オステリア ダ カッパ|魚が美味しいカッパさん/the 291th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、291日目です。本日はミシュラン三つ星を獲得している銀座の「鮨よしたけ」さん経営のイタリアンレストランにお伺いしました。

場所は銀座8丁目、花椿通り沿いの雑居ビルの5階です。看板の「溶岩焼肉VS韓流料理」も気になりますね。

「やはり魚料理に期待が膨らみます。入って左のカウンター席と右のテーブル席に広がる細長い店内。

高級寿司店経営のイタリアンなので、緊張してお伺いすれば、店内はとても温かみのある雰囲気。イケメンスタッフさんたちのフレンドリーなサービスにも気持ちが和みます。お一人で食事されている方も見受けられますね。いただいたのは以下(価格は税抜き)。

・ヒラスズキのカルパッチョ サラダ仕立て ¥2,000

あんまり出会わない冬のお魚ヒラスズキ、滑らかな舌触りとほのかな甘みで、とっても美味しいです。 野菜たっぷりなのも嬉しく、イカのエンペラも入っておりました。

・片面を香ばしく焼いた豚(肩ロース、舌、ホホ、耳、足)のテリーヌ ¥1,400

予想外のビジュアル。こんな肉っぽいテリーヌは初めてかも。しっとり感と力強い甘みが素敵。

・北海道産白子と九条ネギのスパゲッティ ¥2,200

半分に分けて出していただきました。麺も美味しく、香りが良いですね。

・ホウボウのアクアパッツァ ¥2,800

お店の看板メニューのアクアパッツァは魚4種類のうち3種がすでに品切れ。ホウボウも素敵です。さっぱりとした身も美味しいですが、スープが素晴らしく美味。ホウボウ良い味出してます。

堪らずスープ浸し用・フォカッチャ ¥200 をオーダー。

カリッと仕上がっておりパンだけでも美味しかったです。 最後はデザートで。

・ラッテ イン ピェーディ ゆずの香り ¥700

爽やかなパンナコッタが美味しい。

サービスで・シャトー・クーテ 2004 ソーテルヌを出していただき、最後に ・シボーナ グラッパ・ディ・バローロ ¥1,500 で〆。

大人な夜でございました。

ワインなどドリンクの価格も銀座としては良心的。店名もカッパだけに水生生物には強し。1人でも立ち寄りやすい適度なカジュアル感も良いです。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“オステリア ダ カッパ”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。