閉店)ティエリーマルクス ダイニング|銀座プレイス 話題のレストラン/the 268th day

銀座の美味しい飲食店を巡るグルメブログ“銀座6丁目美食日記”268日目です。9月24日に三越前の銀座4丁目交差点に”銀座プレイス”がオープンしました。
marx7
FRETWORK(透かし彫り)をモチーフにした外観が特徴的です。

1、2階には日産のショールーム、上層にはソニーのショールームやレストランが入った複合商業施設です。本日は銀座プレイスの7階にオープンした”ビストロマルクス”さんにお伺いしました。パリでミシュラン2つ星のティエリー・マルクス シェフが手がけるビストロ&レストランです。

オープンキッチンのカジュアルな店内、昼間は大きな窓から陽光が沢山入り、明るく気持ちの良い空間。バーカウンター、見晴らしの良いテラス席も気持ちが良さそうです。

単品メニューのマルクスバーガー(¥3,000オーバー!)、フレンチトーストなどが人気のようですが、本日は”ランチコース” ¥3,800(w/o tax, サ別10%)をお願いしました。

“ブリオッシュ”
marx1
自慢のパンだけありバターの風味豊か、食感も良く美味しい。ちなみにテイクアウト可能なこちらのブリオッシュは¥1,500で販売しております。

前菜は帆立マリネ、スープの2種類から選択。

“栗のスープ”
marx2
円やかで優しい甘みで、とても丁寧に作られた印象です。

メインは鯛、豚、仔羊の3種類から選択。

“仔羊のナヴァラン”
marx3
トマト、香味野菜、焼いた仔羊の骨などで5時間煮込まれているそう。 お肉はフォークで少し触れると簡単にほぐれるほど柔らかく、羊の旨味もたっぷり感じられます。

marx4
野菜は白インゲン、ネギ、大根。下にはソースを浸したカンパーニュ。 とろみのあるソースは、とてもさっぱりとしていて野菜の甘みが美味しい。最後はブリオッシュに付けて残さずいただきました。

デザート “レモンとメレンゲのムース”
marx5
手前のまったりしたムースがとっても美味しい。 緑のはバジルのソースでした。

そして最後は美味しい”コーヒー”で。
marx6

料理は美味しいのですが、サービス料などもプラスされるためビストロ的お手軽感はあまりありません。。。 12時前には満席となっており、すごい人気です!来店される場合は平日でも予約が確実でしょう。ごちそうさまでした!

“ビストロマルクス”さんについて詳しくはウェブサイトをご覧くださいませ。

お立ち寄りの際は是非トリプル銀座にも遊びに寄って下さいませ。
marx8