銀座しらたまや|歌舞伎ラバーのオアシス/the 407th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」407日目、本日は小料理屋(居酒屋)です。歌舞伎を愛する女将の経営する小料理屋「しらたまや」さんにお伺いしました。

場所は銀座6丁目、泰明通り沿いウエストビルの地下2階です。

古いビルですのでエレベーターはありません。そして入り口がいくつかあり迷いますが「串の坊」の左から入ります。

階段下には歌舞伎のポスターが貼られており歌舞伎好きなら一安心。

ちなみに2017年の「大阪松竹座新築開場二十周年記念 七月大歌舞伎」 の演目『盟三五大切(かみかけてさんごたいせつ)』の片岡仁左衛門さんです。

歌舞伎好きの女将が経営する歌舞伎好きのためのお店ですので、オープンは15時30分。このオープン時間も歌舞伎に行かれる方ならピンと来るはず。昼の部が終わってすぐに飲み始めることができるようにという配慮です。ちなみに定休日は月火で、これにも多くの歌舞伎フアンに対する優しさを感じますね。

やや重めのドアを開け入店するとすぐに清潔感のある店内。靴を脱いで上がる小上がり畳敷き店内、カウンター、テーブル席全て椅子席ですので楽々です。

壁一面にはびっしりと2018年に行われた歌舞伎興行のチラシが貼られており、演目、役者の人気投票開催中でした。料理を待つ間、私も投票させていただきました。奥には孝玉コンビ(片岡仁左衛門(旧芸名片岡孝夫)さんと坂東玉三郎さん)のサインも!

前置きが長くなりましたが料理は基本的にコースのみで¥1,800の軽いものからあるのが嬉しいです。本日は・つまみ5品コース ¥3,300 をお願いしました。いただいたのは以下。

・なます、ゴマ豆腐、ふろふき大根、タコとワカメの酢の物

きちんと作られていることがわかる体に負担のかからない優しいお味で安心感があります。日本酒が進む料理です。

・ちゃんこ鍋

きりたんぽが入った具沢山のちゃんこ鍋も温かくて美味しいです。 

デザートは・イチゴでした。

女将さんが日本酒大好きのため品揃えかなり豊富、島根県の酒屋さんから仕入れられており十字旭、天穏、辨天娘、満天星、神亀、竹鶴などお燗好きには超嬉しいラインナップです!

こちらのお店、1人でいらっしゃる方もとても多いそうです。歌舞伎という共通点があるので、話が盛り上がることは必至。また、これから歌舞伎に行ってみたいという方にもお勧め。ネット情報も色々ありますが、実際に好きな人にきちんと会って聞く方が間違いなく生きた情報を得られるのものです。

平日は歌舞伎に関心のないサラリーマンの利用も多いのだとか。居心地よく、お値段も良心的、知っているとちょっと銀座通。歌舞伎と日本酒好きのオアシス、またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「しらたまや」について詳しくはフェイスブックページをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。