ウシゴロ エス銀座|本能に訴える焼肉店/the 404th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」404日目、本日は焼肉です。銀座にも数店ある焼肉店「ウシゴロ」の最高級ライン、2018年7月にオープンした「ウシゴロ エス銀座-USHIGORO S GINZA」にお伺いしました。

場所は銀座7丁目、1階に酒屋のリカーマウンテンが入っている新築ビル「GINZA777 ADCビルディング 」の6階です。

エレベーターを降りるとシックで高級感の溢れるエントランス、スタッフさん含めお店全体がそのムードで統一されており、座席は個室のみ、銀座らしいラグジュアリー感溢れる店内です。本日いただいたのは銀座店限定1日1組のみの・[b:Gコース] ¥20,000(サ別10%, w/o tax)。

まずは今日の主役とも言えるお肉のご紹介。

瑞々しく美しい神戸牛の霜降り肉、手前のタンは婀娜やかさも素敵です。

お肉の前にまずは前菜から。 旬野菜6種 ・原木椎茸の炭火焼、セリの胡麻和え、石川芋、金時ニンジンのきんぴら、春菊お浸し、姫カブ

和食店に負けない仕上がりの前菜ですが、里芋には極上質な黒タンそぼろを加えるなど肉料理店の付加価値を感じられます。期待の高まる前菜たち。

牛刺し4種 ・サーロインの塩ダレユッケ、白センマイの卵黄カラスミソース和え、フィレの刺身 バフンウニ添え、神戸牛ザブトンの握り

遠慮なく生の牛肉がいただけるのは「ウシゴロ」グループの魅力の1つ。食べていてストレスの一切無いお肉たちですが、当然の如く肉以外もハイレベル。トリュフと濃厚卵でいただく贅沢ユッケ、とろける甘さのフィレ巻きウニ、鮮烈な赤シャリの握りと序盤から凄い。

・スッポンと牛コンソメスープ

牛スジとスッポンを8時間煮込んだ旨味凝縮スープ。中には好物の百合根、沁みます。

・牛ヒレと栗の春巻き

栗も大好物、栗の主張やや強めの面白い春巻きです。何気に薬味の芥子が美味しい。

ここで先ほどの神戸牛の牛タンが焼きあがり。

もはや神々しささえ感じます。

・神戸牛のタンステーキ

超希少な神戸牛タン、薬味はゲランド塩、ワサビ、スダチ。見た目が婀娜やかものはお味も婀娜やか。しっとりとしたシルキーな質感と何とも形容しがたい歯ごたえ、噛むほどに滲み出るディープな旨味。官能が目覚める絶妙な火入れ、舌上下の食感の違いも楽しい。絶品!

テーブル中央に小さな無煙ロースターがあるのですが、ここで初めて使用。

こんな上等なお肉は自分で焼く自信はありませんが、スタッフの方(焼き師)が華麗な手捌きで焼いてくれるので安心です。素晴らしい香りが漂います。

・神戸牛ハラミの焼肉 塩ダレ

新鮮なレモンをたっぷり絞って。

・生牛メンチカツ

カメノコとザブトンを使ったメンチカツ。カツ自体に玉ねぎ不使用のためソースは玉ねぎ。確かにメンチカツですが、一般のものとはもはやフィールドが違う感じ。オニオンソースがまた絶品、奥行きとオリジナリティを感じる逸品です。

お口直しの・フルーツトマトを挟み

を挟み、続いてはしゃぶしゃぶ、まずは神戸牛サーロイン、九条ネギ、チンゲン菜、タラ白子が入った器が用意されます。

・サーロインのしゃぶしゃぶ

スタッフの方に熱々の牛出汁を掛けていただき出来上がり。完璧なサーラインは白子が最高のソースに。

続いては神戸牛のザブトン

再びロースター使用。極々軽く炙っていただきます。

・神戸牛ザブトンのすき焼き イタリア産トリュフ添え

トリュフと牛肉の相性って最高。柔らか過ぎ、あっという間になくなりました。

・神戸牛サーロインの厚切りステーキ

脂肪と筋肉、甘味と旨味のバランスが絶妙。

最後も凄い。

ご飯の上に綺麗な角切りヒレ肉山盛りの光景は初めて見ました。

・牛ヒレとトリュフの土鍋ご飯

今までの流れでヒレ肉が非常にさっぱりと感じます。ご飯とヒレ肉は大好きなので大満足。1杯だけでしたが、もう2-3杯は余裕で食べられました。

・奈良県産極細麺「三輪そうめん白龍」の梅おろし素麺

ここまで来て食べられるのかと思えますが、のどごし最高のとても美味しいそうめん、余裕で完食です。

・とちおとめの生アイス、バナナエスプレッソの生アイス

イチゴは少し苦手なのですが、酸味が少なくこれはイケる。生イチゴより好きかも。熟成味醂とエスプレッソソースでいただくバナナエスプレッソは間違いのない美味しさ。最後まで隙なし。

デザート含め全14皿ほどのコース、料理が上質なのはもちろん、とても良く考えられた構成で意外なほどペロリと食べられてしまいます。テーブル設置のロースターもほぼ使わないので焼肉店っぽくないですが、発明されている言葉を使うならやはり「焼肉店」。鉄板や炉釜ステーキ店違い、色んな部位を、そして同じ部位でも料理法を変え少しづついただけるのが素晴らしく、ほぼピンの肉を使用しているので、お値段も非常にリーズナブルに感じます。 そして生、もしくは赤身をかなり残した状態で出してくる肉の連続は本能に訴える。料理に加え、シックな個室、素晴らしい焼き師がそれの増幅させる役割を果たしているようで、単純な味だけではない新鮮な感覚を体験できました。普通のウシゴロも良いですが、ここは間違いなく色んな「S」が溢れる特別なお店です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

「ウシゴロ エス」について詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。