ぶどうの木、ピエールマルコリーニ、資生堂パーラーetc|モンブラン、栗のデザート色々/the 388th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ「銀座6丁目美食日記」388日目、秋といえば美味しいものが沢山登場する季節ですが、その代表格の1つが栗。銀座のカフェ、パティスリーで提供している栗のデザートを色々ご紹介いたします。

まずは当ブログでも何度かご紹介している銀座3丁目、昭和通り近くのカフェ「リール銀座」。オープン当時からの定番メニューが・グラノーラアイスモンブラン ¥1,300

オープン時にいただいて感動したモンブラン。上に乗った栗のシロップ漬け、栗以上に栗な和栗ペーストとクリーム、バニラアイス、そしてケーキを囲み彩るオーツ麦、くるみ、カボチャの種などが入った自家製グラノラと素材同士の絆の強さ、繋がりが素敵。こちらの全てのデザートに言えることですが、素材の味の引き出し方が素晴らしい。やっぱり絶品です。

続いてバームクーヘンで有名な「ねんりん家」の2階にある「銀座 ぶどうの木」、こちらもアシェットデセール(皿盛りのデザート)専門店です。

・モンブラン ¥1,944

松の枯れ葉や木片のようなものがデコレートされたアートな見た目が「ぶどうの木」のデザートの特徴です。肝心の味はといえばマロンクリームはしっかりと栗の味が感じられて美味。ラム酒のアイス、散らした栗、下のソースも奇をてらうことなく上質。見た目は個性的ですが、正統的なお味のモンブランです。美味。銀座らしくサービスも非常に丁寧で居心地の良いお店です。

3店舗目は「銀座 ぶどうの木」の向かいのベルギーのチョコレートブランド「ピエールマルコリーニ」の季節限定パフェ・モンブラン ¥1,620

上にはヨーロッパの栗を使ったコク深いモンブランクリーム、下のフワフワのマロンクリームが優しいお味で美味です。マロンアイスはトロワリビエールというカリブ海の島で作られたラム酒を使用しており、マルコリーニらしい濃密感と華やかさ。 メレンゲクッキー、クルミのキャラメリゼ、カシスソースが食感と味覚のアクンセトとなっています。下の方にチョコレートアイスも入っていますがやっぱり秀逸でした。

さらに銀座7丁目、並木通り沿いにあるスイスのチョコレートブランド「リンツ ショコラカフェ 銀座店」の・リンツ ショコラパフェ マロン ¥1,780

洋梨のコンポートとカシスのマカロンを添えたマロンクリームの下にはマロンアイス、チョコレートのプレートで一旦区切られ、ブルーベリーのシャーベット、カシスソース、ミルクチョコのクリームと続きます。栗とカシスやベリー系の酸味があるものを合わせるのが最近の流行のようです。中にも入っていたジューシーな洋梨のコンポートが良い味を出していました。

最後は銀座8丁目、中央通り沿いの「資生堂パーラー サロン ド カフェ」の10月のパフェ・九州産 和栗のモンブランパフェ ¥1,980

大粒の和栗の渋皮煮2.5個が乗った栗好きにはたまらない秋ビジュアル。以外と栗の身が沢山入ったパフェは少ないので嬉しいです。何気に紅葉型クッキーが美味しい。 さらに生クリームの下に入ったチョコフレークが食感のアクセント。

バニラアイスがでてきたらお勧めにしたがいカラメル抹茶ソースを注ぎ入れます。 アイスの下にも抹茶のゼリーが入っていてバランス良し。和栗と抹茶は相性抜群です。やや重みのあるマロンデザートですが、最後に入ったラム酒のゼリーでちょっとさっぱり。 一番下にも栗が入っており、栗好き満足感が満たされる美味しいマロンパフェでした。ごちそうさまでした!

お店によって個性のあるマロン、モンブランパフェ、デザートがいただける銀座です。やや不安定ではありますが、気候が気持ち良く観光、読書、芸術、食欲などいろいろ充実する短い秋は素晴らしい季節です。

お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。

銀座に数店舗ある「みゆき館」の・マロン マカロンパフェ ¥1,296、季節限定ではありませんが、栗の甘露煮を使った甘みたっぷりの懐かしく美味しいパフェです。

銀座 うかい亭さん-流れる時間まで美味しい/the 109th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”、109日目です。本日は久しぶりの鉄板焼き。多くのお客様から「素晴らしい」とお勧めを受けております“うかい亭”さんにお伺いしました。

場所は銀座5丁目、時事通信ビルの1階です。

ビルの入り口にカトラリーマンと赤ジュータン。わかりやすいです!

和洋折衷な華麗なエントランスを抜け、まずはウェイティングルームへ。数分後、海をイメージした円形カウンターに案内されます。
 
美しさはもちろんのこと、機能性をも兼ね備えた素敵なデザインです。

スペシャルランチコース ¥9,450(サ別10%)をオーダーいたしました。

“オマール海老のグリエ”

野菜たっぷりなのが嬉しいです。オマール海老は殻ごと焼いているため非常に香ばしいのです。海老の甘さと京ニンジンや芽キャベツ、ブロッコリーなどの野菜の甘さがとても合っているようです。

“さつまいものスープ”

鹿児島(種子島)で取れる安納芋を使用しており、とても愉快な自然の甘みを感じます。トロリとした粘りも良い。優しいです。

“帆立の鉄板焼き料理”

大振りの三陸産の帆立を鉄板焼きにし、アサリベースのバターソースに絡めております。エシャロット、サフラン、ニンニクで風味付け。ポワロネギ(太いネギ)なども入っております。これは美味しいお料理でした。ホタテの焼き具合も最高で、ソースは円やかで豊潤。ソースに付けていただけるようにフランスパンも提供されます。ソースまで完食です。

続いてメイン
uka5
綺麗な霜降り。美味しそうです。

“熊本産黒毛和牛のサーロインステーキ”

ステーキは胡椒、ワサビソースで、タマネギはポン酢でいただきます。いえ、何も付けなくても美味しくいただけます。肌理が細かくジューシー。大きさも丁度良いです。

“ガーリックライス、味噌汁、お新香”

ニンニクを丁寧に鉄板で焼き調理していただけます。最後に焦がし醤油で香り付け。ニンニクの香りはほんのりな感じです。味噌汁も美味しいです。

鉄板料理が終わると、ラウンジへ移動してデザートをいただけます。まずはメインのデザートから。3種類から選べます。

“プリン”

こちらの名物というだけあり、こちらが絶品。この美味しさはいったい‥‥。プリンってこんな魅惑的なデザートだったんですね!今まで食べた中で飛び抜けて一番でした。さらにコチラ。

“デザートワゴン”

ここから自由に選択可能(コーヒー、紅茶もお代わりフリーのようです)。

ここまでで、かなりのボリュームのため全部食べられる訳もないですが、ティラミス、中身たっぷりのマカロン初めどれも美味しいのです。
 
料理、サービスはもちろん、流れる時間や空間まで美味しいお店です。接待などでの利用には間違いございません。1人でお伺いしても1時間半はかかります。時間に余裕をもって、うかい亭さんの世界観を堪能するのがお勧めです。ごちそうさまでした。

“銀座 うかい亭”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧ください。

場所はコチラです

大きな地図で見る

お立ちよりの際はトリプルにも遊びに寄って下さいませ。