鳥泉|東銀座の燻し銀/the 273th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”273日目です。本日は東銀座の焼き鳥店”鳥泉”さんにお伺いしました。

場所は銀座4丁目、歌舞伎座の2本裏の静かな通り沿い。
torisen5
 看板には「やきとり」と共に「居酒屋」の文字も並び良さげな外観。思ったより店内は奥に広く、右側がカウンター、左側がテーブル席。お一人様の場合は、カウンターの奥から順番に座るように伝えられます。

席にはすでに”お新香”が並んでいます。この全く気取らない感じ、落ち着きます。とても好きな雰囲気です。焼鳥丼などもありますが、本日は”カツカレー” ¥950をお願いしました。

カレーをお願いすると、素早くスプーンを、さらに大きいコップに入ったお水と”大根サラダ”がセットされます。
torisen1
すでに冷たい麦茶を出してくれているに何故?と思いましたが理由は後ほど判明しました。

10分ほどで”カツカレー”と”味噌汁”が到着。
torisen2
見た目はゴロッとしたニンジンが目立つオーソドックスなチキンカレーとの印象。

まずは二切れ乗っているチキンカツをいただきます。
torisen3
衣はサクサク、お肉はプリプリで美味しい。もう二切れくらいは楽に食べられそうです。 続いてカレーを。最初は甘みが強くバクバク食べていたのですが、中盤から辛さの波が。けっこう辛いです!確かにお水は必須。 寒い日でしたが、途中からジワっと汗が出てきて上着を脱ぎました。味噌汁が舌に沁みますね。

最後にお水を飲み干してさっぱり。外の冷たい風もとても美味しく感じました。 大将(オヤジと呼ぶ方が合っているか)が「うちのカレーは、カレー好きな方でも、満足できるよ」とおっしゃるのも分かります。焼き鳥屋ですから、焼き鳥丼など丼系はもちろん人気がありますが、カツカレーも頼まれている方が多く人気メニューのようでした。 大将始めスタッフの方々も気さくで、雰囲気もばっちり。ごちそうさまでした!

ランチが良かったので夜にも早速お伺いしてみました。夜はより大衆居酒屋感が増してさらに良い雰囲気ですね。色々頼んでみました。

“チーズ揚げ” ¥480
torisen6
春巻き皮にチーズと海苔が入っています。 外はカリカリ、中はフワッとビールのおつまみに最高!

焼き鳥はどれも1本¥200前後。たれ塩はお任せで。

“ささ身 ワサビ乗せ、ねぎま、椎茸”
torisen7 torisen8
一串一串のボリュームもしっかりあって美味しい。塩はレモンが付き、お皿も都度新しいもので出してくれるのも好感触です。

“つくね、ギンナン”
torisen9
つくねは塩がお勧め。軟骨が入っており時折のコリッとした歯ごたえも楽しい。お肉の甘みが塩が引き立てられて美味。お酒が進みます。

“こころのこり、鶏そで串”
torisen10
こちらはタレで。お勧めにしたがい、山椒を掛けていただきました。こころのこりは、心臓と肝臓の付け根のお肉。トロッとした歯ごたえと脂のグッドバランス。鶏そでも美味しい。

最後はランチでいただいてお気に入りとなったチキンカツで〆。

“和風チキンカツ” ¥680
torisen11
ピリ辛の大根おろしと一緒に。こちらは間違いのない美味しさです。

ドリンクも生ビールが¥500と良心的。 串のバリーションは多くはないですが、素材がとても良く安心できるお味。この場所で20年以上お店を続けられている腕は伊達ではありません。また、 築地らしくマグロ刺やさんま焼などのメニューがあるのも良いですね。味、お店の雰囲気、価格どれも非常に好みの良店! ちょくちょくお伺いすることになりそうです。ごちそうさまでした! 

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。