嘉祥 うち山|ごま豆腐と鯛茶漬けの専門店/the 517th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」517日目、本日は2020年9月にオープンした和食店「嘉祥 うち山」にお伺いしました。銀座の和食の名店「銀座 うち山」の系列店です。

場所は銀座3丁目、松屋通り沿い「銀座成田屋ビル」の3階。
銀座成田屋ビルの3階
地下1階は老舗のイタリアン「スケべニンゲン」です。

ランチは鯛茶漬けのみの¥1,800のメニューもありますが、本日は・すっぽん鍋と鯛茶漬けのコース ¥3,500 をお願いしました。11月中はディナーでも同じ料理が同じ価格でいただけます。

・焼きゴマ豆腐
焼きゴマ豆腐
「うち山」と言えばこちらの焼きゴマ豆腐。醤油を掛けていただきます。外はパリッと中はトロトロ、ゴマの優しい風味が口の中に広がります。

・鯛のかぶと煮
鯛のかぶと煮
頭の部分ですが、ほじくれば、食べる部分がけっこうあります。魚の頭は最も美味しい部分の1つです。皮や目玉のゼラチン質もいけます。

・すっぽん鍋
すっぽん鍋
寒い季節に非常に嬉しい熱々のすっぽん鍋。

すっぽんの肉、エンペラ、内臓など色々な部位が入っています。すっぽん鍋
アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどの栄養分が豊富に含まれ、コラーゲンもたっぷり。元気も出ますし、美容にも良さそうです。すっぽん出汁のスープがとても滋味です。

鯛茶漬けセット。ゴマだれは2種類で右が「銀座 うち山」で使用している辛めのもの、左が「嘉祥 うち山」オリジナル、クルミとカシューナッツが隠し味に入ってマイルドなお味です。
鯛茶漬けセット
ご飯は山形庄内の「つや姫」、鯛は熊本天草の「みやび鯛」だそうです。お茶漬けの前に、鯛とゴマだれで御菜として楽しみます。鯛は程よくプリプリ、土鍋で炊いたご飯も美味しいです。鯛のお代わりは有料ですが、ご飯のお代わりは無料です!

脇役のお新香もなかなか。
お新香
持って帰りたくなる美味しさです。

最後はたっぷりとゴマだれを付けた鯛をご飯に乗せて熱い煎茶掛けていただきます。
鯛茶漬け
ご飯が水分量少なめの仕上がりなので、茶漬けにするとバランスがとても良いです。

・黒糖ゼリー
黒糖ゼリー
最後は瓶入りの優しいゼリーで口直し。安心安定の「うち山」クオリティー、価格とボリュームのバランスも良く、満足感のあるランチコースでした。ごちそうさまでした!

「嘉祥 うち山」について、詳しくはウェブサイトをご覧下さい。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。