツサンドでございました。

サンドイッチも1階で販売しておりますので、歌舞伎など観劇のお供にも最適です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座木村家本店2階 カフェ木村家」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

小陽春、春水堂 銀座店|銀座でタピ活(タピる)/the 433th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」433日目、現在世の中は空前のタピオカ(第3次)ブームですが、銀座にもやや遅めではありますが波及しております。本日は今年銀座にオープンした台湾系カフェ2店をご紹介いたします。

まずは2019年4月東急プラザ銀座4階、エスキスサンク後にできた台湾料理店「小陽春 シャオヤンチュン」にランチ訪問いたしました。

店内の配置は以前とほぼ同じ。入って右側がカウンター、左側がテーブル席のカジュアルな雰囲気。もちろんタピオカミルクティーなどドリンクのテイクアウトも可能です。

ドリンクは嬉しいジャスミンティーのポットサービス。

平日はランチセットがあるのですが、土日はアラカルトでの注文です。 麺料理が豊富ですが、好物のご飯物を洗濯。

・魯肉飯(ルーローハン)¥780

日本でいう牛丼やカツ丼のような台湾のカジュアルフードだそうです。 甘辛く煮込んだゴロッとした豚肉、味玉、高菜、青菜、ネギが乗った間違いのなさそうなビジュアルで混ぜていただきます。日本人の感覚ですと汁気が欲しいところですが、豚肉も柔らかく美味しくいただきました。

タピオカミルクティーをいただいてみたいところですが、好物のパフェがあるのでそちらをオーダー。

・台湾聖代 小陽春パフェ ¥980

銀座で千円を切るパフェは珍しく、サイズも思ったより大きいのが嬉しいです。 上にはバニラアイスとマンゴー、イチゴにクコの実、レッドキドニー(赤いんげん豆)、白キクラゲで装飾。バニラアイスの溶けるのがやけに早いと思ったら中にたんまり入ったもちもち黒タピオカが温かい!パフェに温かいものが入っているというのは初めてで、冷温のコントラスト、これがなかなか素晴らしいです。

中には白い愛王子(オーギョーチー)ゼリーに黒い仙草ゼリー、この辺りのエスニックなアクセントも好みで、一番下にはパインが入っていました。

見た目はあまり綺麗ではありませんでしたが、ボリュームと新鮮さのある美味しいパフェでした。他のパフェや未だ未食の台湾スイーツ「豆花」にも興味が湧きましたので、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

続いては銀座プレイスの地下1階に7月2日オープンした台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)銀座店」、日本上陸6周年、ついに銀座に旗艦店ができました。

入ってすぐがテイクアウト、奥にカウンター席、テーブル席もあり、明るく落ち着いた雰囲気です。

小陽春もそうでしたが、こちらも梅のビジュアル、台湾といえば梅なのでしょうか。まずは食事をいただきます。こちらはご飯物はありませんが、麺類の種類豊富です。

・柚子塩排骨麺 ¥930(w/o tax)

麺は平打ち麺、春雨と選べるので、もちろん前者をお願いしました。 銀座の名店「はしご」の排骨をイメージすれば皮はもっちり、お肉は少し薄めでインパクトは弱めですが、スープがあっさり目なので合っています。極さっぱり、ちょっと化学的なお味で美味しくいただきました。

「春水堂」はタピオカミルクティー発祥のお店ですので、そちらをいただきます。実際タピオカミルクティーいただくのは人生初かもしれません。

夏限定・タピオカマンゴーミルクティー +¥350(単品¥650)

食事とセットだとお得にいただけます。 上に生クリームとマンゴーソース、中にはたっぷりのもちもち黒タピオカ。中にクラッシュアイスが入っておりシャリシャリ食感、タピオカをストローでスポスポとリズム良く食べるのは楽しいですが、冷たい飲み物もミルクティーもあまり好みではないため、魅力がわかりません!年齢のせいかとも思われますが、次はアイスではなくホットをいただいてみたいと思います。 ごちそうさまでした!

「春水堂」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

東急プラザ銀座「小陽春」の魯肉飯(ルーローハン)、カレーをかけた魯肉カレーもございます。