銀座 凛 にしむら|安定感のある綺麗なお寿司/the 408th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」408日目、本日はお寿司です。2019年ミシュランガイドで初1つ星取得の鮨店「銀座 凛 にしむら」にランチにお伺いしました。

場所は銀座7丁目、数寄屋橋通り沿い、東建ビルの地下1階です。

ビルの左側が地下への入り口です。入って奥が同系列の「天婦羅おばた」、手前が寿司店「銀座 凛 にしむら」です。

コンパクトな店内はカウンター6席のみ。

大将が怖い人だったら圧力が凄そうですが、はきはきと優しく積極的にお話していただける方なので安心、プライベート空間のような感じで良い雰囲気です。

本日は・ランチ握りコース ¥10,000(w/o tax)をお願いしました。 まずは前菜から

・のれそれ

高知県の郷土料理で有名な「のれそれ」はアナゴの稚魚。やや大きめサイズでしょうか。ツルツル喉越し最高、トコロテンみたいで美味。ちなみに「のれそれ」の由来は不明だそうですが一説には「のったり、それたり」の略だとか。 和んだところで続いてお寿司。

・コハダ

江戸前鮨には絶対に外せないコハダからのスタート。隠し包丁も美しいふっくら仕上げで美味。赤酢と米酢をブレンドしたシャリは、酸味塩味の少ない極円やか仕上げです。

・スミイカ、白アマダイ、サヨリ、イワシ

食感の良いスミイカ、旬のサヨリ、これまた隠し包丁が美しいイワシと美味しいお寿司が続きます。

・サワラ

藁焼きにして香りがとても良いサワラです。

・トラフグ白子

熱いのでお気をつけくださいという注意をいただきましたが、ホントウに熱々。トロトロの白子で贅沢な卵ご飯。

・シロエビ、カワハギ、イカ印籠詰め、マグロ赤身漬け

カワハギはタネの下に肝ペースト、美味しいです。クラシックなイカの印籠詰めも良い雰囲気。

・ホッキ貝炙り、バフンウニ手巻き、クルマエビ、蒸しアワビ

とろけるウニアイスに肝がたっぷり乗った蒸しアワビも美味しいです。

・アナゴ

とろけます。

・キンメダイ炙り

脂の乗ったキンメダイでした。食べ応えのあるサイズです。

・タマゴ

デザート代わりのスイートなタマゴ、これに「鮨屋で食べる味噌汁が大好き」という西村大将こだわりシジミ味噌汁が付きます。

追加・かんぴょう巻き

タネは基本的に厚めに切りつけ隠し包丁は鮮やか、食べ応えは十分。トラフグ白子、アワビなども入ってこの価格なので満足感はしっかりと感じられます。印籠詰めといった江戸前らしいものも入りますが、全体的には現代的、とても食べよく、嫌いな人はほとんどいないタイプの綺麗なお寿司という印象です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「銀座 凛 にしむら」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

レンゲ|様々な顔の旨味に出会える楽しい新中華/the 316th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」316日目です。先日も中華でしたが、本日も中華です。前々から気になっていた銀座7丁目ソニー通り沿い745ビル9階の中華料理店「レンゲ」さんにお伺いしました。

モダンカジュアルな清潔感のある店内、木を生かしたブラウンベースで温かい雰囲気です。メニューは・おまかせコース ¥15,000(w/o tax)のみ。まずはこちらから。

