GUCCI 2020AWコレクション入荷!

イタリアのファッションブランド「グッチ」の2020秋冬コレクションが入荷しています。

たかがファッションブランドのサングラスと侮るなかれ、クリエイティブ・ディレクターのアレッサンドロ・ミケーレの世界にアイウェアは非常に重要なアイテムとなっており、メガネ、サングラス含め相当のヴィンテージアイテムマニアと想像されます。

GUCCI GG0841S col.002
GUCCI GG0841S col.002
眉間に「GUCCI」ロゴが入ったアグレッシブなサングラス。左右が繋がった鼻パッドはセーフティパッド(ツインパッド)と呼ばれ通常子供用メガネにズレ防止の目的で付けられるものというイメージですが、実はかなり昔のスポーツ用のサングラスなどにもよく使用されていました(ブリッジにロゴ入りもよく見られました)。スポーツウエアの要素を頻繁に取り入れているグッチらしいデザインと言えます。

リムは通常の倍の4mm厚、随所にラインが入り高級感を高めています。
GUCCI GG0841S col.002
テンプルのロゴは無くても良い気がいたしますが。。。

モダンはグリーンを採用。
GUCCI GG0841S col.002
ビンテージテイストではありますが、ファションブランドらしく現代的にデザインされています。

GUCCI GG0821S col.003
GUCCI GG0821S col.003
1970年代のローデンストックの名作「カールトン」を彷彿させるサングラス。レンズサイズ63mmと大きいですが、思い切ってメガネで使用しても面白い。

傾斜の強く設定されたリムも素敵です。
GUCCI GG0821S col.003
万人受けしそうにない挑戦的なデザインのサングラスをリリースできるのもビッグブランドの強みです。

GUCCI GG0871S col.003
GUCCI GG0871S col.003
最後に、丸みのあるカッティングが美しい、完全なるヴィンテージ風サングラス。レンズも潔く真円、オールブラックカラーです。レンズを透明にして、フランスで活躍したスイス人の巨匠建築家のような雰囲気で掛けていただくのもお勧めです。

グッチのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。
GUCCI GG0821S