MYKITA 春カラー色々

本日はドイツ ベルリンのアイウェアブランドMYKITA-マイキータからも春らしいカラーの最新モデルが入荷しました。

MYKITA LARA col*237 Pale Lilac/Gold
lara237_2
柔らかいピンクパープル。レンズ下部とサイドのゴールドパーツが高級感を高めています。

lara237
レンズシェイプはボストンっぽいですが、少し吊り目のフォックススタイル。お顔に上品に馴染む女性らしさを演出します。

続いてサングラス。

MYKITA MY+ OLSEN col*013 Shiny Gold
olsen13
ツァイスの偏光レンズを採用した高機能サングラス。軽量で掛けていないような掛け心地です。これから日差しが強くなる季節に、是非店頭にてお試し下さい。

MYKITA-マイキータについて詳しくは当店ウェブサイトをご覧下さい。MYKITAのメガネ、サングラスは東京銀座のトリプルまでどうぞ。在庫100点以上と充実しております。

新ブランド追加 RODENSTOCK-ローデンストック

新ブランドのご紹介です。 ”RODENSTOCK-ローデンストック”は、130年以上の歴史のあるドイツの名門。日本ではメガネのフレームが最も有名かもしれませんが、本来はカメラレンズ、双眼鏡などのを作製する光学機器メーカーです。
2279_FM-90-40-Muenchner-Kunstverlag-Josef-Rodenstock
創業者のヨーゼフ・ローデンストックです。

メガネフレームの取り扱いを開始するのかと思いきや、何とメガネレンズです!RODENSTOCK-ローデンストックのレンズを取り扱えるのは日本では限られたメガネ店のみ。その理由の1つは、優れたレンズ性能を生かすための調整が独特で、高い技術が必要だからです。まだ、全貌は明かせませんが、累進レンズ(遠近両用レンズ)やカーブレンズの技術は画期的。

また、ローデンストックのレンズの生産は全てドイツで徹底した管理の下で行われます。これも惹かれるポイントです。

F34_FreeSign001
詳細についてはまたご紹介させていただきます。是非ご期待下さいませ。

当店で取り扱いのある海外レンズブランドはこれで3つ。フランスのエシロール社のVarilux-バリラックス、ドイツのCarl Zeiss-カールツァイス、RODENSTOCK-ローデンストック。ちょっと凄いです。

Rodenstock