・フランス モンサンミッシェル産ムール貝のポタージュ、伊東産 金目鯛のフリット

いきなり中華っぽくない前菜にびっくり。濃厚なポタージュ美味しー。

・四川風よだれ鶏、特級クラゲとチシャトウの和え物、短角牛ハツのタタキ、愛媛産釜揚げシラスと赤玉葱の和え物、ピータン豆腐チーズ

最近よく出会うよだれ鶏、しっとり質感にソースが絶品。これは確かによだれが出そうです。クラゲもいままで食べてきたのと何だか違う新食感。楽しい前菜でした。

・三河産ハモの春巻き

ハモの卵、梅肉、大葉入り。旨味が詰まった春巻きは最高です。

・俵マゼランの炒め物 トリュフの香りで

初めていただくジャガイモでした。シャクシャクした食感と甘みが素敵。芋のポテンシャルを存分に引き出した芋好きには堪らない逸品。

・バフン雲丹の黄金麻婆豆腐

マスの卵が乗った贅沢麻婆。まったりしっとり落ち着いたコク深さで美味。

・青森産 ジュンサイ、金華ハムのコンソメ

・鳥取産 キジハタの香り蒸し 13日目

絶品。凝縮された旨味が溢れ出している感じ。 最後はその溢れ出たスープにご飯を入れていただきます。

・三河産 黒アワビと白舞茸の炒め物

・鳥取産 仔イノシシの黒酢和え

メインはフカヒレなど5種類ほどから選べましたので、いただいたことがない仔イノシシを。 ハチミツを塗ってロースト。野趣味はないものの、その分クセがなく非常に柔らかでシルキーな質感。美味。

・釜揚げシラスとカリカリ梅のチャーハン

食事も5種類ほどから選択。時期的に冷やし中華や冷麺がお勧めとこのことでしたが、米好きですから。

・与論産パッションフルーツのタルト

下には砕いた揚げワンタン。

・マンゴーソルベ レモンとライムのジャムで

下のジャムが美味です。 この他、秘密の1皿(絶品!)が加わった全13皿でした。

食べていると、時に中華料理であるということを忘れてしまう楽しいコースで、素材の旨味の引き出し方が素晴らしく感じました。旨味にも色んな顔があって面白いですね。 そしてこれだけ沢山食べたにもかかわらず、食後には爽快感が有りまだまだ食べられる感じ。こういう料理って大好きです。

スタッフの方々も皆様、説明も丁寧で明るくフレンドリー、とても楽しい2時間半でした。 カウンターがあるのに1人で予約ができないのは残念ですが、また違う季節に来店したいお店です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

銀座しのはら|唯一無二の劇場型割烹!/the 295th day

2018年11月追記)たまにお伺いしている和食店。11月は素晴らしい内容でした。いつもスタートは食事の前に心も体もリラックス、お屠蘇のような香煎茶から。料理はこちらから。

・カブ、大徳寺納豆

大徳寺納豆は麹菌を使用して発酵させ、乾燥後に熟成させたもの。塩気の強く普通の納豆とは別物。しっとり綺麗なカブと相性抜群。

・伝助穴子の藁苞(わらづと)飯蒸し

納豆でお馴染み藁苞の中には栗などが入った飯蒸し。大胆に鎮座した穴子でビジュアルも素敵。残念ながら1人1個です。

・マグロ、コウイカ、伊勢エビ

伊勢エビは料理開始時に目の前で豪快に捌かれます。お刺身のクオリティも毎回素晴らしい。

・蝦夷アワビ、白トリュフ、卵黄

こちらも面白い一皿でした。アワビは調味料を一切使用せずに仕上げ、他の素材との調和が重視されています。

・紅ズワイガニのしんじょ、湯葉、マツタケ

出汁はマグロ節と2種の昆布からとった素材に負けない重厚なもの。しんじょ、湯葉を崩して行くと出汁の味が変わっていくのが楽しい。絶品。

八寸・野菜色々、カツオ、毛ガニ

ススキの活けられた虫カゴで登場の八寸。きぬかつぎ、栗、香茸など秋らしい彩と滋味。

・あんぽ柿フォアグラ最中

定番のスペシャリテ。お弟子さんの極上スマイルが素晴らしい薬味となっています。

・マグロ、べったら漬けの手巻き寿司

・大分産すっぽん焼

すっぽんも「銀座しのはら」必須の食材です。この時期は天然のすっぽんが非常に美味しいそうです。中毒性たっぷりの美味。

・新潟産合鴨

熟成させて落ち着いた色味に。どう考えても美味しそうですが、どのような料理になるのか楽しみです。

・イチジク、白味噌

こちらもスペシャリテ、完璧です。

・鴨鍋

先ほどの鴨。お肉の端の方はつくねに仕上げ余すところなく。この時期の鴨は本当に美味しいです。

・子もち鮎(落ち鮎)の天ぷら

旬の時期の鮎と比べ味は落ちるのが当然ですが、それを覆す子もち鮎。菜種油を使用し水分をギュッと閉じ込めしっとり仕上げ、卵もたっぷりで大変に美味しい。

・上海ガニ土鍋ご飯

見たことのないビジュアル!一番楽しみにしていた上海蟹ご飯。

4杯も食べてしまいましたが、味噌卵たっぷりの一杯目が極上超絶。

奥深いお味で余韻も素敵です。

・鴨南蛮そば

先ほどの鍋の出汁を使ったお蕎麦、もう言葉は要りません。

・初雁

最後は百合根の入った季節の和菓子とお抹茶をいただきゆっくりさせていただきました。

スペシャリテ連発で今までで一番の内容でした。大満足です。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

