ローマイヤレストラン 銀座店|帰ってきたローマイヤでハンバーグランチ/the 428th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」428日目、本日はハンバーグ、2019年3月にオープンした「ローマイヤレストラン 銀座店」にお伺いしました。

場所は銀座5丁目、あずま通り沿い。2012年まで銀座の別の場所で営業されていたので復活とも言えます。

「ローマイヤ」は1921年にドイツ人アウグスト ローマイヤが創業した食肉加工メーカー、並びに老舗レストラン「銀座ローマイヤ」、日本のロースハムの元祖だそうです。

新しくオープンしたこちらは、原点回帰でローストビーフとドイツビールがメイン。店内はシンプルで落ち着いた雰囲気、カウンター席も4席ありますので、そちらに落ち着きます。

現在ランチメニューはガレット、ハンバーグ、クロックマダムなど6種類。本日は・自家製手ごねハンバーグ 和風大葉おろしソース セット ¥1,080 をお願いしました。

まずはシンプルな・サラダ、コンソメスープ

野菜も新鮮で美味しいです。

10分ほどでハンバーグも到着。「器が熱いのでお気をつけ下さい」との注意があります。取っ手までとても熱いので本当に注意が必要です!

ほうれん草、玉ねぎ、トマト、ジャガイモと野菜も沢山入っているのが嬉しいです。

ハンバーグは粗めの肉々しいものでニンニクもしっかり効いており味も濃いめで迫力有り。

食べごたえも十分、昔ながらの美味しいハンバーグです。

最後はセットの・コーヒーをいただきゆっくりさせていただきました。
この場所はお店の入れ替わりが激しいので、今度は長続きしていただきたいと願います。またガレットをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「ローマイヤレストラン 銀座店」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

ハンバーグでもう1店、銀座6丁目、数寄屋通り沿い「はしご」が入っているビルの5階にあるバー「東京マイプレジャー」のランチにお伺いしました。

古いビルから想像するより明るい店内、レトロなスナックのような懐かしさのある店内、カウンターが中心ですが、奥にはゆったりテーブル席もあります。オーナーが名古屋の方ということで名古屋喫茶店名物の鉄板ランチ、スパゲッティ、ハンバーグ、ビビンバの3種類でどれも¥1,000です。

本日お願いしたのはスパゲッティとハンバーグ両盛り・鉄板ミックス ¥1,500

下には薄焼き卵が敷かれてボリューム満点、お箸でいただくのがお流儀だそうです。ハンバーグ、ナポリタン共に柔らか食感ですが、それがこの感じには良く合っています。単なる味を超えた魅力のある名古屋伝統料理です。美味。

そして・名古屋コーチンの玉子 +¥150を乗せた玉子ご飯は、間違いのない美味しさ。

何故に名古屋コーチンかといえば同じ通り沿いにある「東京やきとり亭」の姉妹店だだから。実行しませんでしたが、ハンバーグを乗せても良さそうです。

丁寧で爽やか、雰囲気良いスタッフの方がしっかり作って下さいます。お一人で切り盛りされているので、一度にお客様が沢山いらっしゃると時間がかるかもしれません。時間に余裕のある時に是非。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。