閉店)銀座キャンドル|一番美味しいと言われるチキンバスケット/the 106th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、106日目です。今年1食目は何故今まで行かなかったのかという老舗洋食屋”銀座キャンドル”さんにお伺いいたしました。1950年(昭和25年)開業、三島由紀夫氏や川端康成氏はじめ多くの著名人にも愛されているお店です。

場所は銀座7丁目、有賀写真館ビルの地下1階です。
看板も控えめなので、お隣の洋菓子店ウエストさんを目印にした方がわかりやすいかもしれません。

ランチの時間(11:30-15:00)は終了しておりましたので、コチラをオーダーいたしました。

“元祖!世の中で一番美味しいと言われる「チキンバスケット」” ¥1,510

開業時からの看板料理です。フライドチキン2ピース、ポテトコロッケ、ポテトフライ、バタートーストでボリューム満点。大山鶏を使用した骨付きフライドチキンは柔らかジューシー。パン粉使用でサクサクとした歯触りも楽しめます。軽めのお味ですので、机上のマスタード、胡椒を付けていただくのも美味。老舗の貫禄を感じる一品です。

続いてコチラ。アルミ箔に包まれているのは・・・

“特製和牛のハンバーグ(200g)” ¥2,310

ナイフとフォークで開封すると中から暖かい湯気が立ち上ります。お味も上質な正統派ハンバーグ。お肉の旨味がギュッと封じ込められております。アルミ箔とステーキ皿効果でずっと暖かいのも嬉しいですね。美味しいです。付け合わせはパプリカ、エリンギ、ブロッコリー。

先ほどのチキンバスケットのトースト、ポテトフライにデミグラスソースを付けて食べると、またまた美味しいのです。今年も良い年になりそうです。ごちそうさまでした。

店内は温かみのある、落ち着いた空間。椅子に掛けてあるブランケットが優しいですね。著名人のサインがたくさん貼られております。

全席喫煙可能ですので、タバコを吸われない方はお気を付け下さい。

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。
can6