うな富士、そうめん そそそ~その先へ~|日比谷OKUROJI開業!/the 506th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」506日目、本日は9月10日に開業した「日比谷オクロジ」にある話題の2店にお伺いしました。
日比谷OKUROJI
「日比谷OKUROJI」は銀座6丁目、7丁目、JRの高架下(コリドー街の裏)の商業施設、飲食店だけでなく靴屋、傘屋、アウトドアショップなども入っています。

まずは恵比寿で人気という素麺店「そうめん そそそ~その先へ~」へお伺いしました。
そうめん そそそ~その先へ~
黒基調の落ち着いた店内はテーブル席の他、1人用のカウンター席も有ります。メニューを見ると和風洋風、色々な素麺があり少し迷いましたが、本日はスペシャリテの・トリュフ香る黒釜玉そうめん ¥2,500(w/o tax)をお願いしました。

5分ほどで到着、器が立派で、メニュー構成含めてつるとんたん的佇まい、黒いふわふわ卵掛けご飯のような装い。
トリュフ香る黒釜玉そうめん
上の黒いメレンゲはトリュフ関係無く麻竹だそう、中にトリュフを刻んだものが入っています。味が無いので、やや濃い目の出汁醤油を掛けていただきます。トリュフの香りは心地良く美味しいですが、量は少なめで、すぐに食べ終わってしまいました。カフェタイムはパフェなども提供されているようなので、またお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「そうめん そそそ~その先へ~」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

続いては「日比谷OKUROJI」一番の目玉、名古屋の行列の絶えないウナギ店「炭焼 うな富士 有楽町店」にお伺いしました。東京初出店だそうです。
炭焼 うな富士 有楽町店
お祝いのお花も一番多いです。店内はかなり広々、席数も多いです。オープン数日はなかなか入れませんでしたが、今は落ち着いており、並ばずとも問題なく入れます。ただ2名から予約も可能なので、予約しておくほうが間違いありません。

名古屋名物の櫃まぶしも惹かれましたが、本日は・肝入りうな重(数量限定)¥6,900 をお願いしました。
キュウリの昆布和え
待っている間のキュウリの昆布和え、お代わり無料です。うな重も15分ほどで到着。

肝がドドッと乗っているのが特徴、肝も大きいですが、鰻も大きい!
肝入りうな重(限定)
こちらは通常より大きい青ウナギを使用していることでも有名。食べ応えがありそうです。

うざくが着くのはお得な感じ。
うざく
昼間でしたが、お酒を飲んでいらっしゃる方も多数見受けられました。気持ちは分かります。うざくのウナギも厚みがあって美味しいです。

他ハマグリのお吸い物、漬物、薬味のワサビ漬け付き。ハマグリのお吸い物はは珍しく感じます。
肝入りうな重(限定)
地焼きですので、香ばしさやサクッとした食感を期待していたのですが、思ったよりふんわりとした仕上がり。やや固めに炊き上げられたコシヒカリ、主張が強くないタレが美味しいです。久しぶりのウナギ、大変満足。ごちそうさまでした。

「うな富士 有楽町店」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。
日比谷OKUROJI
所々に当時のままの壁面が残されており、格好良いです。他にも飲食店が沢山入っているので、またの機会にお伺いしたいと思います。

蕎麦粉懐石 銀座てあん|蕎麦「粉」懐石の新風/the 454th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」454日目、本日は蕎麦です。2019年8月にオープンした「蕎麦粉懐石 銀座てあん」にお伺いしました。

銀座1丁目、昭和通りの西側の木挽町仲通り沿い「清和ビル」の地下1階です。
清和ビルの地下1階
日本橋の和食店「日本橋OIKAWA」の系列店で蕎麦、抹茶、日本料理の組み合わせがテーマだそうです。

 店内は、お向かいの老舗そば店長寿庵と対照的なモダンさ。
蕎麦粉懐石 銀座てあん
テーブル状のカウンター席に個室も3部屋と様々なシーンで利用できそうな雰囲気です。 現在ランチは1種類のみ、本日は・ランチコース ¥3,800(サ別10%, w/o tax)を事前に予約してお願いしました。

・前菜15種盛り
前菜15種盛り
いきなり綺麗でテンションのあがる一皿。蕎麦粥、エビ真薯、ミニトマト、坊ちゃんカボチャと蕎麦味噌、鴨の生ハムとリンゴ、出汁巻き卵、カレー味の鶏レバー、アサリの煮こごり、蕎麦豆腐、人参のきんぴら、昆布佃煮、和牛のおから、おかか、揚げ蕎麦と酒粕クリームチーズ。

