マトリキッチン|家庭的なロシア料理レストラン/the 511th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」511日目、本日はロシア料理レストラン、2020年10月8日オープンした「マトリキッチン」にお伺いしました。銀座でロシア料理といえば、イグジットメルサ7階の老舗ロシア料理店「ロゴスキー」に次いで2店目ではないでしょうか。

場所は銀座4丁目、昭和通りの1本西側の通り沿い。
マトリキッチン
8月末で惜しまれつつ閉店したカフェ「リール銀座」の跡。店内はカウンター4席にテーブル席数卓、内装は全く変わっていませんが、店名の由来となっているマトリョーシカが飾られていたりロシアっぽい雰囲気になっています。

ランチメニューはどれも¥1,000前後でリーズナブル、本日はおすすめランチ・豚ロースの香草カツレツ焼き ¥1,100 をお願いしました。

・サラダ
サラダ

・ボルシチ
ボルシチ
トマトスープっぽいボルシチでビーツ感は控えめですが、クセ無く美味。野菜も沢山入っており、サワークリームの酸味が良いアクセントとなります。

追加で名物の・つぼ焼き(シーフード) ¥600もいただきました。
つぼ焼き(シーフード)
具材をシーフード、緑黄色野菜、チーズ、チキンなど5種類から選択可能。

上のお茶の練りこまれたパン生地を崩しながらいただきます。中はクリームシチュー。

カボチャ、ブロッコリーなど野菜いっぱいでしたので、間違えたのかなと思いましたが、下の方に海老などの魚介類も入っていました。見た目もほっこり、中は熱々でこれからの季節に食べたくなる素敵な一品です。美味。

メインの豚ロースの香草カツレツも到着。

お肉は薄めですが、衣は爽やかなサックリ感、ロシア風のソースも美味しいです。

・バターライス
バターライスあまり上品な食べ方ではありませんが、カツレツのお皿にご飯を投入して混ぜていただくのも最高に美味しいです。さらにドリンクorミニデザート付き。

ティラミスかと思いきや・バナナプリン
バナナプリン
ミニデザートとは言え、しっかりしたボリューム感。日本のプリントは違い、ねっとりとした食感が面白いです。

サラダ、スープ、メイン、デザートも付いてこの価格はお得に感じます。オープンして10日ほどでしたが、近隣で働く方々で賑わっていました。シェフ、サービスのお2人で切り盛りされていますので、時間に余裕を持ってお伺いしたほうが良いかもしれません。またチキンストロガノフ、ペリメニ(水餃子)、別の具材のつぼ焼きなどをいただきにお伺いしたいと思います。ごちそうさまでした!

「マトリキッチン」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。