以下2017年3月記載

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、295日目です。本日は和食です。昨年10月、滋賀のNo.1和食店「しのはら」さんが銀座に移転オープン!3ヶ月待ちでようやくお伺いできました!

場所は銀座2丁目、文具店「伊東屋」の裏通りのビルの地下1階です。楽しみです。

清らかな空気が流れるように感じる店内は、L字型のカウンター11席のみ。大柄で坊主頭、目がキラキラした方が大将の篠原さん、明るくハキハキした声もよく、初めてのお店は少なからず緊張するものですが、リラックスした雰囲気の中スタート。全く抜けないという滋賀言葉も親しみを感じますね。

念まずは食事の前にお屠蘇のような・香煎茶、昆布と梅の香りが良いです。

・オマールブルー、本ミルガイ、ウニ、キャビア、キャラブキ etc

ひな祭りをイメージした緑/白/桃のひし形器にアワビのお皿。 色々な素材が土佐酢のジュレで結束。プリプリのオマールブルーが美味。

・アワビ、卵のくず豆腐の椀

春藍と桜の花びら型のウドが綺麗です。出汁はもちろん、柔らかく真空調理されたアワビは絶品です。

・ハリイカ(コウイカ)、太刀魚、赤身、中トロのお造り

香りが良いすだち塩、昆布醤油で。 厚く切られたイカの食感にびっくり。包丁使いも素晴らしいです。

・初ガツオのたたき

もちろん藁焼き。新玉ねぎ醤油と葉わさびで。

・アマダイ、白子、トリュフの酢飯和え

和えるのは自分で。食べている途中で篠原さんがさらにトリュフを一振り。

・八寸 本モロコ、白魚と菜の花、蕗のとう天婦羅 金山寺味噌、庄内麩チーズサンド、アサリぬた和え、ホタルイカ、イイダコ足煮、穴子、たまごしんじょう、フナ鮨、可愛い家の屋根を開けると雉とセリお浸し

ただただ圧倒的!桃源郷のような世界が皿の上に出現しました。ひたすら美味しい美味しい言いながら食べるのみです。

・フォアグラ柿最中

箸休めのようなコチラも絶品。地元の方のアイデアから誕生したという最中にまつわるエピソードも素敵でした。

・ひろうす、車海老、ゼンマイ、コゴミ、タケノコの炊き合わせ

春が詰まった一皿。山菜が美味しい季節です。

・スッポン

・ハマグリ、生ワカメの潮汁

カウンター後ろに置いてあった桑名産ハマグリを全て鍋に投入。 よきところで魔法のような色の変化も楽しい生ワカメを。


とにかくスープが美味、絶品の一皿でした!

・タケノコご飯

米よりタケノコのが多いのではないかと思うくらいの山。全員分を1つの鍋で作るのは珍しいですが、確かにその方が出汁も沁みて美味しそうです。お米は近江米。お焦げも美味しい。

・雑炊

先ほどのハマグリ出汁を使った雑炊。いくらでもいけます。実際4杯もいただいてしまいました。。。

最後は・よもぎ饅頭、古都華(イチゴ)と美味しい・お抹茶で。

お酒は2人で以下をいただきました。
・富久長(広島県東広島市 今田酒造本店)純米大吟醸 八反草50
・天狗舞(石川県白山市 車多酒造)山廃純米
・栄光富士 酒未来(山形県鶴岡市 冨士酒造)純米大吟醸 無濾過生原酒
・而今(三重県名張市 木屋正酒造)特別純米 無濾過生

これで1人¥27,500はリーズナブル。と感じさせるから素晴らしい。味、サービス、雰囲気、コスパ全てが最高クラス。 沢山食べたにもかかわらず、食後の爽快感が凄いです。20時半から24時まであっという間の楽しい時間を過ごさせていただきました。