ちゃんと15種あると思ったら1つ乗せ忘れましたと蕎麦寿司もいただきました。
蕎麦寿司
蕎麦の実を上手く取り入れたとても綺麗な前菜たち。小粒ながらどれも丁寧に作られており美味しいです。

・にしん蕎麦
にしん蕎麦
伊勢神宮の神宮司庁御用達の芳翠園のお茶を使った茶そば。にしんは生のものを使用し、柔らかい味わいでとても美味しい。洋風な赤いカップと緑の蕎麦の組み合わせも巧いです。

・合鴨つみれ、蕎麦がきのアヒージョ
合鴨つみれ、蕎麦がきのアヒージョ
これも面白い料理。鴨南蛮のアレンジでしょうか。蕎麦がきが外サク中もっちりで意外な美味しさ。

・蕎麦フォカッチャ

鴨肉、キノコなどのお出汁の入り混じったオイルはパンにたっぷり付けて。

・エビ天、タコと野菜のかき揚げ
エビ天、タコと野菜のかき揚げ
天ぷらはやや固めのざっくり食感。タコが良いアクセントとなっています。

・もりそば
もりそば
サイズを大・中・小と選べたので、もちろん大で。白神山地の蕎麦粉を使用した十割蕎麦、キャッチコピーは「食べる世界遺産」。ほの甘い香りの柔らかく、喉越しの良い美味しいお蕎麦です。

蕎麦湯も濃厚な好みのタイプ。
蕎麦湯
器も洒落ています。栄養たっぷりの蕎麦湯は大好きです。

・モンブラン
モンブラン
中に蕎麦の実アイスとキウイ。黄色いモンブラン、お久しぶりです。上のペーストは生クリームは使用せず、栗を感じる自然な美味しさ。形や食感が違うと印象が随分異なるのが面白いです。

店名に「粉」と付いているようにアヒージョ、前菜など蕎麦粉を使った面白い料理も出ますが、蕎麦自体も美味しいのが素敵です。基本が和食店なので、ベーシックな蕎麦店とは違ったアプローチが楽しいです。料理長も柔らかく親しみやすいお人柄、料理のボリュームもしっかりとあり、満足感のあるランチタイムでした。 夜のコースもリーズナブルな設定で気になります。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「蕎麦粉懐石 銀座てあん」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

小松庵総本家 銀座店|はじまりの蕎麦からはじめよう/the 441th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」441日目、本日は蕎麦です。東京駒込発のそば店「小松庵総本家 銀座店」にランチ訪問いたしました。

場所は銀座5丁目、中央通り沿いの新築ビル「i liv(アイリブ)」の14階。

「ロンシャン ラ メゾン銀座」が1階に入っているビルです。ちなみにこちらのビル、小松庵以外は全て肉料理のレストランです。

したビルの形状が細長いため、店内も細長。白ベースで洞窟のようなアーチがオシャレな落ち着いた雰囲気でそば屋とは思えません。

奥にはピアノ設置の個室もあるそうです。開店と同時の11時にお伺いして、12時頃まで貸切状態でしたので、とても贅沢な時間を過ごさせていただきました。

単品メニューもありますが、ムードに合わせて少し贅沢な・はじまりの蕎麦 ランチコース ¥3,500(w/o tax)をお願いいたしました。

・前菜三種 キュウリと水ナスの粕漬け、タイ昆布〆、蕎麦豆腐

日本酒の誘惑を催す前菜、お刺身も甘く、蕎麦豆腐も美味しいです。

・はじまりの蕎麦 二産地の蕎麦のテイスティング

最初に食べてもらいたいのが、こちらの2種食べ比べだそうです。薬味はそばつゆ、水、塩、オリーブオイル。最初はお水に付けて、水に付けていただく蕎麦、噂には聞いていましたが、まさかその日が来るとは。続いて塩、オリーブオイル、そばつゆでいただきます。

左側が中国大陸から伝わった原種に近い品種の・長崎県対馬市産の対州そば、右側のやや緑っぽいのが花が残った状態で早刈りした・栃木県都賀町産の花そば。

やや個性的な青い香りの花そばはオリーブ、しっかりとした対州そばは塩が美味しいが、やはりそばつゆが一番でしょうか。 十割そばなので、コシはあまりありませんが、柔らかな食感で香りが楽しめます。

