パリの朝市|明るいリラックス感が魅力/the 224th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”224日目、本日は久しぶりにフレンチです。松屋通り沿い、昭和通り付近にある”パリの朝市”さんにお伺いしました。
pari8
オレンジの可愛いカタツムリの看板が目印です。

店内はカジュアルながらも明るく上品で、フランスの上流家庭のリビングという雰囲気。存在感のある大きな丸テーブルがそれを醸し出すのに一役買っているのだと思います。客層は銀座らしいおっとりしたご婦人が多いようでしたが、このお店にとてもよく合っていますね。

本日はお正月期間なので¥3,800、¥5,500(w/o tax)のコースのみ(普段は¥2,600のコースも有り)。本日は”Bコース” ¥3,800 をお願いしました。

“小海老・百合根・アボカドのミルフィーユ仕立て”
pari2
いきなり素敵な一皿!大好物の百合根です! 3つの素材がよりそうように仲良くまとまっております。アボカドは少し苦手ですが、クセがなく美味しくいただけました。

“コショウダイのポワレ 焦がしバターソース”
pari3
身は淡白ですが、皮がパリパリで好み。 華やかな香りのソースが美味しい。

“イベリコ豚のグリエ 緑胡椒添え”pari4
pari5
こちら絶品。ポーションは小さいですが旨味が凝縮している感じ。幸せなお味です。

デザート “洋ナシのコンポート、プリン、ショコラケーキ”
pari6

最後は美味しい”コーヒー”で。
pari7
安定感のある丁寧なお料理とサービス、お店の温かみとリラックス感がよいですね。フレンチの多い銀座ですが以外とない、感じのお店かとの印象です。 またお伺いいたします。ごちそうさまでした!

“パリの朝市”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧下さいませ。お立ち寄りの際はトリプルにも遊びに寄ってくださいませ。