オーディエンス全員を巻き込む劇場型割烹という印象。料理を待つ間も飽きさせません。素晴らしい料理人であると同時に、魅力的なエンターテイナー篠原さん筆頭に、スタッフの皆様のサービス精神、季節感溢れる演出には感服です。いっぱい食べて、いっぱい飲んで、いっぱい笑わせていただき、ありがとうございます。銀座に来ていただいてありがとうございます。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄ってくださいませ。

Furuta フルタさん-至高の中華料理/the 232th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”232日目は中華です。世界中の食通がその味を求めて訪れたという岐阜の「開花亭」。そのオーナーの古田シェフが2014年末オープンさせた、最高クラスの中華料理がいただけるお店”Furuta-フルタ”さんにお伺いしました。

お店は東銀座の一軒家、「Furuta」という銀色の小さな表札、おおよそレストランらしからぬ外観です。
furu1
店内はゆったりとしたカウンター8席のみ、清潔で明るく、意外にカジュアルな店内、シェフの古田氏はじめスタッフの方も雰囲気良くリラックスして料理を楽しめる環境です。

まずは、こちらからスタート。

“トリュフ玉子”
furu2
ご飯の上に卵焼きとトリュフが乗った超贅沢卵ご飯。感覚を活性化する一皿。

“山口県産天然トラフグの四川山椒風味”
furu3

“天然トラフグ白子 フカヒレの上湯(シャンタン)スープ”
furu4
上質過ぎるスープは、白子が混じるとコクが加わり絶品!

“ベルーガキャビアの冷製ビーフン 太白胡麻和え”
furu5
シンプルな料理ですが、今日一! ビーフンの食感も素晴らしく、味付けも完璧! 今までビーフンを重要視していなかったことを謝りたい!

“三十一頭 岩手県産 乾燥アワビの煮込み”
furu6
付け合わせは鶏肉、チンゲン菜。 食感最高。アワビの戻し汁のソースも非常に美味しい。

“ロワール産ホワイトアスパラとトリュフと松葉ガニの春巻き”
furu7
これも絶品!皮を開けるとスープ上になったアスパラがとろり。 トリュフ、カニも贅沢に入っております。幸せ〜。

“チョウザメの金ビレの土鍋煮込み”
furu8
熱々で香りも素晴らしい。フカヒレの太い部分だけを選りすぐった超贅沢品。 食感の良さが凄く、フカヒレって美味しい!と初めて感じた逸品。

“三陸産 黒アワビ肝ソース”
furu9
緑色のはチンゲン菜のソース。これもソースが絶品。

furu10
中華饅の皮のようなフワフワでほんのり甘い花巻にソースを付けていただくと美味しすぎ!

“熊鍋”
furu11
furu18もはや珍味であるツキノワグマ。熊のお肉は初めていただきます。 お肉はやや固めですが、まったりとした脂部分が特徴。 出汁が染み出たスープ、シャキシャキのキノコ(柿の木茸?)も美味しい。

〆のご飯ものは8種類程度からいくらでも食べられ、お願いすればアレンジもしてくれます。 しかし、ソースもスープも全部飲んでしまったせいかお腹がパンパン! 3種類を少量お願いしました。

“玉子とザーサイのチャーハン、桑名産ハマグリのつゆそば、陳麻婆豆腐”
furu12
furu14furu15麻婆豆腐はお腹が空いている状態で食べたかった!

“杏仁豆腐 ウミツバメの巣”
furu16
贅沢に乗った燕窩、美味しいに決まっております。

“白イチゴ、オレンジ、茶アイス、茶葉飴”
furu17
この辺りは既に腹十分を越えており意識が遠いのです。

いただいた日本酒、”醸し人九平次(愛知)純米大吟醸 別誂”も絶品でした。シャンパンのようなボトルに入っており驚きでした! ワイングラスでいただきましたが、一片の雑味なくとても高貴なお味。大吟醸が少し苦手な私でもとても美味しくいただきました。

なかなか高額な支払いとなりますが満足度は高く、また来てみたい!と思わせるパワーがあります。 シェフもタイミングよく話しかけてくれますし、お店の雰囲気、料理共に中華の香りが強過ぎないのもよいですね。 中華であって中華でないような不思議な感じ。またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にもお立ち寄りくださいませ。