・はまぐりの蕎麦椀

ややハマグリの風味が強すぎる気もいたしましたが、蕎麦の実たっぷりで良い感じ。

・温野菜 ムラサキカリフラワー、トマト、獅子唐、ナス、ズッキーニ、カボチャ、サツマイモ

紫色のカリフラワーは初めてでしたが、味は白い普通のものと同じで、栄養価が高そうです。薬味の味噌がとても美味しく、やはりナスと味噌の組み合わせは最高です。

・蕎麦コロッケ

蕎麦コースだと通常天ぷらが出る場合が多いのですが、それが無いので変わりにコロッケ。中はとろとろ蕎麦の実が美味しいです。

・花そば せいろ +¥700

最後にまた好みの蕎麦を少しいただけますが、追加料金で普通のせいろサイズに変更。せめてこれくらいの量がないと、食べた気がいたしません。フレッシュな香りがたまりません。

最後は少しだけトロみのある蕎麦湯をたっぷりいただき、ゆっくりさせていただきました。

従来のそば屋のイメージをくつがえすお洒落な内装、料理の説明などサービスも丁寧で、とても快適なランチタイムでした。つまみメニューはチーズを使った洋風なものからベーシックなものまで豊富そうでしたので、またお伺いしてみたいと思います。ごちそうさまでした!

「小松庵総本家」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

日本ばし やぶ久 銀座店|日本橋の老舗そば屋はカレー南蛮が名物/the 420th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」420日目、本日は蕎麦です。2019年3月にオープンした蕎麦店「日本ばし やぶ久 銀座店(やぶきゅう)」にお伺いいたしました。

場所は銀座4丁目、レンガ通り沿い、新築の「銀座モリタビル」の地下1階。

4階には以前当ブログでもご紹介した「鮨いしやま」が入っています。店名からも分かるように明治三十五年(1902)に日本橋で創業、やぶ系の伝統を継ぐ蕎麦屋です。 

カウンターはなく、テーブル席のみの程よくオシャレで落ち着いた店内。蕎麦屋では珍しく個室も1部屋あります。 

店内に掛けられた暖簾は屋台の名残でしょうか。

本日は2種類あるお昼のランチセットから・江戸前天丼とせいろもり(かけも選択可) ¥1,600(w/o tax)をお願いしました。

美味しそうなビジュアル。蕎麦と天丼どちらからいただこうか迷ってしまいます。

天丼はエビ天2尾、アナゴ、サツマイモ、ナス、シシトウ。

エビ天は大きくてプリプリ、サツマイモも厚めにカットされておりホクホク。蕎麦屋の天丼としてはかなり良い感じです。

蕎麦は「外二」という特徴的もの。通常の「二八」は小麦粉が2割に、そば粉8割。これに対し「外二」は小麦粉2割にそば粉が10割という割合で作られています。 

コシのある蕎麦で香りはあまり感じなかったものの、カツオ節をたっぷり使用した濃い目のツユに付けていただいてみると最後に蕎麦の香りが鼻に抜けて美味しいです。 最後は蕎麦湯をたっぷりいただき、ゆっくりさせていただきました。

「日本ばし やぶ久」の名物がカレー南蛮、後日いただきにお伺いいたしました。 ランチのセットメニューが3種に増えており、その中にカレー南蛮もありました!

単品だと黒豚を鴨に変えることもできるので少し迷いましたが、本日は・そば米アナゴ寿司と名物黒豚カレー南蛮セット ¥1,400(w/o tax)をお願いしました。

カレーとほのかに混じるカツオ出汁の香りに包まれます。辛さも選べるのですが、初めてのため普通にしました。

程よい辛さで、甘みもかなり感じられる蕎麦屋ならではのカレーです。

味がしっかりしているため普通にご飯にかけても美味しそう。 蕎麦はたっぷり入っており、丼の下にはカレーが浸透していない部分もあり、箸休めに良いです。

アナゴ寿司には蕎麦の実を米にように加工した「そば米」使用。

これも食感良くて美味でした。

オープン仕立てのせいか土日でも比較的空いており、周りには蕎麦前で一杯召し上がっている方も。サービスも銀座らしく丁寧で、雰囲気も良好です。またお伺いさせていただきます。ごちそうさまでした!

「日本ばし やぶ久 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。